箱根駅伝2018振り返り~早稲田大~

テーマ:

こんにちは。

今回は早稲田大の箱根駅伝の戦略や実際のレース展開について振り返ります。

 

往路:3位

復路:7位

総合:3位

 

出雲、全日本ともに主力の足並みが揃わず、不本意な継走となっていた早稲田大。箱根に向けた明るいニュースもなかなか聞かれなかったことからひょっとしたらシード落ちもあり得るかなというほど厳しい戦いになることが予想されていました。

 

〇戦略

今季不調に苦しんでいたエースの永山の調子が戻らず、7区に回さざるを得なくなったことでかなり厳しくなりました。1区のスペシャリストとして成長していた太田を2区へコンバートしたことで、1区に適性のある選手を配置することができなくなったのです。相楽監督は4年生に全てを託すことに。

往路は太田以外4年生で固め、4区までは10位前後でなんとか食らいついて5区安井でのジャンプアップを狙いました。

復路は往路同様に不安がありましたが、9区清水10区谷口と長い距離に強い上級生でまとめようという戦略でした。

 

ここは兎にも角にも1区2区が最重要でした。

 

〇結果

1区を藤原がしっかり集団の中で繋いでくれると、2区太田がデレセや塩尻といった格上の選手と最後まで競り続けた結果、5人抜きの快走。不安の序盤を6位と最高の形で切り抜けることができました。完全に流れに乗った早稲田大は3区以降も好走続きで終わってみれば往路3位と躍進を果たしました。

 

復路は6~8区がいずれも区間2桁順位ということでやや不穏な空気が漂いましたが、9区清水が区間賞の走りで流れを引き戻すと、10区谷口も日体大の追撃を冷静に躱して3位を守り抜きました。

 

〇感想

序盤に上手く流れに乗れたことで常に余裕をもったレースが展開できました。3位という結果は戦前のチーム状況から考えると、これ以上ないくらいの好成績といっていいでしょう。このレースでは本当に4年生が頼りになりました。5人走った4年生は皆、順風満帆とは言えない4年間でしたが、最後の最後に全員がベストの走りを魅せてくれました。

 

 

〇今後に向けて

先述のとおり、今回出走メンバーの中にはチームを支えてくれた4年生が5人いるということで非常に穴が大きいです。特に山のスペシャリストとして確実に稼いでくれた安井の後継者は簡単には見つからないでしょう。

とはいえ、新入生は中谷、半澤、千明、太田弟と全大学No.1のスカウトに成功しました。永山と並ぶエースに成長した太田を中心に、また新しい風を吹かせてくれそうです。

 

 

次回は日体大の箱根駅伝を振り返ります。お楽しみに。

 

またLINEで次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

↓↓

友だち追加

AD

こんにちは。

今回は東洋大の箱根駅伝の戦略や実際のレース展開について振り返ります。

 

往路:1位

復路:2位

総合:2位

 

下級生中心のチーム構成ということでシーズン前の評価は決して高くなかったものの出雲、全日本では先頭に立つなど見せ場を作った東洋大。箱根でもサプライズを起こせるのではないか、そんな期待感を抱かせながらのレースとなりました。

 

〇戦略

西山、相澤、山本修、吉川と強い選手を往路に突っ込む前半型のオーダーを組みました。往路の戦略としては2区までは先頭の見える位置で繋ぎ、敢えて3区に置いたエースの山本修と4区吉川で先頭を奪取し、往路優勝を狙うというものでした。

復路は往路の貯金を活かしながら7区渡邉で稼ぎ、9区10区の上級生で競り合いに持ち込めれば、という考えでした。

 

〇結果

1区西山が終盤に上手く抜け出す区間賞、2区相澤も序盤から積極的に飛ばして先頭をキープと想定以上の好スタートを切ります。自信のあった3区4区でさらに後続との差を広げると5区田中も堅実に走り切って4年ぶりの往路優勝を果たします。

復路は青山学院大の6~8区連続区間賞の破壊力に屈しましたが、それでも全員が100%に近い走りを魅せてくれました。

 

〇感想

最初から最後まで勇気を持った攻めの走りを続けたことが2位という結果につながりました。最後は青山学院大の選手層の厚さに敗れましたが、6区今西の小野田に追いつかれたときに必死に食らいつこうとした姿勢、9区小早川10区小笹と大差をつけられた中でも諦めずに前との差を詰めた走りに、代々東洋大に受け継がれる魂を感じました

