• 22 Jan
    • いいこと

      ブログに病気のことを上げ、少しだけ…いや本音を言えば結構かなこれからミコ(と我が家)が好奇の目で見られるのかなぁと少し思っていましたそんな時ぷぅと姉妹のひな家から大量のお守りが届き…お守りを見た瞬間、涙が溢れましたひな家の気持ちがお守りを見ただけで直ぐに分かりましたそして家族だけで乗り切ろうと踏ん張っていたのですが、思わず『当てにしてます』とメールしてしまいましたミコはまだ排尿コントロールが出来ないので、オシッコをもらしてしまうことがありますフリーにしている時は、ミコのお尻の当たりにペットシーツを常に敷いているのですが、ペットシーツは裏がツルツルで滑るのでズレている事が…(オムツはお尻の状態がまだ万全ではないので、なるべく履かせない様に言われています。)↑って全く当たってないし…以前ひなちゃんママから処分する大きなバスマットを頂いたことがあって、それを敷いてみたら快適でバスマットなので吸収力もあるんです『もしまた処分するものがあったら少し分けて欲しい』とお願いしましたメール1時間後ピンポ~ンとチャイムが鳴り…そこにはひなちゃんママがバスマットを持って立っていました折角だからミコに逢って行ってとお願いしました↑バスマットが入っていた袋をビリビリにしたぷぅ実はこのときまだ圧迫排尿がうまく出来なくて、1回出せたきり、出せなていなくて困っていましたひなママを見たミコは嬉しくてオシッコが…ひなママ入るなり、ミコの下の世話を手伝わされる思わず『来てくれてありがとうまた来て』とお願いしてしまいました更に『これからランに行くからぷぅちゃん連れて行こうか』なんて言って頂いて嬉しかったぁ~そして近所に住むペロママからも『ぷぅちゃんのお散歩に行くよ』ラッキー&ブライアントママからは『雪かきしますよ』『買い物行ってきますよ』たくさんの方から『何か出来ることはないですか』という申し出を頂きましたどうやら好奇な目で見られると思っていたのは、私の思い違いでしたそしてみんな頼られることを喜んでくれて…せっかくなのでこの際甘えることにしました手作りフード仲間のうめママからも優しいお申し出を頂き、カルシウムを効率良く摂取する方法をお願いしました直ぐに詳しく分かりやすいメールが届き…ちょうど私が外出している間に、ミコのために安心おやつでお馴染みのMOGUさんの煮干を大量に玄関に笠地蔵してくれました↑ぷぅに一撃で破られる…↑孫のしのぷんに煮干を戴くミコ↑もちろんぷぅちゃんもご相伴土曜日はミコの退院祝いをしました我が家を心配して連絡をくれた『パパ友』のるぅすぅパパをご招待させていただきましたミコにフレブル柄の大きなベッドを持ってきてくれて、なんとコレがミコが日中過ごすケージにぴったりサイズパパさんにたくさん抱っこしてもらって『ミコよく頑張ったもっとよくなる様にパワー入れるよ』ってギューーって抱っこされた後、ミコ的お礼(?)なのかペロペロとパパさんを舐めていました(ミコはほぼペロペロしません)るぅすぅパパさんのベッドに、ひなママのバスマットを敷いて、ミコのお留守番はかなり快適空間になりましたそして今日は、空福ママから玄関に『お守り置いていきます』とラインが入り…『ミコに逢っていってくれないと嫌いになるよ』と言ったら、遠慮しながら入ってくれましたと言うのも、空福ママといえばヒーリングはじめは興奮していたミコですが、ヒーリングが始まると気持ち良いのか、大人しくなりました実は一番最初に我が家の異変に気づいて連絡をくれたのは空福ママでした『今は未だ言えない』と言った私。何も聞かずにその日から毎日遠隔ヒーリングをしてくれていましたこういったスピリチュアルなものって、信じない方もいるかもしれませんが、私は凄く信じていて…なぜならヒーリングの後、ちょうど帰ってきたパパがミコをリハビリで起立させたら立ったんです左足に力が入って、膝か曲がらなく・・・そう膝神のミコの膝がピンと伸び、2秒くらい立てたんですみんなで『立った』と叫びました私は思わず『ハイジが立ったみたいだね』と言ったら空福ママに『クララじゃない?』と言われ…ミコが病気になってから一番笑った瞬間でしたミコはヒーリングが終わると、ミコ的お礼で空副ママの手を永遠にペロペロしていましたお守りと一緒に頂いた高級イチゴ、高級なると金時、高級リンゴ…ミコに便乗してこっそり食べようと思っていますそして、信じてもらえないと思うのですが…昨日ミコに話しかけられました忘れもしない夜9時半何も考えずにボーーっとミコを撫でていて、足のマッサージをしようと顔をミコに近づけた瞬間『助けてくれてありがとう』って言われてペロっと舐められたんですビックリして、震えながら空福ママにライン…寝ているパパを起こして報告北見のママに電話いいことってあるんですね↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      NEW!

