2006-08-22 08:27:25

ラルクの精神科医。

テーマ:女王日記



ラルクの精神科医。


これは、4人のドクターたちの日常を描いた愛と情熱の日記です。




みなさまこんばんは。ゆうきゆうです。
あなたは「L’Arc-en-Ciel」というバンドをご存じでしょうか。

個人的に、僕もマヤ先生も、このグループが大好きです。

マヤ先生が好きなのは、ボーカルであるhyde。

確かに彼は美形です。素敵です。


しかし!
僕が一番好きなのは、その「映像」です。

ファンにとっては当然なことだと思うのですが、知らない方のために説明するのですが、
実はラルクのPVと言えば、「不思議な映像」が目白押し。

たとえば、メンバー全員がありえない動きで踊りを踊る「STAY AWAY」。





合成だと思うのですが、それにつけても画像処理が見事です。

某北○鮮の写真よりずっと上手だと思います。


他にも、絵画だと思ったら、その人物が動き始め、はじめて人間だったと気がつく「叙情詩」など、
色々と曲以外のところでの「遊び」が満載です。

ラルクの映像を作っているスタッフ、ものすごく遊び心があると思います。



その真骨頂とも言える映像が、「CHRONICLE」という、曲のPVを集めたアルバムDVDです。



KRE
CHRONICLE




今回は、それをご紹介しましょう。





まず、こんなタイトル画面で始まります。




「ラルク・アン・シエル」

日本語を覚えたての外国人女性。
そんな、たどたどしいアナウンスの声が響きます。

ここから先、映像にあわせて、彼女がすべての言葉を発声します。




「ルビー」


突然の映像です。

この時点で、意味が分かった方は天才です。




「ビーム」


何なんでしょうか。
PVのDVDを買ったはずなのに、いつまでたっても曲が始まりません。





「ムダ毛」




この時点で、おそらく視聴者の90%以上の人が気がつくはずです。


「ラルク・アン・シエル」⇒「ルビー」⇒「ビーム」⇒「ムダ毛」



そう。
しりとりになっているのです。


ていうか、このムダ毛。

なんでバナナである必然性が。



さらに映像は続きます。



「劇画」




「画鋲」(ザララララという音と共に)

