子ども同士がたくさん集まると

どうしても目がいくこと

「あの子よくしゃべれるキョロキョロハッ

 

うちの子、あの子より年上なのに。

うちの子まだ全然しゃべらないぼけー

 

あのくらいの年齢になったら

あのくらいしゃべるようになるのかな・・・

そんな声が先日も聞こえてきました。

 

よくしゃべれる子って

遺伝かもしれませんが、

それだけではありません。

 

 

よくしゃべる子どものママ達に共通すること

①めちゃくちゃ話しかける。

②めちゃくちゃ語でも理解する。

③だから1才すぎくらいから

 雰囲気の会話ができるようになっている。

(発音も言葉も全く正確ではないのに

 会話が成立する状態。)

④実は生活スタイルにもポイントが!

 

 

双子ちゃんたちの交流の場で

一目置かれる双子くん

(男の子2人AくんBくん)がいます。

2人ともずーーっとしゃべっていますチュー

聞き分けもあって、活発に遊ぶ2人。

2才3ヶ月からは劇的に変化したと

ママは言います。

2人でごっこ遊びができるようになったのです。

 

 

はたから見て、1才半すぎには

ママと会話になっていて感激していましたが、

1才前からずば抜けて凄かったのが、

彼らの言葉をママはすごく理解します

 

例えば1才すぎでAくんがよく言っていた言葉

① 『ちちーショボーン

これは眠いときにしていたおしゃぶり

(ちっちーちゃん ←命名は謎。)

(子どもが名付けたのでしょう)

ぬいぐるみ付きのおしゃぶり。

 

「はいはい、ちっちーちゃんね」

「さっきお布団のお部屋にあったよ」

「ほら、一緒に見に行こ?」

「ね~~あった!!!」

『ちちーちゃおねがいラブラブ

 

 

 

『すーニコニコ

これは絵本を見ているとき、

おもちゃを捜しているときに

Bくんがよく言った言葉

「そうだね~トーマスだね~」

『とーすー爆  笑照れ

 

 

『どーどニコニコ

「そうだね~」

「ゴードンだね~」

「よく覚えてるね~~」

『どーどん照れ

 

 

『デーニコニコ

「そーだね~」

「ジェームスだね~」

『デース照れ

 

 

2人の大好きなものを

ママは必死で覚えました。

最初は何を言っているのか分からなくても

子どもが何かを訴えているような

ぐずり気味の言葉は

必死に「これ?」「これ?」「これ?」

と当てにいっていました。

数日がかりで分かるものもあったようです。

 

子どもは結構なにかしらを訴えます。

(④のポイントが大きいです)

 

 

その努力があって、

ママは何を言っているのか分かるようになり

 &

子どもは何か言えば分かろうとしてくれる!と感じる

 &

たぶんしゃべれば通じる!!!

 

「しゃべりたい!」に。

 

 

そんな当たり前が出来上がっていきます。

 

①②③は会話のポイント。

③は雰囲気で会話をスタートすること。

 

最後に伝えるのは④生活の中のポイント

私は、最大のポイントは

ひょっとすると④ではないかとも

思います。

 

長くなるのでまた次回パー