臨床心理士がお伝えする、ちょっとラクになる言葉・方法・漫画本(笑)

臨床心理士として、専門職養成学校の非常勤講師として勤務をしており、ストレス解消やモチベーションアップにつながる講義を行ったりしています。そういった講義や参考文献で使用した内容から、使えるエッセンスを一般向けに書いていきたいと思います。


テーマ:

 現実的な問題として、崇高なクレドがあったとしても、「やる気が出ない」「面倒くさい」と感じてしまうことがあります。いわゆる「モチベーションの低下」という現象です。

 

 

 モチベーションの考え方としては、好奇心や関心など自分の内からなる動機付けである内発的動機付けと、お金や物など外からの報酬からなる動機付けである外発的動機付けの考え方やダニエル・ピンク氏が提唱したモチベーション1.0~3.0の考え方があります。

 

 

 

 モチベーション1.0は、人間は生物学的な存在なので生存のために行動するといった、原始的な生物としての人間から生まれるモチベーションです。

 

 モチベーション2.0は、人には報酬と処罰が効果的であるという、社会的な生物としての人間から生まれるもの。

 

 モチベーション3.0は、人には学びたい・創造したい・世界を良くしたいという、人間特有のモチベーションの捉え方です。

 

 モチベーションは、目に見えないところで私たちを行動させ、いつの間にかいなくなってしまいます。しかし、感情を管理して、行動に移せるシステム作りによって、モチベーションは向上して、維持されていきます。具体的には、動機づけるワークと悪習慣をやめるワークによって、向上・維持することができますので、3つほど実施しました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 先日、都内の作業療法士さんの専門学校において、講演会を行わせていただきました。

 テーマとしては、「対人援助職としての信条を考えよう」ということで、対人援助職としての目標であったり、行動規範を考える会でした。

 

 その時の講演録を、まとめてみました。

 何回かに分けて、更新していきます!!

 

 ①はこちらから。

 

 

 個人や企業の存在価値であるミッションが階段の一番高い段にあります。私たちは、それに近づこうとして、日々バリューに沿った行動をとります。途中経過の道標であるバリューに到達して、それを乗り越えて、ミッションへと到達していきます。

 

 対人援助職にクレドが必要な理由としては2つあります。

 

 1点目は、対人援助職のストレスフルな労働条件があります。例えば、長時間労働や夜勤などといった変形労働時間制、ご自身の感情を管理しなければいけないといった感情労働があります。このような条件のもと仕事を続けていくと、自分が何のために仕事をしているのか、何を目的として、日々業務に当たっているのかわからなくなってしまいます。

 

 2点目は、対人援助職としてのやりがいです。きっと対人援助職を志す人の多くは、このやりがいを求めているのではないでしょうか?人から感謝されることの嬉しさ、対人援助を通じて感じられる自らの成長など、これらはミッションやビジョンに通じる部分でもあります。これらの理由から、対人援助職がクレドを持つことによって、自らの仕事に価値や目的を持ち、ストレスフルな逆境をも乗り越えられるようになるのではないでしょうか。

 

 実際、クレドを考えるにあたって、参加者の皆さんには2つの質問をしました。

 

 ①「どうしたら、世の中がもっと良くなると思いますか?」

 ②「いま学校で習っていることの中で、そのために役に立ちそうなことはありますか?」

 

 

 という質問です。日々の勉強の中で、何となく捉えていたものを再認識してもらおうと意図して、この質問をしました。そして、この質問の中にはご自身のミッションに通じる部分が数多くあると思います。

 

 その後、参加者のみなさんのミッションとバリューを考え、ワークシートの記入をしてもらいました。途中経過の道標は、「作業療法士の国家資格を取得する」ことだと思います。これら、クレドを考えてもらうだけでも効果がありますが、実際にワークシートに書いてもらうことで、より具体的な目標として「見える化」することができます。「見える化」のいいところは、勉強や実習で辛くなった時に何度も振り返ることができる部分です。ぜひ、勉強や実習の辛さで、自分を見失いそうになったとき、ご自身のクレドを思い返してみてください。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 先日、都内の作業療法士さんの専門学校において、講演会を行わせていただきました。

 テーマとしては、「対人援助職としての信条を考えよう」ということで、対人援助職としての目標であったり、行動規範を考える会でした。

 

 その時の講演録を、まとめてみました。

 何回かに分けて、更新していきます!!

 

 

 日々、仕事をする中で、自分自身や所属する事業所の信条(クレド)を意識したことはあるでしょうか。クレドとは、もともとはキリスト教における教理や教義を示す文章のことです。

 クレドは、現在、企業経営においても重要視されており、ザ・リッツカールトン・ホテルジョンソン・エンド・ジョンソンなどといった大手優良企業において、従業員の行動規範をまとめたものをクレドと呼んで普及されています。

 

 私自身、クレドを意識し始めたのは、対人援助職として勤務をし始めて3年ほど経った頃です。相談に来所されていた方から、「お前は私の話を聞いている」と言われたり、援助していた方から「担当を変えて欲しい」と言われ、自分自身の立ち居振る舞いやクライエントさんとの関係性に疑問を持ち始めたためです。