 

〇今後に向けて

今回出走した4年生は小早川一人のみということで上位チームの中でも穴は比較的小さいです、さらに7人走った下級生はいずれも伸び盛りだということでまだまだ戦力アップが見込めます。山本修、相澤、西山、吉川とエース力も申し分なく、来季は青山学院大の対抗1番手として、すべての駅伝で優勝争いを展開できるのではないでしょうか。

 

次回は早稲田大の箱根駅伝を振り返ります。お楽しみに。

 

またLINEで次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

↓↓

友だち追加

 

AD

こんにちは。

今回からは箱根駅伝に出場したチームの戦略と実際の結果について1校ずつ振り返っていきたいと思います。

 

今回は青山学院大の箱根駅伝について振り返ります。

 

往路:2位

復路:1位

総合:1位

 

出雲、全日本では1区の出遅れから優勝を逃した青山学院大。得意の箱根での巻き返しを図りました。

 

 

〇戦略

1区鈴木、2区森田とロードで安定して走れる選手を序盤に並べ、3区のエース田村で先頭に追い付き、5区まではやや順位を落としても致命的な大差がつけられなければ大丈夫。

復路に置いた大砲の6区小野田で追いつき、8区下田で勝負をつける。という戦略で臨みました。

 

 

〇結果

1区鈴木が先頭から25秒差の5位で繋いだのは想定通り。いい意味で想定と違っていたのは2区の森田でした。ニャイロと同タイムで区間賞を獲得して2位争いから抜け出しました。優勝候補のうち、2区に大エースの鈴木健吾を配してリードを奪いたかった神奈川大、2区までは一緒に走りたかった東海大の出鼻を完全に挫き、東洋大との一騎打ちに持ち込みました。

 

3区4区で先頭を走る東洋大から差を開かれてやや不穏な雰囲気になったものの、5区竹石が足を攣りながら区間5位の激走。往路は先頭から36秒差の2位とほぼ100点の出来でした。

 

復路は6区小野田で早々に先頭を奪うと、7区林が区間2位に2分以上の大差をつける区間賞の走り。この区間で先頭を奪いたかった東洋大の思惑を打ち砕きます。その後、8区下田でほぼ逆転不可能なほど後続との差をつけると、9区以降は悠々と逃げ切りました。

 

 

 

〇感想

やはり箱根では強いというところを見せた青山学院大。森田や林の予想以上の好走はありましたが、チームとして一番の勝因は小野田、下田という大砲を復路に残せていたことだと思います。復路に絶対的な自信があるからこそ、往路は最低限、前が見える位置で繋げればいいという気持ちの余裕が各選手の100%の走りを引き出したのでしょう。

 

 

 

〇今後に向けて

今回走った4年生は3人。特にチームを強力に引っ張っていた田村、下田の卒業は痛いですが、今回故障で外れた橋詰は田村と同等の役割を期待できる選手です。さらに今季でいうと林、竹石のように毎年戦力になる選手が現れてくることから、来季も青山学院大は強そうです。

 

次回は東洋大の箱根駅伝を振り返ります。お楽しみに!

 

またLINEで次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

↓↓

友だち追加

 

AD

勝手に箱根駅伝大賞2018

テーマ:

こんにちは。今年も箱根駅伝が終わってしまいました。物凄く楽しみにしていた分、終わってしまうと寂しい気持ちにもなります。

今回からこのブログではしばらく箱根駅伝について振り返っていきたいと考えております。

第一弾となる今回は題して「勝手に箱根駅伝大賞2018」です。いろんな賞を勝手に設定して勝手に表彰する、そんな企画です。あくまで当方の独断と偏見に基づきますのでご理解のうえ、読んでいただければと思います。

 

 

【MVP】

森田歩希(青山学院大) 【2区区間賞】

 

