販促コンサルタントの岡本達彦です。

 

 

拙書

『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』
などには、文字が多い広告の事例が多く

載っています。


こういった事例を見せると

「文字が多い広告は読まない」

と言う方が必ずいらっしゃいます。

 

 

私も文字が多い広告が

良いとは思っていません。


文字が少ないまま

伝えるべき事が伝わり

売れる広告が

一番良い広告だと思っています。

 

 

しかし、文字以外のもので

伝えるべき事を伝えるのが

難しいので、文字を少なくして

伝わらないよりは文字が多くなっても

書いてくださいと言っているのです。

 

 

しかし、そう説明しても

納得いかない方が

結構いらっしゃると思います。

 

 

そんな方は、自分の広告をみて

下記の内容が伝わっているか

チェックしてみてください。

 

 

これは、売れる広告にするために

商品や購入先の情報以外に

入っていなければいけない情報です。

 

 

□商品を買って喜ぶ人が誰かわかる

□商品を使うとどんな良い事になるかわかる

□広告に書いてある事が本当だと思える

□商品が良いモノであるとわかる

□購入に対しての不安が取り除かれている

□今すぐ購入しないといけない理由がわかる

 

 

いかがでしょうか?

 

 

これらが文字以外のもので

表現されているのであれば

文字が少ないままでも良いと思います。

 

 

大企業であれば信用があるので

□広告に書いてある事が本当だと思える

□購入に対しての不安が取り除かれている

がなくても反響はとれます。

 

 

しかし中小企業の場合は

信用がないので

これらすべてを入れないと

なかなか売れる広告になりません。

 

 

文字が少ない広告で

売れているならそのまま

やり続けてればいいと思います。

 

 

しかし、文字が少ない広告で

売れていないなら、

文字が多くなっても

上記の内容を入れてみてください。

 

 

ひょっとしたら
必要な情報が入っていなかったから

売れなかっただけかもしれません。

 

 

どのように入れればいいか

分からない方は拙書をご覧ください。

 

 

 


あらゆる販促を成功させる
「A4」1枚アンケート実践バイブル
―お客様の声から売れる広告・儲かる仕組みが
確実に作れる!