あと4日で生後7ヵ月、という日に。
6ヵ月27日目にとうとうこの日が…

身長70(前月68)㎝
体重7.5(前月7~7.3)㎏

---
結論から言うと数日前に
寝返り・寝返り返りを
突然デビューした話です。

夜ご飯を食べている時は
大体真横のたろうをあそびエリアに
寝転ばせているのですが
ふと横を向いたら、いない!!

え?どこ?!

おるーーー!!!

しれ~~っと寝返りして
勝手にソファの影で遊んでた…
こどもチャレンジベビーの
小鳥でひとりで遊んでた…
小鳥はジムメリーにリングで
繋げていたはずなのに外してるし…

うそやろ…瞬間見られず。
テレビも消していたのにほぼ無音。

3ヵ月頃までとにかくお世話になった
メロディーを奏でる小鳥さんを
ガッチリつかんでひとりで遊んでいました。

こどもチャレンジベビー様様!
小鳥もジムメリーも。
成長というより発達の様々な面で
こんなにお世話になるとは…

で、やたらと姿勢が良い。
なぜかキリッとした表情。

 

 


しかし、幻の1回目は
たまたまかもしれないしなあ、
と仰向けに戻して反復行動?で
成功体験を記憶にインプットさせよ!
と思ったら、2回目またすぐゴロリ。

瞬間を見ることができました。
その後は別に誘わなくても
勝手にコロコロ。
寝返り返りもしれっとこなす…

今までのフェイントって…
なんやったん?!(爆)

あれだけ足の指プルプルで
キープしていた姿勢も2度目の時点で
もう足には力が入っていませんでした。
おいおい!1度目~!
私達が白雪長寿蔵の話をしていた(爆
ほんの3.4分の隙に何があったのか~!!
なにを見いだしたのか~~~~謎。

なにこれー突然。
この日プチバトーのおニューを
おろしたのが良かったのでしょうか…
(トップス/プチバトー、ボトムス/UNIQLO

どう見ても転がる理由がなければ
転がりそうになかった息子の転がる目的は
「こどもチャレンジベビーで
もらったジムの破壊」でした…

---
実はマットとジムメリーは12月頃から
バラして使う様にしていました。
生後4.5ヵ月頃です。

もう掴む力が強いので、
ゆらめく人形をちぎりかねないし
メリーのバーを倒すのがブーム。

遊び方が明らかに変化していたので
バーはアーチとして離れた場所に置き、
マットはお昼寝などごろごろ用に。

以前から背面移動でこのアーチに向かい、
なぎたおしにかかったり、なぎたおして
繋がっているリングを外したり
小鳥が繋がっているいくつものリングを
全部バラしてみたり(それ、たのしい?)。

こまかいものの分解癖があります。
分解癖は実は生後4ヵ月くらいから…

この日も全部分解してやろう!と
熱が入ったあまりに転がった模様。

 

 

 

 

 

 


このあと、このバーは左右1つずつの
パーツで組まれていますが見事分解。
ちょうちょやお花をご丁寧に
全部取り外し、リングもバラバラに。
細かいものも大物も関係なく
あっという間に分解。

リングは前からバラすけど、なんで
バーのバラし方まで知ってんのかな?
ワシゃ、お主に伝授しておらんぞ。

 


愛犬もバラされたリングを見つつ唖然。
あおむけ、うつぶせ駆使するから騒がしい…
0才児の動きもバカに出来ない!

