アグネス・チャんこの世界

アグネスの世界へようこそ


テーマ:

世の映画のジャンルの中に、

鬼畜映画というジャンルがあっても良いと思う。

 

鬼畜映画とは

目もそむけたくなるような

非道な世界や行為を描く映画だ。

 

もし鬼畜映画というジャンルを作るなら、それは

ホラーやサスペンス、ドキュメンタリーにまたがる

分布を示すジャンルになるはずだ。
 

まるでクルド人のように。

 

人口はイランやイラク、トルコ上に分布している

けれども、クルド人のアイデンティティーはあくまでも

クルド人だ。

 

なので、鬼畜映画はどんなジャンル上にあっても

鬼畜映画のアイデンティティーはあくまでも鬼畜映画。

 

 

私の考える鬼畜映画の中の名作をここにメモしておこうと思う。

ちなみにランク別ではない。

思いついた順。

 

 

 

ソドムの市

 

 

 

 

 

一言で言えば、地獄絵図。

こんなひどい映画は見たことない。

精神的に健康な人でさえ、鑑賞注意。

マルキ・ド・サドの『ソドム百二十日あるいは淫蕩学校』が原作。

 

 

盲山

 

 

 

 

中国の嫁不足の農村部で行われる人身売買の話。

就職活動中の女学生が騙されて村に売られ、無理やり犯され

子供まで孕まされてしまう。

実際に中国ではよくある話。衝撃のラスト。

そして本作品は中国では放映禁止。

DVDを持っているだけでも罪になる。

 

 

鬼畜

 

 

 

 

これぞ、鬼畜映画にふさわしい、映画。

タイトルからして文字通り鬼畜。

一児の母である私にとっては

一番みるに耐えない鬼畜映画かもしれない。

 

 

ピンクフラメンゴ

 

 

 

 

“地上で最も破廉恥な人間”の座をめぐって、

登場人物たちが変態行為を競い合う映画。

この映画中に出る役者の性器、吐瀉物は全て本物。

ラストシーンで本当に犬のウ○コを食べている。

 

 

 

マンディンゴ

 

 

 

 

 

 アメリカ南部の人間が公民権運動前に

 どれだけ黒人奴隷を虐待していたか分かる映画。

 風と共に去りぬ、のアンチテーゼ的映画。

 ジャケットも風と共に去りぬのパロディー。

 

 

そこのみにて光輝く

 

 

 

 娘が父親の性欲処理をする、、、、これぞ鬼畜の極み。

 

アグネスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。