患者は70歳代、男性。
 主訴は、上顎右側3〜7番欠損による咀嚼困難。
 
 担当医は診査・診断の結果、舌感の向上と発音のしやすさを考慮して大連結子には薄く製作できる金属床を選択し、維持装置は、⎿46に単腕鉤、また、審美的な観点から2⏌は、ノンメタルクラスプのコンビネーションが適していると判断した。
 担当医は、患者に診断結果および義歯の設計と使用する材質、治療手順を説明し同意を得た。
 
 担当医から弊社に本症例の指示書(図1)、上顎作業用模型(図2)、下顎対合歯模型(図3)、およびバイトが届けられた。
(図1)
(図2)
(図3)
 
 担当技工士は、咬合器装着を行い、担当医の指示に基づいて金属床を製作し(図4、5)人工歯配列を行った。
(図4)
(図5)
 
 後日、担当医より「試適は良好なので完成させてください」との指示を受けた。
 担当技工士は、良好だった状態を保ちながら慎重に、金属床併用エステティックデンチャーを完成させた(図6〜10)。
(図6)
(図7)
(図8)
(図9)
(図10)
 後日、担当医から連絡があり、「あの患者様は他院でインプラント治療を勧められたようで、それが嫌で当医院に来院されました。患者さんには『入れ歯で上手にできませんか』と言われていたので、どうにかしてあげたいと思っていました。装着した後の来院時には、『前の入れ歯と違ってはめ心地が良く、全く違和感がありません』と患者様はとても満足されていました。本当に良かったです。」とのことでした。

 

 担当技工士 
 金属床担当           :加藤 靖了
 ノンメタルクラスプデンチャー担当:司馬 武