      5
      2
      テーマ:
  • 21 Jan
    • ④今思うこと

      正直、ぷぅミコのケアは人一倍やって来たつもりです。ブリーダーさんでもないのに生意気にケアやフードの事をblogに書いたりもしていました。それなのに… 今回起こった出来事は本当にショックで、なんでミコなんだろう…って大泣きしました。↑手術直後でもパパに向かって歩いて来たミコいっぱい泣いたけど、ミコが私たちの元に帰ってきてくれたことが本当に嬉しいです✨毎日毎日神様にお祈りし、毎日お見舞いに行って、ミコが生きていることに感謝しました。ミコのお世話をするために、健康でいようって思いました。ミコはこれまでほとんど手がかかりませんでした。オシッコも言えばしてくれたし、呼び戻しも出来たし、穏やかで、吠えなくて…何よりスーパー可愛いし💖だからこれから手がかかっても全然平気です🌚むしろミコたんとの時間が増えるのが楽しみです❣️ちょっと強がりもあり😂先生には歩くのは難しいって言われたけど、夢を見るのは自由だから、歩けるように頑張るぞーーー❣️もしそれが難しくても、パパが超絶カッコいい車椅子買ってくれるって言ってたので、車椅子でブッ飛ばす予定です✨✨これからはみなさんに甘えて生きていこうと思っているのでよろしくお願いします❣️そしてぷぅミコ家からみなさんへ…今、元気な時間を思いっきり楽しんでくださいブヒらしくいられることの幸せにどっぷりと浸かってください我が家もいろんなことに挑戦しました↑ライバルるぅちゃんとの激しいデッドヒート遊んだ後はしっかり休んでケアしてあげてくださいそして小さな変化を見逃さないでおかしいなって思ったら病院ですぷぅミコ家はこれからも楽しいイベントに参加しますその時は、頑張ったミコを褒めてあげてくださいね〜最後に…24時間体制で我が家のフォロー、持っている知識を惜しげも無く教えてくれ、良い方向に導いてくれた北見のママ的確なアドバイスとさり気無い心配り、私を奮い立たせてくれたM君ママ愛してます↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      77
      6
      テーマ:
  • 20 Jan
    • ③ヘルニア入院生活

      続きヘルニアの手術は成功したのですが、ミコの場合、脊髄の損傷が激しく、まだまだ予断を許さない状態でした脊髄軟化症の可能性もまだあるので入院することになりました毎朝9時に病院に電話をし、ミコの様子を教えてもらいました。夕方6時には面会に行っていたのですが、朝確認しないと一日落ち着かなく、仕事が手につかなくて…連絡をして「脊髄軟化症の症状が出ていない」といわれると本当にホッとしました。入院2日目に、M君ママからお守りが届き、先生が病室に貼ってくれました。入院3日目に「少し食べムラが出てきました」と言われ、犬生で一回もごはんを残したことがない食いしん坊のミコが…と耳を疑いました。そして調子が悪いのかもしれないと不安になりました。ごはんは病院で用意したものを食べていたミコ普段食べているフードとトライプを持っていくことにしました。いつもパパと駅で待ち合わせをして面会に行っていたのですが、この日はパパが仕事帰りにブロッコリーを買って茹で、冷蔵庫にあったカボチャも持ってきてくれました。病院に着くと、ちょうどごはんを残しているミコがいました。先生にいつも食べているごはんを持ってきたと言うと食べさすように言われ、興奮しているミコの口に入れると、パクパク食べ始め、持って行ったごはんを全部食べました。先生に「いつも手作りですか?」聞かれたので、そうだというと「そのせいで食べなかったのですね…」と。入院時、緊急過ぎてごはんのことまで考えていませんでした。ミコはアレルギーが無いのですが、アレルギーがある子なら必ずごはん持参しますよね。でもこの食べるということはとても大切なことで、先生にも「食べれることは良い兆候」と言われました。この日以来、ミコのために毎日ごはんを運びました。夕方その日の夕ごはんと翌朝のごはんを持参。お弁当(ごはん)作りは楽しくて、昔好きだったTHE BOOMの『星のラブレター』の替え歌(今話題ですが)で、ミコにィ~会いに行くよォ~~ミコに会いに行くよォ~~と歌いながら、ぷぅちゃんに味見をしてもらいながら作りました!ミコも徐々に入院生活に慣れ、この頃から日中少し眠るようになってきました。