準備に勝る秘策なし!

テーマ:

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです。

 

4月は、お陰さまで忙しく、気づけば5月!
早いものです。。

 

今日は、わたしの、バッグの中身を、お見せしちゃいますよ♡

 

 

この、オリジナル通い袋は、マチあり、A4サイズ。
四合瓶3本が、ピッタリ入るサイズ(って、この例え、分かりづらい?)

大きなバッグでは、ありません(←ここポイント!)


この中に、サブバッグと、お財布、スマホ、パスモ、手帳、ハンカチ、ティッシュ
を入れています。

で、このサブバッグの中に、いったいどれぐらいのモノが入っているでしょうか??

わたしと一緒の時、
「あ、輪ゴムなら、あるよ。」

とか、

「ハサミ、持ってます!」

とか、

「油性ペンあるので、これでサインしてくださーい♪」

なんていう場面に、遭遇した方も、いるかもしれませんね^^

 

それでは、バッグの中身、張り切って数えてみよー♪

 

・スマホ充電器 ・モバイルバッテリー ・油性ペン ・ボールペン ・蛍光ペン ・シャープペン ・名刺 ・領収証 ・シャチハタ印 ・切手 ・ポチ袋 ・銀行の封筒 ・ふせん ・リップクリーム ・リップグロス ・ハンドクリーム ・ミニ鏡 ・ミニハサミ ・バンドエイド ・クリップ ・安全ピン ・ヘアゴム ・ヘアピン ・のど飴 ・ガム ・エコバッグ ・コンビニの袋 ・カイロ ・ウェットティッシュ

 

・・こんな感じです。

 

なんのために?

と、思うかもしれませんが、わたし、実は(?)すっごく抜けているので、

事前準備は、いつも、めちゃめちゃしっかりやるのです。

 

それでも、当日、思わぬハプニングがあったりするので。

 

そういえば、準備って、子供のころからだいすきでした。

遠足や旅行の前の日は、ワクワクで♡

 

このお仕事を始めてからも、計画や、打ち合わせはだいすき!

 

備えて、備えて、備えまくって。

 

当日はもう、自分も思いっきり、楽しんじゃいます♪

 

まさに、備えあれば憂いなし。

ですね♪

 

今日もお読み下さりありがとうございました。

 

■イベント情報やお役立ちコラム→ 横浜 桜酒亭HP


■最新情報を月イチで配信→ 桜酒亭メールマガジン

 

光れ☆泥団子!

テーマ:

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです。

 

自分で言うのもナンですが・・

わたし、なんにもできないんです。

 

すぐ道に迷うし、

計算もニガテだし、

しっかり準備したつもりなのに、何かぬけてたり。

 

運動は、全部無理で、

女子力も、めちゃ低く。

料理も裁縫も、、トクイデハナイ。。

 

なのに、

何だか、”色々できる人”だと周囲から思われるのは、

できないことだらけの中で、何とか、できることを見つけて、

それをぎゅっと!

 

固めて、一つのパッケージにして売り出しているからなんだと思います。

 

泥団子も、ぎゅっとまるめて磨けば光る☆

 

起業家にとって、ブランディングはすごく重要なので。

 

これを、”強み発掘”とかいうのかな?

 

わたしの場合、

①「女性」の②「きき酒師」が、③「和装」で④「出張」します。

⑤「英語」の対応もOK!

 

この、たった5つの要素を、ぎゅーっと丸めて前面に押し出しているのです。

 

できないことだらけだし、資金もないし、お店も持っていないけど、、

だからこそ、現在のわたしのお仕事スタイルが、あるという。

 

周りを見渡すと、みなさん多才な方が多いですが、わたしはこれからも、泥団子をもっとピッカピカに光らせちゃお☆

 

と、改めて思ったので書きとめました。

 

今日もお読み下さりありがとうございました。

 

■イベント情報やお役立ちコラム→ 横浜 桜酒亭HP


■最新情報を月イチで配信→ 桜酒亭メールマガジン

 

受験生の母だけど?

