ゆうきの韓国スケッチブログ

ソウルに住んで16年目の日韓夫婦。韓国の日常をつれづれなるままに文字や写真やイラストでスケッチしていきます。


テーマ:
このたびソウルに新しく出来た都市型遊歩道
ソウル路7017
に行ってきました。

場所はここ、
{5998C922-61EC-4547-8D6F-ECBF7C31BBC2}

美しくライトアップされる(旧)ソウル駅舎のすぐ隣り。

高架道路のように見えるのがソウル路7017です。

 

さっそく上ってみると...。

{89CEE9CE-8552-4F9B-8BA2-1F3A7FA7DC4E}

 

開通記念日とあってものすごい人、人、人!

 

 

さて、ここでちょっとこのソウル路7017が出来た経緯についてご紹介。

この遊歩道はもともとソウル駅の西側と東側を結ぶ目的で

1970年に完成した「ソウル駅高架道路」でした。

ちなみに7017というのも

1970年にできた高架道路が

2017年に新しく生まれ変わる

という意味らしいです。

 

時はいわゆる「漢江の奇跡」と呼ばれる高度経済成長時代の真っ只中。

急速な近代化の中でソウルでも慢性的な渋滞が問題となっており、

それを緩和するための打開策として、ソウル各地に高架道路が次々に作られた時代。

 

時の大統領、朴正煕の姿も。

 

こうして完成したソウル駅高架道路。

僕も何度か車やタクシーで通ったことがありますが、

サイドの壁がやたら低く、しかも急カーブしているので

スピードを出したらそのままソウルの街にダイブしてしまうんじゃないかという

スリルが味わえたのも今では遠い思い出です...。

 

都市近代化のシンボルとして雨後のタケノコのように建設された高架道路も

最近ではかえって交通の妨げになる、都市の美観を損なう、老朽化して危ない

など様々な理由で次々と撤去されています。

 

当然ソウル駅高架道路も撤去が検討されていたのですが、

ただ撤去するだけではなく、市民のための空間として活用できないかということで

街と人とを繋ぐ都心の遊歩道として生まれ変わることになったというわけです。

(資料写真はすべてソウル路公式HPから)

 

実際に歩いてみるとわかりますが、

都会の真ん中で空中散歩をする感じがして実に新鮮。

見慣れたソウルがちょっと違った表情を見せてくれる気がします。

 

おなじみソウル駅もこのアングルでじっくり見るのは初めて。

{08224882-97C8-4A79-8B02-3F0988E49C83}

 

 

反対側に目を移すと南大門が望めます。

{C1CFA5E2-1CF2-487E-BA64-D05F6D0F777D}

 

これから夜風の涼しい季節、仕事上がりに

ちょっとほろ酔い加減でそぞろ歩くと気持いいかもしれませんね。

 

ただ、ちょっと難点が。

{74B12D46-DECC-4572-9BF2-4A236638AAE9}

 

開通直後なので人が多いのは仕方ないとしても、

やたらと障害物が多い。

 

ただでさえ狭い遊歩道のあちこちに

不規則に配置されたコンクリートの花壇郡...。

{8454BE73-96B1-4960-A67D-EA994568CD2D}

 

ぼやぼや歩いているとガッツンガッツン足にぶつかります。

押し寄せる人波の中で花壇をよけるのに気を取られて、景色をゆっくり楽しむ余裕も半減。

 

ちょっと疲れてしまったので、

遊歩道に直結しているビルでソフトクリーム購入。

{670D8C0C-BA9D-43EA-B16B-730781307348}

 

1964年と書いてあるけど去年までは見たこともなかったソフトクリーム。

(濃厚ミルクが美味しかったです)

 

さてさてこのソウル路7017、ソウルの新名所となることが出来るのでしょうか?