前足だけで歩くので足がパンパンに張るので面会時にマッサージするように言われ、夕ごはんの後はマッサージをしてから帰っていました。会いに行くと大興奮で息が上がり、今は安静なのでちょっと心配になったのですが、先生からは「面会はメリットしかありません」と言われたので必ず会いに行きました。傷跡が直線ではなく半円のような形をしているので聞いてみると、直線だとひきつれて痛いので、わざと半円にしていると教えてくれました。入院4日目には手術をした院長が来て「まだ確実ではないですが、今の感じを診ていると脊髄軟化症は回避できていそうです。」といわれ、嬉しくて涙が出ましたが、「でも1週間後に急に悪くなった子も居るので、油断は出来ませんよ。」と、続けて言われました。それでもやっぱり嬉しかったです。排便コントロールが出来ないので、ウンコの回数が多いのでお尻が真っ赤に腫れあがっていました。先生も「麻痺のせいで肛門が出ているのと、緩くなっているので頻回にウンコが出る。都度洗っていてもただれてしまう。覆うともっとよくない」言っていました。そしてエラスポールと言う点滴もずっとしていました。最初に行った病院でも打った点滴先生に薬の効果を聞くと、脊髄の回復を助けるようなお薬といって、家に帰ってから調べると『炎症の連鎖を断ち切るお薬』と書いている獣医師のブログを見つけました。ステロイドは使用していなく、抗生剤の注射を打っていました。毎日お風呂に入る前に鏡を見ると、顔中にミコの毛がついているのがとっても嬉しかった入院5日目には優也と佳奈ちゃんも面会に来てくれて、ミコは大興奮でひっくり返るんじゃないかと思うくらいでした。初めて病院に行った日、心配でぷぅの写真の入ったお守りを持っていったのですが、どこに入れたか分からなくなっていました。何度も探しても見つからなかったカバンからポロンと出てきたので、病室にM君ママからもらったお守りの隣に貼りました。 入院6日目は日曜日で、面会が午前中までだったのですが、優也が面会に連れて行ってくれました。いつものようにベロ全開のミコが待っていて、おやつで持って行ったリンゴを野生丸出しで食べていました。看護師さんに「全然吠えなくておとなしくておりこうさんです。たまに目が合います。」と教えてもらい、触られるのが大好きなので、たまに触ってあげてくださいとお願いしました。入院7日目になると「術後約1週間なので前足に麻痺が出ていないので脊髄軟化症は大丈夫でしょう。そろそろ退院の予定を立てましょう。」といわれ、2017/1/18の夕方を目標に調整することになりました。先生から再度説明を受けました。「骨に穴を開けてその穴から飛び出したヘルニアを切除した。開けた穴も開いたままの状態。この先塞がることもない。」カルシウムなどを積極的に摂った方が良いかと聞くと、フードに含まれている量で十分だと言われました。ただウチはハーフ手作りなので、ヨーグルトなどで摂取しようと考えています。ミコがずっと打っているエラスポールの点滴を退院後も続けたいと話すと「魔法の薬ではないので意味はない。既にやめても良い時期に入っているが、まだ薬があるので明日くらいまでは点滴をするので十分である」と言われました。(後から調べると、人間でも14日以内しか打てない薬みたいです。でもヘルニアのあるご家族はこの薬の名前を覚えておくといいかもしれません。)先生から「もちろんリハビリは頑張って欲しいのですが、グレード5で脊髄の損傷もあり、ここまで回復して命(いのち)が助かったことだけでもすごい事。正直、あそこまで脊髄の損傷がはっきりとMRIに映っている場合は手術をしない判断をする状態であった」といわれました。入院8日目私たちを見て喜び過ぎてケージ内の水をこぼすミコごはんを食べ終わると抗生剤の注射を打つ。もうエラスポールの点滴は終わっていました。先生に術式を聞くと片側椎弓切除術(ヘミラミネクトミー)と言っていました。調べてみると腰椎椎間板ヘルニア手術では一般的な術式のようです。30分ほど面会をし、ミコをケージに入れるとまた水をこぼしてしまいました。先生に「ご家族が帰るとしばらく落ち着かなく遠吠えをしているので、落ち着いてからケージ内を整えておきます」といわれました。