 

 


反復行動を5.6回経ての翌朝。
勝手にゴロゴロする様になっていました。
もはやなんの介添え不要。
ベビーベッドの上でも
人形を取りにゴロリ。
なんだ、これは。

預かりさんが仰って下さった通り
「コツを覚えたらすぐ転がるもんなんです」
ほ、ほんとや…ウソみたい…

けれどやはり転がること自体には
興味がなく明確な理由がないと転がらず。
おもちゃやクッションを取りに
行きたければ転がる、みたいな。

寝返り返りも含めて
自分が必要な時に転がり
仰向き/うつぶせになって
おもちゃを取りに行って
所定の位置で元通りひとりで遊んでいます。

Pさん曰く
そんな何度も転がったり簡単に転がるより
ヒーローみたいでかっこええやん。
「ほんまは出来るけど、滅多に見せない」
みたいな。
---

まあ、一理あるか。
どっちゃでもいいけど。

それからというもの
寝返りでこれまでの
エネルギーを発散させるかの如く
機動力をつけて動き出しました…
あかん…どうなんの…これ…コワイ

寝返り…
遅い方がいいよって経験者さんから
聞いていたのはこういうことね。

いよいよ、赤ちゃんから幼児への脱皮…

※※※
寝返り前後のことはもしかすると
同じ月齢のお子さんをお持ちの方には
プレッシャーになるのかもなあ、と
書くことに躊躇と迷いもありましたが
備忘録として書かせて頂きました。
(言うても我が家はゆっくりめですが)
ご理解下さいませ。

 

 

 