長男J、中学3年生。

毎日、朝から晩まで冬期講習お疲れさまです。

 

小学校の時に買った半纏が、小さくなっちゃったから新調したよ♪

 

話の中で、

「受験生がいるんですね、大変ですねえ。」

と、よく言われます。

 

が。

いつも、「????」って思っちゃう私。

 

何が大変なんだか判らない・・っていうのは、母親失格かな?

 

だって、本人の代わりに勉強できないし、

「勉強しなさーい!」なんてこと、言っても意味ないし。

(しかも、長男はちゃんと勉強している)

 

だからぜんぜん、いつも通り。

 

学校や塾の面談に行っても、現状を把握するのみで、特に相談することはない。

本人が決めたところに、入れたらいいなあって、思っています^^

 

昨日は肩こりがつらいっていうから、温熱シートを買ってきました。

お互い、肩に貼り合ったよ。

あとは、ニキビ薬の定番クレアラシル♪

 

それと、休憩タイムには、ネスレから頂いたドルチェグストで、

Jの大好きなお抹茶を・・。

(お茶を習い始めたけど、まだ、自宅ではとうてい淹れられないから)

 

ちょっとしたコミュニケーションと、見守ってくれているという安心感があれば、大丈夫だと思います。

 

もし、第一希望に受からなくても、それはきっと、第二希望ですっばらしい出逢いがあるに決まっていて、そういう運命なんだと思うし。

 

もう、あとは、風邪ひかないように。っていうだけかな。

 

 

受験が終わったら中華を食べに行こうね。

それと、一旦休んでいる乗馬に、たくさん行ってリフレッシュしてね。

 

頑張りすぎない程度にがんばれー^^/

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです

 

今日は、初めての外国人向け蔵元見学ツアーでした。

場所は、青梅にある小澤酒造さん。

 

酒蔵の近くには川が流れ、紅葉も見事なこの時期に、

酒と自然、両方を楽しんで頂ける企画を、夏からあたためていました。

 

ところが、天気予報は雨・・。

前日になっても、予報は変わらず。。

 

だったのですが!

朝、カーテンを開けると晴れてる!!

そして最後まで、見事にお天気もちました!!!

 

皆さんと一緒に、奥多摩の綺麗な空気と、川のせせらぎ、綺麗なお酒。

見事な紅葉までぜーんぶ、満喫することができました。

 

アンラッキーな人と、ラッキーな人の差は、

最近思うのですが、

”単純かどうか”なのかも。

 

「雨が降ったらいやだなあ。」

「風邪ひいちゃったらどうしよう。」

「じゃんけん、弱いからなあ。」

「くじ運、ないのよね。」

 

と、悪い方を頭にイメージすると、そうなってしまう(と思う)し、

 

「晴れてほしいな!」

「具合悪くなってる場合じゃないし!」

「じゃんけん、勝っちゃうよん♪」

「わたしが、この商品イタダキマス!!!」

 

と、プラスに考えていると、自然とそうなる(気がする)の。

私は、スピリチュアルとか心理学とか、引き寄せ法とか、、そういうの全く無頓着なのですが、

ただ、相当単純で、相当能天気、なのかも。

 

楽しいことイメージするだけだから、めちゃラクですよ~♡

 

本当に、もう15年、風邪ひいてません。

ごはん食べないのに(笑

SAKE POWERかな♪

と、一応、酒で〆てみました。

 

今日もお読み下さりありがとうございました。

 

■イベント情報やお役立ちコラム→ 横浜 桜酒亭HP


■最新情報を月イチで配信→ 桜酒亭メールマガジン

 

 

 

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです。

 

先日、女性のきき酒師コミュニテイ、女唎酒師軍団の10周年記念祭が

春日にある、FBOにて行われました。

 

私も、ピンクの法被を着てお手伝いしてきましたよ~♪

 

お酒を愛する女性のパワーは、本当にすごい!

 

今でこそ、日本酒ブームなどと世間では言われていますが、

ずっとずっと、愛して応援し続けてきた、諸先輩方の

努力の甲斐あり、当日は沢山のお客様で大盛り上がり!!

 

澤ノ井で有名な小澤酒造さんで造らせて頂いた「軍団酒」を、

お洒落なクリア枡に注いで乾杯!

