始めまして。。。私の自己紹介

~過去のカミングアウト~はこちらから


~あの日のできごと~雨が降っていたあの日はこちらから








自閉ッ子のママさんへ



チューリップ紫自閉症児を抱える母のつぶやき


チューリップピンク障害受容って何さ


チューリップオレンジ障害受容








12月の人気記事トップ3!





1 子どものこころとコーチング
王冠1


2残席2名様です!


3ちょっと気になる子どもたち~スケジュール編









完全オーダーメイドセッション

・子育てに不安やイライラしてしまう


・子どもの自己肯定感を伸ばしたい


・個性を認めた育児をしたい

・自信をもちたい

・家族関係で悩んでいる



手紙→お申込みはこちらから








セミナー最新情報 





Y's communicationsサロン行き方はこちらから








テーマ:

Y's communciations代表の本郷佳江です。

 
この連休は1か月振りに
出張に行ってきました。

 
広い園庭と大きな建物。
 
近くには別棟に0歳児クラスと
また別棟に病後児クラスがある
大きな保育園。
 
初日は発達障害の種別と
特性…先生方のQ&Aの時間。
そして発達支援コーチについて。
 
先月伺った八戸の保育園も運営する
園長先生とのご縁。
 
その園長先生のお話を伺う度
思いに触れさせて頂くたびに
 
私がもっと早く園長先生と
出会えていたら
間違いなく保育士を目指し
ここで働かせてもらいたい!
と願ったはず(⋈◍>◡<◍)。✧♡
 
私がずっと欲しいと願っていた
子供たちや親御さんとへの
向き合い方やかかわり方
子供たちへの思い。。。
 
全て形になさっている
保育園…羨ましい~(>▽<)/
 
そして、ここで働く先生方の
キラキラとした表情の訳。
 
 
子供たちを知りたい!
子供たちへの思いが
本当に熱い先生方!

 
例え育て辛さがあっても
発達に凸凹があっても
 
こんな風に包み込んで下さる
保育園と出会えるなら…

社会が変わっていくのではないか?
そう感じてしまうエネルギー。
 
 
この中で包んでもらえるなら
きっとわが子の発達や育ちに
不安を抱える親御さんがいたとしても
 
一人不安に押しつぶされることが
なくなるのでは?
 
本当は分かっていて、気づいていて
けれど、違い認めてしまったら
崩れてしまう家族と心のバランス。
 
本当は、わが子のありのままを
受け止めたい。
 
例え苦手なことや、出来ないことが
たくさんあっても
愛しいわが子であることは
変わらない。
 
けれど、ありのままを受け止め
受け入れてしまったら
この子は社会で
やっていけないのではないか?
 
学校で、うまくいかないのではないか?
孤立してしまうのではないか?

将来、自立していけないのではないか?



そんな様々な不安に
押しつぶされそうになっても
 
ここの先生方に出会えたら
やさしさと暖かさに包まれることが
出来たなら…
 
もしかしたら、ありのままのわが子を
受け止めてみよう
 
例え、この先どんなことが待っていても
どんな不安がやってきても…
そう思えるのではないか。。。
 
今までは、一人でこの子を
守っていかなければ…と
必死に張りつめていた思いが
 
先生方との出会いで
緩めてみてもいいのではないか…
 
きっと、そう感じてしまうような
先生方の思いや姿。
 
 
先生方にたくさん頂く
質問に答えさせてもらう度に
 
自分が何故、発達支援にこだわり
続けていくのか…という
 
大切な思いや価値を
改めて再認識させてもらった
そんな時間でもありました。
 


書きたいことがありすぎて(笑)
この回は、まだ続きます。。。
 
 
 
家庭や集団での関わり方や
脳認知の仕組みを学びます。
↓   ↓   ↓
残席名様です!!
 
