帰還せよ

帰還せよ

メインブログ、”スターゲイトSG-5”の裏側を紹介します

こちらは、メインブログスターゲイト のママが送るパーソナルブログです!


スターゲイト では、毎日子ども達が繰り広げるちょっと笑えるエピソードなどを紹介しています


さくっと軽~く読めちゃうので、お暇な時はぜひのぞいて見てくださいね!


エピソードブログスターゲイト はこちら!


テーマ:

 

地震から10日以上が経ちました

 

減ってきてはいますが、余震はまだ続いています

一部の地域を除いて、皆さんいつもの日常が戻ってきていますが、わずかながら影響もまだ続いています

 

 

 

どんな影響があるのかというと、まずはお店の品揃えです

 

牛乳やヨーグルトなどの乳製品は、徐々に入るようになりましたがまだ棚はガラガラでした

 

納豆の棚も空っぽです(9/16調べ)

 

パンなどはやっと並ぶようになりました

 

半面、野菜や果物などは充実しています

 

他の影響といえば、まだ稼働していない発電所があるため、節電で照明が暗かったりお店の看板が暗かったりしています

 

みんなで協力して節電している感じです(19日に解消予定)

 

地盤沈下した清田などの地域はまだそのままで、道路は陥没し家は傾いた状態のままです

 

工事は入っているけど途方に暮れている様子です

 

広範囲ではなく、わずかな場所だけそうなっています

 

地盤沈下したところは、昔田んぼだったり、谷で沢が流れていたりしたところだそうです

 

里塚霊園の辺りから平岡というところまで、地面が沈下した地域をひそかにつなげてみると線が表れてきたので、ここが昔谷と沢が続いていたところなのかな、と思いました

 

 

 

ところで、被害が大きかった地区で大きく傾いた家がいくつかあったのですが、ぐちゃぐちゃになった道路と違って家が全くといっていいほど壊れていないのに気付きました

 

ものすごい斜めなのですが、窓すら割れていません

 

さすが日本の家ですね

 

これは素晴らしいことだと思いました

 

 

 

さて、話は変わって、地震後すぐのことです

 

天の川が見えるほどの暗い夜道を散歩していると、庭でバーベキューらしきものをしている家がありました

 

家の中でコンロが使えないなら外で炭を使おう、という発想はとても合点がいきます

 

うちも、いざとなれば外で火をおこすことでしょう

 

すると、ネットやツイッターなどで

 

『被災して停電した北海道民の庭先や家でジンギスカンをする人達が続出

 

ということが話題になっていたようです

 

道外の人からするとその感覚があまり分からないそうなのですが、真っ先にジンギスカンを焼き始めた道民は相当多いことでしょう

 

つまり

 

「停電だから冷凍庫やばい、冷凍庫のジンギスカン溶けちゃう、ビールもぬるくなっちゃうからまず肉焼いて食おうぜ」

 

となるんですね

 

そう、道民の冷凍庫にジンギスカンが入っている確率はとても高いのです

 

しかも、道民はしょっちゅう気軽に軒先や庭でジンギスカンを焼いて食べているので、炭やコンロなどの焼く設備も充実しています

 

もちろん我が家の冷凍庫にもジンギスカンが入っていました

 

なので、停電が長く続いて我が家の冷凍庫がいよいよダメになったらジンギスカンだな、と思っていました

 

道民=ジンギスカン説は結構正しいのです

 

これがもう少し秋が深まった頃だったら、ジンギスカンに加えて

 

「作ったいくらの醤油漬けがダメになるから、ご飯炊いていくら丼食べよう」

 

などと、常備品のように冷蔵庫に入っている鮭や、脂ののったさんまや、親せきから送られてきたカニなどが非常食になるはずです

 

秋ではなくて冬だったら・・・

 

冷凍庫の物は溶けなくて済むかもしれませんが、凍死者は続出するでしょうね

 

怖い怖い

 


テーマ:

 

地震報告の途中でしばらくあいてしまいましたが、やっとパソコンから書けるようになったので、続きを書きたいと思います

 

ただ、例によって、長いですよ(笑)

 

 

 

 

今回の地震で一番問題だったのは、全道的に停電になったことでした

信号も消え、いつもは明るかった札幌の夜空に満天の星が見えるようになりました

朝になっても、昼になっても、まだ停電のままでした

学校は全て臨時休業

職場LINEがひっきりなしに飛び交います

スマホのワンセグでテレビを見ていると、だんだん被害状況がわかってきました

徐々に情報も集まってきました

それによると、停電は復旧のメドがたっていないので、最悪の場合数日続くかもしれないということ

札幌市は数時間後に給水を止めるので断水するらしいということ

携帯も、電波塔の電気があと数時間で尽きるらしいということ

などです

つまり、電気も水も電波も使えなくなるらしいのです


A  「北海道孤立したね」


孤立、、、( ゚д゚)