 

これまで造った、全3種類の「軍団酒」の飲み比べも♪

 

そして、毎回好評の、きき酒チャレンジコーナー

 

3銘柄のお酒を、ブラインドで試飲して頂きました。

その後、並び変えてもう一度試飲をしてもらい、同じのはどれか?を当てるクイズです。

当たった方には、スペシャルな蔵元グッズを進呈しましたよ~!!

 

こちらは、女きき酒師の皆さんお奨めの、偏愛酒コーナー

これらも、全部無料試飲です。お、オトクすぎる。

 

さらに、盛り上がりが増したところで、

今をトキメク、きき酒師漫才コンビ「にほんしゅ」がネタ披露!!

 

きき酒師・山影氏の三味線ステージも、すっごく粋でステキでした。

 

これまでも、これからも、

愛をもって、日本酒を盛り上げていきたい!と、改めて思った日となりました。

 

ありがとうございました。

 

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです

 

実はわたし、暗黒時代かなり長かったんです。

幼少期からずっと、女トモダチができず、悩んで?いました。

 

幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、

OL時代、ママ時代。

・・あれ、生まれてから起業するまでずっとだ(笑

 

どうしてかなあ?って、ずっと思ってた。

単に”嫌な奴”だったからか、、^^;

自分としては一応、普通にしているつもりなのに、ほんと不思議だった。

 

だってね、これ言うとかなりびっくりされるんだけど。

 

高校の修学旅行、女子のグループどこにも入れず、男子グループに入れてもらって、

男子と一緒に自由行動したという事実。

 

クラスの中や、サークルの中や、近所の中で、

”取りあえずつるむ”、というのがニガテだったから、

そして、

”一人でも別に大丈夫”なタイプだったから。

 

いじめられている訳ではなく、でも、女子グループには入れない、という状況のもと、日々を過ごしてきました。

 

そんなわたしだったのに、起業を考え始めたころから、状況が急変!

 

仲良くしてくれる女トモダチが複数、できました。

 

何時間話していても、いくらでも話せる仲間

 

お互い相談し、協力し、刺激し合う同志。

 

同じ夢を、一緒に追いかける相棒

 

私は、目がキラキラしている人と、

実のある話をするのが好きみたい。

それが、起業家であってもなくても、オトナでも子供でも、

男性でも女性でも。

 

やりたいこととか、ハマってることとか、プラスな話題はもちろん、

困ってることとか、悩んでることとか、解決を見出すべき話題でも。

 

相変わらず、ご近所や子供の学校には、親しい女トモダチはいませんが、、

仲間がいるから大丈夫♪

 

一人じゃないって素敵。

 

「大丈夫だよ♪」

タイムマシーンがあったら、あの頃の私に、そう言ってあげたいな♡

 

今、前向きになんてなれないよ・・という方もいると思いますが、

 

心と体のバランスがよいタイミングがきたら、思い切って一歩前へ!

踏み出すのは、勇気がいるかもしれないけど、

違う世界が待っているかも^^

 

そのタイミングを、逃さないように、準備をしておきましょ。

耳を澄ませて、目を凝らして、想像力を働かせて。

地上に出る前の、蝉のように。

 

 

今日もお読み下さりありがとうございました。

 

■イベント情報やお役立ちコラム→ 横浜 桜酒亭HP


■HP未掲載の最新情報を月イチ配信→  桜酒亭メールマガジン

 

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野 カオリです

 

日々アイディアが、どんどん湧いてきて困ります(笑

 

湧かずに困るよりは、断然良いですが。

 

そのアイディアをカタチにするのが、私の仕事の一つである、

”イベントプロデュース”。

 

きっかけは、会話中の一言や、

偶然の出会い、

または、お風呂場で思いつく・・など、様々ですが、

 

とにかく、思いついたらもう、ワクワクソワソワしてしまうの♪

 

今日は、思いついた妄想を実際にゴールまで持って行く、経過のお話を。

 

アイディアが降ってわいたら、まず!そのシーンを思い描きます

 

場所の雰囲気、料理、お酒、お客様の様子。

とにかく、具体的に。

 

それを、脳内で画像にきたらもう、半分成功!したようなもの^^v

 