(どう見てもまだ未完成の部分があったり、個人的にはまだまだ改善の余地ありという感想ですが、問題点はその都度修正していくというのがこの国のスタイルなので今後に期待しましょう)

 

 

で、

 

日本の母にここで撮った写真を送ってみたところ

{1777A937-DC1F-4038-B7D9-D1EA51D92433}

いやいやお忍び帰国とかしてないし...。
何よりあなた何度も何度も見たことあるでしょうがソウル駅...。



 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
ソウルナビといえば、数ある韓国情報日本語サイトの中でも老舗中の老舗。
世の中に韓流ブームのカの字もなかった時期から、地元密着型の取材を続け、
圧倒的な知名度と情報量を誇っています(最近はコネストにだいぶ押されている感が否めませんが)。

かくいう僕も語学堂に通う留学生だった時代から、大変お世話になってきました。

改めて説明するまでもなくソウルナビはあくまでも日本語を母国語とする読者を対象としているため、
韓国語の地名だったり、お店の名前だったりを
日本人が読めるようにカタカナ表記してくれています。

ハングルをカタカナ表記する際の厳密なルールというのは実はないのですが、
ゆるやかな決まり事として、
連音などは出来るだけ本来の音に近づけて表記し、
語頭の平音は濁点をつけずに清音で表記するというのが慣例となっています。
で、ソウルナビはそれに従っているということです。
だから대구なんかも、英語表記はDaeguですが
ソウルナビではデグではなくテグと表記されています。

この原則は本当に徹底されていて、

たとえば
「海がわれるのよ〜♪」の歌で日本人にはやたらめったら知名度の高い
全羅道の진도(珍島)も、


{73C720E9-2978-49F8-BFE3-71970A100CC0}

 

 

 

 

 

 

ね?

 

 

そして慶尚道にある歴史の街、

진주(晋州)も、

 

{385FD38C-A39D-4E8D-9856-CA01B3BB0348}

 

 

 

 

 

ね?

 

 

 

 

そしてさらにさらに

全羅道西部の群山にある海上の古戦場としても名高い

 

鎮浦(진포)も...

{AC0596DD-4AA6-4771-A9A6-D579E403421D}






あれっ?????
ヽ((◎д◎ ))ゝ




なんかおかしいぞ?



もう一度拡大して見てみよう...
 
{30B202A3-F68F-405D-9516-06DFB95E695A}





あれれれれれれれ????Σ(=°ω°=;ノ)ノ



どどどどうしちゃったのソウルナビ...
語頭は平音ってことになってたんじゃなかったの?
ここにきて突然なんなのこのダブルスタンダードは...

なんか最高の営業スマイルで軽〜くごまかされている気がしてならないのですが...。

いやソウルナビさんここは原則通り行きましょうよ!
ナンバーワン韓国情報サイトの名にかけて!そしてハラボジの名にかけて!



ということで今日から
「ソウルナビの都合良すぎるダブルスタンダードを追求する会」
を発足したいと思います←


では最後に
大空に雄々しくそそり立つ진포モニュメントの姿をご覧ください。

写真:韓国観光公社







 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(1)

テーマ:
この間、何気なく電車に乗ったらビックリ。
{E4B5D671-6C4E-4CB1-9EFD-776D08CA93D4}

 

えっ?

本棚????

{2E256CB6-864C-4FFE-BB7B-5B0547B4F9A3}

 

こちらにも本棚...。

こ、これは一体???

{1CC2B552-DE15-4063-98F2-A422F5B9DCF9}

ん、何か書いてある
{8CA0E7FC-C32D-4956-804E-0B0CA7E5F28C}

 

本読む坡州

 

この列車は

文山から龍門まで走る

首都圏最長の路線、京義中央線(片道124km)の

開通を記念して、2時間という長い時間を

スマートフォンではなく読書をしていただき

大韓民国に読書の風を起こしたいと

坡州市、韓国出版産業振興院、KORAIL、

出版都市企業協議会という4つの官民の組織が

協力して企画、運営しています

 

 

 

 

ほうほう!なるほど

 

ちなみこの京義中央線というのは、こちらの路線。

 

路線図の左上にあたる坡州市には出版団地といって

出版社がたくさん集まって一つの街を形成している場所があるんですが、

この図書館列車はそれにちなんだものだったんですね。

 

ニュース映像(韓国語)も見つけました。

僕は初めて見ましたが、1年前から運営されてるんですね。

 

本当の図書館のように貸し出ししているわけではないですが、

それでも素敵な取り組みだと思いました。

車内を見渡してみると、たしかにスマホではなく本を開いている人が目立ちました。

ひと昔前までは日本でも韓国でも普通に見られた電車内での読書風景、

なんだかとても懐かしい気持になりました。

 

{86A79E66-F473-4513-8C5D-FD74304FE150}
本棚の横に設置されている機会は、電子図書を読めるタブレットだそう。
この辺がさすがはデジタル好きな韓国だなあという感じです。

この記事を見て乗ってみたいと思った方がいらっしゃるかもしれないので
最後に列車の時刻表を乗せておきますね(韓国語のみでスイマセン...(ノ_-。))。

ではでは!
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のソウルは「年に何度あるかわからない」ぐらいの爽やかないい天気。

で、こんなところに来ました。
{CD7C6652-B9CC-455F-924C-92EC53F58A32}

ソウル駅から地下鉄4号線に乗って南下すること30分ほど。

「ソウル競馬公園駅」です。

実際はソウル市じゃなく、京畿道の果川市ってとこなんですが...