うん。
入れすぎだと思います。

120%気がつかれる。



「ウサギ」


………。
何て言うんでしょう。

たぶんここでツッこんだら負けなんだと思います。





「銀座の女」




「ナハナハ」

………。

せんだみつお、仕事選んだ方がいいと思います。





「HONEY」


そして、



何事もなかったかのように、「HONEY」のPVが始まります。



そう。
このDVDは、すべてのPVの合間合間を、しりとりで続けているのです。


どうしてこんなこと、思いついちゃったのか。

思いついたとしても、何でやろうと思っちゃったのか。


その発想力と行動力にまず感服です。

さらにそのしりとりの選択がまた素敵なのです。

続きを見てみましょう。


その前に、ラルクのPVは、全体的に無意味にセクシーです。


セクシーなお姉さんが、


文字通りハチミツ(HONEY)をなめたり。



これも芸術でしょうか。
興味ありましたら、ぜひ。


話を戻して、続きを見ていきます。




「HONEY」




「生きがい」


………。

おそらく女性の入浴をのぞいているのだと推察されます。

このしりとり部分には、外国人女性の単語アナウンス以外に
セリフらしきものはほとんど存在しないので、場面から想像するしかありません。

ていうか、「『生きがい』という言葉から映像を作れ」と指示されたときに、
この映像を持ってこようとする発想が凄すぎます。


普通の人には100年かけても無理です。




「石頭」



「間に合わせ」

よく見ると、素肌にスーツを描いています。

いや、絶対バレますよね。

そんな風にツッこんだら負けだと思います。

繰り返しになりますが、「間に合わせ」という言葉からこの映像を思いつくのは、
常人には100年かけても無理だと思います。





「接待」




「いかがわしいイカ」




「花葬」


そして同じく、「花葬」という曲のPVが始まります。

しりとりはさらに続きます。




「うちわゲンカ」


ダジャレのようです。





「かずこちゃんの笛」


………。

あのですね。

普通のしりとりで、「うちわゲンカ」の次に「かずこちゃんの笛」という言葉の選定と、
この映像を思いつく人って、大天才か大変態かどっちかだと思います。





「遠隔操作」


このおじいさんも大変だと思いました。



「叫び」


両奥歯の銀歯が妙に気になります。




「病気」

さっきの「生きがい」と同一人物の方です。




「聞き流す」


この当たりでお気づきの方も多いでしょう。
結構、同じシーンの「続編」が存在します。

なかなかのこだわりです。




「スプーン」


………え、「ン」


そう思った瞬間です。








何ですか、その設定は。



そして、しりとりは直前からやり直されます。



「聞き流す」




「水死」




「浸食」



そして、この「浸食」のPVが流れます。

しりとりは、もちろんまだまだ続きます。



「食い逃げ」


ていうか、「食い逃げという言葉で映像を作れ」と言われたときに(以下略)




「現実逃避」

右にあるのはマネキンです。



ここから先、すべてをやっているといくら時間があっても足りませんので、
適宜映像をカットしていきます。



そして、

⇒「ひっぱりダコ」
⇒「コーヒーの中に潜水艦」……「『ん』で排除」
⇒「ここじゃイヤ」
⇒「夜間パトロール」

と、続きます。

そして、



「ルーズソックス」


もっと、女子高生を使うとか色々あったと思うんですが。

PVの中では無意味にお色気シーンが入るにもかかわらず、
このしりとりでの、嫌がらせと思われるほどのお色気排除っぷりがすさまじいです。




そして、「snow drop」のPV。

なんかここらへんで、間に挿入されるPVが、テレビ中のコマーシャルのように思えてきます。
まさに本末転倒です。


さらに、

⇒「プラトニック・ラブ」

から、



「ぶったわね、親にもぶたれたことないのに」


こういう女優・俳優さんを見ていると、世の中には色々な仕事があるんだな、と思います。


ちなみにこの女性は、このしりとりの最後のカギを握る女性です。



さらに、

⇒「兄さん、もうやめて」
⇒「店長、チェックお願いします」


と続きます。

そして、ある言葉を経て、




「フォービドゥン・ラバー」


につながります。

では、直前の「」から、この「」につなぐ、途中のしりとりの言葉とは何でしょうか?




そうですね。




「ステーキを食べる看護婦」です。



………。

絶対分かるわけがないクイズだと、自分でも思います。



そこから、

「フォービドゥン・ラバー」
⇒「バースデー・プレゼント」
⇒「トンカチ」

さらに、



「血」



「父」



「父の乳」


と続きます。

ここらへん、ずっと「ち」ですので、
しりとり的に考えると、はさむ意味まったくないと思います。

それ以前に最後のは精神的な破壊力が抜群すぎると思います。



さらに、

⇒「チクワでジュースを飲む中学生」

を経てから、




「いい加減にしてよ、出戻りのくせに」


………。


もっと平和な言葉にしてよ、しりとりのくせに。



心からそんな気持ちになります。


そして、



「二百万円になります」




「スイカ」


………。

本当にこのスタッフたち、普通に撮ることができないんでしょうか。


そして続いて、



「風間杜夫」




「お前もか」


さっきまでのぞいていた男の弟らしいです。

いったいどこまでこの一連シーンで引っ張るのか。




そしてさらに、



「風間杜夫」



またですか。



さらにしりとりは続きます。



「お湯」



「ユースケ・サンタマリア」



「アイラブユー」




「ユースケ・サンタマリア」



だから、またですか。



なんていうか、ここらへんからツッコミ疲れてきた気がします。


ここから、

⇒「あんたなんか、大嫌い」

を経て、



「インゲン100%ジュース」



ないから。


そしてさらに、

⇒「スドゥランピラミ」という意味不明な生物を経てから、



「ミスター・プロトプラヘ」


という、
ワケがわからないクセに
それっぽいモノが出てきます。



ネタが尽きてきたと見るのか、不条理ギャグと見るかは、あなた次第です。



ゴールに向けて、さらに大急ぎで行きましょう。

途中を中略しつつ、ちょこちょこと拾っていきます。


⇒(中略)