北海道は日本の5分の1強

でかい孤立だね

 

 

 

 

お店は、大勢の列ができていました

道路は動いているので、カップ麺や、パン、飲み物などは供給されているようです

北海道の作物が輸送できないことで、これから道外でも影響が出てくることでしょう

まあ、一般の家庭なら数日分くらいの備蓄があるから大丈夫だと思われます

幸い、うちにはソーラーパネルがついていたので、そこから電源が取れるはずでした

初のソーラー発電からの電源取り

コンセントをつなげて使ってみると、、、

おお、ついた(^∇^)



A  「じゃあ掃除機でもかける?」

ママ 「優先順位間違ってるよね(笑)」


とりあえず、一番心配な冷凍庫の電源を入れました

 

普通の冷蔵庫の他に、大型の冷凍庫があるからです

スマホ類の充電もできました

バッテリーを満タンにし、充電式の照明もフル充電しました

水が止まった場合に備えて、備蓄もしました

 


ママ 「水筒にも入れておこう」

A 「紅茶でも入れるかい?」

ママ 「普段飲まないのに(笑)」


カセットコンロがあるので、料理もできました

A 「カレー作りたい」

ママ 「なんでわざわざ煮込む物を(笑)」



どうやらキャンプ気分の人がいるようです(笑)

スマホの電波は入りにくくなりましたが、足りない物はなかったので、基本的に困ることはありませんでした

 

 

 

 

地震二日目の夜

 

北海道に再び真っ暗な夜がやってきました

ソーラーの発電は、天気が悪く昼過ぎくらいから止まっていました

非日常的な感じが、よくキャンプや車中泊をしながら旅をしていた、サバイバル生活を思い出させました

サバイバル的な感じは結構好きなんです

避難所となっている職場で、電池式ランタンが周囲をもっと効率よく照らすようにしたり、ペットボトルを切ってスマホ立て&音増幅装置を作り、スマホのワンセグテレビをみんなが見られるようにしたりと、いろいろ工夫して過ごしました

コーヒーメーカーが動かないので、ドリップ式のコーヒーの差し入れが喜ばれました



道路は暗く、信号もついていません

土地勘がなければどこが交差点なのか分からないだろうな、と思うくらいの暗さです

ということは


私 「ちょっと外に来て見て!星が超きれいだよ。天の川も見える」

子どもたちと空を見上げ、あれがカシオペアであれが北斗七星、と指さしながら話したのが楽しかったです




ただ、停電の影響はじわじわ出始めていました

まず、携帯の電波がだんだん弱くなってきました

充電は十分なのですが、電話も通じません

ネットも途切れ途切れになり、、、

ついに完全に使えなくなってしまいました

もう外界との通信手段はゼロです

ワンセグ電波だけは拾えたので、かろうじてニュースだけは入ってきました



再び朝が来ると、曇り&雨という天気でソーラーは全く使えませんでした

こうなると冷凍庫が危険です

もってあと1日というところでしょうか

別にある冷蔵庫の方は、完全にあきらめました

うちは停電だけですが、職場は断水もしています

たくさんの生鮮食品や冷凍食品を抱えるお店などは、大打撃ですね



職場に詰めている人達はカップ麺や非常食ばかり食べているので、カレーを作って持って行くことにしました

カセットコンロを使って、カレーを6リットルほど作りました

電子レンジが使えないので、湯煎で温められるよう、ジップロックに分けて入れました

圧力鍋でご飯を炊き、おにぎりの形にして一つずつラップでくるみました

残っていたレタスを洗ってちぎり、サラダも作りました

さらに、じゃがいもがたくさんあったので、フライドポテトも作りました

水が出るって素晴らしいですね

それを、私の職場とパパの職場に運ぶことにしました

 

パパも避難所となっている自分の職場にずっと詰めていたのです



そこで、重大なことを思い出しました

学校で収穫してゆでた枝豆を、家庭科室の冷凍庫で大量に冷凍していたことに

子どもたちみんなで食べることになっていたのです

急いで見に行くと、溶け残っていた大量の霜に守られて、枝豆はまだ凍っていました

今のうちに冷凍庫に移せば、大丈夫かもしれません

幸いパパの職場には電気が通っていたので、そこへ移すことにしました

道路は信号がついているところとついていないところがあって、みんな譲り合いながら運転していました

信号はまだついていない方が多かったです

 

あちこち走り回って思いましたが、信号がついていない方が目的地に着くのがずっと早かったです

 