まあ「東ミッキーディズニーランド」の例もあることですし、

その辺はオトナとして突っ込まないのがエチケットってもんです。

 

 

 

競馬、というと何やら敷居が高くて近寄りがたい...

という方も多いんじゃないかと思いますが、

実はコスパの面で言うとかなり割のいい娯楽だと思ってます。

ガチで賭けることさえしなければ、1~2万ウォンでたっぷり半日以上楽しめますし、

クレーンゲームにハマって数分で2万ウォンも3万ウォンも回収されるより

ずっといいんじゃないかと思います。

 

「競馬公園駅」はちょっとソウルの他の駅にはない

独特の雰囲気を持っています。

この駅で降りる人たちは皆、背中から「なんだかしらないけどやったるぜ」というオーラがムラムラ溢れているのです。

中でも僕が「ガチ勢」と呼んでいる「今日のこのレースにいろいろ賭けちゃってる」人たちの

どこか達観してしまったかのような、ドロンと澱んだ目には

何物も寄せ付けない独特の不健全な迫力が満ち満ちています。

 

コースへ向かう人の群れは誰も無口で...

{5A7C7DF2-7E1B-417B-90F6-098AB5C104B3}

 

 

さて着きました。

カネと欲望渦巻く白亜の要塞

ここがソウル競馬場です。

{B3D53F4D-04DC-452B-9F88-17BE74F1EE89}

 

 

パドックの馬を凝視するガチ勢たちの背中。

{69978EF8-EB6D-45F1-9E46-DA9728715E15}

建物の中に入ると、まずカウンターで現金をバウチャー券に換えます。
(僕は1万ウォン換金しました)

そして、そこここの柱に設置されている「ベッティングカード」を抜き取って
ペンで予想をマークします。
image

 

 

競馬が初めてでよくわからない、というひとは

これまたあちこちに「ベッティングガイド」が貼ってありますし、

日本語のパンフレットまであって、そこに懇切丁寧に解説してあるので、

まずはそれを一読しておくことをオススメします。

 

 

マークが終わったら、これまたあちこちにあるこんな発券機に

先ほどのバウチャー券とベッティングカードを投入。

これでベッティングが完了です。

{10C93A03-9483-4D45-93E5-31CC45AD5046}

 

 

 

 

 

そしていよいよレース開始!

 

{81870C2E-46B7-41D0-B54D-0F9E8984EEA7}

 


いけえええええええええええええええええええええヽ(`Д´)ノ





結果は秘密。








さて、
競馬場というところはどこも一緒だと思いますが、ソウル競馬場の場合
「教科書では習えない韓国語」のサンプルをそこらじゅうで採取することができます。

どういうことかというとそれはつまりピーピーピーだということです。

では、生きた韓国語の罵声をたっぷりご堪能ください。

 
 

さて、ここソウル競馬公園のもう一つの醍醐味...というか、

僕が個人的に最も気に入っている点があります。

 

それは、この競馬公園、

敷地内に競馬場と家族公園が併設されており、

絵に描いたような幸せ一杯のファミリー層の家族団欒風景と、

家族団欒などどこかに置いてきてしまったよ...という、

ある意味そこから最も遠いところにいる層であるガチ勢が

同じ空間を共有している...という、普通なら決してあり得ないはずの

まるで「味噌煮込みうどんフルーツパフェ」的光景が眼前に繰り広げられる点です。

{0D31D1D7-D78B-4A10-89A1-20262F090F45}

 

キラキラ澄んだ瞳のファミリー層とギラギラ濁った瞳のガチ勢

これだけで「人生って何だろう」と謙虚な気持にさせられる図柄ってのも貴重です。

 

 

 

 

うららかな春の陽気の元繰り広げられる異文化交流

 

 

 

