ZOMBIE IS BACK!

テーマ:

またまたアジア株ネタですいまそん。日本株はつまんないので取り上げるネタにも事欠き・・・


今日のアジア株はインドネシア市場のこの4つラブラブ


Bakrie & Brothers Tbk (製鉄・通信・金融・パーム油などのコングロ)


Barito Pacific Timber Tbk (製材・プランテーションなど)


Citra Marga Nushapala P. Tbk (道路建設)


Sumalindo Lestari Jaya Tbk (製材・電力)



インドネシアの株式市場では、10年ほど前のアジア経済危機を発端とするインドネシアルピア暴落で外貨(米ドル)建ての借入金額が膨らみ実質的に債務超過に陥っていった上場企業がたくさん出たのですが、いくつかは破綻もしくは上場廃止となるなか、危機をくぐりぬけた企業の中には見事なターンアラウンドを果たしつつあるものが続出しています。日本でいうところの株価一桁円なんていうレベルに落ち込むとだいたいそのままご臨終っていうケースが日本では多いと思われますが、もともとフローの面ではしっかりとした収益力のある企業が多く、債権者である外資系金融機関との債務期限繰り延べ・債務の株式転換などを実施して成長軌道に再び回帰しているようです。

今回は代表的な4銘柄を挙げてみましたが、どれもスハルト元大統領政権下で政商と言われた面々の企業が多いのも特徴的なことでしょうか。

この中ではBakrieBrothersとBaritoを保有しています。このところBaritoが噴いているのですが、現地パパらに問い合わせてないのでその理由が分かりませんガーン

同業のSumarindoも動いているので同じ材料が背景にあるとは思うのですが。それにしても5年前の安値から約100倍になっているんですよね。当時はなんでこんなに安いんだ?ってほどでしたが債権者グループとの話し合いがつかなければ破綻瀬戸際と言われてたので已む無しでしょうか。



barito



【今日のBGM】


Cranberries - Zombie


AD

コメント(4)