いわゆる坐骨神経痛とお医者さんに、言われる症状

69歳男性(建設業)

この方の勤めている会社の会長さんが、元患者さん

痛いんなら行って来いということで、うちに来た。

3月から忙しくなる。人手が欲しいので早く復帰してもらいたい。

そういう会社の希望もある。

 

1か月前にも1回来たが、また同じ症状。

大体ストレスなんです。

この坐骨神経痛という症状

案の定、普通の整体施術してもよくならない。

痛みは残る。

以前も来ましたが、その時ストレスは?と聞きましたが・・・

「ない」ということでしたので追及はしませんでした。

たいていそういうんです。

でもあるから痛みが出ているんです。

 

そこでカウンセリングをしていくことにしました。

すると、不満が出てきました。

それは自分の処遇について

社員にしてくれれば、冬季は失業保険で1か月半の給料がもらえる。

入社2年目ですが、来年といわれ今年も社員になれなかった。

アルバイトの扱いです。

仕事の内容や時間も正規の社員と変わりありません。

3人がバイト、3人が社員で仕事してます。

この扱いに対して不満があります。

この方以前は自営業で、手伝ってくれということで仕事を手伝い始めました。

自分で仕事していた人が人の仕事を手伝うと、よく粗が見えると思います。

 

ということで、さて何見ようと・・・

社長会長とのやり取りを、ESR(感情開放)しました。

 

痛みはなくなりました💖

まあ本人も納得です。

自分でも、もやもやしていたものを、はっきりと言語化しました。

あとは本人次第です。

会長は早く仕事に出てほしいということですが、本人はあまりやる気しない。あったかくなってからでいいということでした。

そういうことなら

会長には「私が無理して腰に負担がかかっていたから、休んだ方が良い」などといって、仕事休んでください。

「なんとでも言っていいですよ。」😁

 

「もう来なくていいんですか?」

 

「大丈夫でしょう?心配だったら来てください。そこで大丈夫なら治ってますよ」

今週末、もう一回施術して終わりです。

商売っ気ないよな~ということに気づきました。

 

痛みは本人の気づきを促しているんです。

病気もそうです。

だから教えてあげるんです。どうしたいのかという本人が持っている答えを。

それをクライアントから引き出すのが、本質の治療になります。

私が言っているわけではありません。本人の思っていることを引き出して伝えているんです。

うまくいくと、目の輝きが違ってきます。自分自身に戻っています。

そんな治療をしています。お悩みの方はどうぞいらしてください。

 

信じられない人もいると思いますが・・・

こんなことは本当によくあることなんです。

 

インフォーションはこちら

あおの整体院

美幌町元町6-47

完全予約制

ご予約は0152ー72ー0597まで

お気軽にお電話ください。

ネット予約もあります。

営業時間:10時~19時

電話受付は8時~19時

定休木曜日、日曜午後休み