パパもいつもより相当早く着いたそうです

それにしても夏でよかったですね

冬だったら大変なことになったはずです

まあ、その代わり食べ物は腐らないでしょうけどね

 



電気の供給が切望される中、いくつかの発電所が稼働を始めました

着々と停電が解消されていくにつれ、各地の状況が次々と入ってきました


「手稲と前田が点いた」

「冨丘復活」

「宮の森もたった今復活」

「新川、闇鍋中」

「新琴似もキャンプ飯」

「清田、美しが丘復旧」

「平岡キター」


など、リアルタイムに情報が入ります

でも、私の住んでいるところがなかなか復旧しません

町は、電気のついているところと真っ暗なところが混在している感じでした

そして地震発生から約42時間

 

9月7日の夜9時半頃

我が家にもついに明るさが戻りました

冷蔵庫も通電が始まりました

そこですかさず・・・

冷蔵庫掃除をすることにしました(笑)

冷蔵庫を大がかりに掃除するには食品を冷凍庫などから出さねばならず、その間に溶けてしまったりすることが心配です

でもすでに全てが常温なので、その心配はありません

それに、冷凍食品は最初から大型の冷凍庫に移してあるので空っぽです

これは、またとないチャンスです

冷蔵庫がピカピカになった後は、入っていたバターをチェックしました

完全に常温で、柔らかくなっています

これは・・・


私「せっかくバターが溶けているから、パウンドケーキを作ろう(^∇^)」



一旦溶けたバターをもう一度固めても味が落ちてしまうことでしょう

それより、普段はもったいなくて作れない、バターたっぷりのパウンドケーキを作ってしまえば一石二鳥です

バターを溶かす手間もなく、あっという間に美味しいパウンドケーキができました

大きな方の冷凍庫も、中身は無事凍ったままでした

電気が来たおかげで、Wi-Fiも使えるようになりました

これで、家は元の状態に戻りました



そう、足りないのは電気だけだったんです

お湯は、温水タンクにたっぷり残っていたので、お風呂にも入れていました

食べ物もたくさんありました

スマホでニュースも見れました

充電式の照明が明るかったので、懐中電灯がなくても困りませんでした

ニュースで北海道の地震を知り、いろいろ心配してくださった方

励ましや応援のメッセージをくださった方

本当にありがとうございました




札幌の様子ですが、8日には全ての信号がついているようでした

開いているガソリンスタンドには行列ができていました

でも、どんどん営業再開しているので、9日には落ち着いていました

お店は営業しているところとまだしていないところがあり、コンビニも空っぽの棚がいくつもありました

ニュースでは、清田の被害が大きく取り上げられていましたが栄町もひどく、道路があちこち陥没したり、亀裂が走っていて通行止めになっているところがありました

ただ、これも数日もすればすっかり元通りになることでしょう

 

 

9日のお店の様子

 

 
 
 
 
それより、台風が直撃した大阪など本州の方が被害が大きいように感じます

まだ元に戻っていないところもたくさんあると思うので、早く復興するよう願っています

 

 

 

以上

北海道地震の報告でした

 

したっけ

 


テーマ:
 
北海道で大きな地震が起こりましたね
 
幸せなことに、たくさんの方が心配してくださいましたので、ここで状況をご報告させていただこうと思います
 
 
 
私の住んでいる場所は、震源地から約40~50キロくらいのところにあり、多分震度5弱だったと思われます
 
我が家では物がいくつか落ちてきましたが、特に被害はありませんでした
 
午前3時頃の地震だったので寝ていたのですが、揺れと音が大きくて目が覚めました
 
縦揺れの大きさの割に比較的早く横揺れが始まったので、そんなに遠くないな、と思いました
 
すぐに停電が起こり、パパは被害状況を確認しに階下へ降りて行きました
 
私はもう一度寝ようと思いました(笑)
 
でも結局起きるはめになりました
 
 
 
懐中電灯は一つLEDの明るいのがあったので、パパがそれを持っていました
 
でも、急いで職場に行かなければならなかったので、その明るい懐中電灯を持って出掛けて行きました
 
私は、学校の防災訓練でもらったばかりの懐中電灯があったので、ちょうどよかったとばかりに点けました
 
Aには、もう一つのLEDのを持たせました
 
Rは、中学生の時に作った手回し式の懐中電灯を持ちました
 
 
 
ところが
 
 
 
私 「この懐中電灯、全然明るくない(>д<)」
 
豆電球ほどの明るさにしかならず、字も読めません
 
A 「この懐中電灯、押してる時しか点かないの?」
 
指を離すと消えるタイプでした
(しかも暗い)
 
R 「これ、回してる間しか点かない(>д<)」
 
ハンドルをぐるぐる回しながらRが訴えました
(しかも暗い)
 
 
 
暗闇の中で大爆笑したくらい、元気です
 
 

テーマ:

風鈴懐かしい夏の思い出を教えて!爆  笑

みんなの回答を見る右矢印
キャンペーン詳細右矢印

 

 

はいはい

 

ちょうど夏の思い出を連載方式で語ってたとこですよ

 

というわけで、夏の九州旅行完結編です

 

 

 

まずは植物から

 

北海道では、裸子植物の代表として教科書にしか登場しないソテツ

 

 

つぼみ?それとも終わった後?

