平野博文官房長官は30日の記者会見で、警視庁が同日公訴時効を迎えた国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の捜査結果概要を明らかにしたことについて「異例な公表の仕方だ」と語った。公表理由に関しては「こういう社会的影響の大きい犯罪を今後起こさせない、風化させないという意志が入っているのかどうかは承知しない」と言及を避けた。公表の是非についても「適切かどうかは承知していない」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件~ついに時効!~
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
〔用語解説〕「警察庁長官銃撃事件」
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官

かわいそうなのは首相と谷垣氏(産経新聞)
構造計算偽装 大阪の建築士 他に119物件担当 (毎日新聞)
アフガン取材中、連絡途絶える=日本人フリージャーナリスト(時事通信)
「総合学科」約20%の教員が否定的 現役高校教諭が調査(産経新聞)
<雑記帳>津軽弁の魅力がたっぷり楽しめるDVD発売(毎日新聞)
AD