そこからは、逆算逆算、ひたすら、さかのぼります。

 

ゴールを1つの大きなミッションとしたら、

「そうするには何をすればよい?」と考える。

 

これが、中ぐらいのミッション(複数のハードル)

 

次に、

「中ぐらいのミッションをクリアするには、どんな準備が必要?」と考える。

それが、小さなミッション(さらに細かい沢山のハードル)

 

イメージとしては、大きなサッカーゴールを、いくつかのハードルに分解する感じかな。

 

いきなり、

「あのゴールにロングシュートを打て!」

 

と言われても困惑しますが、

 

ひとつづつ、目の前のハードルを飛んでいくなら、たどり着きそうな気がしませんか?

 

周りの方の意見を聞きながら、

お客様の笑顔を思い浮かべながら、

色々な方に、ご協力を頂きながら。

 

”あの時の一言”が、形になるまでは、なんだかんだ毎回、色々あるけど(苦笑、

その経過も、イベント当日と同じぐらい楽しいかも。

 

今も、大小さまざまなアイディアをカタチにすべく、

”事業A”、”事業B”、そして”企画C~F”のハードルを、同時に飛んでいる毎日です。

 

同時進行については、

過去記事”ミルフィーユ構造”のシゴト術をご参照くださいませ(*^^*)

 

あー、楽しいな♪

 

「楽しいと思ってやっているうちは、仕事とはいえはない」

というお言葉を、頂戴した事がありますが、

今は、まだまだ、楽しいです。

 

・・甘いのかな?

でも、楽しいので、楽しもうと思います♡

 

今日もお読み下さりありがとうございました。

 

■イベント情報やお役立ちコラム■ 横浜 桜酒亭HP


☆HP未掲載の最新情報を月イチ配信☆ 桜酒亭メールマガジン

 

 

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野カオリです

 

リオ五輪、日本選手のメダル獲得のニュースが駆け巡っていますね!

 

”ゆとり世代”をこれまで、ちょっと上から目線で揶揄していた方々・・

今回のメダリストの大半は、その、ゆとり世代の若者です♪

ごめんって、言った方がいいよーー(笑

 

何故、ゆとり世代が、こんなにも世界という大舞台で活躍しているのか?

と、私なりに考えてみたところ、

我が家の子育て流儀に通じるものがありました。

 

私達(40代)が育ってきた環境って、

 

・人と違うことをしてはいけない

・先生のいうことをよく聞き、オールマイティにできる子がベスト

・たくさんのお友達に囲まれた活発な子=良い子

 

という暗黙のルールがあったような気がします・・

 

ワタシが、ど・れ・に・も!当てはまらなかったので、アウェイ感が半端なく、

必要以上にそう感じていたのかもしれませんが^^;

 

 

スイミングスクール、学校の体育、友達作り・・

つらかったなあ。。

できない事を、がんばるのって。

  

その思いがあったから、

我が家では、

 

ニガテなことはそこそこに。デキることはどんどんと!

 

という考えのもとに子育てをしています。

 

お兄ちゃん(中3)と弟(中1)が、見た目も中身も、全てにおいてあまりにも違うタイプだったから、必然的に行きついた金字塔なのですが。

 

 

さて、ではこれにより、どんな良い事があるのでしょうか?

 

①土俵が違うと、「兄弟で比べられる」ということがなくなります

 

例えば・・うちは2人とも、陸上部なのですが、

・お兄ちゃんは地道に長距離をがんばる派。(キャーキャー言われるのもニガテ)

・弟は、ぴゅーっと、短距離を一番でゴールしたい派(キャーキャー言われたいが、言われたくないフリをしているw)

 

それぞれの個性を生かした「土俵」を、うまく見つけられたら、それだけでもう、大成功♡

 

 

②愛情の量は一緒、ということを、子供が自然と判ってくれます

 

”それぞれの土俵”において結果が出たときに、褒めるので、

 

「今日はお兄ちゃんが、成績表の内容が良くて褒められてるけど、それはお兄ちゃんの得意分野で成功したからであり。

僕がダメってわけじゃない!」

 と、外野席にて余裕の構えでいられるのです。

 

逆のパターンも、同じ。

 

弟が、英検に合格してスマホを買ってもらったとしても、お兄ちゃんは、

 

「自分も英語はそこそこできてるし、自分の得意科目は歴史と漢字だし、スマホが欲しいわけでもない。」

ので、嫉妬も自己否定感もゼロ。 至ってフツウ♪ってわけです。

 

兄弟(姉妹)で比較され、つらかった過去をお持ちの方は、

それをご自身のお子さんには味わわせないで下さいね。

 

”芽の出る土俵”を、見つけてあげれば、あとは勝手に芽を出し花を咲かせますから!

