生きがいの編集室_1107ブログ

生きがいの編集室_1107ブログ

こんにちは!!1107です。「いちいちぜろなな」と読みます。
1107は、皆様の生きがいの編集室です。
コツコツ学んでこられた学びを形にするお手伝いや、
有益な学びや有識者の方のイベント開催が主な業務です。
ご縁をいただいた皆様のお役に立てれば幸いです。



和泉の国の『一の宮』大鳥大社。
ご祭神は、日本武尊(やまとたけるのみこと)。
そう、伝説のスーパーヒーローですっ‼


日本武尊は、第12代景行天皇の第二皇子。
父の命を受け、各地の豪族の反乱を制圧すべく
16歳の少年の身ながら、日本中を飛び回ります。

詳しいお話は、同じく日本武尊を祀る建部大社の
絵本風のサイトがとても分かりやすかったので
こちらをご覧ください。

都に戻ることなく、伊勢国能褒野(のぼの)で力尽きた日本武尊。
その御霊(みたま)が白鳥となって御陵から飛び立ち
大和の琴弾原(ことひきのはら)、河内国の古市をへて、
最後に舞い降りたのが、大鳥大社がある場所だったそうです。
そこに拝殿を建てお祀りしたのが、こちらのお社の起源です。


ちなみに、焼津で火に囲まれ草を薙(な)いで難を逃れた時に使った剣は
素戔嗚尊(すさのおのみこと)が八岐大蛇を退治した時に
オロチの尻尾から出てきた天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)と同じです。
日本武尊がこの難にあった時、草を薙いで命をとりとめたところから、
草薙剣(くさなぎのつるぎ)と名前が変わりました。

古代のスーパーヒーロー素戔嗚尊から
次世代のヒーロー日本武尊に引き継がれた剣は
今も天皇家で大切にされている三種の神器のひとつです。
神話が今の現実へとしっかりと繋がっている日本。
この国は、本当にスゴイっ‼


そんな実在したスーパーヒーロー・ヒロインに会いに行く
10月の『一の宮』を巡る神社活動の詳細はこちらです。


【開催日時】2021年10月30日(土)午前10時集合 
【集合場所】大阪メトロ谷町線「天満橋」4番出口
      ドトール前
      ※参加費は無料。交通費など実費のみです。

【イベントの詳細、お申込はこちらをご覧下さい】