 

 

応援ポチ宜しくね♪
↓   ↓   ↓


 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Y's communciations代表の本郷佳江です。

 
卒業…進学…
この時期、不安になったり
揺れる親御さんが多い時期ですね。。。
 
そんな中、子育て&発達相談を
ご利用された方より、頂きました感想を
シェアさせていただきます!
↓   ↓   ↓

今回は子供が小学校に上がるため

学級選びに悩み相談の予約をしました。
私は、学級によって子供の人生が
変わってしまうようなメージがありました。

 
実際に相談して変わったことは
入学までにやれることが
たくさん教えてもらったこと。
 
特に、この春休みの時間を
利用して取り組めることを
いっぱい教えていただき
親子で一つ一つ取り組んでいきたいです。
 
特に一番得たことは
学校で学ぶこと以外に
家庭で取り組めることが
たくさんあるということ。

先々を不安を感じているヒマは
ない!と確信しました。
ありがとうございました。
 
仙台市泉区 Rママ
 

 

Rママさんが心配されていたことは

出来ないことや、苦手なことで

周りから責められたり

バカにされてしまうこと。
 


丁寧にかかわってきた
園生活があるからこそ

初めての学校生活に
不安で気持ちがいっぱいに
なっているようでした。

毎日の関わりが
わが子の自己肯定感に
いかに影響しているか…を

いい意味で経験させてもらった
園生活だった!と力説するRママさん。

だからこそ、その逆を
心配してしまう気持ちも
わからなくはありません。


けれど…
毎日の関わりの時間は
学校だけではありません。
 
 
親は子供にとって
安心できる存在であり

一番わが子のそばで関わってきた
よき理解者でもあります。

だからこそ、出来ること
取り組めることがいっぱいあり
日々の関わりから学ぶ
コミュニケーションの仕組みを

まずは私たち大人が
学ぶことも大切です。

お家での関わり方や
コミュニケーションの仕組みを
一から学びませんか?
↓   ↓   ↓
残席名様です!!

 

お子さんの発達について
関わりや療育などのご相談は…

■子育て&発達相談■
完全予約制です。

料金➡90分/8,000円+消費税
手紙→お申込み・お問合せはこちらから 

 



 

応援ポチ宜しくね♪
↓   ↓   ↓


 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Y's communciations代表の本郷佳江です。

 
今年に入って、成人期や思春期
当事者さんや御家族の相談が増えています。
 
思春期や成人期になると
カウンセリングや相談場所が
見つからないのも不安の一つ。
 
診断を受けていても未診断でも
発達の特徴があるからこその
お悩みや困りごと
 
家族もどうしていいか分からない
という内容。
 
 
 
例えば…最近のご相談では
(クライエントの許可を得ています)
 
①お母さまが体調を崩されて
倒れてしまったときに救急車を呼べず
部屋にこもってしまった。
 
②進路の悩み。高校に行く意味が
見出せなくなった。
退学したほうがいいのか?
このまま進級していいのか?
 
①のケースでは
突発的なこと、イレギュラーな場面に
弱い子供たち。
 
普段、起きない出来事だからこそ
対応に困ってしまったからこそ
なかったこと(部屋に閉じこもる)に
してしまったお子さん。。。
 
今回、イレギュラーだった
この状況を教訓に
もしかしたら、今後起きるかもしれない
可能性がゼロではない場面の
マニュアルを作成。
 
こんな時、こんなことじゃ困るのよ!
ではなくて
 
こんな時には、こんな風にしてほしい…
こうしてもらうと助かるな…
という対応マニュアル。
 
おかげで、別な場面でも
効力発揮?!されたとのこと。
 
また②の場面。
高校を続けたとき・やめたとき
のメリットデメリット。
高校で得たかったこと。
進みたい進路のこと。
 
一つ一つ、答えてもらい
整理出来た項目や考えを
視覚化することで
 
自然と優先順位や
大切にしたいことが見え
今回は進級を選択。
 
お子さんの中では
相談したら、相手に決定権を
奪われてしまう…という不安や恐れが
あったとのこと。
 
相談は、自分の気持ちを視覚化し
整理していくこと。
その選択肢を
自分で決めていいということを
初めて知ったというお子さん。
 
・誰かに相談する
・自分で決めることができる
 
高校生のうちから
2つのスキルを持っているのは
本当に凄いこと。
 
 
発達に偏りがあっても
凸凹があっても
 
自分の人生は
自分で選択して進みたい
 
例えリスクがあったとしても。
 
改めて、わが子が選択するとき
私は、そのリスクを尊重できるのかな…?
と、振り返らずにはいられない瞬間。
 
人は誰もが
自分の人生の主人公…。
 

主人公でいるために
お手伝いできることがあれば
ぜひ、ご連絡くださいね。
 
 