 

 

 

地面から生えてるこれは何?

 

 

 

この花も見たことありません

 

 

 

 

宮崎の青島から戻る途中に見つけた絵

 

行く時にはなかったので、誰かがさっと書いたんですね

 

絵心のある人はすごいですね

 

 

 

 

宮崎県から鹿児島県へ向かう途中のSAで見つけたメロンパンが超売れてるというところ

 

北海道メロンパンは、北海道から持ってきたのか?

 

 

 

 

桜島へ行く途中の道の駅から見た桜島

 

鹿児島市から見るのとは違う形です

 

 

 

同じ道の駅で見つけた、カラフルな魚

 

 

 

 

黒神埋没鳥居は学校の隣にありました

 

 

 

足元は灰だらけ

 

 

 

近くにあった車も灰だらけ

 

 

 

有村溶岩展望所にあった石

 

なぜかお金が乗っていました

 

 

 

鹿児島市でワイパーをかけたところ

 

 

 

 

九州のいろいろな県で見かけた、珍しい形のかき氷アイス

 

手持ちでは食べにくそう

 

 

 

東日本では販売終了してしまったので、北海道では手に入らなくなったカール

 

お土産に買っていきました

 

 

 

 

鵜戸神宮で買ったおちちあめ

 

おちちがよく出るようになるそうです

 

 

 

中にはあめが5個

 

飛行機の耳の気圧対策に、ありがたくいただきました

 

 

 

飛行機から見た雲

 

このもこもこ具合が、太陽のガスが表面にわき上がってくる粒状斑に似てるな~、と思いながら見ていました

 

 

 

 

北海道に戻ると、紅葉が少し始まっていました

 

 

 

 

 

この気温差のせいで、いつも旅の思い出が「遠い世界のことのように思える現象」が起こるんですよね

 

ちなみに、今日の昼の気温は15度で、涼しいを通り越して超寒かったです

 

暑がりな人も、長袖を着ているのに寒い寒い言っていたくらいなので間違いないです

 

 

 

たくさんの話や写真を載せましたが、長々と九州の思い出話にお付き合いくださりありがとうございました

 

夏休みを満喫している方

早く終われと思っている方

今年の夏はどうでしたか?
(北海道の夏は終わりました)

楽しい思い出を胸に

次の休みを楽しみに

ぼちぼちがんばっていきましょー

したっけ(^^)/
 

 

 

 


テーマ:

 

九州初日に食べた牛乳かんは、阿蘇のジャージー牛乳使用でした

 

 

 

翌日買った牛乳かんは、北海道産の牛乳が使用されていました

 

阿蘇の使えばいいのにね

 

 

 

シシリアンライスを食べた佐賀県庁の上のレストランから見た眺め

 

 

 

 

下城の大いちょうを見た時、近くにあったやつ

 

 

 

阿蘇のミルクロードには、参勤交代の時の石畳がありました

 

一見足場が悪そうに見えるけど、これって当時の舗装なのかな

 

 

 

 

石の間からは雑草が生えていました

 

 

 

熊本で見た植物。すすきに似てるけど、なんか違うよね

 

 

 

熊本で食べた太平燕

 

 

 

麺が春雨

 

 

 

味が気になって頼んでしまったパイナップル炒飯

 

 

ぱくっといくと、温かいパイナップルがじゅわっと溶けて甘酸っぱいものが出てきました

 

料理にお酢をかける人がよくいますが、そういう人なら美味しいかもしれません

 

でも、酸っぱいのが苦手な私としては、混ぜないでほしい・・・

 

別々に食べてみると、近年まれにみるくらいとっても美味しい炒飯だったので、また食べたいです

 

 

 

19:21の熊本の空

 

 

この時間にしては明るいなと思いました

 

北海道の8月ならもっと暗いはずです

 

18時半頃に北海道の空の写真を送ってとメールすると、雨でどんよりと暗い写真が送られてきたので、比較できませんでした

 

 

 

道路を歩く馬

 

 

 

車や人の近くを歩く馬

 

 

 

タイトルをつけるなら、植林大成功

 

 

 

 

その3に続きます~

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス