650B

テーマ:

定期点検でお預かりしたフォーカスMTB(650B)

MTBのホィールは10年位前26インチから29インチが主流になり5年位前から650Bに

2年前くらいから外国ブランドは又、29インチなってきました。日本人の体型では29は

少し大きい様ですのでアンカーは650Bを使用しています。

今後どの様に変化していくのでしょうか。

 

今年も孫が大学受験です。初詣に秩父の三社参り、恵方に当たる高麗神社、

桐生の天満宮と各社に合格祈願をしてきました。

お陰さまで50152載っていました。

これで孫4人が大学生、4年生3年生2年生1年生と揃いました。

ブログ再開

テーマ:

しばらくブログお休みしていましが再開いたしますので宜しくお願い致します。

コルナゴ.ビスコンティ かっこ良いバイクですが2018モデルは無くなりました

フロントバスケットの取り付けを迷いましたが取り付けることになりました。

1月末シマノテクニカルセミナーがありました。秋のシマノ展示会はEバイク(ステップス)がメインでしたが今回もステップスが主題でした。

セミナーの後、新橋から浅草のパーツ展示会へ

ゴキゾのハブやツーリングパーツ.約200社参加で種々見て回りました。

 

 

 

入荷情報

テーマ:

今年一年お世話になり有難うございました。

新年は1月4日(木)より営業いたしますので宜しくお願い致します。

本年最終入荷はコラッテク、ドロミテ5800(¥164.000)でした。

ジャパニーズアッセンブリー車ですので105のフル仕様です。

年内ギリギリの納車でした。

良いお年をお迎えください。

展示会

テーマ:

毎年9月に開催されていたアンカー展示会が今年は1日にありました。

会場がある神保町界隈を懐かしく散策しました。

2018モデルで注目したのはRNCシリーズのネオコット25周年記念モデルです。

50台の限定品で受注始めました。RNC7も限定品とほぼ同じようにBB周りはラグ仕様

Di2にも対応できるように大幅にモデルチェンジ。

従来、Di2のバッテリー外装モデルも全て内装仕様に。

展示会の帰りに今話題の運慶展へ。混雑を避け3時過ぎに行きましたが、まだ長蛇の列でした。会場内も混雑で大汗かきながら見学してきました。

展示会

テーマ:

13日は2018モデル展示会がピークの1日でした。

最初は品川のシマノ会場

アルテグラがモデルチェンジになったのでこれが正面を飾るカかと思いましたが

正面は電動キットのSTePSでした。ヨーロッパでは後付けの電動キットよく売れて

いるそうです。国内でもシマノSTePSを載せたい電動スポーツ車が出てくるようです。

NeWアルテグラのDi2も脇役でした

シマノの周りにはKOGAをはじめ幾つかのブランドの展示会場がありました。

アラヤの会場も近くのコクヨビル内

クロモリロードはほぼ継続

マデーフォックスはフロントホークをはじめ大分変わりました

ランドナーは変更ありませんがスポルティーフは在庫限りで終了になります。

品川から田町のグローブライド会場へ

コラッテクの超軽量車~はかりのメモリが4.745㎏

ここにも電動車~ただし自国製のボッシュが付いています。

田町から浅草へ

フィジークやエリート、デダ等の輸入元のカワシマサイクル会場

パールイズミも同じフロアー

16.000歩の展示会めぐりでした。

グレードアップ

テーマ:

十数年前、アルテグラ仕様で作ったインターマックスのX-LIGHTをR9100にグレードアップしました。ブランドのインターマックスは2.3前に無くなりましたがホリゾンタイプのXライトはお客様のお気に入りです。

お客様の都合で3回に分けてグレードアップです。

3月前にFCを取替~R9100より旧型の9000の方がデザインが好きとのことでしたので 

今回はST.RD.FD.CS.CNと変速関連の取替です。最後にブレーキとペダル取替で完了の予定です。

フォーカスCAYO.アルミ、ティアグラ仕様を105フルセットにグレードアップして納車です。

 (このカラーは105仕様がないので )輸入車はMIX仕様多いのでが105フルセットが出来上がりました。

入荷情報

テーマ:

アンカーRL8EP ¥260.000

十数年前のアンカー(アルミロード)からの乗り換えです。しなやかな乗り心地に満足していただきました。

 

アンカーRCN3ソラ仕様をアルテグラR8000にグレードアップ

9100と同様に変速性能が大幅アップ、シマノの説明ではよりDi2のタッチにちかずけたのことです。

コルナゴ展示会

今回は明治座の近くの会場です。

今回はV1ーRがV2-Rへのモデルチェンジが目につきました。

ヒルクライムには最高のバイクとの説明でした。

 

マスターX-ライト イタリア国内での一貫生産で塗装はC60と同じです

ハンドメイドペイントらしい奥深さが感じられます。