えかきにっき

イラストレーター・ひらたゆうこ


テーマ:
5月19日は敦賀の
子育てサポートセンターきらきらくらぶさんに声をかけていただいて
「ロールモデルカフェ」にてお話をしてきました。
アドバイザーとして東京から高祖さんをお迎えし
きらきらくらぶ理事の林さん(後ほどお二人のプロフィールをご紹介しております)
そして
25日に開催される「ふぁみふぇすつるが」に参加出店されるママさん達と
お茶とケーキを囲んであたたかい雰囲気の中
一緒に良い時間を過ごしてきました。

「ロールモデル」という言葉を実は・・・知らなかった私。
何かの行動技術や行動事例を模倣・学習する対象を一人選び
その人に生き方や考え方を話してもらうことで
観察・考察をして自分の行動や活動に生かす・・・という様な意味があるそうです。
今回、ケーキ屋&カフェである「Home Seet Home」さんの場所にお招きいただき
司会担当のママさんと会話する形で
参加の皆さんからご質問をお聞きしてお話を進めていくことができました。

私は、「ロールモデル」に選んでいただけるほど、立派な生き方は出来ていないのですが
このような場に呼んでいただけてありがたく感じました。
結婚、出産を経験してから出会う様々な葛藤、
母であり嫁である自分が、やりたい事をすようとする上での悩み
家族の理解、協力、時間的制限がある中での歩み方・・・など
ママさん達も経験されている壁や不安を
自分なりにどんな風に考えて、歩んでいるかをお話することが出来ました。



私の手作り絵本「お母さんと呼ぶたび」の絵本の読み聞かせもしました。
娘が2歳の頃に作ってからもう5年・・・
手作りで一冊づつご家庭に届けようと初めてからもう3年目ほど。
いつのまにか、途切れることなく作り続け
お届けする日々になっていました。
この絵本、いつか自分でママさんの前で読み聞かせをしたいと思っていました。

皆さん
涙ほろほろこぼし真剣に聞いてくださいました。

この絵本の根っこには
「子どもが大人に愛されて幸せでいてほしい」という強い願いがあります。
でも、あえて子ども目線ではなく
お母さん目線で描きました。
お母さんが笑いかけることが、子どもが笑うことだと思ったから。
自分が子どもに出来ること何だろうって考えたら
まず、「お母さん」へ届ける作品を作ろうと。
あえて、周りの家族は描かずに「母と子」だけの世界で表現しました。

育児に疲れたり、手を上げそうになった時
孤独を感じてしまう時、ぱっと手に取れる
お母さんに寄り添う絵本を作りたくて描いたものです。

そして育児中の自分の気持ちを記録に残すためにも
自分が命を宿してから、感じてきた想いを素直に描きだしました。

絵本も、私の話も
特別な内容では決してなくて
きっと、皆さんがそれぞれに歩まれている人生の中の
「お母さん」「お嫁さん」の部分で必ず通る気持ちと、触れ合ってもらえたんだと感じました。

みんな、がんばっているから。
ここで、少し心を和らげて涙をこぼしてもらえて
よかった。

でも、経験を話し出して数分・・・
しょっぱなから、声が詰まって一番最初に涙してしまったのは私です(^^;

司会の方が「おやすみの時間」の絵本も紹介してくださいました。
これは言葉のない絵本。
どのページが自分と子の「今」なのか当てはめてもらえて嬉しかったです。

大勢の方の前で話すのがすごく苦手な私が
2時間、お話できたのは
囲んでくれる皆さんのあたたかさと、優しい司会の方のおかげです。

林さんが入れてくださるコメントがさすがだなと感じたり
アドバイザーの高祖さんの提案で、参加者の皆さんから一言づつお話を聞けたり
今日会ったばかりの方もいるのに、涙したり笑ったり!
皆さんと作ることができたこの雰囲気がとても素敵でした。

ふぁみフェスに出店される方が多く
皆さん、何かの専門技術や、熱い想いを持たれているママ達でした。
司会をしてくれたママさんは、3人のお子さんのお母さんで
お菓子作りをお仕事にもされていて
いただいたクッキー、とっても美味しい!
素敵なママさん達とたくさん出会えました。

ご参加本当にありがとうございました。

その皆さんが5月25日に「ふぁみふぇすつるが」を開催されます。
パパとママの特技で子どもが楽しめるフェス!
ぜひ、ぜひお越しください。


◇アドバイザーの高祖常子さんは
育児情報誌「miku」の編集長・NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク「オレンジリボン」理事
NPO法人ファザーリングジャパンのマザーリング担当、
「女性の就職・転職」についての本も執筆されています。
今回、こうしてお会いできて光栄でした。

同じ日、午後の部で「どならない・たたかない子育て」の講師をされました。
たくさんの親子が集まり、私も参加しました。
午前に皆さんからもらった気持ちのまま続けて
午後の部に参加できたことで、自分も育児を振り返り
とても深い一日となりました。


育児情報誌「miku」HP


◇ふぁみフェスの主催でもあり、今回、呼んでくださった
子育てサポートセンターきらきらクラブ
理事の林恵子さんは以前から、個展から絵本をご注文いただき
福島の「たんぽぽサロン」さんとのご縁を繋いでいただいたりと
ずっとお会いしてお礼が言いたかった方です。
きらきらクラブのお部屋には
私のイラストや絵本が。ありがとうございます。

「私も、子育てに悩んだ時期があり
悩んだからこそ、この場所を作ったんです。」という林さんのご挨拶の言葉が
とても残りました。
また必ず、伺います。
詳しいHPこちらです→http://www.kirakiraclub.org/



きらきらくらぶ発行の冊子「のんびりきらりん」






AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ひらたゆうこ@えかきにっきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。