{B9CFE54A-D838-44CB-952A-17D7DE32EBEC}

 

ファミリー

 

 

{459BA55D-1F07-48CE-A989-3632E193DA96}

 

ガチ勢

 

 

{92C89332-9D33-4A0A-9983-30BF348FE89C}

 

ファミリー

 

{34732C83-7612-4B9C-9142-DF73F657ACDC}

 

ガチ勢

 

 

 

諸行無常を感じたところで、

この場所にちょっと興味が湧いたブログの読者さんたちに

ちょっと耳寄り情報。

 

このソウル競馬場、実は外国人専用ラウンジがあるのです。

{06FD23DC-B608-4F50-991C-8A70B7F52BFD}

 

ガチ勢の罵詈雑言が飛び交う中、臨場感溢れる雰囲気で競馬を楽しむのもいいですが、

ちょっと圧倒されてしまいそう...という人にはオススメ。

ゆったりとした雰囲気の中、レースを楽しむことができます。眺めも最高。

 

ただ入場料が1万ウォンかかってしまうんですよね...。

これがムダな出費と思うかどうかは人それぞれだと思います。

その代わり、各種ドリンクが飲み放題で、係員さんも至って親切なので

僕はアリだと思いました。

{7C2C2DD6-9488-430D-82DC-0CC669438CD9}

 

 

専用モニターに無料Wi-Fiもあります。

実はこのブログも今まさにそのラウンジで書いています。

{ABA9D0A2-0ED0-4480-B80A-7957B92EC04A}

以上、ソウル競馬場からお届けしました。
 

 

おっと、そろそろ次のレースが始まるようです。


いけえええええええええええええええええええええヽ(`Д´)ノ




いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回、「ソウルから中国人が消えた日」というタイトルで
THAAD配置に対する報復措置として、中国政府が韓国への団体観光を禁止した記事をかきました。
 
あれからひと月…。
数年前から中国人団体観光客を当て込んで
ソウルのあちこちに雨後のたけのこのように出来ていた「免税店」は
今いったいどうなっているのか?気になったので、我が家から自転車で回れる範囲の店を調べてみました。
 
上水駅の近く、火力発電所通りにあるこちらの免税店。
以前はこのエントランス部分に常に数十人の中国人がたむろしていたのですが、
{561B5B45-F150-4C5A-83C2-5CB5186D8F0C}

ごらんのとおり、ひっそりと静まり返っています…。

 

まったく人の気配が感じられません。営業しているのかしてないのか…。

{53894641-926E-4920-AB5B-47A3EEB3F536}

 

 

こちらは合井駅の近く。

詳しくはわかりませんが、なにやら韓国の健康サプリメント的なものを扱っているようでした。

{032CEE98-09DF-4121-8A3B-B63CEF2A1220}

立派な映画館ほどの規模の建物なのですが、こちらもひっそり…。

申し訳程度に見える観光客の姿が、大皿の隅にちょこんと乗せられたキムチのようで

かえって哀愁を誘います。

 

こちらは新村付近。

{1F162365-4196-4776-8C70-96168D22E874}

 

すっかりも抜けの殻。

床にごみが落ちっぱなしになっていたり、

陳列棚になぜか電子レンジがポツンと残っているあたり、

大慌てで夜逃げした跡みたいになっています。

 

これはそのお隣。

{66A62391-FC84-4116-A105-A1D054417D68}

 

「店舗整理(売り尽くしセール)」の貼り紙が出ているものの

お客の姿はゼロ…。ここもまもなく店じまいでしょうか。

 

 

 

加佐駅近くのこのお店。

まずはDaum mapのストリートビューで在りし日の姿を。

{E0576BC4-8F04-444E-B9FA-2E6AB94D09C5}

 

いかにも中国人ウケしそうな、赤字に金ぴかの大看板。

そして壁面いっぱいに韓国スターの顔写真が。

 

 

そして現在

 

 

{407C8631-533D-49D7-9A10-53FB9233CA9C}

 

丸裸。

 

窓ひとつないただの箱。まるでCG黎明期のポリゴン。

店がなまじデカイだけに廃墟感がハンパないです。

{7C6C32F6-03F5-4FDC-9F1D-A7BB5F9B2605}
夢とカネと欲望の抜け殻。
 
 
祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり…ですね。
 
 
これらの建物が今後どうなっていくのか?
引き続き興味をもって見守って行きたいと思います。

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
先日、友人と一緒に鷺梁津(ノリャンジン)を訪れました。

