お久しぶりですニコニコひらめき電球あせる

 

イヤイヤ期の子どもたちって

本当に手がやけますよね笑い泣きハッ

 

そりゃ~子どもたちは

自分のやりたいことと

社会のルールとのギャップに

苦しむ時期だとは分かっていても。

 

もうイヤイヤ期も末期になるにつれて

絶対「嫌」ではないのに

なぜか「イヤイヤ」言ってる状態に

なっちゃってたり笑い泣きあせる

 

反射的に「イヤイヤ」してたり、

収束不可能な自体に

子どもも大人もゲンナリチーンとか

 

めっちゃくちゃあるあるだと思います。

 

 

ここは大人の社会ですし・・・

子どもの勝手を

追求できる世界ではないわけで。

 

子どもの試練なのかもしれないけれど

それ以上に大人の試練!!!

コレを乗り越えたら

幸せが待っている気が・・・しませんか!?

 

 

ただ、ここでしくじると

一生ひねくれてしまいかねないし、

子どもも、そうかもしれないけど、

親子関係だってひねくれてしまいますゲッソリ

 

うちの子3才からずっと反抗期・・・とか

その頃からずっと言うこと聞かないとか、

乱暴な子どもになっちゃったとか、

そんなの耐えられませんよね。

 

それでなくても

上手く乗り切れるように、って、

子どものイヤイヤが爆発したら

後のことが大変になるからって、

すごーーく慎重になるのに・・・

 

どんなに丁寧になだめても

結局、収拾つかない・・・チーンチーンチーン

 

ってことだって

日常茶飯事にあるものです。

これが双子ちゃんだったりすると

2倍どころじゃない、

3倍4倍・・・。

 

赤ちゃんのお世話で

単胎児の2、3倍大変な

寝不足の激務の日々が終わったかと

思ったら、

 

イヤイヤ期で、3、4倍大変に・・・

こんな日が来るなんて・・・

って。よく聞かれます笑い泣きゲッソリもやもや

 

 

平日、大人1人でずーーっと

子どもたちと向かい合っているママさん

本当にお疲れ様ですえーんえーん

 

 

メルマガで紹介した内容ですが

イヤイヤ期の子どもが喜ぶことを

一部紹介しますニコニコルンルン

  ↓↓
とっても簡単な
アイディアをお届けします!!

 

 

イヤイヤ期の子どもは
「いや!違う!」といって

主張したいんです。

とにかく。これ。

 

 

 

 

 

 

ですので
「いや!違う!」を
言わせてあげることですひらめき電球キラキラ

 

 

 

①わざと大人が間違えてあげる!!

 

例えば、

保育園や幼稚園に通う子なら、
「○○ちゃんは、赤組さんだっけ?」と

わざわざ間違えて

「違う!」と言わせます


「あ、ごめんね、間違えちゃった^^」
「青組さんだよね?」

「違う!」


「あ、ごめんね、また間違えちゃった!」

などと、わざと間違えて、謝る。


子どもは喜びます爆  笑(笑)

そしてスッキリします。

 

 

子どものウケ方によりますが、
笑った子どもには、

しばらく繰り返してあげると
しばらくの間、

かなり楽しんでくれます。

 

だんだんにユーモアが通じるように
なったりもします。


大人が間違えた時におもしろさを感じて
笑ってくれるようになると、
子育ても少し楽になりますひらめき電球ハッ

 

 

「いや!違う!」を言えてスッキリ
「ごめんね」と謝られてスッキリし、
みんなで笑ってさらにスッキリするキラキラ

 

笑うところまでいくと、
ものすごくガスが抜けます


※これは、反抗期の中学生にも

とても効果的でした。

大人がぼけてあげる。

ということですてへぺろウインク


子どもはすごく楽になるようです。
反抗期、イヤイヤ期は、

子どもたちとっても気が立っていますあせる

 

それは子どもだって
イライラしたくてしている

わけではありません。

 

ぜひ、どこでぼけられるか、
探してみてください!!

 

楽しいいたずら心は、
トゲを丸くしてくれます^^

作るのは「間違えちゃった!!!」
笑って言えるシチュエーションです。
子どもが笑ってくれたら大成功です!!!