【2017/1/18】退院リハビリ方法《起立位》 普段4本足で立っている姿を10~20秒キープ 数回/日《自転車漕ぎ運動》 自転車を漕ぐように足を動かすパットを床に必ず着け、足を回すように大きく動かす普段足を動かしているのと同じ動き 20回/set 1日に数回「リハビリが出来ない日があっても自分を責めないように」と言われるお尻の周りは排泄のたびに洗って清潔にお留守番の時は仕方ない尿は排尿障害があるので、膀胱炎になりやすい膀胱炎になると汚れたオシッコが出て匂いもきつくなる排尿障害は、常に少しずつ出てしまう場合と自力で出せない場合がある圧迫排尿を憶えて出してあげるようにする朝、夕、寝る前の3回はやる1週間はゲージレストリハビリは1ヶ月続けて経過を診る1ヶ月の間に何らかの回復が診られない場合は車椅子やカートを検討する待合室で再会したミコの目標生きることごはんを食べること麻痺が出ないこと家での生活になれること一緒に寝られることオシッコが出ることリハビリで筋肉をつけること立てるようになること↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      88
      11
      テーマ:
    • 病気のお話の続きを書く前に…

      昨日はたくさんの応援ありがとうございます!!正直ブログに上げるかどうか迷ったのですが、みなさんからの応援が物凄いチカラになって今立っていられます。私がオリンピック選手なら確実にメダルを狙えるくらいのパワーが今の私にはあります応援コメントの他にも、お守りを贈って頂いたり、個人のInstagramやblogにミコを応援するpostを上げて頂いたり、同じ病気の体験談や排泄ケア、リハビリを教えて頂いたり…↑これ全部ぷぅと姉妹のひなちゃんの大ママからきっと全種類買い占めたんでしょうね!メールもたくさんたくさん頂きました。全部読んでいます!お返事少々お待ちください!!私はいつも『まいにちしあわせ』と思い込んで生活しています。思い込めば言霊となってそうなるんだって信じています。皆さんからの言葉にパパと『しあわせだねぇ~』と話しています。ちょっと私のダラダラとした文章が分かりづらいせいで、今のミコが分からないですよね。ミコは既に退院して、今は自宅で生活のリズムを調整中です。ただ抜糸までの1週間は安静と言われているのと、今は全く動かない後ろ足のリハビリ、トイレのリズム、オシッコ出しが今の課題です(後ほど書きます)↑手舐め防止のほっかぶり姉さんに見守られていますそしてミコのお陰で思いがけずお休みが出来たので、先生に言われたことを忘れないように書いていたノートを見ながらブログに書いています。10日前までは毎日毎日泣いていました。24時間常に泣きそうでした。仕事中も突然涙が出るので「眠い」と誤魔化していました。全てを瞬時に決めていかなくちゃいけないし、生活もあるし仕事も待ってくれないし・・・ミコのその日の記録を書いて、病気や投与されている薬を調べたりしていると毎日夜中になりました。パパのお仕事が繁忙期なので、通常3時に起きて仕事に行きます。仕事が終わるとミコのお見舞いに行きました。ぷぅも4年ぶりにひとりでお留守番していたのですが、日に日に元気がなくなるのが分かりました。↑ミコ用に準備したケージで眠るぷぅちゃんもう十分心が折れているのに、更に折れていきました。でもパパに「絶対に弱い心を持つな。弱い心は病気につけこまれるぞ。」と言われ、悪いイメージが浮かんだときは、『フッ!!』って息を吐いて、悪いイメージを吹き飛ばしていました。取り留めのない内容になってきたのでここら辺でこの話はおしまい後ほど入院生活のブログを上げます!↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      78
      5
      テーマ:
  • 19 Jan
    • ②ヘルニアグレード5『選択肢は3つ』

      2017/1/10我が家の大切な命(みこと)が椎間板ヘルニアグレード5発症進行性脊髄軟化症疑い16:00 緊急手術いのちは助かりましたが、下半身に麻痺が残りました同じ病気で苦しんでいるお友達のためまた同じ病気にならないために今日までの経過をここに記載します詳しく書くので文字数はかなり多めですいきていることがほんとうにしあわせ--------------------------------続きです【2017/1/10】4:00 パパが仕事に行くのをちゃんと見送る「病気に負けるなよ!」とパパに言われるとペロッと顔を舐めた検査があるのでいつもパパに貰うクッキーはお休みパパが仕事に行くと20時間以上ぶりにオシッコが出た!