名古屋市の河村たかし市長は26日、代表を務める地域政党「減税日本」から、参院選比例代表もしくは愛知選挙区(改選数3)に候補者擁立を検討していることを明らかにした。「国のために減税を訴える勢力を伸ばしたい気持ちが強い。擁立を求める声もある」と述べる一方、「(参院選まで)時間がないし、民主党の仲間もいる。状況は難しい」と慎重な姿勢もみせている。

 河村市長は「良さそうな人はいる」と意中の人物がいることを示唆。親しい民主党国会議員に候補擁立について相談したという。

 愛知選挙区は民主2、自民1の現有議席維持を目指す両党に、共産、社民、みんな各党などが挑む構図になっている。高い知名度がある河村市長率いる減税日本が加われば、情勢が大きく変わる。

 減税日本は、河村市長の公約である市民税10%減税を実現するため、次期市議選での過半数確保を目指して4月26日に設立された。【丸山進】

【関連ニュース】
名古屋市:全職員ボーナス削減案を提出へ…河村市長
河村名古屋市長:「けんかばかり」批判も 就任1年シンポ
名古屋市長:減税案6月定例会に 本格議論を期待
名古屋市:河村市長 就任1年の日も署名活動で街頭へ
地域政党:「減税日本」を結成 名古屋市の河村市長

「公務」「意義あるか」 求心力低下? 全国知事会議、18知事が欠席(産経新聞)
「辻元さん辞めないで」コール…民主つなぎ留め必死(読売新聞)
「マイレージ」で高齢者の協働・互助を促進-北海道森町(医療介護CBニュース)
若手研究生の奨励を 御下賜金を機に賞設立(産経新聞)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上
AD