鳩山首相の退陣表明を受け、野党は早期の衆院解散・総選挙を求めるなど強気の姿勢を見せている。

 一方で、首相交代により、民主党の支持率が回復しかねないとの警戒感も出ている。

 「役職をすげ替えても、根本的な解決につながらない。あくまでも衆院解散・総選挙に追い込み国民の信を問うのが本来の姿だ」

 自民党の谷垣総裁は、2日午後の臨時総務会でこう強調した。

 しかし、党内では「新しい首相と内閣ができればムードが変わる。非常に厳しい戦いになる」(山本一太参院議員)、「正直痛い。鳩山首相のままの方が良かったという意見が多い」(後藤田正純衆院議員)との懸念が相次いだ。

 自民党は、首相と民主党の小沢幹事長の「政治とカネ」の問題や米軍普天間飛行場移設問題で野党各党と連携し、政府・与党への攻勢を強めてきた。

 報道各社の最新世論調査で、参院選で目標としていた「与党の過半数割れ」「改選第1党」も不可能ではないとの手応えを感じつつあったが、戦略の見直しを迫られるのは必至だ。

<クロマグロ>初水揚げ 「まずまずのスタート」(毎日新聞)
梅酒用の青梅漬け込み開始 大阪のサントリー工場(産経新聞)
菅新首相誕生 ポスター張り替えどうしよう…(産経新聞)
無理心中?3人死亡(産経新聞)
職人の家庭、父は大変苦労…樽床氏会見要旨(読売新聞)
AD