ソウル市内には明洞や江南や弘大のように
誰もが知る超有名なA級繁華街の他にも、
観光客はそんなに見かけないけどそれなりに賑わってるB級繁華街がいくつもあります。

鷺梁津もそんなB級繁華街の一つ。
観光客にはあんまりメジャーな存在ではないです。

強いて言えば、ここ
{FC9A38F7-2203-417E-BB38-6A8979FDC31D}

鷺梁津水産市場ぐらいでしょうかね。

いかにも韓国ノワール映画でワルいことが行われそうな雰囲気ムンムンの

ディープコリア好きの皆さんにはたまらない猥雑感満載のスポット。

最近、建物の老朽化(というかほとんど崩壊)が進み

近くに出来たピッカピカの水産センターに随時引っ越し進行中で、

このカオスな風景も近く歴史の波の中に消える予定です。

 

あと、鷺梁津といえば韓国人の間では

 

こ〜むい〜ん( ´_ゝ`)

※動画は本記事の内容とは無関係です。

 

 

何を隠そう、

鷺梁津は韓国を代表する公務員試験予備校のメッカ。

{005678E5-31AA-42CF-ABB4-61604427A5B0}

有名な予備校が立ち並び、

全国から公務員を目指す若者達が集まって来る場所でもあります。

 

そんなわけで鷺梁津の街はいつもなんだか若者達で賑わっています。

夢に飢え、食べ物に飢えた若者達が集まる場所には欠かせないもの、

 

そう。

B級グルメです。

 

鷺梁津の街には苦学生たちのお腹を満たしてくれる

リーズナブルでボリュームたっぷりのB級グルメがたくさん。

 

その中でも、ここ鷺梁津発祥のB級グルメの代表格と言えば

「カップ飯(컵밥)」です。

 

鷺梁津の駅前にずらっと並ぶ立ち食いの屋台。

その多くがカップ飯を販売している「カップ飯通り」です。

{64F4BA77-B1D0-4E4D-8DBA-1E634DFDEC73}

 

ではカップ飯とは一体どんな食べ物なのか?

さっそく屋台の一つを覗いてみましょう。

 

じゅーじゅーと心地よい音とともに

鼻孔をくすぐるカロリーのジャンキーな誘惑

{6283BD2D-1697-47A4-8F2F-10FAD25295CC}

 

鉄板の上で焼かれているのは

目玉焼き、ウィンナー、スパム、そしてもやしにサムギョプサルなど

{3626236F-59C8-4B41-A960-CAE42DBC8C79}

これらの材料をカップによそったご飯の上に豪快に盛りつけ

様々なソースをぶっかけてビビンバのように混ぜて食べるのがカップ飯。

 

サムギョプサル飯を頼んでみました!

{8297CDE3-4B53-49CB-A70F-48C0866F7E5F}

どうですこのB級感!

見た目なんかは二の次三の次!

とにかく満腹になりさえすりゃいいんだよ!とばかりに

混ぜまぜしてお行儀悪くかっ喰らいましょう。

 

これ一杯で十分お腹いっぱいになるほどのボリュームなのですが

驚くのはそのお値段、なんと3000ウォン!

ひゃ〜、世界でも物価が高いと言われている2017年のソウルとは思えない(´;д;`)

 

これは苦学生には嬉しい。

いや、苦学生でなくても、

片道1300ウォンの交通費を払って

わざわざここまで食べに通いたいぐらいの味と量です。

 

お店ごとにトッピングが少しずつ違うので

あ〜でもない、こ〜でもないと選ぶのも楽しいですね。

 

 

 

お腹がいっぱいになったところで、

すぐ近くにある「死六臣公園(사육신공원)」までお散歩。

なんだか物騒な名前の公園ですが、これには歴史的な由来があります。

(気になる方はこちらのリンクをご覧下さい)

 

ここは知る人ぞ知るソウルの穴場夜景スポット。

汝矣島の高層ビルと漢江を同時に眺めることができます。

{A8FF3215-FBAD-4E5D-8E6C-5841E2EBF777}
桜もたくさん植わっているので、今の時期は夜景と夜桜がダブルで楽しめる
まさに一石二鳥なスポット。
 

 

公園で腹ごなしをしたら

鷺梁津B級グルメ2回戦。

 

立ち食いストリートの中でも一際目を引く長蛇の列。

{AEEF4C99-1EFB-481F-B8D9-841262D66C70}

これ、何の列??