「ぶったわね、カツオでぶったわね」




⇒(中略)



「生まれてなんか来なきゃ良かった」


⇒(中略)




「女子高生の脱皮」



いかがでしょうか。

なんていうかもう、あまりに堂々とした言葉や映像から、
これをヘンだと思う自分の方がおかしいのではないか、
という気分になってきます。


そしてこのDVDの真骨頂とも言えるシーンがここ。



「ピーシズ」


この続きが素敵なのです。

何と、映像の中の、一つ一つのセリフが、しりとりになっています。




「ずいぶん気持ち悪いことしてくれるじゃない」


もちろんこれは、先ほどの「かずこちゃんの笛」の続きシーンです。




「いや、あの、なんていうか」



「かずこ、こんなヤツほっといて、行こ」



「この、変態」



「生きてりゃ、いいことあるかな」



ここまで思い詰めるのか。



もう、すべてに目が離せません。


それに対して、先生は何て答えるのか!?





「ない」


言い切ったーーーーー!




「………いや待てよ、一つだけあったな」



「なに?」



「兄さんと見た、着替え中のバスガイド」



そのレベルかよ!



心から大声でツッこんでしまいました。

何て言うんでしょう。

堪忍袋ならぬ、ツッコミ袋の緒が切れた、という感じです。


唯一の、生きていて体験した「いいこと」。

それこそが、



「兄さんと見た、着替え中のバスガイド」




これはもう、名シーンだと思います。




もちろんこの兄弟は、



この兄弟です。



ただここで思ったのですが、男が「今まで生きてきて、良かったことは?」として思い出すシーンって、
もしかして結構、こういう女性にまつわるコトが大半を占めているのではないでしょうか。


このDVDは、男の哀愁という、壮大なテーマを含んだドラマなのです。

うん。たぶん。



そして映像は、



これらのドラマがまったく存在しなかったかのように、最後の曲、「Driver'S High」のPVが流れます。




というわけで、禁断のラルクDVD、「CHRONICLE」。

いかがでしたでしょうか。
一番思うのは、よくラルクはこの映像たちをよく許可したな、と。


ちなみにしりとりはさらに続いて、「Making」や「CM」などを経て、ラストにまで進んでいきます。


しりとりのラストはいったいどうなるのか!?

どうしても気になるという方は、ぜひ買ってみてください。

しりとりはもちろん、オマケである本編である音楽PVも見所満載、
さらにおそらくこの映像スタッフが作ったと思われる、ラルクのCM集もあり(ネタの方向性が一緒)、
なかなか楽しめるDVDだと思います。はい。





KRE
CHRONICLE



精神科医ゆうきゆうは、この映像スタッフに、ぜひ診察が必要だと思います。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。



ちなみに掲載しきれなかった他の映像たち。








それにつけても、せんだみつおは仕事選んだ方がいいと思います。


(完)




サイトはこちら
モーニング女医シリーズはこちらから
いいね!した人  |  コメント(40)  |  リブログ(0)

ゆうきゆうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

40 ■最高です

クロニクル…

小学生の時に衝撃を受けました…
何度も何度も
ビデオテープ擦り切れるまで
見ました!!!!


あの頃のラルク愛が
蘇りました!!!!