楽になったのか1時間くらい眠る呼吸安定ミコの息が聞こえる距離で私も眠りました 6:00 朝ごはんを準備しているといつものように喜んでいるミコ検査があるからミコは食べれないので、ぷぅにこっそり食べさせようとしたのですが、ミコのそばを離れられなく、いつもの場所にぷぅのごはんを置くぷぅが食べ始めると、自分は当たらないと分かったのかそっぽを向いて見ないようにしている食べ終えたぷぅがミコに近づくとムキムキと怒っていた脊髄軟化症はヘルニアグレード5と診断された子の3~11%が発症とネットに書いてありましたこんなに元気なミコがその中に入ってるかもしれないなんて本当に信じられませんでした8:30 麻痺してから出来なかったブルブルと体をゆすることが出来た8:40 佳奈ちゃんが迎えに来てくれてオムツを履かせ行く準備をするぷぅが自分も行くと騒ぎ、無理やりドアを閉めストッパーで塞ぐ中で暴れている音がした9:00 かかりつけ病院院長受診通常の診察は10時からですが、緊急事態なので診療してくれた膝をハンマーでコツンと叩き反応を診る反応良く動いている(これが良いのか悪いのかは確認しなかった)院長から「僕の同級生に腕のいい神経専門の獣医がいるから今から行きなさい」といわれたそして「支払いは要らないし、時間がないから紹介状はメールで送っておくので直ぐに向かいなさい」と言ってくれた10:00 神経の病院到着10:20 院長受診ミコを床に置いて動きを確認その後診察台の上で触診オシッコがたくさん出てきた体重8.9kgスコアシートのようなものに現段階のレベルを書く後ろ足はほとんどゼロだけど前足は数字が入っていた足の指を1本ずつ鉗子でつねって反応を診たが、左は少しだけミコが首を傾げたが右は無反応昨日まであった指先の感覚が無くなっている背中も鉗子でつねってどこまで反応があるかを診る肛門の反応も診るこの時点ではまだ肛門の収縮はあるここまでずっと無言で診察検査をするので廊下で待つように言われる レントゲンを見ながら説明犬は頭から肩にかけての頚椎は骨が7個、肩から腰にかけての胸椎は骨が13個、腰から尻尾にかけての腰椎は骨が7個ある(画像はネットから引用)頭の方を先頭に1番2番と呼ぶミコは頚椎の6番7番と胸椎の1番2番の骨がつぶれてくっ付いているようにみえる同じように胸椎と腰椎の骨のつなぎ目もくっ付いているようにみえる「フレブルは10頭いたら9頭、もしかしたら10頭いたら10頭骨が奇形の犬種である。この子が特別ひどい奇形というわけではない。背骨が曲がってる子もいる。この子レベルの奇形の子はたくさんいる。」と言われる何万頭と診ている先生がいうのだからそうなんだと思う「フレンチブルドッグはそういう犬種で、奇形がありながらも骨のバランスを取っているが、何かの拍子でそのバランスが崩れると、一気にヘルニアが進行する場合がある」といわれたヘルニアによって脊髄が圧迫され、脊髄の流れが悪くなり麻痺が起こる(画像はネットから引用)脊髄の圧迫を取ってあげると改善することもある紙に書きながら丁寧に説明してくれるヘルニアのグレード5選択肢は3つ①MRI検査をしてそのまま手術 グレード5である以上、麻酔のリスクとかを考えている余裕はない手術をしても、命(いのち)が助かるかは50%犬の場合、脊髄の損傷が激しいと圧迫を取り除いても損傷が広がり、脊髄全体が溶けるように軟化していく脊髄軟化症になる治療法は見つかっておらず、徐々に体中に麻痺が広がり、前足も動かなくなり、肺を動かす筋肉も動かなくなり、呼吸が出来なくなり死に至るまた術後、脊髄軟化症が回避されても、歩けるようになるかは50%以前のように歩けるようになることは難しい立てるレベル、オシッコが出来るレベルなどいろいろフレブルの場合は手術をしても歩けないことがほとんど②MRI検査後、検討して手術フレブルは骨の奇形が多いので、手術前に検討が必要になる可能性があるその場合は一度自宅に戻り再度日程調整③MRI検査のみで自宅に帰るMRIで既に進行性脊髄軟化症と判断できた場合、手術はせずに自宅に戻る 今回の麻痺はやはり馬尾症候群ではなくヘルニアによるもの通常のヘルニアは悪くなってある程度で進行が止まるが、ミコの場合は短時間でどんどん進んでいるので、先生の経験からみても厳しい状況で、かかりつけ病院同様、進行性脊髄軟化症を疑うと言われる血液検査の結果は異常なし11:00 ミコを残し一度自宅に戻るように言われる 自宅に着くとぷぅがミコを探しているのが直ぐに分かったぷぅはミコのことが大好きだから仕方ないミコを包んでいた毛布の上で眠り始めるぷぅミコが汚してしまったものを全て洗う帰ってきた時にキレイな毛布でゆっくりさせたいミコはキレイ好きで、ウンコが出るといつもすごいアピールをしてくる麻痺が出てからもウンコが出ると鼻息で教えてくれて、ヒョコヒョコ動いてウンコから逃げていただからキレイな毛布じゃないと休めない13:00 かかりつけ病院にお礼の電話をする職場に明日も休みたいと連絡をしたら「(私の名前)さんにとっては我が子と同じ。