キャチコピーコンテストで当った「アイポッド シャフル」が先日家に届いた。
まず小さすぎるこのサイズに驚き,耳につけてみた。うーん気分はクリエイター?!
 なんとなくマイブームはアイポッドシャフルになっている。純正のアイポッドシャフルのスポーツケースを買い、常に防水対策OK。せっかくスポーツタイプを買ったんだからスポーツを始めようかと考え中。前から友達にフットサルに誘われているのでそこにでも行こうかなー・・

まーとにかく僕は常に音楽を聴いているため、邪魔にならずどこでも音楽を聴ける喜びをひしひしとかみ締め豊かな気分だ。
 僕は唯一毎日欠かさず見るテレビ
それが「WBS(テレビ東京)」。

 ワイドショー的なニュース番組が増える中で
最新の経済、消費者動向についてが主な番組内容だ。
最近学んだことを書きしめそうっと・・

売上をあげる要素=単価×店舗×客

消費者動向読む方法として
確率論→調査・検討→共感

1965年生まれ以前は富士山的消費
その後は竹筒的消費

 若い層は、周りが流行っているから、持とうとする人が多く自分が本当に気に入ったから買うという人が少なくなった。流行ばかりを追っていて自分がない若い世代。

雑誌がカタログ化し、そこにでる流行という言葉はあやしいもんだ。広告主側の要望を聞いて取上げているものばかり。雑誌自体が持つ編集者のセンスを広告抜きでやって見せてほしいものだ。とにかくメディアに流されていると、ろくなことが見えてこない。
 「他人の不幸は蜜の味」関心が湧くニュース、売れる記事は他人の不幸ばかりを取上げたニュースばかりでなんとなく、この世の中が淋しく思えた。
 だからこそ新企画は「JOY」身近に起こった小さな幸せを拾って行こうと思う。暗いニュース何かよりも周りに起こったJOYで一筋の光をあてよう。

昨日にもJOYが起きたジョイ、セブンイレブンで昼ごはんを買ったレシートに奇跡は起きた。なんとなく見てみると「777(スリーセブン)」、えー生まれてこの方、ぞろ目が揃ったのは初めてだった。

 更には帰りの車で起きたジョイ。入り組んだ交差点、横断歩道を渡ろうと待つ二人組の小学生には誰もきづかず。周りの車は通りすぎていく、僕は止まって早くいきなよーっと合図すると、大きな声で手を振って「ありがとう」と言われた。嬉しくも少々恥ずかしかったが、「いーよ、いーよと」気をよくして手を振った。

 常に感謝の気持ちを言葉に表現できる人って素晴らしい。僕も子どもができた時には「感謝の気持ちを素直に表現できる子」に育てようと思ふ。




第八壱回 盆栽元年-もみじ

テーマ:
 長い冬が過ぎ、春まっしぐらな今日この頃ですが、とうとう盆栽を始めた。
植えたのは、紅葉。葉と枝を枝きりバサミで整形して至ってシンプルに。

さあ、本日から高らかに宣言しようではないか
今年は「盆栽元年」。

ついでに
ただのこけでは、つまらないのでヒカリゴケを探し中・・・。
050508

 先日キャッチフレーズコンテストに応募した結果。
おしくも落選したが、なぜかiPod® shuffleが当選したらしい。

運の良さは今だに継続中。東京国際フォーラムでNECフォーラムでDVDプレイヤーを当ててから3年ひさしぶりの当選。

これに応募
http://www.find-job.net/campaign/result.html
・記事から抜粋
尚、惜しくも入賞を逃した方にも、抽選でiPod® shuffleを30名様に、PSP®を20名様に贈らせていただきます。

・送られてきたメール内容
-----------------------------------------
この度は、『Find Job !キャッチフレーズコンテスト』にご応募いただき
誠にありがとうございました。

ご応募いただきましたキャッチフレーズは残念ながら入選とさせていただけませんでしたが、厳正なる抽選の結果『iPod shuffle』に当選されましたので、ご案内申し上げます。

おめでとうございます!
-----------------------------------------

第七九回 OS替えの時期

テーマ:
 4/29OSX「Tiger」が発売。これによって何が変わるのだろう?少し考えた。
そもそもOSってなんだーって言う人のために
OSとは「Operation System」の頭文字を取った言葉でパソコンの動作面を管轄するソフトのこと。
 普段使っているPCの大半はWindowsであり、今回発売されたTigerはその2割近くを占めるMacで使用されるOSのことである。

 確実に言えるのは、i Pod人気から始まったMacユーザ拡大の流れ、次にMac miniの大衆向けのPCが発売、さらにはOSとMacユーザが増えるのは確実。しかし問題はソフトの買い換えを余儀なくされる。OSを替えるということは、現在使用しているソフトが次期OSに対応しているかも考える必要がある。

簡単にまとめると「OS以外のソフト市場の買い換えが一層白熱化する」。

第七七回 独立への道

テーマ:
 今までお世話になった所の仕事から一線を引き、新たな一歩を踏み出すことを決心した。色々と学ぶことは多かった、今度からはそれを発揮する場所を求めいきたい。
 これからは自由に誰からも干渉されずに、自分好みの仕事をわがままにやっていくつもり!!
著者: 岡田 良則
タイトル: はじめの一歩 退職・転職を考えたらこの1冊

第七六回 宮元武蔵-吉川英治

テーマ:
 モーニングで好評連載中の「バカボンド」、よく見ると原作は吉川英治(作家)になっている。以前にNHKの日曜ドラマで放映されていた宮本武蔵も同じ。

 僕の世代になると、さて吉川英治とは誰だろう?と疑問が湧く。

「吉川英治は「鳴門秘帖」「松のや露八」「宮本武蔵」「太閤記」「新・平家物語」「私本太平記」をはじめ、長編約80編、短編約180編という膨大な小説を執筆し、多くの人々に愛読され、国民文学作家と親しまれました。 」
引用 吉川英治記念館より

 上記の通りで、多大な功績を持つ作家の一人だ。軽井沢に別荘を所有していて旧軽井沢をよく歩いていたそうだ。奥さんは背丈、目が大きく綺麗な人だったと聞いたことがある。
 宮本武蔵をマンガではなく、活字で読みたくなった。
 MIXIに参加するタレントが以上に増加傾向だ。
音楽関係者・映像関係者・お笑いとさまざまだが
ギター侍・波多陽区は、1000人(上限)もの友達登録している。

 逆に僕はMIXIを使ってプロモーションの場にしているのでは・・
と疑問に思う。

 MIXIの中では、さまざまなコミ二ティーが自分たちで作れて興味あるメンバーが集まってくる。それも勝手にどんどんと集まってくるもし自分の紹介したコミ二ティーがあれば新たに出す商品などを教えてあげれば勝手に買っていく。
 「MIXIハローワーク」というコミ二ティーには全国からの就職情報が集まってくる。

情報の即時性をフルに使えるMIXIはこれからも注目だ。