感謝感謝


やっぱりラルクは最高です

39 ■時代おくれコメントで申し訳ありません…

よくラルクはこの映像たちをよく許可したな

と仰っていましたが、
しりとりにする ということも、
しりとりの内容(勿論ストーリーも含む)も、
全て、ラルクのメンバーが打ち合わせて
決めたものですよ♪


>> ゆうさん
確かに実際に踊りましたが、PVで使われている映像は合成です。
合成にするにしても、頭部の動きは本人たちがやらなければならないので、首から下・全身ブルータイツで踊ったんだそうです。

38 ■無題

メチャクチャ面白いです!
γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ( ´艸`)

友達に紹介しています。

37 ■無題

STAY AWAYのPVは合成じゃないですよ。
kenちゃんが、1人ずつダンスの先生がついたけど、みんなチョットずつ違ってて腹が立ったって言ってました。

ゆっきーの柔軟性も本物ですよ☆

36 ■無題

ラルクいいセンスしてますね(--)。

35 ■無題

はじめまして。
発売当時にこのビデオを買ったのですが、見たくなっちゃいました!
いかがわしいイカと恥骨を叩くインド人(んー!)に爆笑した記憶があります。
今から探して見ようと思いました(笑)

34 ■いやぁ

買っちゃいましたよ!d=(^o^)=b昨日!DVDだと動画でよくわかりませんでしたけど!ラルク自体大好きだし他も全部みたくなったっす!

33 ■無題

このビデオ、発売と同時に買いました。
いまでも私のお気に入りデス。

ところでどこかの雑誌の記事で読んだのですが、このしりとり、スタッフが勝手に作ったそうで、ラルク本人達はまったく知らなかったそうです。

ていうかこの遊び心、大好きです。

32 ■関西人

ハイドさんってクールに見えて結構ネタ好きだと思いますよ。ネタエピソード聞いたことあります。

こんなPVクリップが出ていたなんて…。中1からのファンなのに知りませんでした。そういえばPVをちゃんと見たこともなかったなー。

すますファンになりました(笑)絶対買います。

31 ■無題

絶対見ます…!!そして友達に勧めます。
ラルクはこんな仕事してたんですね。。
高校時代に友達みんなではまってました☆

30 ■ラルクさいこ~☆

ゆう先生はじめまして!
メルマガから来ました。私も昔からラルクのファンです。
このPV集はリアルタイムで買いました♪なのでビデオですが・・・笑
見てかなりの衝撃で、爆笑しました!さすがラルク・・・☆
ファンじゃない人にも貸しまくった記憶があります。それだけ面白いPV集ですね!

29 ■私もラルクだいすきですっ!!

ゆう先生、はじめまして。
スパリアから「クロニクルの看護婦ーーー!!」
といてもたってもいられず飛んできました。
改めてゆう先性の分析を見ると、確かに常人にはとても思いつかないアイディア満載ですね。
ますますラルク(とそれを支えるスタッフの方々)が好きになりました。(*´∀`*)
そしてそんなラルクを真摯に分析するゆう先生も大好きです。
ぜひ私の主治医になってください。

28 ■さすが関西人・・・?

持ってます、このDVD。
久しぶりに見てみようかなあと思いました。

実は私、このしりとりが目当てでこのDVDを買ったんです。(もう7~8年前になりますか)
当時、このしりとりについて、
「さすがは関西人のバンドだ。」
と、確か雑誌に書いてあって、それに惹かれて即買ったことを覚えています。

ゆう先生は、
「よくラルクはこの映像たちをよく許可したな」書かれていますが、私は、これらはラルクのメンバーのアイデアだとずっと思ってきたのですけど・・・。

風間杜夫さん、よく出たなあと思いました。
紹介されていませんでしたが、最後の方のアルバムの宣伝Vで、渡辺哲さんが出てるのには笑えました。

ラルクネタだったので、思わずコメントしてしまいました。
(しかも初コメントでした。)

27 ■stay AWAYで。

あのPVでラルクがスキになりましたw
思わず買ってしまいそうです。多分、1ヶ月中にはお買い上げでしょう。ヾ(@°▽°@)ノ

26 ■なつかしいっ!!

このPV集もってますw
当時のなのでビデオだけど。

けっこう覚えてましたが、見なおしたいですね!!

25 ■無題

いつも楽しく拝見してます。初コメントします。
9月より転勤で大坂に住みます。
心斎橋の百貨店です。
この機会に私もブログに挑戦しよっかな。

24 ■おもしろすぎ!