 

と、ここまで、子育て論のような書き方をしてきましたが、

 

ママ自身も、そして、お子さんのいない方も、全て同じです。

私自身も、この考え方によって、生きるのがラクになりました。

 

どうして、ママ友ができないんだろう?

という自己嫌悪からも、

 

料理が得意ではない

という罪悪感からも、

 

今はフリーです♡

 

そんなに友達いなかったのか?

って??

 

ハイ!(きっぱり!w)

また、機会があれば黒歴史を書きますわ(笑

 

ニガテなことは、そこそこに。

 

この、”そこそこ”ていうのがポイントですね。

全放棄しちゃうと、今度は罪悪感が生まれてしまいますから。

 

・お料理好きじゃないから手抜き料理だけど、素材だけにはこだわる

・買ってきたお惣菜も、とにかく「お皿」に盛り付ける

と、例えばこんな風。

 

できないことから逃げている?

うまく正論化している??

 

いーじゃないですか、それで♡

 

輝ける場所で、輝いちゃいましょ♪

 

今日もお読み下さりありがとうございました!

 

 

■イベントお申込み・過去のイベント報告などはコチラ→ 横浜 桜酒亭HP


■イベント&講座の最新情報を受け取りたい方はコチラ→ 桜酒亭メールマガジン

 

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野カオリです。

 

今日はなんとも暑かった!!
日中は、もう溶けてしまいそうなぐらい・・

 

そんな夏日に、母と鎌倉~藤沢、ぷちデートをしてきました。

私、実家は藤沢、そして、高校は鎌倉だったので、ルーツを懐かしむ、そんなひと時となりました。

 

鎌倉駅で待ち合わせ、新たなご縁を頂いた蔵カフェへ。

 

百年の蔵~カフェ&バーtsuu

 

こちらは、鎌倉駅から歩いてすぐなのですが、若宮大路の一本裏手の、静かな住宅地にあります。

明治時代に造られた米蔵を、そのまま使っている、ものすごくシックでおしゃれで、オトナなカフェ。

 

母と、スペアリブ煮込みのランチセットをシェア

 

独りだけビール、頂きました(←いつものこと。笑

 

そして私、お肉はあまり食べられないのですが、ひと口もらったら、お酢がきいていて意外とサッパリ!

お野菜も全部、美味しかったです♪

 

先日、こちらで個展を開かれた、珠文字アートの日向真智さんもいらしゃって、しばしおしゃべり^^

 

日本酒&ギフトサロン桜酒亭で扱っているお酒をお見せしたら、

「あら~、素敵!」と、しゅわ酒をその場で空けて飲もうという事に!!

 

tsuuのオーナー、多鶴子さんと乾杯♡

 

蔵って、呼吸しているんですよね。

しーんと、しているようで、でも、温かく包み込んでくれているのを感じます。

 

秋が深まったころ、何か企てる予定なので、またその際にはお知らせしますね!

 

そして、懐かしの江ノ電で、藤沢へ・・

 

藤沢から、高校前まで、ぎゅうぎゅう詰めの電車で通学したなあ~・・。

もう、つり革にも手すりにもつかまれず、人と人の間に挟まって宙に浮いていることもあった!

 

(朝の、遅刻ギリギリの電車のみのラッシュなんだけどね。1本前に乗れば、そんなでもないのにね^^;)

 

藤沢についたら、サンパール広場でイベントやってました!

 

そして、さいか屋で、お互いの洋服と靴を見て。

 

今週末に行うイベントの最終打ち合わせへ^^h

 

ふじさわ厨房 紗紗(ささ)

 

お料理メニューも決まって、あとは、当日を迎えるのみ!

