弁護士吉成安友のブログ

荒川区西日暮里に事務所を構える弁護士。
大分県豊後高田市の若宮八幡神社の宮司を900年務める家に生まれ,神職資格を持つ。
Rockな魂と仕事への情熱であらゆる分野で最強を目指し日々研鑽しています!


テーマ:

 一昨日から,世の男性は,眞子様ロスですね。


 しかし,時代は変わったなあと思います。


 いつから変わったかというと平安時代から(笑)


 私は実家が大分ですが,なぜ実家が大分かというと,前にも書きましたが,先祖が天皇の孫娘との恋故に左遷されたのです。


 私の先祖は,清原正高という人物です。


 清原氏は,天武天皇の末裔ではあるんですが,中央で権力を有していたわけではなく,正高も身分が高いわけではありませんでした,


 あの清少納言も清原氏ですが,正高はその兄と言われています。


 その正高は,醍醐天皇の孫娘である小松女院と恋仲になったことで,醍醐天皇の逆鱗に触れ,左遷されたのです。


 うちの実家は神主であるため,古い記録が残っているんですが,吉成家略記には次の記載が(これだと清少納言の兄にはならない感じですが・・・)


吉成氏。本姓は清原氏。飛鳥清見原天皇(天武天皇の御事)之商,清原夏野郷の孫,海雄郷の子,少納言清原正高に出ず。

天延三年亥月,正高,小松女院の事に関して,豊前国下毛郡雲ノ山国宮園村に配せられ,後豊後玖珠に移される。
 

郡の大領管野検校久兼の女を娶り4子を生む。御冷泉天皇の康平年間,その曽孫兼道移って,同国来(苦)縄郷(現在の来縄本名)に居る。


 ただ,この恋は,左遷だけでなく,悲劇を生みます。


 小松女院も,正高と交際したことで鳥取に流されたのですが,正高恋しさから,侍女とともに抜け出します。



 平安時代と言えば,飛行機どころか新幹線さえもなかった時代です。



 道も険しかったでしょうに,小松女院は,正高を探しまわり,瀬戸内海を渡ります。


 しかし,苦労に苦労を重ねてようやく消息を掴んだ正高が,既に大領官(地方の豪族で一番偉い人)の娘と結婚していることが分かります。



 小松女院は,悲しみのあまり,11人の侍女とともに滝に身を投げました。



 そんな悲劇の起きない時代でよかったなと思います。


 

 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

↑↑↑

「弁護士吉成安友のブログ」の順位のチェックはこちら!


人気ブログランキングへ
↑↑↑

こちらも!



吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題,顧問弁護士なら,MYパートナーズ法律事務所 !!



弁護士吉成安友の企業法務ブログ

弁護士吉成安友の離婚ブログ  


 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 私は,飲み好きということもあって交友関係が結構広いです。


 先日,Lineの友達がもうすぐ2000人という話を書きましたが,ほんと様々な分野の人と交遊してます。


 で,近年,そうした友人知人が本を出版することが多いんですが,今回,結婚式にも出席させていただいた友人の加藤さんが出した本がなかなか面白かったです。




 

  あの堀江氏が帯を書いてます!


  加藤さんとは普段は飲んでたわいもない話をしているだけなんですが,イスラエルに目をつけたのはすごいと思ってました。


 子供の頃,親の本棚になぜか藤田田(日本マクドナルドの創業者にして,銀座のユダヤ人といわれていた方)の本があり,なぜか子供ながら読んで,なぜか影響を受け,なぜかいまや自称「西日暮里のユダヤ人」なので(笑)


 うちの事務所での挨拶は,当然「シャローム」です(笑)


 それはさておき,この加藤さんの本のポイントを私になりにまとめると,①イスラエルはスタートアップ大国であり,そこから多くの革新的技術が生まれている,②世界はイスラエルを重視している(投資している),③日本はまだイスラエルにそこまで目を向けていないといったとことじゃないかと。


 難しいことが書いてあるわけではなく,さくっと読めます。


 多くの日本人にとってあまりなじみのないイスラエルについて,ビジネス的観点からの概要が分かるとともに,この先イスラエルと関わる際の最低限の心構えが分かるという意味で意義があります。


 そして,なぜイスラエルが革新的な技術を生みだすのかというところで,「エコシステム」,すなわち「ある業界や地域で,企業や人,モノが有機的に結びつき,循環の中で効率的に収益を上げる仕組み」が整っているとの指摘がありました。


 これは日本でなかなかできていないところだと思います。


 もう一つ重要な指摘は,イスラエルでは,イグジット,すなわち,投資資金がしっかり戻ってくる環境が整っているということです。


 これはほんと重要なポイントだと思います。


 私も仕事上,投資的な事業や共同事業についての相談を聞くことがありますが,そのときに思うのは,日本では,なかなか投資をして利益の配分を得るということの確立したシステムがないということ。


 この点については,より具体的な話を聞きたいと,さらに興味をひかれました。


 そんなわけで,なぜ今イスラエルなのかということがざっくり分かる本なので,皆様もぜひ!

 

 

 


にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

↑↑↑

「弁護士吉成安友のブログ」の順位のチェックはこちら!


人気ブログランキングへ
↑↑↑

こちらも!



吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題,顧問弁護士なら,MYパートナーズ法律事務所 !!



弁護士吉成安友の企業法務ブログ

弁護士吉成安友の離婚ブログ  


 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 ゴールデンウィークが終わり,忙殺されております。


 さて,久々にヤフーニュースにインタビュー記事が掲載されました。


休日に上司から届く業務連絡LINEが鬱陶しい、時には私的な内容も…法的問題は?


 実は,以前同様の記事が載ったんですが,そのときとはかなりニュアンスが違っています。


 その一つの要因として,この間に実際に業務時間外のLineに関する切実な話を聞いたことがあったことがあります。


 私も,いまやキャリアメールはほとんど使うことがなくなり,従前のキャリアメールでのやりとりはほぼLineに移行しています。


 アドレスを交換した「友達」も1993人まで来ました。



 いよいよ2000の大台も見えてきた!(笑)



 このようにLineをよく使っている私ですが,Lineがそんな仕事がらみでそこまでやっかいな感じになることなんかないんじゃないかと思ってました。


 でも,まさに,知人から相談を受け,Line返信強要パワハラ的なものがほんとに存在しているんだということを知りました。


 そんなことあらへんやろということが,実際にあることもあるのだということを知り。


 そういったこともあってニュアンスが変わったわけです。




 

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

↑↑↑

「弁護士吉成安友のブログ」の順位のチェックはこちら!


人気ブログランキングへ
↑↑↑

こちらも!



吉成安友著「くたびれない離婚」ワニブックスより好評発売中!


法律問題,顧問弁護士なら,MYパートナーズ法律事務所 !!



弁護士吉成安友の企業法務ブログ

弁護士吉成安友の離婚ブログ  


 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。