出来るだけそばについててあげてね。」と快くお休みをくれた14:00 ミコが帰ってきたら看病があるので少し寝ることにした15:00 パパ帰宅 一通り説明15:40 神経の病院から連絡「腰椎の1番2番が完全にヘルニアになっていて、きっかけはこの1番2番。ただなぜか4番の上の脊髄が損傷し麻痺が出たと思われる。4番の脊髄がどの程度損傷しているかによって今後は変わっていくが先ずはこのまま手術をします」手術をしないことには何も始まらない!初めから選択肢は①しかなかった手術をしてもらえることが本当に嬉しかった麻痺が出てからここまでおよそ30時間72時間以内はもちろん回避出来たし、48時間以内なのも嬉しかった!直ぐに帰ってこれると思っていたので、ミコを迎える準備をすることにした 18:00 病院からの連絡が待ちきれず電話をする「まだ手術中です。まもなく終わると思うので、終わったら院長から連絡をします」と言われる18:30 院長から連絡「ヘルニアは綺麗に取り除けました。まだ目が覚めていませんが面会は出来ます。」と言われ慌てて病院に行く19:00 病院着既にベロを出して起きているミコがいる院長から説明腰椎の1番と2番の間にヘルニアがあり、脊髄を圧迫している(左◯)4番の上にある脊髄が白く映っていて損傷していることが分かった(右◯)(『脊髄軟化症画像』とネット検索するとこの白い部分がもっと広がった画像が出てきます)ただし4番の骨は異常がなくヘルニアもなし原因は分からないが、1番2番のヘルニアが影響して4番の脊髄が損傷したものと考えられる・ヘルニアは良くなったが歩けるかは不明・リハビリをしてもどの程度回復するかも不明・フレブルは前足の筋肉が発達しているので、逆立ちをしながらも歩く子がいるので、車椅子を使って走ることが出来るようになる可能性はある・これから脊髄の損傷がどの程度進むかも不明・心臓は問題なし以上が先生に言われた説明 薬で何とかならないのかと聞くと、回復するようなお薬は入れているが、どこまで回復するかは分からないといわれる前足に麻痺が出てくると脊髄軟化症の可能性が高い1週間進行が診られなければ恐らく大丈夫ただし今日良くても明日が悪くなることもあるので油断は出来ない状況と言われるこのまましばらく入院となる 術後30分と思えないくらいミコは元気で、長い舌を出しながら、興奮して私たちを見ていました私たちが来ると前足でグイグイやってきて本当に可愛かった!もちろんぷぅも行きました!こんなに元気なのに、まだ脊髄軟化症の可能性がぬぐえないのが信じられませんでした背中の大きな傷が痛々しい続く↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      76
      9
      テーマ:
    • ① 病気のはじまり

      【2017/1/10】我が家の大切な命(みこと)が椎間板ヘルニアグレード5発症進行性脊髄軟化症疑い16:00 緊急手術いのちは助かりましたが、下半身に麻痺が残りました 同じ病気で苦しんでいるお友達のため、また同じ病気にならないために今日までの経過をここに記載します詳しく書くので文字数はかなり多めです いきていることがほんとうにしあわせ -------------------------------- はじめは小さな違和感でした 【2017/1/7】夕ごはんを用意している時、いつものようにじゃれ合うぷぅミコ急にミコが遊ぶのをやめて私のそばに来るごはんを食べて直ぐ私の足に擦り寄ってくるミコが好きな撫で撫でをするといつもなら、ピンと後ろ足を伸ばすのに伸ばさない抱っこするとペロペロ舐めて小さく震えているような気がするミコが私を舐める時は何か助けを求めている時ヘルニアだったら嫌なので直ぐにステロイドを1錠飲ますパパがしばらく抱っこすると落ち着いたように見えた  【2017/1/8】朝ごはんの時ステロイド0.5錠飲ます 11:00 かかりつけの病院受診レントゲンの結果、馬尾症候群と診断 