70歳代女性。
 主訴は現在装着中の全部床義歯に対する嫌悪感。
 
  患者は装着中の全部床義歯への嫌悪感を訴え、インプラント治療を求めて来院した。
 担当医は診査・診断の結果、上下顎フルマウスのジルコニアブリッジスクリューリテインでのインプラント治療が可能だと判断した。後日、患者に治療計画を説明し、承諾を得た。

 

 数カ月後、担当医より弊社に本症例の上顎印象、下顎印象、バイト、スタディモデルと指示書が送られてきた。その際、担当医からスタディモデルを参考にして製作するようにと指示を受けた。
 
 担当技工士は上下顎スタディモデルを咬合器に付着させた(図1)。
(図1)

 

 作業用模型製作、咬合器マウント後、上下顎スタディモデルと交差マウントを行った(図2)。

(図2)

 

 担当技工士はまず下顎ジルコニアブリッジ(図3)の製作を行った。

 (図3)

 
 下顎模型をスキャンして、デザインデータ製作後、ジルコニアの加工、焼結を行った(図4)。
(図4)

 

 適合を確認、マージン調整をして、上顎スタディモデルに合わせ咬合調整を行った(図5〜7)。
(図5)
(図6)
(図7)

 

 続いて上顎の製作では下顎ジルコニアブリッジを対合歯として使用し、模型をスキャン、デザインデータ製作後、ジルコニアの加工、焼結を行った(図8、9)。
(図8)
(図9)

 

 適合確認、マージンの調整後にバイト調整、形態修正を行った。
 その後ステイン、グレーズ後にチタンアバットメントと接着を行い、研磨完成させた(図10)。
(図10)

 

 担当医より連絡があり「今日もスムーズにセットできました。今回は女性の患者様で非常に歯の形や色に拘っておられ、プロビジョナルレストレーションで時間をかけて調整しました。スタディモデル通りに制作されていましたので、患者さんは歯の形も歯の色も大満足でお帰りになられました」との連絡を頂いた。

 


 担当技工士  丹羽弘一