『可成寺』

テーマ:


⚔️⚔️⚔️










岐阜 ‼️… 美濃 ‼️。。!!キラキラキラキラ



乱丸 ‼️。。。





『可児』。。

『兼山』。。

















【森家の菩提寺】


「大龍山 可成禅寺
(だいりゅうさん かじょうぜんじ)」

妙向尼(みょうこうに)が、
『江州宇佐山の戦い』で戦死した
夫・森可成公の菩提を弔うため
長可を開墓とし、
栄厳禅師を請して創建した『森家の菩提寺』 

本足跡







さすがに‼️…この辺りは。。

雪が。。。笑❄️





『可成寺』

『可成寺』(かじょうじ)は、
岐阜県可児市兼山にある
臨済宗妙心寺派の寺院。
【山号】は『大龍山』、
【本尊】は『釈迦如来』である。
森氏の菩提寺として知られる。



































『大龍山可成禅寺 (臨済宗妙心寺派)』

織田信長の宿将として数々の武勲を立て、
元亀2年(1571年)に
宇佐山(大津市)で戦死した
『金山城主』森三左衛門尉可成公菩提のため、その子『二代城主』長可公が
父の名「可成」をそのまま寺号とし、
栄厳和尚を迎えて金山城東の寺が峰に創建された。
当寺開基の長可公は、信長・秀吉二君に仕え、
『鬼武蔵』の異名をとったほどの勇将だったが、
天正12年(1584年)に
『長久手』において戦死した。
その墓石が父君可成公の墓石と合祀されている。
その後を継いだ『三代城主』忠正公が、
慶長5年(1600年)に
『川中島』(長野県)へ転封されたとき、
寺は現在地に移転されて今に至っており、
昭和42年(1967年)には、
蘭丸・坊丸・力丸の三公の供養塔が
当寺に移され安置されている。

当寺は、『森家の菩提寺』であるため、
堂塔のほとんどが江戸時代に
『森一族』の赤穂・三日月・新見等の大名家から寄進されたものであり、明治までは
『三家』から扶持が与えられていた。
また、天和3年(1683年)に
長可公の『百年遠忌法要』が営まれて以来
、可成・長可・蘭丸・坊丸・力丸諸公の
『遠年忌』が執り行われてきている。
寺内には森家にまつわる文化財が多く残されている。


・【県指定重要文化財】
『脛当(長可公愛用品)』

・【指定文化財】
『森武蔵守長可公画像』
『森家の墓所
(可成・長可・蘭丸・坊丸・力丸)』

本足跡






三左衛門可成
  (もり さんざえもん よしなり)
 森
武蔵守長可
  (もり むさしのかみ ながよし) 



可成 ‼️
長可 ‼️







『筆塚』


『芭蕉翁之墓』



山路来て  何やらゆかし すみれ草


『野ざらし紀行』。。筆












































ふるさとの  松風こひし 秋の山

筆











ここの境内には、お金を入れて
(10円だったかな?…100円だったかな?)
音声にて‼️…このお寺と『森家』について
説明してくれる‼️。。というものがあります‼️
キラキラ























『森家』。。








 ❄️ニャー 笑







森可成は『源氏』の出身とされ、
『尾張国葉栗郡蓮台』(現在の
『岐阜県羽島郡笠松町田代』)の人。
もともとは『美濃守護』土岐氏に使えていたようですが、可成の父の代から織田信秀に、
やがて信長に仕えるようになりました。
最後の守護土岐頼芸を追い出した斎藤道三とは合わなかったのかもしれません。

可成は信長より10歳ほど年上で、
『信長公記』では
『道三救援の撤退戦』や『稲生の戦い』
でも名前が登場し、
若き信長を支えた側近だったようです。
有名な森蘭丸の父親でもあり、森家は
江戸時代も続きますから、それゆえ
「出自は源氏」という系譜も残っているのでしょう。 

本足跡








『森家廟所』






ここの供養塔は蘭丸三兄弟の
母・妙向尼(盈=えい)が
『本能寺の変』後、
可児市の隣り街の八百津町錦津
(やおつちょう にしきつ)=
{当時は可児郡伊岐津志村中野
( かにぐん いぎつしむら なかの)}
の森軍の軍事施設(戦に行く時にはここで、3,000人の兵を揃え出陣したり、軍事練習を行った場所)のあった、この場所に
『一目千本卒塔婆』を立て弔いを行い、
金山近郊の僧侶を請じ葬儀を執り行った場所から、昭和42年9月30日に移転、合祀されたものです。
そこには450年経った今でも
『せんぼうどう』、『馬場』の地名が残っています