AD

すごい勢いでどうでもいい話です。
私の学生時代のアルバイトである
《マネキン時代が知りたい》という話が
あったので、書いてみたいと思います。
お暇な方だけ、どうぞご覧あれ。
~~~~~~~~~~~~

まず、マネキンとは
派遣会社に登録し
百貨店やスーパー等に派遣され
試飲や試食のデモンストレーションを
する仕事です。私は酒担当。
ア●ヒ、KIR●N、サン●リーなど。
メーカーとしての勤務になります。

当時は呑めなかったのになあ。
宣伝文句とか商品情報は丸暗記。

12.3年ほど前は
飲酒運転などが今より厳しくなく、
時代も今より景気が良かったので
ビールやチューハイなど普通に店内で
試飲や景品を配布していました。

---
そもそも大学生の時のアルバイト。
親はバイトに反対しましたが勝手に
応募して決めました。
決まったら流石に私の親も辞めろ!
とまでは言いません。

学生時代のアルバイトはこんな感じ。
はじめは韓国も韓国料理も好きで
いわゆる普通のアルバイト。
しかし大学までは片道2時間半かかり(京都
帰宅後課題の製作もあり、
ほぼ毎日徹夜していたもんで、全然バイト
に入っておらず効率悪い稼ぎ方だな、と思い
土日祝だけまるまる一日働いて稼げる
バイトに変えました。

日当は交通費は別で時給1000~1200円。
7.5時間とか8時間だったかな。残業なし。
歩合は私のマネキン会社はなし。
これだけで月6万は稼げる。
平日5日はフリーなのに!効率がよい!
大本がちゃんとした会社の派遣部門で
アットホームなため働きやすかったです。

それがマネキンでした。

ちなみに大学4年間で
やったことがあるバイトはこれ。

1.韓国料理屋さんのバイト@梅田※1年半年
2.お酒販売のマネキン@関西各地 ※3年間
3.家電メーカー販売員@尼崎 ※1ヵ月
4.そのほか派遣※1年間
5.西宮市議選のウグイス※単発

来る就職活動に向けて
人見知りを解消したかったことと
コミュニケーション能力を高めたくて
社会に出る前に働きたいな、という
気持ちがありました。

家電メーカーのバイトは幼馴染の
京大生マルモト(男子)と受けに行ったなー
理系男子に混ざってなぜか私、いたなー
明らかに場違いだなー

尼崎本店の某家電量販店で某メーカーの
ファックスを売っていました。
これは1ヵ月まるまる土日祝働いて
期間で終わり!というもの。
この派遣バイトは続けませんでした。
(家電量販店の環境が…ね

ウグイスは最高に楽しかったです!
あれはまたやりたい。
スピーカーから出る自分の声。
---

お酒のマネキンは、
イオンやコープ、西友、ダイエー、
グルメシティ、オークワ、ヘイワドー
酒MARCHE、大丸ピーコック、阪急など。
大好きな関西スーパーは行ったことないな。
イオンモール、色々行きましたね。
はじめは自宅近隣のいつも行っていた
あのスーパーや、そのスーパー(笑)。

レギュラーで毎週毎週入っていたので
最終的には本部での内勤業務からの~
ドタキャンフォロー要員として勤務。

特急こうのとりで兵庫県の和田山まで
土日泊まりではなく日帰りで行ったことも。
滋賀とか田園都市線沿線とかもあったなー。
交通費が出るからモーマンタイ(無問題。

個人的にバイト先の人と友達になりたい、
色んな意味で出会いが欲しい、とか
恋愛も元来恋愛体質ではないため
そこまでキョーミがなくて
「彼氏より内定ください」と思ってて。
(友達やらなんやらは別の場所にいるし!
ちなみに当時は彼氏おらず)

そんなタイプのため、
1週の土日だけで終わる
しがらみのないマネキンは気楽。
それにバックヤードに入れて楽しい!

ただし、
場所場所により
いろんな人がいましたねーーー
これがまた本当にややこしい。
ややこしすぎる人や優しい人。
働く人、お客様。落差がすごい。

勿論不条理なことで叱られることも多々。
逆に誉められることもあり、
どちらにせよ、
昨日今日初対面なのに
いろんなことが起こるんです。

でもこの週末だけだ、とか期間限定だ、
と思うと気楽。

腹を立てても磨耗するだけムダだし
こんなことやこんな人のために
体力気力ムダにしたくないから
笑顔でいたらいっか、ま、いっか、と。

私、根底で
「基本的にどうでもいいし、なんでもいい」
と、思っている節があるんですよね(爆)。
冷めてるっていうか。

マネキンさんを通じて…
更に打たれ強くなりました。
