民事再生手続き中の兵庫県のFMラジオ局「Kiss-FMKOBE」(神戸市中央区)は27日、同社への番組配信を5月末で打ち切るとしていた全国FM放送協議会(JFN)が、打ち切り期限を9月末まで延長したと発表した。同社は番組の6~8割をJFNからの配信に頼っており、5月末時点での放送中止はひとまず回避された。

 同社によると、現在、事業譲渡先としてエフエム東京などが名乗りを上げているといい、横山剛社長は「10月1日までには新会社への事業継承を終えたい」としている。JFNは「粉飾決算疑惑などで世間を騒がせた」として4月に同社を除名し、5月末での番組配信打ち切りを通告していた。

【関連記事】
韓国国防省、北朝鮮へのラジオ放送を開始 
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議
神戸の「Kiss-FM」が“破綻”
「Kiss-FM KOBE」を除名処分 全国FM放送協議会、粉飾決算など指摘
Kiss-FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ
虐待が子供に与える「傷」とは?

暴力団観戦、理事会で処分検討開始…相撲協会(読売新聞)
暴行容疑で西宮市職員逮捕(産経新聞)
ライター 安全大使に「弘道お兄さん」(毎日新聞)
過労と心労…宮崎県の口蹄疫担当部長が入院(読売新聞)
自宅に大麻、歯科医を逮捕…尿から覚せい剤も(読売新聞)
AD