(はもの湯引き、出ますよん。)

 

8/7(日)16:30~19:00

「女性きき酒師と日本酒を愉しむ会~夏の味わいコースと諸国の夏酒~」

 

お席、若干ございます♪(もしかしたら、うちの父母も来るかもw)

 

ご興味ある方は、桜酒亭サイト内、イベント詳細記事をご覧くださいませ~<m(__)m>

 

そんなこんなで、昔話から現在のあれこれまで、とりとめなくおしゃべりをしながら

母と過ごした半日でした。

 

ウチは、息子2人だから、将来こんな風に、娘と買い物やランチ、することはないんだわー。

でもまあ、産むなら2人兄弟がよかったから、いいか♡

 

今日もお読み下さりありがとうございました!

 

 

■イベントお申込み・過去のイベント報告などはコチラ→ 横浜 桜酒亭HP


■イベント&講座の最新情報を受け取りたい方はコチラ→ 桜酒亭メールマガジン

”言霊と引き寄せ”の関係性

テーマ:

横浜 桜酒亭(Osaketei)代表

日本酒ソムリエ 磯野カオリです。

 

 

春休み、家族で台湾旅行へ行った時のハナシ。

 

自分の性格上、届いたメールのみならず、FBのコメントやメッセージにも、気づいたらすぐに返信しないと気が済まないため、移動中は常にスマホ画面とにらめっこ。

 

すわ、依存症一歩手前か!?

 

というところだったので、スマホからしばし、自分を隔離したかったのだ。

敢えて海外では使用できない設定のまま、写真を撮るためにだけ、持参した。

 

 旅行2日目の朝、何気なく息子に、

「来週、新機種が出るから、帰国したらスマホ機種変しようかな。」と言った。

 

その日は、「千と千尋の神隠し」の舞台となったことでも有名な、九份観光へ。

映画の雰囲気そのまま、雑然と様々な露店がひしめき、ものすごい人だった。

 

沢山写真を撮り、また、ぎゅうぎゅう詰めの路線バスで、駅まで戻る途中、

・・・・スマホがないっ!!!!!

 

バッグの中身を全部出しても、ない。

すぐに、バスでまた九份へ引き返し、家族に白い眼で見られながらも、最後に立ち寄った案内所で聞いてみたが、ない。

 

どうやら、あの人混みの中で、すられてしまったようだ。

 

もちろん、その場ではすごく落ち込んだけれど、その夜にはなんだか腑に落ち、スッキリした気持ちに変わっていた。

 

何故なら、判ったのだ。

スマホが、私の言葉を聞いていた、という真実が。

 

「スマホからちょっと離れたいから、近場でも海外に行きたい。」

という、旅行前の言葉を。

「来週、新機種が出るから帰国したらスマホ機種変しようかな。」

という、当日朝の言葉を。

 

言葉は、口から出た瞬間に、魂を持って、相手に伝わる。

 

温かく包む毛布にもなり得るし、鋭く傷つけるナイフにもなる。

 

私が仕事をしている中で、常々、実行しているのは、

“夢や野望を人に伝える”ということ。

 

「こんなことをしたい」と、信頼のおける方に伝えると、関連のある人や場所を、紹介して下さることがとても多い。

 

そしてこれが大きなポイントとなのだが、ぼんやりした希望や、人を選ばず何となく伝える、という時には叶わない。

 

実現には程遠い段階であっても、できるだけはっきりとイメージし、それを伝えるべきタイミングで、しかるべき相手に伝えると、ご縁を繋いで頂ける可能性がとても高いのだ。

 

言葉には、きっちり魂を込めて。

相手との出会いに感謝しながら、丁寧に伝えること。

 

もし、方法なんていうものがあるとするなら、これが、私なりの、運と縁の、引き寄せ法、かな。

 

 

今日も独り言をお読み下さり、ありがとうございました<m(__)m>

 

■イベントお申込み・過去のイベント報告などはコチラ→ 横浜 桜酒亭HP


■イベント&講座の最新情報を受け取りたい方はコチラ→ 桜酒亭メールマガジン