晴吟晴耕時に雨読のブログ

晴吟晴耕時に雨読のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

平成に代わる新時代「令和」へ

 

新たな時代を象徴する言葉として多くの国民に親しまれていくことを願い、平成に代わる元号を「令和」と決められました。5月から実施です。令和は日本最古の歌集「万葉集」の「梅花の歌三十二首」の序文から引用されました。

 

『初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす。加以、曙の嶺に雲移り、松は羅を掛けて蓋を傾、夕の岫に霧結び、鳥は縠に封めれえて林に迷ふ。庭には新蝶舞ひ、空には故雁帰る。ここに、天を蓋とし、地を座とし、膝を促け觴を飛ばす。言を一室の裏に忘れ、衿を煙霞の外に開く。淡然に自ら放にし、快然に自ら足る。若し翰苑にあらずは、何を以てか情を攄べむ。詩に落梅の篇を紀す。古と今とそれ何ぞ異ならむ。宜しく園の梅を賦して聊かに短詠を成すべし。』

 

 

 

       奈良県立万葉文化館

    

                           大宰府の帥大伴旅人の邸宅後「坂本八幡神社」

 

 

 

公益推進活動 「さあ飛び出そう街へ 哲菖会」 

 

詩吟・大正琴ミニライブ      H31 4/2  精華町アピタ精華台店 西館!Fホール

ライブ2題

 荒城の月             歌 村松皎菖

 荒城月夜の曲を聞く      吟 中田黎菖 坂出旭菖

 

 古 城               歌 中林菖量

                    吟 中島菖豊 涌田菖乃 森村菖旆 加藤勍菖

大正琴3曲

 

                                      音響担当 谷中菖峻

      

 

 

  

 

   

 

 

 

 

コーヒータイム コーヒー

 

今週の水彩画 2点 アート

                          桜咲く川辺に遊ぶ

 

 

モンサンミッシェル

 

 

 

総会ラッシュ

 

4月は年度代わりの為各種団体では総会が順次開かれます。

3/21哲友会(終了)、4/13精華町文化協会、4/19学園前支部、4/21奈良県連合、4/28哲菖会等々大変忙しい月です。支部の総会の資料つくりも担っていますので毎日が大変です。しかし、事業計画と支部方針さえ明確に確定なされば「令和」元年は支部にとってすばらしい、結束力を発揮できる年になると確信して頑張っています。支部会員の皆さん頑張りましょう、又楽しく行事に参集しましょう。            カラオケ お酒 鍋 おにぎり 走る人 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