かなり爆笑しながら見させていただきました!
ラルクがここまでやるとは知らなかった・・・

23 ■最後の

せんだみつおさんを見て
ゼロシティという映画を思い出しました。
でも、しりとりなんて…。
ネタには最高ですね。
きっと途中からネタ切れたのかなあとも思ったり。

22 ■始めてコメントします

いつもユウ先生のメルマガを楽しく読ませてもらってます。今回は私の大好きなラルクのPVの内容だったので初コメントしちゃいました!ラルクのPVはいつも面白い!
御存じかも知れませんが、PV集だけでなくライブのDVDでもおもしろ映像満載です!
たぶん・・・あのしりとりもいろんなおもしろい映像すべてにメンバーは関わってますよ。
映像だけに限らず、ラルクはグッズにもおもしろさ満載です!グッズの形や名前の付け方まで『なぜ?』と思ってしまうくらいたくさんあります!以前、「らるくり~む」というハンドクリームがツアーグッズで発売されました!その容器がなんと・・・あの形(チ○ポ)だったんですよ!ありえない!女の子が買うには恥ずかしくて困る形でした(笑)そんなおもしろ心が満載のラルクに目をつけられたゆう先生はすごいですね!(≧▽≦)

21 ■レコード会社の回し者!?

て思てまうほど、これは見てみたなりますね。

20 ■ラルクばんざい!

すみません。おそれいります。
はじめてお邪魔致します。<(*_ _*)>

ゆうきゆう先生もラルクがお好きとは!なんだか嬉しいです。私もラルクのhydeを取りまく方たちのプロデュース力に敬服しています。

もちろんhyde自身が生み出すもの全て(グッズやサイトのデザインや企画)大好きですが、PVの映像に関してはあまりにもマニアックな話なので自分のブログで話すのはちょっと躊躇しておりました。

ですが、今日、ゆうきゆう先生のブログを見てみると、ラルクの話が出ているではないですかっ!とてもとても感激しました!(*≧∇≦)/

それに、とても具体的に分析して紹介していますので、思わず見入ってしまいました。流石はゆうきゆう先生!

ラルクばんざい!です♪(*^0^*)♪

19 ■恐縮ですがアンケートにご協力いただけませんか?

恐縮ですがアンケートにご協力いただけませんか?

クリエイティブの広場という写真とコメントのブログを
開いています。クリエイティブってHと関係が深いです
よね、そんな関係でお洒落なセクシートークを目指して
います。つぎのアンケートにご協力ください。回答は、
メッセージでお答えいただければありがたいです。

1.<男性の方に> 
  女性がセクシーと感じる仕草とは何ですか?
2.<女性の方に>
  男性がセクシーと感じる仕草とは何ですか?
3.<男性の方に>
  女性を口説く奥の手は何ですか?
4.<女性の方に>
  男性を口説く奥の手は何ですか?
5.<男女共に>
  あなたは、どんなときにセクシーになりますか?

ご協力いただいた回答をネタに毎日ブログでセクシー
トークを展開しますので、よろしく!

<注> アンケートへのご回答は必ずメッセージメールで
    お寄せください。



18 ■ププ。

大好きなラルクだったので、思わず久々のコメントです。
6年ほど前に、毎週彼らのラジオ聞いてましたが、割とセクシーネタをバンバン言いますよー☆
個人的にtetsuが好きなんですが、あまりのセクシーネタのすごさに、ますますはまりました。笑
ゆう先生とメンバー、気が合うかもしれません☆笑

17 ■ほしのあきのヌード画像見てほし~の!wセクシィー画像満載☆

今や誰もが認めるグラビアの女王『ほしのあき』ちゃん!!
最近は写真のほうも過激になる一方・・・
当然撮影中にハプニングとか起こりますよね??w
そんな彼女のセクシィーな画像とまさかのハプニングヌード画像
を載せて見ました!グラビアファンは是非覗いて見てね^^

16 ■第一回!アイドル画像!『若槻千夏・山本梓・ほしのあき』

今をときめくタレントやグラビアアイドルの画像を集めてみました!
毎日日替わりで画像を載せていこうと思ってるんで是非チェックしてみてください!!
今回は第一回とゆうことで一挙に3人分お届け!!
3人ともいまやグラビア界で知らない人はいないはず・・・?
水着グラビアからお宝画像までどうぞご覧あれ!!w

15 ■爆笑 о(ж>▽<)y ☆

笑いが止まらない・・・。
笑い死んだら、ラルクの責任ですか?
ゆう先生の責任ですか??