 

実はここ、鷺梁津のみならずソウルの若者に大人気の

「行列のできるパンケーキ」のお店。

 

待つこと約20分ほどでやっと先頭へ。

{B54E5749-350E-4121-84B1-AF4065B8E9DF}

その種類は実に多様。

チーズ&ソーセージがメインのガッツリおかず系パンケーキから、

カスタードたっぷりのスイーツ系パンケーキまで...

 

んんんんん

迷う...

 

ということで

 

 

 

両方頼んじゃいました。

{DD272BC5-F6EA-4373-91AB-0F39715057EC}

左:ポテトサラダパンケーキ

右:カスタードパンケーキ

 

さて、肝心のお味なのですが

パンケーキの生地の部分、どら焼きみたいにしっとりしてるのかな?

と思ったら、これがいい意味で予想を180度裏切るような食感。

表面はカリッ、でも中はフワッ...

これ以上は僕の筆力では言い表せません...!

ぜひ、実際に食べてみてほしいです。

 

そしてこのお店も実にリーズナブルなお値段。

なんと2000ウォン!しかもコーラまでついて!

 

経営のほう大丈夫なのか?と逆に心配になってしまうほどです。

 

 

さっきのカップ飯とコンボで食べても5000ウォン札一枚で済むなんて...。

 

 

 

 

ほかにも見てるだけで食欲をそそられるようなB級ジャンクフードがいっぱい。

{ACEBC666-3E1E-4844-BC60-28F5C1498F29}

体にはやさしくないけど、お財布にはとってもやさしい鷺梁津の街、ううむ素敵だ。

 

 

 

おまけ

{280A325D-9E82-423D-9FE8-D1960F2BB076}

ソウルリア充のバスの待ち方

 

 

おまけ2

{0A531809-A6FF-4EA8-9C15-073B84BA8DB2}
のにゃんじん。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

韓国生活もずいぶん長くなると、いろんな人に

「や〜すっかり韓国人ですねえ〜」と言われることも増えます。

まあ、正直その言葉って一体どうなの?と思ったりもするのですが(実際まだまだわかってないことの方が多いですし)

「韓国生活にうまく適応してますねえ」ぐらいに捉えておけばいいんじゃないでしょうか。

 

しかし、いくら長く住んだとしても慣れないことというのはあるもので、

僕の場合それは「トイレでの作法」です。

 

韓国を訪れたことのある方ならご存知かと思いますが

韓国のトイレの個室には、日本には無いモノが備え付けられています。

それは「大きめのゴミ箱」。

 

そう。用を足した後の紙は流さずにそのゴミ箱に捨てるのが

韓国トイレにおけるエチケットとなっているのです。

 

韓国のトイレには必ずといっていいほどこんな表示板が貼られています。

「ご使用になった紙は横のゴミ箱にお捨てください。」

(余談ながらこれ、ハングル間違ってます...옆에→옆의)

 

理由は「そうしないと便器が詰まるから」。

 

 

 

ところが、僕、これがどうしてもダメなのです。

な〜んかダメなのです。

 

ということで、いつもいつも

心の中で「ごめんなさい!」と思いつつも便器に捨てていました。

 

 

でも...変なんです。

今まで17年そのようにしつづけているにも関わらず、

 

今までただの一度も

ないのです。

詰まったことが。

 

そう、一度も。

Never, Ever

 

 

これは僕がただにウンがいいだけなのか(失礼)?

長い間ずっと疑問だったのですが、

 

このたび朝鮮日報にこんな記事が。

ナゼ韓国では便器にトイレットペーパーを捨てられないのか?(韓国語)

 

これは「ナゼいまだに韓国ではトイレットペーパーをゴミ箱に捨てなくてはいけないのか?」という疑問に対し

 

①便器の問題?

②トイレットペーパーの問題?

③水圧・配管の問題?

④韓国人のピンクうんこ(改の問題?