青山学院大の総合優勝に最も貢献した選手です。これまでも駅伝で安定して区間上位で走っていましたが、初の前半区間ということでさすがに鈴木健吾(神奈川大)や塩尻(順天堂大)といった学生長距離界を代表するエースを相手にするのは分が悪いと思っていました。しかし、序盤から安定したペースを刻むと、終盤に見事なペースアップ。あのニャイロと同タイムで区間賞を獲得してしまいました。この区間で先頭に立ちたかった鈴木健吾に競り勝ち、一緒に耐えたいと思っていた阪口(東海大)を完全に競り落としたことで、戦前に優勝候補と言われたチームに大打撃を与えました。

 

 

【リベンジ賞】

山本修二(東洋大) 【3区区間賞】

 

前回2区を走った時は先頭で襷を受けたものの、鈴木健吾や一色(青山学院大)、工藤(駒澤大)といった他チームのエースに完全に力負けして順位を落としてしまいました。そこから1年、山本修は見違えるほどたくましく成長しました。今回任された3区では、追いかける展開においては学生史上最強ともいえる田村(青山学院大)がすぐ後ろから迫ってくる位置で襷を受けました。前回の嫌な記憶がちらつく中、追いつかれそうで追いつかれないほどのリードをキープし続けるとたまらず田村がペースダウン。最後はリードを広げる理想的な展開に持ち込みました。この1年の成長が見える走りでした。

 

【ニューウェーブ賞】

吉川洋次(東洋大) 【4区2位】

 

4区は距離こそ短いものの細かいアップダウンが続き、終盤にはダラダラとした上りが待ち受ける難易度の高い区間ということもあって、上級生が起用されることが多い区間です。そんな区間に1年生ながら起用された吉川は終始安定したペースを刻み続けて2位との差を2分以上に広げてくれました。実質的にこの区間でのリードが東洋大の往路優勝を決定づけました。

 

【最初で最後の駅伝賞】

住田優範(日体大) 【7区2位】

 

これまで4年間、1度も駅伝を走ったことのない選手が最後の最後に箱根駅伝のメンバーを掴む姿を見ると心に来るものがあります。この賞はそんな選手の中で最も輝いた選手に贈る賞です。住田は強力世代の日体大4年のなかでなかなかメンバーに入れませんでしたが、最後の箱根では7区の座を手にしました。区間2位という結果はもちろんのこと、下級生が6区で落とした順位をすぐさま取り返したことによって、その後のさらなる上昇、総合4位という結果を呼び込みました。

 

 

【本当にブレイク賞】

林奎介(青山学院大) 【7区区間賞】

 

以前、「ブレイク前夜の若武者たち」で紹介した選手のなかで、今回の箱根駅伝で最もブレイクした選手に贈る賞です。

林は学内選考会での快走連発から箱根でも復路で区間賞争いができるような選手だとは思っていましたが、まさか区間新を叩き出すほど強いとは思っていませんでした。追いかける東洋大としてはここで逆転したかったのですが、逆に2分以上差を広げられて優勝争いが決してしまいました。こんな選手が現れ続ける限りは青山学院大の覇権が続きそうです

 

 

【監督賞】

大志田秀次(東京国際大)

 

東京国際大は今回の箱根駅伝で最も面白いオーダーを組んできました。1区にダブルエースの伊藤でもスタンレイでもなく、実績の少ない真船を抜擢しました。1区2区は苦戦覚悟のうえ、3区以降のスタンレイ、鈴木博、濱登と好走経験のある選手で一気に上昇を狙いました。結果としてスタンレイの不調により3区からの追い上げは叶いませんでしたが、新興校は出遅れを絶対に避けたいとして1区からエースをつぎ込むことが多いなか、敢えて序盤を耐える戦略で臨む監督の勇気は素晴らしいです。

 

 

【皆勤賞】

 

田村和希(青山学院大)

・1年:4区区間賞

・2年:4区区間賞

・3年:7区11位

・4年:3区2位

 

安井雄一(早稲田大)

・1年:8区7位

・2年:5区5位

・3年:5区4位

・4年:5区2位

 

小町昌矢(日体大)

・1年:5区19位

・2年:1区11位

・3年:2区18位

・4年:5区5位

 

吉田亮壱(日体大)

・1年:8区17位

・2年:8区5位

・3年:3区4位

・4年:1区4位

 

川端千都(東海大)

・1年:2区7位

・2年:7区12位

・3年:9区5位

・4年:10区16位

 

春日千速(東海大)

・1年:8区5位

・2年:2区15位

・3年:8区5位

・4年:4区12位

 

