アメリカはイランと戦争したい?なぜ? | 本城武則公式ブログ

本城武則公式ブログ

楽しくなければ英会話じゃない!

 

知ってました?この事実。

アメリカ🇺🇸はイラン🇮🇷とどうしても戦争したいようです。なぜ? あんなに約束を守ってた国に一方的に条約を破棄。挙げ句の果てに主要輸出品の石油を輸出できないようにするなんて。

あれ これどっかで見た!

そう 日本が80年前にやられた構図!

皆さま世界はきな臭くなっておりますぞー 要注意!

下記 大前研一さんの記事です。

米イラン関係
 アメリカのポンペオ国務長官は(4月)22日、昨年11月に制裁対象としたイラン産原油の取引について、日本を含む8つの国と地域に輸入継続を認めていた特例措置を、5月2日に打ち切ると発表しました。これについてポンペオ氏は、イランが普通の国になるまで圧力を続けると強調、原油の適切な供給に向け、サウジアラビア、UAEと協力していることを明らかにしました。
 これは非常に難しい問題です。韓国はイラン原油にかなり頼っていましたが、減らしてきています。ただ、インドやトルコなどにとっては、これをゼロにするのは難しいのではないかと思います

 イランの主な原油の輸出先を見ると、中国が1位です。中国はこれで制裁を課せられるとアメリカの銀行との取引もできなくなります。そうなると非常に困るので、これだけ依存していて今後どうなるのかという状況です。
 インドも非常に多くイランから買っていて、例外にしてほしいと言いたいところでしょう。一方、日本は他のところへ肩代わりすることは割と簡単にできます。すでにイランからの輸入をかなり減らしてきています。
 また韓国も非常に依存していましたが、グラフからわかるように去年の間に相当減らしました。そしてトルコもまあまあ減らしてきてはいますが、ゼロにしないと制裁をするというわけなので、それは非常に難しいだろうと思います。