 

という4つの観点から果敢に斬り込んでいるコラムなのです。

 

ここではざっと結論だけを紹介しますが、

内容自体がすごく面白いので、韓国語学習中の方はぜひ原文の読解にもチャレンジしてほしいです。

 

さて、結論から言って

「韓国のトイレはちゃんと使えばちゃんと流れる」

というものでした。

 

 

そもそもトイレにゴミ箱が設置されるようになったのは、

トイレットペーパーというものが韓国で販売されるようになった1971年以前は、

新聞紙とか広告とかそういう粗悪な紙が使用されており、

加えてほとんどのトイレが汲取式だったこともあり、

「紙を一緒に捨てちゃうと、後で回収業者が分別するのが大変だから」

という理由からだったそうです。

 

で、今のトイレットペーパーはちゃんと水にも溶けるようになってるし、

よほどの不良設計でもなければ水もちゃんんと流れるようになってるし、

韓国人のパープルうんこも、他の国の人のピンクうんこ(改もそんな大した違いはないし←

 

流しても全然大丈夫よ!

ということだそうですよ皆さん。

 

 

現に韓国でも「ゴミ箱の無いトイレ」は増加中で

地下鉄5~8号線を運営しているソウル地下鉄道では

「トイレットペーパーは便器に流しましょう」キャンペーンを2012年から実施中です。

 

 

今まで毎回一抹の罪悪感(と不安)を感じていたのですが、

これからは堂々と水に流してしまってよいのです!

 

 

(ただ、このブログを読んで「それでも詰まっちゃったよ!ど〜してくれんだ!」というクレームには対応しかねますのでご了承くださいヽ(;´ω`)ノ

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

警告

この記事は空腹時に閲覧した場合に、「アイゴー!」と奇声をあげ床をのたうちまわる、壁に頭を繰り返し打ち付ける、衝動的に韓国行きのチケットを購入する等、精神に深刻な悪影響を与える恐れのある動画が多数含まれています。

 

 

 

韓国映画が好きでよく映画館に行くんですが、

最近映画が始まる前の時間になんとも不届きな動画が

繰り返し繰り返し上映されるという現象が発生し

韓国世論を巻き込んで社会問題化している...かどうかはさておき

個人的に僕は激しく激しくけしからんと思っています。

 

その映像は、普通のCMとCMの間に

突如何の前触れも無く挿入され、それを目にした者の魂を抜き去っていくのです。

 

たとえば...

 

黄金色に済んだ油の中から、

しゅわしゅわしゅわしゅわという軽快な音をたてて

超スローモーションで浮かび上がってくる...

チキン!!チキン

ああ...そのカリッカリの衣の下にはきっとプリップリの柔肌が...

口にいれてひと噛みすれば、アツアツの肉汁がジュワッ!

 

ああ...今日はチキンが食べたい

아아... 오늘은 치킨이 땡긴다!!!

 

見ているだけでヨダレが止まらなくなるような

この飯テロ動画。

 

 

韓国最大手のデリバリーショップ紹介サイト

その名も「配達の民族(배달의 민족)」が展開している

今日は◯◯が食べたい(오늘은 ◯◯가 땡긴다)

シリーズなのです。

 

何のナレーションもBGMもなく

ただひたすらいかにして食べ物を美味しそうに見せるかという一点にのみ

こだわって作られた動画は、短いながらも強烈なインパクト。

 

これが流れるたびに、周りの客席からは

「ああ...」

「おお...」

と驚嘆とも嘆息とも悲鳴ともつかぬうめき声が漏れるのです。

 

 

 

このシリーズ、チキンだけではありません。

ではこれから皆様の食欲中枢をダイレクトに揺さぶる悶絶動画を

連続してご覧頂きましょう。

覚悟はいいですか?

 

 

 

今日はチゲが食べたい編

 

今日はジャジャン麺が食べたい編

 

今日は豚足が食べたい編

 

今日はトッポッキが食べたい編

 

 

ウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━ン!!

オナカガスイタヨオオオオ

 

 

 

 

 

 

 

いかがでしたか...?

 

 

「映画館を出たらすぐ食べに行こう!」

という環境に住んでいることに改めて感謝しました。

 

これを見て禁断症状を発症してしまった方は、

さあ今すぐ韓国へ!飛行機飛行機

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)

テーマ:
冬のトンネルにもようやく出口が見え、
ソウルの街もいよいよ春めいてきました。春

{C76C42AC-9FCC-47B1-BBC8-6EDE6EF9E645}
梨大のキャンパスで見つけたツツジ。


ポカポカした陽気につられて
外に出かけたくなる季節!!

ですが...