あと、気持ちの整理や持っていき方、
割り切りなど。

それにシンプルに声を出すって楽しい。
マニュアルを叩き込んでも
臨機応変な対応を求められる所もいい。
---

基本的にマネキン×お酒の仕事が
本当に楽しくて、私、就活で
我らが地元に創業者さんがいらっしゃる
某お酒メーカーのビールやウイスキー工場
の案内嬢の正社員試験を受けました(笑)。
結構ホンキでして。

1分間スピーチやら色々したなー
エセCAさんみたいな格好して…
最終面接で
「お酒はどれくらい呑めるの?」
って聞かれてバカ正直に
「呑めないのでこれから頑張りたい」
みたいに答えて…
えっ?てお顔をされ不採用。

思えば正直すぎて、
というか最後の最後で
私は間抜けなことをしでかしてしまう…

最終的に第一希望と拮抗する志望の
広告代理店の最終面接でポートフォリオ
忘れるとか…もうなにやってんだろ。
不採用に決まっとるやん。

それと、私は就活で
「我が社に入ったら何をしたい?」
の問いに
「会社が私の適正を見抜いて人員配置
してくださる、と考えているので
どの仕事でもしたいと考えています」
と、答える。

すると大抵ポカンとした顔をされる。
どこの会社も最終面接でダメでした。
決め手に欠けたんだろうな。
でも素直な気持ちだしな。

私のベースは今も昔も
「柔軟に、臨機応変に」だし
「絶対にこれじゃないといけない」はなく、
ダメなこともなんとかやり遂げたら
なんとかなる、諦めてはならない、
と思っている。

だから、こだわりがありそうで
実際執拗なこだわりはない。

---

今思えば
マネキンを経験出来たことも
就活を8月1日の炎天下まで
続けて内定出たことも、
全てなんらかの意味があるのかなーって。

もう最後の方はリクルートスーツの
インナーの白いシャツを捨てて
白いTシャツにエルメスのHの皮のベルト
に巻髪っていうナチュラルハイを通り
こした出で立ちにまで覚醒していましたが。

夏の頃にはリクルートスーツに
ひっつめ黒髪の自分にも周りにも
飽き飽きしていて、
着こなすまでになってしまった、
この就活玄人感。

いや、そこ、
シューカツ素人の方がしあわせやん?

しかし、いろいろあって
採用予定のなかったはずのその回の
採用試験が生まれて、試験を経て
採用になった、という奇跡の様な話。
だから「絶対って、ないんだな」と。
どうにかなることもあるんだな、と。
全ては自分次第。
その意味を心底理解出来たのは体験から。

《人が人と接する以上、
      解決出来ないクレーム(=問題)はない》

と、横浜で迎えた入社初日の部長の
言葉が今でも忘れられない。
いや、ほんとそうよ、ほんとに。
自分がぶっ倒れない限り、なんとかなる。

---

大きな会議でプレゼンテーションするには
やはりコミュ力は要だし、
人付き合いでも空気の読み合いは必要。
読んだ上で攻めも、守りもあえてする。
読めたからといって
必ずしも守りに入らない。

「世の中には色々な価値観がある」
「世の中にはさまざまな人がいる」
「その人にとっては、それが「正しい」」
「「正しい」ことは容易く覆らない」
「絶対なものは、なにもない」

固定概念や常識にどちらかといえば
沿いたい/重んじる/気になる私でも
それはあくまで
ベースでありバランスであり
やはり生きていく上で自分の中の
社会通念とか常識をぶち壊すことも
ひとつ大切なんだなーと思ったんですよね。

人それぞれ、ことがらそれぞれ。
人生いろいろ。

---
こりかたまる頑固さはいらない。
やわらかでしなやかな正直さで、
そしてなにより素直であれ。
笑顔で受け入れよ。

そして最大のライバルは
誰でもない己自身。

行動に起こすか、起こさないか。
あきらめるか、あきらめないか。
それだけ。

上下左右と比べることはナンセンス。
不平不満や愚痴、妬みしか生まれない。
その横並び文化の感覚は
日本特有のものだけれど
私が唯一日本の好きではない文化だ。
---

全ての出来事を一旦は
受け入れよう、受け止めようと意識してから
生きることがラクになりました。

人見知りも、コミュニケーションや
クレーム対応(新卒入社後1年は横浜の
コールセンター勤務でした)も場数かなー

人生、経験なんだな、って
今だからビシバシ感じる所があります。
それを当時の自分に言いに行きたい。
生きた心地のしなかったあなたへ。
湯もまともに沸かせなかったわたしへ。