 

お子さんの子育て
発達についてのお悩みは…

■子育て&発達相談■
完全予約制です。

料金➡90分/8,000円+消費税
手紙→お申込み・お問合せはこちらから 

 

 
 

 

応援ポチ宜しくね♪
↓   ↓   ↓


 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Y's communciations代表の本郷佳江です。

 
先日、もう一つの活動
NPOハッピーピースで
叱り方についての講座を行いました。
 
皆さん、本当に真剣で
今までも様々なことにチャレンジし
わが子にとってのベストを
模索してきた方達です。
 
 
 
それでも、ふとした瞬間に
自分の関わりや育て方を振り返り
反省してしまう。
 
それは、うまくいかない原因を
わが子のせいにしたくないから。
 
わが子が悪いわけじゃない…私が…
という今までの考え方の
パターンです。
 
私たちは、うまくいかないとき
必ず(うまくいかない要因)=「悪者」が
いると思い込んできました。
 
けれど、悪者を探さなくても
うまくいくためのアプローチを
探すことで、解決策は見つかります。
 
 
それは、子供の記憶の保存の長さ
…ワーキングメモリの特徴や
言葉の捉え方や認知の特徴を
私たちが知ることで
打開策はたくさん見えてきます。
 
その中でも大切なことは
私たち大人側のコミュニケーションの
「癖」を知ること。
 
私たちもまた、もともとの家族や
コミュニティの中で
コミュニケーションを学んでいるため
 
自分がベストだと思っている
やり取りを知ることで
 
双方のわかりやすさを
見出すことが必ずできます。
 
 
誰が悪いわけでもなく
お互いがわかりやすい
新たな方法を見つけるだけ♪
 
残席2名様となりました!
全10回を通して、
新しい関わり方からわかりやすい伝え方まで
認知や特性の基礎から学ぶ講座。
↓   ↓   ↓
残席2名様です!!
 
 

 

応援ポチ宜しくね♪
↓   ↓   ↓


 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Y's communciations代表の本郷佳江です。

 
昨日は3.11から6年…
そして、今日は長男の卒業式。
 
3.11は、助かった命…
毎年仕事をしています。
もちろん、昨日も。
 
 
そして今日は
長男の卒業式。
 
 
次男の事でも沢山迷惑をかけて
沢山支えてもらった長男。
 
そんな長男からの手紙。
 
 
長男の手紙には
自分が今まで体験した
様々なことが綴っていました。
 
もちろん、震災のこと。
そして、震災の直前に
別居した私と(元)夫の事。
 
あの震災が少し起きる前
わが家にとって衝撃的なケンカ?
生死を意識してしまうような
出来事に遭遇。
 
わが家にパトカーがやってくる
ちょっとした事件のような
出来事がありました。
 
私が初めて「死の恐怖」を
感じた瞬間です。

その日から夫を家から
追い出して(笑)
別居生活が始まり
 
私が3人の子どもを抱えて
やっていこう!!
そう決意した時の震災。
 

末っ子の保育所に送迎で
毎日通っている道は壊滅的で
言葉もありませんでした。

自分が少し遅く通っていたら
間違いなく巻き込まれていた景色。
 
 
パトカーがやってきた
あの時も、震災の後もずっと
私の側で色んな事を見て
感じてきた長男。
 
そんな長男の手紙を読みながら
長男も私も
結構頑張ってきたなあ。。。
 
気が付けば、
色んな事を乗り越えてきたんだなあ。。。
 
めったに聞けない、
感謝の言葉が…手紙に綴られていて
もう少し頑張ってみるのも
悪くないなあ。。。なんて感じた1日でした。
 
 
 

普段は変顔ばかりの長男。

 

長男が誕生したあの日から

ずっとずっと、そして

少しずつ…

親として育ててもらっています。

 
 
 

 

応援ポチ宜しくね♪
↓   ↓   ↓


 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)