『先天性ではなく日々の生活からなる老化みたいなもの』と言われるそして馬尾症候群は足の麻痺が出にくいと説明を受け、痛み止めで様子を見ることになる診察中のミコを助けたくて、ぷぅがミコを抑えている私を2回噛んだステロイドを朝に飲んだため、非ステロイドの痛み止めの注射を打つことができず、夕ごはんから痛み止めを飲むことになる自宅に戻るといつもと変わりない感じで、昨日出来なかった足をピンと伸ばした状態で寝ていたので、それほど心配していませんでした  馬尾症候群は、以前お友達のブログに詳しく書いてあったので知っていましたし、麻痺が出にくいという院長の言葉に安心していましたむしろ『老化』と言われたことに失礼だなぁ~と思っていました  【2017/1/9】7:30 トイレでいつものようにオシッコをした後、お座りの体勢がいつもより少し前屈みなのが気になりパパに電話   仕事を急いで終わらせて帰るので直ぐに病院に行こうと話す9:20 ミコが立ち上がった時、右足が麻痺しているのに気づく足をナックリングさせると戻らないパパに電話し、直ぐに病院にも電話院長不在のため、副院長を受診することになる ヘルニアは時間との勝負だと聞いていたので、時間を確認することにした 10:00 左足も麻痺(最初は3本足で立っていた)10:30 ミコの名前を叫びながら腰の辺りを撫でているとウンコが自然と出てきた 10:40 パパが帰ってきて「ミコ!病院行くぞ!」と気合を入れるみたいに言った 私は泣きながらミコを抱っこしていたけど、パパの言葉でスイッチが入った 11:00 病院着 12:10 診察 馬尾症候群からではなく、恐らくヘルニアから来ていると言われるハサミのような鉗子で何度もミコの背中をつまむ 後ろ足が立つ事は出来ないが指先の感覚がまだ残っていたヘルニアグレード3~4本来なら手術するレベルではないが、進行の速さから『脊髄軟化症』を疑うと言われるただ脊髄軟化症だと肛門の収縮もなくなるが、ミコはまだ収縮がある 神経に強い病院を紹介すると言われ先方に連絡をしてくれたが院長不在 院長しかMRIが撮れないため、翌朝9時に再度かかりつけ院長に受診し、その後の治療方針を決めるといわれる 強めのステロイド注射を2本足が動かないので、擦れたりぶつけたりした時の炎症を抑えるエラスポールという点滴を打つ点滴の途中でミコが鳴きだし、先生が圧をかけて一気に入れてくれたが全部入れることが出来ず途中終了 朝起きた時にオシッコをしてからしていないので、確認してもらう膀胱にオシッコがさほど溜まっていないらしい一応、圧迫排尿の方法を聞き自宅に戻る  2年前、抱きかかえるとどこかを痛がる『抱きキャン』で同病院を受診その時もレントゲンを撮り、強く触って確認したが痛がる様子はなく、グレードもつかないほどのレベルと言われましたそれでもベッドとソファーを捨て、食事を見直し、ノイロビタンというビタミン剤を1日1錠飲んでいました抱く時は体を床と平行にして必ず両手で抱えるようにし、血流を良くするためのマッサージや鍼灸もしていました それからは、年に1回『抱きキャン』がある程度(都度受診)で安定していると思い込んでいました  直ぐに優也と佳奈ちゃん(息子夫婦)がきてくれて、明日の病院に佳奈ちゃんが一緒に行くと言ってくれました「ママがミコを抱っこしてなるべく動かさないで病院に行けるように」との優しい言葉に本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました 優也と佳奈ちゃんにミカンをもらい、足は動かない以外は普段と変わらない食いしん坊なミコ 『脊髄軟化症』については、なってしまったお友達のM君がいたのである程度のことは知っていましたそして「これだけにはなりたくない!」と思っていた病気でした改めて調べると全く良いことが書いていなく、不安と恐怖がどんどんやって来て、その不安と恐怖を口にすることもおぞましくて、本当に苦しかった 元々ちょっとでも体調に変化があれば『北見のママ』こと犬舎のママには相談していましたもちろん今回も直ぐに電話しましたこれからこの病気と闘うためには、北見のママは絶対に必要な存在なので電話しました電話のむこうで北見のママが泣きながら 「丈夫に生んであげられなくてごめんなさい」 と絞り出すように言いましたみなさんもご存知の通り椎間板ヘルニアは遺伝性はありません!