将来そこそこ人並みな、
人らしい生活送れてるよ、ってね。

AD

離乳食も2ヵ月をこえ、生後7ヵ月。
これまでは「味付けほぼなし」
だったものを苦手食材のこともあり
出汁解禁してみました。

離乳食は基本食べて、
完全に口真一文字でずっと、ということ
はありませんが、やはりたろうなりの
体をのけぞらしての「イヤイヤ期」あり。
その度に試行錯誤の日々。

1…珍しくてなんでも食べる期
2…イヤイヤ期1※歯が生えて気持ち悪いのか
3…イヤイヤ期2※食べ物に好みが生まれる
4…超越してなんでも食べる期 ←今ココ

苦手かな?と思えば
味付けする前に、
【調理方法を変えてテクスチャを変える】
例えばゆで方、混ぜ方、和え方。
他のおかずとの組み合わせ、
与える順番など。

最終手段としては天下の宝刀「出汁」。
今のところほうれん草でのみ出動中!


さて、1枚目の写真は7ヵ月前日、
記念離乳食の予行演習!
なんとなく春らしさプラスオン。
本番はまた別途!
---------
プチトマト5分粥/ほうれん草のせ
さつまいも※飾りの菜の花は私が食べます
豆腐と出汁、リベンジの白湯


ある日のあさごはん。
はじめ豆腐をすこぶるいやがり、
どうなることやらと思っていましたが、
お店でめちゃ美味しい豆腐に巡りあい、
試しにたろうにあげたら喜んで食べて…
そこから豆腐が大好きになりました。
キッカケは突然。おいしいものはおいしい。
ヒジョーにシンプル。
---------
にんじん/じゃがいも5分粥
さつまいも、豆腐、麦茶

前にも別記事に書きましたが
お粥は冷凍する時に、
あえて水分少な目にしておいて
食べる前にお湯や、水気が多いものを
和えるのでそれで水分調整しています。
---------
5倍粥、さつまいも、プチトマト、麦茶
※すりおろしトマトスープカレーにするので
お粥は今は水分少な目のまま

初の出汁入り。
ほうれん草克服まで様々な試行錯誤でしたが
ほぼ食べられる様になったので思いきって
苦手なほうれん草で出汁デビュー!
---------
トマト5分粥
出汁入りほうれん草(ちょっとたまご入り)
豆腐と白身魚ミックス、リベンジの白湯

ほうれん草と同じく、キューピーのもの
でもやはり苦手かな?と試してみるも
やはり苦い表情で完食。
但し大人が食べてもこのBFは微妙な味(笑)。
---------
白身魚スープカレー 、豆腐
緑のおやさいとさつまいも※キューピーBF
リベンジの白湯

週末、たろう本人にとって
実際離乳食の必要性って感じているの
かなー?リズムは生まれているのかな?
と、夜1食を離乳食なしにしてみました。

無理をさせているのならば考えたいし
逆なら逆で、またふりかえり考えたい。
なんの反応がなければ
それはそれで見直したい。

ミルクはいつも通りの2時間おきで
たろうのきもちを探ってみました。

すると、
いつもの離乳食時間頃にぐずり始め。
仕方なしに少しだけミルクのおかわり
を用意するもこれじゃない!!という態度。
眠いわけでも、オムツでもなさそう。

あれっ??
思っていた以上に
もう体内時計に離乳食組み込まれてる?

もう練習がてら、ではなく
たのしみな1食になろうとしてる?!
イヤイヤな時もあるけれども。

よーし、
それではやんわり
離乳食進めていくか~!と気づきをGET。

そして
この辺りから離乳食のイヤイヤが
ほぼなくなりました。不思議だ!

---
しれっと汚話。

益々、大の状態と頻度が
普通になりホッとしています。
血便も完治だしな~~
ミルクアレルギーでなくても
ミルクが合う/合わないもあるんだな…

赤ちゃん=ミルクのイメージだけれど
絶対的に体に合うかは千差万別。
これは逆に離乳食にも言えるかと思います。

育児書や通説とは
少し脱線しているかもしれないけれど
たろうはたろうらしく
ベストコンディションになるよう
舵取りしていきたいと思います。

う~~ん、
日々体も心も成長しているんだな~~。

AD
まとめてご報告をば。
先月今月とこどもチャレンジbaby
7ヵ月号&8ヵ月号が届きました!

今回の号はラベンダー色がテーマカラー。
おまけでパンパースのパンツ型おむつ
が入っていました。

最新号の方のおもちゃは個人的に
かわいいから楽しみにしていたもの。
いろんな仕掛けのついたBOXです。

絵本は今回から仕掛け絵本に。
今回は「キラキラ」。
次回は「布の仕掛け」だそう。