この時期になるとソウル市民を苦しめる招かざる客



そう、ミセモンジの季節の到来です。


日本ではpm10とかpm2.5とか呼ばれていますが
ここ韓国では「微細なほこり」という意味の「ミセモンジ(미세먼지)」と呼ばれることが一般的。
(一応pm2.5のほうは「超ミセモンジ」と呼ばれたりもするのですが、一般的にはどちらもひっくるめての呼称です)

この季節になるとソウルの空は
なんだかもや〜っとした空気に包まれます。
{2BC7BF50-9A2E-4A42-98DC-69879AA7EE7F}

 

{5EF7823D-FA2E-4E71-A18B-8FC49129FA6E}

 

青空をかえせ〜〜〜!!!!

 

 

温かくなるとひどくなるミセモンジ。

「三寒四温」に代わって

「三寒四微(삼한사미)なんて言葉も登場しているほどです。

 

 

こちらは日本天気協会のpm2.5レーダー

{AA20A8F6-5412-43D6-B2AC-BCEB38F28F59}

 

黄色やオレンジに包まれる朝鮮半島...。

空気の綺麗な日本が心底羨ましくなります。

メールでもLINEでもいいので新鮮な空気を添付して送ってほしいです。

 

 

さてさてこちらはNAVERのお天気アプリのミセモンジ情報。

 

{5EEAAAA1-A8F0-4FB9-AC5F-BCD168844EC9}
今日もソウルは1時間あたり71μg/㎥とミセモンジが多くなっています。
ちなみに韓国の指標では50μg/㎥までは「普通」ってことになってるんですが、
日本に比べるとだいぶユルユル(日本は35μg/㎥)。


ミセモンジが毎年大きな問題となるにつれて一つソウル市民の生活にも変化が。
それはマスクの普及です。

もともと韓国の人たちは日常的にマスクをする習慣があまりありませんでした。
黄砂が吹き荒れても、MERSが流行しても、
街中で見かけるマスク姿は、だいたい外国からの旅行者ばかりでした。

それがこの春は、あちこちでマスク姿の人を見かけます。
うちの娘たちの学校でもマスク着用が呼びかけられているようで、
今日なんかも「いってきま〜す」と出て行ったかと思ったら
「マスク忘れた〜」と帰ってきました。

環境が劇的に改善されない限り、自衛して付き合っていくしかない
このミセモンジ問題。これからも当分続きそうです。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

今日は日本と韓国の「食べ方の違い」の話を...。

 

と、こんなことを言うと、

お箸とスプーンの使い方とか、

お茶碗を持つ持たないとか、

ご飯に汁をかけるか汁にご飯を投入するかとか、

そういう話になるのではないかと思われるかもしれませんが

 

今までほとんど語られることがなかった(多分)

 

海苔の食べ方海苔

の話をしたいと思います(焼き海苔のほうね)。

 

 

日本でも韓国でも家庭料理に欠かすことのできない食材、海苔。

韓国料理のお土産としても定番で、会社の同僚に配るために

南大門市場やマートなどで爆買いした!という方も多いのでは。

 

で、本題の海苔の食べ方なのですが

 

日本人はたいてい

①お箸で海苔をペラッとめくる

②ご飯にのせる

③包んでたべる

 

という食べ方をしている人が多いのではないかと思います。

 

しかし韓国では

「え?そう行く?」という食べ方をしている人がかなりいるのです。

 

その食べ方とは...


 

そう!

①ご飯をお箸で軽く団子状にする

②それを箸でつまんだ状態で一番上の海苔にペタっ

③ご飯を持ち上げると海苔がくっついてくるのでそのままいただきます!

 

これです!

 

初めて韓国人がこの食べ方をしているのを見たときは、

正直ちょっと行儀が悪いんじゃないか...と思ってしまったのですが、

いざ自分がやってみると...これがすごく便利なのです!

 

ただ周りの韓国人に聞いてみると

「確かに便利だから周りにだれもいない時とか家ではするけど、誰かとご飯食べる時には品が悪いからやらないほうがいい」

とのことでした。まあ、褒められた食べ方ではないということのようです。

 

ただ、しつこいようですが

本当に便利なので

一度何かの機会に試してみてほしいと思います

 


おや?海苔のパッケージにも...

 

{A05ACEEC-0EA0-4B42-BFFA-5CB34A45AA7F}

 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。