本足跡





















兼山『蘭丸祭』



























 『乱』‼️

テーマ:


⚔️⚔️⚔️













森成利 ‼️。。

森 成利(もり なりとし)は、
安土桃山時代の武将。
森 蘭丸(もり らんまる)
という名で知られる織田信長の近習である。
『本能寺の変』で主君と2人の弟と共に討死した。



【時代】
安土桃山時代

【生誕】
永禄8年(1565年)

【死没】
天正10年6月2日(1582年6月21日)

【改名】
長定

【別名】
乱、乱丸、乱法師、蘭丸、長定、長康

【戒名】
月江宗春居士
瑞桂院殿鳳山智賢居士
正翁定是禅定門

【墓所】
阿弥陀寺、可成寺、大徳寺

【主君】
織田信長

【氏族】
森氏

【父母】
父:森可成、母:妙向尼

【兄弟】
可隆、長可、“成利”、長隆、長氏、忠政


名前については異説が多く、
『幼名』を乱(らん)とするものや、
『諱』を長定(ながさだ)や
長康(ながやす)とするものなど幾つかあるが、本記事においては
諱として有力とされる成利で統一する。











『生涯』

永禄8年(1565年)、
織田信長の家臣・森可成の三男として
『尾張葉栗郡蓮台』に生まれる。

天正5年(1577年)5月、
織田信長に『小姓』として弟らと共に召し抱えられる(『兼山記』)。
以後、信長の側近として活動する。
天正9年(1581年)4月20日には
近江国に500石の知行を与えられた。

特に『信長公記』によれば、
使者としての活躍も見られ、
天正7年(1579年)
「四月十八日 塩河伯耆守へ銀子百枚遣はされ候、御使森乱(蘭丸)、中西権兵衛相副へ下され、過分忝きの由候なり」、
天正8年(1580年)
「正月廿六日、森乱御使にて、
濃州岐阜御土蔵に、先年、鳥目一万六干貫入れおかれ侯」
などの例がある。
また、母である “ 妙向尼 ” は織田信長と
『石山本願寺との争い(石山合戦)』の
和睦成立に奔走した際に、成利を通じて
情報を得て信長と直談判をしたとされる。
なお信長は当時、本願寺との和睦に際して
「金山城下に浄土真宗の寺院を建立、
子息(妙向尼の子)の一人を出家」
させることを条件に和睦を提示した。

天正10年(1582年)、甲斐武田氏滅亡後は
『甲州征伐』に貢献したとして信濃川中島に領地替えとなった兄・長可に替わって
『美濃兼山』及び『米田島』を与えられた(『信長公記』)。
『寛永伝』には5万石とある。
ただし成利は在城せず、長可の家老・
各務元正 が成利に付けられ、城代を務めた。

同年、『本能寺の変』において
『本能寺』で明智光秀の軍1万に囲まれて健闘するも、信長に槍で傷を負わせた
明智配下の安田国継(天野源右衛門)によって討ち取られた。享年18。

討たれる際、成利は
白小袖を着て修善寺の平元結びで
髪を茶筅髷に結っていたといわれる 。
ただし、これは源右衛門本人の証言によるものであり、信長に槍で傷を負わせたという証言にも疑問が残っており
(『天野源右衛門覚書』)確証はない
(『名将言行録』)。
『本城惣右衛門覚書』では
また異なる記述がなされてある。

さらにルイス・フロイスの『日本史』では
信長はしばらく戦ったが、腕に銃弾を受けると、自ら部屋に入り、襖を閉じてそこで自害したとされている。
このように信長や成利の最期も諸説が入り乱れており、確たる事実は明らかになってはいない。













