今回は山田将棋対HoneyWaffleの一戦を紹介します

HoneyWaffleはコンピュータでは数少ない振り飛車を指すソフトなので注目しています


初手から以下
▲7六歩 △3四歩 ▲6六歩 △4二玉
▲6八飛

本局は山田将棋の四間飛車に対抗する形となりました


△6二銀▲4八玉 △8四歩 ▲7八銀
△1四歩 ▲3八銀 △1五歩▲5八金左
△3二玉 ▲6七銀 △5四歩 ▲5六銀

先手は左銀をいきなり繰り出してきました
さて、どう対応するのがいいでしょうか?


△5三銀▲4五銀 △3五歩 ▲7七角
△5二金右 ▲4六歩 △4二銀上▲9八香  △3三銀

2枚の銀でこれ以上の進軍を防ぐのが参考になる手順です

先手としては次に△55歩~44歩とされては銀の逃げ場所がなく酷いので、後退するよりありません


▲5六銀 △3四銀 ▲3九玉 △2四歩
▲2八玉 △3三角 ▲6五歩 △7七角成
▲同桂 △8五歩

HoneyWaffleは相手の動き過ぎを自然な手で咎め、着実にポイントを重ねてますね

山田将棋は仕方ない、仕方ないの手が続きます

▲6六角△3三桂 ▲8八飛 △4四歩
▲4七金 △4三金▲9六歩 △2二玉
▲9五歩

上図では△32金としても悪くないでしょうが、好着想のリフォーム術が出ました!


△4二銀 ▲6七銀 △3一銀▲7五歩
△3二銀

先手からは動きようがないとみて、右銀を囲いにくっつけて高美濃囲いを形成しました


▲7六銀 △5五角▲同角 △同歩
▲6六角 △5四金 ▲2六歩 △2三銀上
▲8五桂 △3二金

一歩かすめ取られましたが、それでも悠然と△32金としました

左辺から攻められたら右辺に飛車を転回して逆襲すれば指せるとみているんですね


▲6八飛 △4五歩 ▲同歩 △同銀
▲4六歩打 △3四銀引▲7三桂成 △同桂 ▲7四歩 △6五桂 ▲7三歩成 △8一飛
▲6三と △2五歩 ▲7二と △8三飛
▲7三歩 △2六歩▲2四歩 △同銀
▲2五歩 △同銀右 ▲9四歩 △同歩
▲9九角 △6四歩▲5八飛 △3四角

この角打ちはなかなか打てませんね
勝着と言ってもいいかもしれません


▲5六歩 △同歩
▲同金 △5七歩

 カウンターが上手く決まり、以下HoneyWaffleが押しきりました

一次予選
elmo
対大合神クジラちゃん  ◯
HoneyWaffle
①対山田将棋    ○


みなさんの応援が私の力になります!

☆おもしろかったら↓をポチッと押してね☆



にほんブログ村


検索ワード「脇システム」上位!
1年越しの加筆・修正!!
脇システムの研究①

AD