 

 

ちなみに・・・

イヤイヤ期の子どもが喜ぶためには、
もしくは、笑ってくれるためには、
それまでに正しい知識が備わっていることが
大前提になってきます!!ハッ

 

先ほどの

「赤組さんだっけ?」の例でいけば
子どもが自分のクラス名を

知っていなければ通じません

 

例えば、じゃんけんをして
グーでもチョキでもパーでもない
「惜しい形」を出すと・・・

これで笑う子どもであれば
当然、ジャンケン身についている
子どもということです。

 

「いーち、にーぃ、さーん、ろーく」などと
数を間違えた時に笑う子どもは
1~10までを覚えている子ども。

 

 

ですので、

イヤイヤ期で笑わせるために
(そのためにってわけではないですが笑い泣き


ある程度、習慣化したり、繰り返したりして
土台をつくっておくことをオススメします。

 

大好きな絵本でも
おもちゃでも、人でも
なんでもできます。

 

あまり幼い時に、

まだ身についていないことで
ボケてしまうのは要注意です笑い泣き

 

子どもが

混乱してしまうかもしれませんもやもや

ときどき冗談ばかりいっている

オジサンとかいますよね、

(うちだけかしら・・・)

 

どこまで本気で、

どこまで冗談

大人でも分かりにくい人。

 

あれでは困ります笑い泣き笑い泣き

 

 

子どもがイヤイヤし始めたら
様子を見ながらちょっとずつお試しください^^

 

わざと間違えたり、失敗したりして
子どもに活躍の場を作ってあげるという
感覚でも上手くいくと思います!

 

 

先日、3才前の双子ちゃんと
車の中で遊びながら

ママさんを待っていたら、


双子ちゃんの1人が、

どこかのオジサンを見て

「あ、ママだ!チュー


と双子ちゃんの方から、
かましてきました笑い泣き笑い泣き

 

「えーどこどこ?」
「オジサンだし!!」と言い返しましたが、
みんなで大笑いでした。

(双子ちゃんと私)

 

もうこうなると、

双子ちゃん2人がかりで
あらゆる人のことを

「あ、ママだチュー」などと言います真顔チーン

 

その度に私がつっこむ・・・アセアセ

もしくは
「あ~本当だ~ママ髪の毛のびたね~やけに」
などとノってみる・・・真顔真顔

 

この双子ちゃんは、
ぼけもつっこみもしてくれる、
おふざけ大好きさんです。

とても忙しいです。

 

遊ぶ場面で思いっきり

笑ってふざけていたら
かなりストレスを解消してくれて
いい子で居てくれるようになりますキラキラ

 

また、ぼけてつっこんでしていると
双子ちゃん2人で

ケラケラケラケラふざけて
上手に遊んでくれるようにもなります。

 

子どもの性格にもよるのですが。
だいたいどこの子どもも
「おふざけ」は大好きです。

ふざけられるときは、

是非ふざけてみてください!

 

ちなみに↑こんなメルマガなら毎日無料で

お届けしています。興味のある方は

こちらをクリックして下さい↓

 

とにもかくにも・・・

毎日長時間一緒にいると、
どうしても悪循環になってしまうこと

ありますよね。

 

「いけないことと分かっていながら
 どうしてそんなことを!?」
と頭に来ることも多々。

 

でも相手は反抗期入口の子どもたち。
頭ごなしに叱ったところで
上手くいきっこありません。

 

自分の気持ちを整えて
上手く接する以外

方法はないと分かっていても・・・

 

何度も同じような事で
叱られるようなことをする子どもに対して
解決策を見いだせずに

悶々とする日が続く・・・


↑↑これは私が経験したことです!
小学校高学年の、

市内一問題の多かった子どもたち30人と
2年間毎日一緒に過ごした日々では、
悪循環になることがありました(^^;

 

4年間学級崩壊していた

子どもたちでしたが、
3ヶ月ほどでウソのように落ち着きました。

 

これには私も、

他の人もビックリでした。

この頃に見つけたのが

 

【親子の安定スパイラル】です。

波多野勤子さんの赤ちゃん心理学、幼児心理学、
アドラー心理学などなどや、
たくさんのお母さん方からの声などをもとに
たどり着いたものです。

 

当時、身体の大きな赤ちゃんのような子どもが
たくさんいると感じ、
人の基本に当たる赤ちゃんからの育児に
ヒントを見いだしました。

 

これを信じてただただ毎日過ごしました。
出口が見えなかったものが
出口の存在を感じるようになり、
出口が見えて、
最後には明るくなりました^^

 

表現は大げさかもしれませんが、
毎日毎日子どもたちに向かい合っていると、
ひどいときには、
「怒濤の悪循環イライラ育児」

なってしまいます。

 

「大変」な意識にとらわれてしまう育児の毎日を
「感動」と「幸せ」に変換することができたら
どんなに救われ、心が潤うか。

 

シンプルで生涯持続可能な
【親子の安定スパイラル】の作り方は
なるべく多くの人に広げたいとの思いが
強まってきて今に至ります。

 

頑張っているママさんたちの

健気で一生懸命な
素晴らしい方々の

お役に立てるなら光栄です。

 

「双子育児が好循環になって、
 毎日子どもたちから
 3,4倍の喜びと感動に包まれる!」とか

 

「言うことを聞き入れてくれる楽しさが快感になって、
 今以上に子どもが大好きになる!」とか

 

「子どもとの安定した関係ができて、
 子どもがすくすく自分の力を伸ばすのを見られる!」とか

 

