せき、息切れ、喘息、肌荒れ、アトピー解消におすすめの反射区+刺激の仕方 | リフレクソロジーとアロマを無料で学べるブログ

リフレクソロジーとアロマを無料で学べるブログ

リフレクソロジー、足ツボで健康になりたい方、セラピストを職業にしたい方、アロマにもご興味のある方、是非このブログをお役立てください。

今回は、せき、息切れ、喘息、それから肌荒れやアトピーにも効果的な反射区をご紹介します。

前々回ご紹介した肩の反射区の下、写真のピンクのエリアが肺の反射区となります。

$リフレクソロジーを無料で学べるブログ

せき、息切れ、喘息と肺との関係はわかりやすいと思いますが、整体的にみると実は肺と皮膚、そして肺と大腸にも密接な関係があります。

説明するとだいぶ長くなってしまうので、これに関しては別の機会にしようと思いますが、肌荒れやアトピーでお悩みの方は、この肺の反射区、以前ご紹介した腎臓の反射区、そして、これからご紹介予定の大腸の反射区への刺激がお悩み解消のキーになるはずです。

刺激の仕方は、肩の反射区への刺激と一緒で、

左足の場合、左手で足を支えながら、左手を壁にして右手人差し指を使って車のワイパーのような動きで刺激を与える事です。
$リフレクソロジーを無料で学べるブログ
↑これは肩の反射区へ刺激を与えているところ。

肩の反射区への刺激を終えたあと、そのままの流れで少し下に移動し、肺の反射区を刺激していくのがやりやすいと思います。