晴吟晴耕時に雨読のブログ

晴吟晴耕時に雨読のブログ

ブログの説明を入力します。

怒涛の新年互礼会

 令和5年、年が改まった三賀日は家族と静かに内内でお祝いの静かな日々でしたが5日には「西日本吟剣詩舞新年互礼会」7日奈良県総連第1回代表理事会・役員会、9日関西吟詩(本部)代議員会・新春吟詠大会、15日には我が会派哲菖会の新年互礼会が西大寺興正殿にて開催されいずれも参加のためわずか三賀日あけの12日の間に3つの互礼会に参加。又2つは尼崎都ホテルで顔を合わす先生方も同じでこの2日間でほとんどの先生方に新年のご挨拶をさせていただきました。

 

○令和5年 1月15日 哲菖会・菖友会新年互礼会 (西大寺興正殿13:30~)

 去年に引き続き今回も古典芸能、琴奏者の中田里子先生をはじめ5名の先生をお招きし代表曲八橋検校、宮城道雄の「六段の調べ」「春の海」「四季」等素晴らしい調べを聞かせて頂く。又懐かしい唱歌「花」アメリカ民謡「幸せなら手をたたこう」など会場とのコラボで一層盛り上がりました。

琴の調べ

   

   

祝吟3題、あたり歳吟詠、申込吟詠(寸劇)、吟詠歌謡等々多彩なコーナ  

  

甲賀忍者参上(琴嘯支部の有志)

  

  

御題「友」和歌入り朗詠 富雄支部の有志

  

吟詠歌謡 「寒梅の譜」学園前支部の有志 「西郷隆盛」ならやま支部の有志

 

恒例のお年玉福引抽選会 今年は元老賞1,会長賞2,幹事長賞各2本計5本の豪華お年玉更に参加者の3割の方に今年最初の福を戴いてもらいました。ちなみに私は本部互礼会で最初の福をすでにゲットしていますので二つ目の福をひそかに願う~~見事はずれる。甘くはなかった。

景品のオンパレード

  

抽選券を引き、受け取る親子・師弟関係

  

特別賞の争奪をかけてじゃんけん大会男女別に

  

会長よりせつに会員増強のお願いを再度される。 元老からも応援の言葉

 

無事17:00にはすべて終了し全員で会場を清掃し西大寺様にお返しする。去年のサッカーワールドカップで見せたプレイヤー、サポーターの素晴らしいマナーに学ぶ。

 

コーヒータイム

今週の水彩画

志賀直哉の旧宅がある奈良市高畑界隈の土壁から魅せる山茶花をスケッチ

 

今月の作詩教室

新年書懐

春光燦燦歳華新 しゅんこうさんさん さいかあらたなり

癸卯年迎句法循 みずのとうのとしをむかえて くはつめぐる

勉励吟情詩未就 ぎんじょうべんれい しいまだならず

更今一段屈強淳 いまさらにいちだん くっきょうあつし

「意解」

新たな春の光が燦燦と輝き年があらたまる

癸卯の年を迎えた今詩文の組み立てを考える

作詞の勉強すれども佳作は今だできず

今はさらに一段上の意欲をもつことの時である

「語句の意味」

歳華=月日の流れ 句法=詩文、句の組み立て方 吟情=詩歌を作る心

{詩の形」

平起こり十一真の韻

 

○令和5年 1月5日 西日本吟剣詩舞新年互礼会 (尼崎都ホテル12:00~)

鏡開き

 

○令和5年 1月9日  関吟元老・相談役・参与・代議員会 (尼崎アルカイック10:30~)

              新春吟詠大会 (尼崎都ホテル12:30~)

 

今年度の方針が発表される 会員数、財政面いずれも厳しい状況

 

 

 

新春吟詠大会令和4年度各部門での優勝者 広報部長と3名の部員

 

  

哲菖会池田理事、3人の代議員、一人の優秀吟者 本部元老、相談役先生方お元気

 

 

本年もよろしくお願いいたします。