 織田信長には数多くの家臣がいました。
その中でも特に慕っていたのが
『小性』という職にあった「森蘭丸」です。



【コミュニケーション能力
   に秀でた有能な人物】

織田信長の家臣として使えた森蘭丸は、
その働きぶりに多くの人が感心するほどでした。


森蘭丸の父は、百戦錬磨の武将で槍の名手として恐れられていたのですが、
森蘭丸は戦に関しての記録はあまり残されていません。

それよりも、森蘭丸は
『人間力』に才能があり織田信長からの信頼も厚くありました。

コミュニケーション能力に長けていたこともあり、織田信長から様々な場所に使者として送られますが、その先々で森蘭丸の高い能力が言い伝えられています。



【森蘭丸の仕事】

森蘭丸は、『小性』としてだけじゃなく
事務的な仕事も担当するようになりました。

頭脳明晰でありましたから、
織田信長の右腕として事務方の武将と呼ばれるようになったのです。

ところが織田信長と一緒にいた1582年に
『本能寺の変』にあい、明智光秀配下にあった安田国継に討ち取られ死亡しました。
享年は18歳と記録されています。

小性として寵愛を受けていた織田信長と同じ場所で死亡したという点は、まさに運命だったのかもしれませんね。 











『人物像・逸話』

信長は爪を切り終えると扇子の上に爪を載せて、成利に捨ててくるように命じた。
成利は命令に従って次の間に移ると
爪が9つしかなかった。
このため成利は信長の部屋に戻って
残りの爪を捜したという。



あるとき、信長は成利に隣の座敷の障子が開いているから閉めてくるように命じた。
実際には座敷の障子は閉まっていたが、
成利はそのうちの1つの障子を自ら開けて、ぴしゃりと音を立てて閉めた。
その上で信長に閉まっていた旨の報告をし、音がしたのはどういうわけかと問う信長に、
開いていると信長が言ったにも関わらず閉まっていたとあっては信長の粗忽と思われるから、閉めた音を周囲に聞かせたのだと言ったという。





















【森蘭丸の剣の腕前は?。。】

森蘭丸の父親は森可成という武将です。
森可成は『攻めの三佐』『槍の三佐』と言われるほど、槍を持ったら無双の武人だったそうです。

その子どもたちも腕は立ったそうで、
森蘭丸はじめ、坊丸・力丸も、数々いる小姓の中でも、信長の身辺警護としての役割をよく果たしたとも言われています。

森可成の長男、森可隆は
『手筒山城攻め』の際には一番乗りを果たすほどの腕の持ち主です。
生まれながらに武術を叩き込まれていたのでしょう。


そして、、
長男。。父。。が亡くなり、
森家は次男・森長可(もり-ながよし)
が僅か13歳で家督を継ぐことに。






 【 戦国一の鬼?暴れん坊?
森長可って何者?! 】

森長可は
織田信長の小姓で有名な森蘭丸の兄!

戦場での槍働きは凄まじく、勇猛果敢なその姿から『鬼武蔵』と呼ばれていた!!
そして周囲がドン引きするような傍若無人な振る舞いも多く、何かとトラブルの多い問題児‼️…
戦国の狂犬!!

気性の激しさ、凶暴さに定評のある
『鬼武蔵』だけど織田信長には
とても気に入られていて、武田家滅亡後にはその領地の一部を与えられるなどとても厚遇されていた。 
 



戦に出ることは、一切なかった。。
といわれる森蘭丸、、
織田信長を守って討ち死にしています。

明智光秀方の安田作兵衛という槍使いに討ちとられたのですが、この安田作兵衛は
信長にも槍傷を負わせたというから、
相当な腕前だったのでしょう。

この時、蘭丸は十字槍をふるっていたそうですので、刀自体の腕前については謎のままです。


その血筋。。一家としては‼️…
鬼‼️…とか恐れられるほどの無双!!
勇猛果敢な武将‼️。。⚔️✨↑


本足跡










乱丸 ‼️。。
 「森乱丸」。。諱は「森成利」。。 
織田家臣・森可成の
六人兄弟の三男として生まれる。 


長男 森可隆
越前国『手筒山城の戦い』にて初陣で
一番乗りを飾るも深入りしすぎて戦死。

次男 森長可
『鬼武蔵』と呼ばれた猛将。
『小牧・長久手の戦い』で戦死。

三男 森成利
森蘭丸。本能寺の変の際に戦死。

四男 森長隆
森坊丸。本能寺の変の際に戦死。

五男 森長氏
森力丸。本能寺の変の際に戦死。

六男 森忠政
呪われた森兄弟の末弟。
次兄 森長可戦死後『家督』を継ぐ。




『不動行光』
































『本能寺』…。。















































-『辞世の句』-

梅が香を 袖に移して とどめおき

 春は過ぐとも かたみならまし

筆


































乱丸 ‼️…の。。大太刀 ‼️ ↑キラキラキラキラ