栃木渡(順天堂大)

・1年:8区15位

・2年:4区3位

・3年:4区区間賞

・4年:1区10位

 

工藤有生(駒澤大)

・1年:4区2位

・2年:2区4位

・3年:2区6位

・4年:7区14位

 

鈴木健吾(神奈川大)

・1年:6区19位

・2年:2区14位

・3年:2区区間賞

・4年:2区4位

 

大野日暉(神奈川大)

・1年:8区9位

・2年:9区13位

・3年:5区14位

・4年:9区8位

 

大川一成(神奈川大)

・1年:3区18位

・2年:10区8位

・3年:9区9位

・4年:7区13位

 

坂本佳太(上武大)

・1年:3区16位

・2年:10区20位

・3年:1区10位

・4年:1区8位

 

今年の4年生の箱根駅伝皆勤賞は12名でした。

こうして成績を並べてみると4回すべて好走することがいかに難しいかがわかります。

そのなかで唯一4回とも区間一桁でまとめた安井の安定感が光りますね。また、神奈川大は3名が皆勤賞。苦しい時期から優勝候補となるまでの4年間を支え続けた世代ですね。

 

これで勝手に箱根駅伝大賞2018は終わりにします。「ほかにもこんな賞があったらいいな」っていう意見がある方、ぜひ教えてください。次回からの参考にさせていただきます。

 

次回からは1校ずつ箱根駅伝での戦略と実際のレースの展開について振り返っていきたいと思います。20校全てやりますので長丁場になりますが、また読んでいただけると嬉しいです。

 

またLINEで次回のブログ記事の頭出しや

ブログの更新通知をしていますので

興味があればご登録お願いします。

↓↓

友だち追加

 

 

こんにちは。

いよいよ箱根駅伝まで5日を切りました!

 

今日の記事は当日に向けて当方が作成した名付けて

 

 

「これさえあれば素人でも箱根を100倍楽しめる簡易ガイド」

 

 

について説明いたします。

 

 

 

4月から活動を始めてコンセプトを

 

 

「なんとなく箱根駅伝を見る人を100倍楽しませる」

 
 

というものに設定して活動してきました。

 

今ではTwitterのフォロワー数が3000人を超えて

たくさんの方にいいねやリツイートをして頂き少しずつ規模が大きくなってきています。

 

 

 

そして、いよいよ箱根駅伝がここまで近づいてきました。

 

 

 

今まで楽しんでチェックしてくださった方もまだ知らない方にも

箱根駅伝の楽しみ方をなるべくわかりやすく、そしてユーモアを交えて魅力をお伝えできればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

前置きはここまでにして

ここからは当日の情報配信について説明いたします。

 

 

 

いきなりですが、

 

 

 

今回の箱根駅伝情報に関してはLINEにて発信しますのでまだ登録していない方で

興味がある方はまずこのボタンを押してください(笑)

※リアルタイムで情報をお届けするためにもラインを使用しています

 

 

友だち追加

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはLINE登録を済ませていただいたと仮定して話を進めさせていただきます。

 

 

 

 

今回は以下のような流れで発信していきますので

ご確認よろしくお願いいたします。

 

 

①12/30 13:00

今大会の簡単な注目ポイントおよび簡単な出場校の説明を配信します。

 

②12/30 14:00

各大学ごとの情報を15分ごとに配信します。

 (配信する大学の順番は完全ランダムにしますのでお楽しみに)


③1/2  当日エントリー変更後

当方が感じた感想をとても簡単に配信します。

 

④1/2 夕方以降

往路を終えて復路の展開予想及び当方が勝手に考える各校の復路戦略

(1位の大学から順に配信していきます)
 
⑤1/3  当日エントリー変更後
当方が感じた感想をとても簡単に配信します。
 
 
 
登録していただいた方には 全部で50回近くLINEをお送りすることになるので鬱陶しいかもしれませんが、読んで楽しめるよう一生懸命作りますので楽しみにしていてください!
 
 
そしてここまで読んで未だ登録していない方のために最後にもう一度
登録ボタンを張り付けさせていただきます。(笑)
 

友だち追加

 

 

レース当日は皆さんと共に箱根駅伝を盛り上げていけたらと思いますので

宜しくお願いいたします!!