 この時、読んだ本がザ・リッツカールトン・ホテル日本支社社長だった高野登氏の「リッツ・カールトンが大切にするサービスを超える瞬間」です。

 この本を読み、クレドが従業員の行動規範を明文化したものであること、そして、クレドがあることによって、従業員が目標を設定して、自ら成長していくのだと知り、自分自身にも当てはめて考えるようになりました。

 

 そして、今回、専門学校の先生とお話をさせていただく中で、学生の皆さんに対人援助職としてのクレドを考えてもらって、大変な勉強や辛い実習の中でも、自分自身の行動規範を持つことで、そのような逆境を乗り越えてもらえるような講演をさせていただきました。しかし、クレドが明確になったとしても、コンディションや気分によってはやる気が起きないことがあります。そのため、講演会の後半では、心理学研究を応用したモチベーションアップのワークを行いました。

 

 クレドの構成は3つに分かれています。それは、ミッション(使命)、ビジョン(目標)、バリュー(価値観)です。ミッションは、企業や個人達成すべき目的、企業や個人の存在価値、ビジョンは、中期的な目標、目的達成に至る途中経過の道標、バリューは、目的を達成するために必要な価値観・行動規範のことです。図1を見てください。

 

<図1.クレドの構成>

 

 ②へ続く。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさん、こんにちは。

 先日も、院試対策の勉強会を行ってきました。

 

 今回から、実際の大学院の過去問を解く練習を行いました。

 

 感想から言えば、めっちゃ疲れました。

 今までの用語解説に関しては、一応、正解と考えられるような論述を行えばよかったので、最低限入れなければいけないキーワードを文中に散りばめていけばよかったわけですが、実際の過去問では、そのような用語解説問題の他に、「〜〜について、自分の考えを述べよ」というような問題も出てきます

 

 このような問題は、臨床心理士試験を視野に入れて出題されているのだと思います。

 

 臨床心理士試験では、選択問題が100問、その後に論述問題が1000字〜1200字出ます。この論述と、大学院で出題される問題はかなり類似しておりますので、今の内に、自分の考えをまとめる練習をしておいて、損はないと思います。

 

 今回の勉強会では、2つの大学院の過去問に取り組みました。

 

 1つ目は、「新聞における人生相談の担当者だったとして、どのように回答するか考えなさい」という問題でした。

 この問題の難しさとして、

・紙面で回答すること

・どの程度、突っ込んで書いていいのか

・どの程度、助言をするか

・専門用語を用いすぎない

などが挙げられました。

 

2つ目は、神田橋先生の文章を読んで、「問題の捉え方の大切さについて、あなたの考えを書きなさい」という問題でした。

 この問題の難しさとして、

・臨床心理学的に解釈し、考えること

・筆者のいいたいことを、汲み取ること

 などが挙げられました。

この2問目は、現代文的な解釈も出来ますが、それ以上に、ご自身の心理学の知識を活用して書いていく難しさがあると感じました。

 

 今回、参加者の皆さんからは、

「答えがないから難しい」

「めっちゃ頭を使った」

という感想とともに、

 

こう言った内容だから、他の参加者の意見が聞きて、良かった。」

 

 

  という感想も出ました。

 基本的に大学院進学のための勉強は、孤独との戦いだと思いますが、私を含め、参加者の皆さんで討論しながら、意見を出しながら回答を考えることができるのが、この勉強会の強みかなと思いました!!

 

 まだまだ、参加者募集中です♬

 一緒に勉強する同志の方々、一度体験に来てみませんか??

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 みなさん、こんにちは。

 先日も、院試対策の勉強会を行ってきました。

 

 最近は、参加される方が少し減ってきてしまっております💦

 これはまずいです(;_;)

 

 というのも、この勉強会は、皆さんの意見を集めて、論述練習をするという形態を取っているので、参加される方が少ないと、意見自体もあまり多く集まらなくなってしまいます・・・。

 

 もっと、参加者さんが増えるように、私も活動していかなければと思っております。

 

 さて、今回は、「臨床心理士としての倫理」、「遊戯療法」、「森田療法」について論述練習を行いました。

 

 臨床心理士の職務上の倫理では、3大倫理である「インフォームド・コンセント」、「守秘義務」、「多重関係の禁止」を中心に、治療枠・治療構造や倫理的ジレンマを持った際にどのように行動すればいいかなどについてまで、言及して話をすることができました。

 

 

 

 遊戯療法では、アクスラインの8原則アンナ・フロイト、メラニー・クラインなどといった遊戯療法の実践家であったり、遊戯療法による治療効果などについて言及されました。

 遊戯療法は、実際のプレイルームを見ないとなかなかイメージしづらい部分があったりしたので、大学院受験を目指す他学部の方は、ユーチューブや大学院説明会時の施設見学などで、イメージを膨らませられるといいのかなと感じました

 

 森田療法は、臨床動作法や内観療法と並んで、日本独自の心理療法です。大学院受験や臨床心理士試験でも出題される確率が高いので、しっかりと覚えられるよう、学びを深めました。

 キーワードとしては、提唱者である森田正馬ヒポコンドリー性基調精神交互作用といった森田療法特有の概念が出てきました。

 

 

 

 大学院は9月10月あたりに秋入試、年が明けて2月3月くらいに春入試があります。

 今は、かなり追い込みの時期になっています。

 涼しくなってきたので、体調管理に注意しながら、勉学に励んでいきましょう♬

 

 それでは、また!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。