14 ■無題

命を大切にしないヤツなんか大っ嫌いだ!
命とは関係ないけど、ラルクも大っ嫌いだ!

だが……。だが!
くそぅ。見ちゃ駄目だ。見たら負けだぞ!
でも、このPV見てみたくなる~。

13 ■無題

これ以前友人に借りて、それはもうツボにきたやつですw
ほんとにすごく欲しいです(*^▽^*)

12 ■ツボです(笑

個人的に好きだったのは・・
☆「間に合わせ」←素肌にスーツ・・私だったら気がつかないかも (オイ
☆「いかがわしいイカ」←いかがわしいと思えないからかわいくて逆にオモローイ♪
☆「父のちち」←せんだみつおと同じくグッジョブです!('-^*)/ 

・・・こんな私もゆうせんせの治療が必要でしょうか??( ´艸`) テヘ

11 ■無題

欲しい~これ欲しいです(笑)

10 ■もうそんな領域だね

このPV凄いねww

多分動画だったらどう対応していいのかわからず、ぽかんとしてしまうんだろうけど、静止画で見るから噴出しちゃうのかな?

もっと心理学的コメントが欲し~ぃ!!!

9 ■うわ、観たい!

 いいです!こーゆーの好きです!STAY AWAYのPVは以前から結構イイなーと思っていたのですが。
これだけまとまってるのはすばらしいですね。  

 うーん自分で買うより、なんとか妹が買ってくれたらなー(^_^;)

 ズルイ兄です(ノ∇≦*)

8 ■・・・・・・!!

いや、ちょっとすごいじゃないですか!!
買ってみます:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

親にも~私もアムロ!!と思いましたが・・・・
メンバーがしりとりをしていたとしたら、
面白いですよね~!!
誰がどの答えを言ったものか・・・・о(ж>▽<)y ☆

7 ■pv

しりとりも面白いけどpvも見てて飽きないしいつもよく出来てるなーと。「ぶったわね!親にも…」とか見てると、ガンダムが好きなテッちゃんらしくてなんかもしかしてメンバーがしりとりを?!って妄想するの楽しい~☆
cdジャケットも
『この曲でこのジャケットは何で???』と思わせてくれたりしてついつい追いかけたくなってしまう私は戦略にハマり、ミステリアスに逃げるから追いかけたくなる。
恋の駆け引きってこういう事なのね(笑)

6 ■無題

せんだみつお、いい仕事してますね

5 ■今から…

昨日ラルクのコピバンしてる友達からおもろいけん見てみぃwと渡されて今から見るつもりだったのに…先にセクログ見るんじゃなかった=3

4 ■なんだこれは…

ラルクはコミックバンドの要素も持ち合わせているのですね…

3 ■先生のツッコミ最高です♪

高校生のころ、このPV集のビデオを見てました。
PVはすごくかっこいいのに、しりとりのくだらなさにあきれながらも、当時はほぼ全部覚えてました(笑)
私もhydeさん大好きです。今も好きです。
最近のPVでは『叙情詩』最高です!
ゆう先生の理由と同じでちょっと嬉しいです。あれは芸術だと思います。

ラルクの、しかもこのPV集についての記事だったので、思わず初コメントしてしまいました☆

2 ■無題

http://f37.aaa.livedoor.jp/~smiles/thread/1106626397.html
ここに書いてありますよ。
個人的にはスドロピュラミが見てみたい。

1 ■いや・・・あの、えーっ!?

あのラルクがこんな爆笑するものを作っていたとは‥‥
映像からしりとりが全く浮かばないのですが。
3番目の人はどんな「ん」で排除されたのでしょうか。
気になる‥‥

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。

Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み
芸能ブログニュース