これまでの普通の絵本も分かりやすくて
絵もおしゃれで使いやすかったので
逆に寂しさもありますが、
次回からを楽しみにしていよう。


これまでの絵本。
タッチがどれもすき。

キラキラ~!

前回の号はシンプル。
テーマカラーはイエロー。
オーボール買う前に欲しかったなー(笑)。
オーボール風のボールに真ん中、
音が鳴る様になっていて目玉付。

チャレンジベビーの特徴としては
絵本とおもちゃが連動しているところ。

絵本におもちゃのキャラクターが出て
くるので読み聞かせの時に私達親も
ただ、読むだけではなく
世界を広げてやりやすいです。

大体毎号約2000円。
おもちゃ1000円+絵本500円+読み物500円
くらい換算と思えば特別高くもないので
しばらく続けます~~

なんと言っても頼もしい冊子!
月齢ごとの記事、
離乳食レシピなんかも読んでいて
面白いので親子で楽しんでいます。
分かりやすいのでPさんも珍しく
愛読中(これは大きい)。
こどもチャレンジベビー/公式


オーボールはもうあるけど、と
渡したらこう。チャレンジベビーの
おもちゃはじわじわ遊び続けるんだよな~
これが長年の子供教育の表れか。
こどもごころ、わしづかみ!

Benesse、勧誘電話さえなければなー(笑)。
無視し続けたら
かかってこなくなりましたが。

愛犬のおもちゃが気に入って
ひっさげてますけども(笑)。
次号も楽しみです。


昨日は私の歯のメンテナンス日でした。
歯のおそうじと定期点検です。

やはり虫歯ゼロ。
なんとか産前産後のピークは乗り越えた?
前回作って頂いたマウスピースと
シュミテクトを使って知覚過敏による
歯の痛みも大分おさまってきました。

毎度書いていますが
出産で利用したサンタクルス。
デンタルの際、託児は1回500円です。
勿論診察利用の場合の特別料金。
たろうを3.40分の診察の間、
見てもらえるので本当に助かります!

しかも託児が丁寧で親切。これ重要!
安心して通うことが出来ています。
ほぼマンツーマンなのもgood!

また、3.4ヵ月後に行こ~っと。

天気もいいのでベビーカーで
ぐーるぐーる散歩して花の道からの
関西学院初等科通学路使って~の
サンタクルス。だだっ広い。

その頃、
私と対極の全虫歯Pさんは
これまでにない痛みに襲われ
通っていた超人気の歯医者さんに
交渉して翌日の晩に歯医者をねじこむ。
どうも必死のパッチだったらしい。
「もうなにも食べられない」とのこと。

そーいや朝、
寝ている私の目の前に
白い謎のかたまり?ボール?
をわざわざ落としてきて
「遂に詰め物が取れた」とか言ってきたな。
詰め物とは思えない、
えっ、それ鼻の穴に詰めてたん?
くらいの大きさの詰め物…
再三の説得をのらりくらりした結果や!

その頃、
息子は託児で上機嫌ですごし、
「こんな育てやすいお子さんいないですよ」
と言われる。更に
「保育園に普段預けてらっしゃいますか?」
とのこと。大人に慣れているからだそう。

家にいる時と同じで
空腹と睡魔に襲われあちら側に
行きたくても行けない時の要求泣き以外は、
家でもどこでもスタンス変わらず。
ひとりで遊んだり、
遊んで貰ったら声を出して笑う。

私は他に子どもを育てたことがないため
(小学生は仕事上あるが「育てる」とは
違うしなあ)毎度育てやすいね~と
色んな方に言われても
中々実感が湧かないのであります。

が、お仕事とはいえ
スタッフさんの手をわずらわせること
なくて良かったなあ、と心から安堵。

いない間の様子を聞かせて頂いたり
離れて客観的に我が子がどうなのかを
感じられる本当に貴重な時間です。

あー、歯の強さは私に似て欲しい!

---
分け目の所、
前髪がピョンピョン生えてきましたが
その分これまでハゲてたんかい、
と思うと恐ろしいものがあります。

なんだ、このLINEのやりとり。
歯医者行った方がいいよ→行かない
のやり取りは14年目…もはや御家芸。
本人が痛さを堪えられなくなると
自分のタイミングで予約する。

帰りに阪急で花一輪買いました。
一輪からでも買えるそうなので
今後は定期的に買おう!と思います。
隣のおばさんが胡蝶蘭を買っている
横から貧富の差を感じる。トホホ

ポーセラーツで作った一輪挿しへ。
記念のなんとかアートはしないけれど、
お花を飾ったり、少し離乳食アレンジ
したりはしますよー。はい。
間もなく生まれて7ヵ月。早いなあ~