な、なんなんだ

なんなんだよ

 

 

 

アイドル楽曲とは思えない

バンドサウンド。

骨のあるベースラインと

スピーカーに向かって思わず振り向いてしまう

麻薬的なメロディと歌詞。

 

真夜中にひとりチェンソー研いでたときに流れてきた曲、

削りカスだらけの手で検索しちまいました。

 

私立恵比寿中学

「ハッピーエンドとそれから」

 

ああ、仕事じゃ常に前を見てるけど

音楽ってやつは、クソッ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんて難しいことを書くつもりはありませんが、

親から引き継いだ毎年恒例の赤字体質の農業から

投資による経済循環まで実感できるようになった、農業ベースの

緑地管理業務へと移行できたことを考えると

これは小さいながらも「経営学」と言っても良いのではないかと思います。

 

私には優良企業に勤めて昇給していき、

将来余裕のある暮らしで家族みんなを幸せにし

その人生を終え、誰からもうらやましいと思われる

そんな多くの日本人の理想とされるような生き方はできませんが

(頭が悪いし、学歴もないし、したくてもできない)

 

誰にも頼らず自分の頭の中から生まれる「何か」を

初めは時給500円から売り込んで形にし、

結果的に家族を守れている

この今の実績と報告は必ず誰かの力へと変えられると思っています。

 

大事なのは、

赤字体質だった時のメンバーと

今こうやって

ブログで偉そうに「経営学」を語れるまでになった

現事業のメンバーは全く同じだという事です。

 

つまり、今稼げていないのは

あなたやあなたの周りが悪いのではなく、

今置かれている状況が悪いというだけの話なのです。

 

自分が導き出した経営の本質は

自分が有利な状況、状態になれる場所に身を置くこと。

ゲームの駒ではなくプレイヤーになること これだけです。

 

これだけなんですが

これができないんです。

いや、ここから先が日本人の洗脳された思考感覚の

罠というべきものでもあるのですが、

真面目な日本人は、「作られたゲーム」の中で

プレーヤーを演じてしまう。

それは結局、経営者という駒でしかない。

 

もし今、昔の自分のように

生き方にもやもやしてしまっている人がいたら

参考にしてください。

 

クソゲーでもいいから

自分の人生を生きようぜ

 

 

 

いや、こちらは

傑作ゲームなんですが。

調子に乗った自分の鼻をへし折るのに最適。

 

パッケージからは想像ができないでしょうが、

経営学が詰まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょくちょく見させていただいています

native sound さん。

 

動画を見るたびに

いかに自分がまがい物か思い知らされます。

師匠、native sound さん共に

技術で飯を食ってる本物の職人です。

 

自分が独学というのもありますが、

林業がベースにある人と

無い人ではチェンソーの扱い方が全く違いますし、

木の見方、扱い方も違うんです。

 

自分はただ木を倒してばらせるだけ。

林業家はチェンソーの刃研ぎから始まり

いくつものノウハウをもって商品を生み出します。

 

本当にもう、全然違うんですよ

同じ伐採業でも。

 

私には技術や考え方を教えてくれるような師匠がいないので

とても羨ましいです。

 

もうすでに

native soundさんも弟子をとれる貫録をお持ちですし

こうやって職人の魂が引き継がれていくのだな、と

動画を見て思いました。

 

今回は師匠とnative soundさんが一緒に林業機械展に行った際の動画です。

お二人のうらやましい関係にどこかほっこりとしつつ

最新機械を楽しめます。

 

林業機械展もオフィシャルでこういった動画を作ればいいのに。

広告、広報の意味、理解しているのでしょうかね。

私はこの動画を見て購入意欲がわきましたよ。

凄い広告価値ですよ。

「展示会が終わった」ってどこかスッキリしてちゃ

ダメなんですよ。メーカーは。

 

なんだよ、ヤンマーの林業仕様3t すごくいいじゃないか。

日立建機に注文入れてなかったら

絶対に買ってました。

 

native soundさん、

とても有用な情報アップ

ありがとうございました。