「余裕がないと見えない、
 小さな感動幸せを実感して積み重ねることで、
 心が潤い、自分らしさを取り戻す!!」とか

 

そんなチャンスがあればいいのに、
ということで、
双子ママさん向けにセミナー依頼があり、
6月末に東京で行うことになりました。

 

オンラインではなく、オフラインで
繋がって、空気感から感じるものがいい!
そんな私の思いを聞いて、
知り合いの方からゲストで呼ばれます。

 

(「主体性を育む親子コミュニケーション」という講座を)
(定期開催している野垣貴子さん)より。

 

そんなチャンスなら、双子ママさん向けに
させていただきたいと、

まるっと時間をいただきました。
末尾にチラシを添付します。

 

日時:6/27(木)10:10~11:20
場所:グロースリンクかちどき(中央区勝どき)
料金:3500円
申込:https://paypal.me/liveinthepresent2018/3500JPY
 こちらから決済いただきしだい追ってご連絡致します。
お問い合わせ:メッセージをください。

 

このセミナーでは

私からの一方通行ではなく、
双子ママさんたちのお悩みが

解決するためにということで
内容自体も、

参加者の方々に応じて決めようと
柔軟にできるよう考えています。

 

普段はママ向けの講座をひらいているようですが、
私の企画はもちろん双子ちゃん連れOKです。


もしご都合がよろしければどうぞお越しください!

定員6名様。残席残りわずかです。
お早めにお申し込みください。

ちらしはこちら↓↓

https://04auto.biz/brd/wakaruwodekiruni/001-18yJ86.download

 

-・--・-・-・-・-・-

私は、

親子で悪循環が起こっているのを見たり、
目の当たりにしたりすると
とても切なくなります。

 

双方共に、

悪循環な関係になりたいわけではなく、
誤解や歯車がずれただけのことです。

当事者が一番辛い思いをしている

ことも痛いほどに伝わってきます。

 

「本来思い合っている同士の関係がこじれて
 お互いに嫌な思いをするなんて、
 すごくもったいない・・・ぐすん

 

悪循環をきっかけに、

お互いが傷ついてしまうのって
本当は望んでいないことなのに・・・
真逆の結果になってしまうなんて・・・と。

思います。

 

他人がとやかくいうことではないですし、
「不本意な対応をしてしまった」

などということは
本人が一番に痛感していることなので、

口を出すことなど、はばかられて、
「もっとこうすると楽になるのに」

なんてことは口にしないまま、

ずっと胸の内にしまってきました。

 

でも、
教員になって、辞めて、

友人や親戚、様々な親御さんに
かかわるようになって
「ありがとう」「ありがとうございます」と

言われるようになって・・・


できることがあるなら、

すればいい!と思うようになりました。

 

私が子どもたちから感じるのは、

些細な成長一つ一つがとても感動的で、
その喜びを味わう楽しさが、
毎日にたくさん詰まっているということです。

 

そんな些細なことを
ママさん達も喜ぶゆとり

欲しいだろうに・・・


というか、誰よりも、

手を掛けている分、当然。
私などが感じることよりも

大きな感動や喜びがあるはずで。

 

それだけに。

子どもに対して、

もしくは自分に対して
イライラしていく悪循環は

見ていてとても切ないものがありました。

 

これは、毎日長時間一緒にいると、
どうしても起こりうることで、
それをしていない人には(旦那さんにだって)
分かることではありません。

 

親子関係の土台ができあがる時期に、
子どもの反発心を大きくしてしまったり
意思疎通が図れず

お互いに「分かってくれない」と

傷ついたりして


最終的に、

本当はお互いのことが大好きなはずなのに
「好きじゃない」と思うことが増えてしまう・・・。

 

なんてことは、

誰しも避けたいに決まっています。

 

「大変」な意識にとらわれてしまう育児の毎日を
「感動」と「幸せ」に変換することができたら
どんなに救われ、心が潤うか。

 

シンプルで生涯持続可能な
【親子の安定スパイラル】の作り方は
なるべく多くの人に広げたいとの思いが
強まってきて今に至ります。

 

・-・-・-・-・-・-

日時:6/27(木)10:10~11:20
場所:グロースリンクかちどき(中央区勝どき)
料金:3500円
申込:https://paypal.me/liveinthepresent2018/3500JPY
 こちらから決済いただきしだい追ってご連絡致します。
お問い合わせ:メッセージをください。

 

このセミナーでは

私からの一方通行ではなく、
双子ママさんたちのお悩みが

解決するためにということで
内容自体も、

参加者の方々に応じて決めようと
柔軟にできるよう考えています。

 

普段はママ向けの講座をひらいているようですが、
私の企画はもちろん双子ちゃん連れOKです。


もしご都合がよろしければどうぞお越しください!

定員6名様。残席残りわずかです。
お早めにお申し込みください。

ちらしはこちら↓↓

https://04auto.biz/brd/wakaruwodekiruni/001-18yJ86.download