先天性疾患と遺伝性疾患について→☆☆☆先生からもはっきりと遺伝ではありませんと言われました(詳細は次のblog)それでも『ブリーダーとして忘れてはいけないこと』と重く受け止めていました 16:00 調べると不安になるのでミコと同じ病気から克服したM君ママに連絡ネットで病気のことを調べるのをやめるように言われ、M君のように助かった子が実際に居ること、当時の様子、手術の話、処置内容を教えてもらいました『絶対大丈夫』って気持ちをしっかり持つように励まされ少し落ち着きました パパに犬用のスポーツドリンクを買ってきてもらい、夕ごはんは、フード25g、鳥ササミ、ラム肉、トライプ、キャベツ、サツマイモ、カボチャ、ヨーグルト、りんご大好きなものを全部食べさせました 屈めないのでスプーンで私が食べさせました    ミコもモリモリ食べてくれてあっと言う間に完食!食べた後はしばらく息が荒く心配になりました  M君ママが「ウンコはどんどん出てきてしまうよ」と言っていた通り、30分ほどで柔らかいウンコが少しずつ自然と出てきましたある程度ウンコが出ると息がおさまってくるオシッコが出ないのが気になり、病院で教えてもらった圧迫排尿を試しましたが出てこないし嫌がるのでやめました  犬用のエナジードリンクを飲ませ、この日はリビングでミコとふたりで寝ることにしました私の姿が見えないと直ぐにケージから出てきてしまうミコ  20:30 寝る準備のために寝室にお布団を取り行くと廊下までヒョコヒョコと追いかけてきていたのです!「ミーちゃん歩いちゃダメ」と抱きしめながら大泣きしました ミコが出てこないようにぷぅちゃんに番兵をお願いしました ぷぅも心配なのかずっとミコのそばに居てくれました  21:00 少しだけオシッコが自然に出る22:30 同じ体勢が辛いのか何度も体勢を変え、寝てくれない ケージに入れても出てきてしまうので、いつものようにお布団に入れると安心したのか眠り始めました   30分に1回のペースでウンコが少しずつ出てくる ウンコの度に肛門の収縮を確認収縮があると本当に嬉しかった 続く  ↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBY るぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板 こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      61
      11
      テーマ:
  • 18 Jan
    • 明日からのblogの前に…

      13
      テーマ:
    • 興味の対象

      ぷぅちゃんは… 掃除機にも…  コロコロにも…  興味がありません まぁ掃除しやすいっちゃしやすい 興味があるのはコロコロのケース  と、 寝ているミコ      ↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBY るぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板 こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      59
      テーマ:
  • 17 Jan
    • トゥルントゥルン

      空気が乾燥しているからか洗濯物もよく乾くわぁ〜〜そしてミコたんのお鼻も少し乾燥気味…カサカサお鼻は膝と肘がカサカサなのと一緒よ↑ぷぅミコママ説ぷぅちゃんはしっとりしてるのに…カボチャも食べてるんだけどなぁ…ワセリン塗ろうか『美味しいでちか』塗っても舐めちゃダメだよ頑張って堪えてました目指せぷぅちゃんのしっとり鼻↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      60
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 予感

      昨日もプロパウザーお散歩行ったよーーお友だちの名刺(オシッコ)チェック3枚お友達の名刺があったので、入念にチェックした後、ちょっと離れた場所にぷぅちゃんの名刺も置いてましたそぉそぉこの後、見事な一本をしたのですが、ちょっとだけ雪深いところにしたからかが立ったのなんかいい事あるかなぁ〜〜↑茶柱と間違えてる人今日はパウダースノー足跡も可愛いでしょぷぅちゃんが急に駆け出した慌ててついていくと鳩🐦なんかいい事あるかなぁ〜って土鳩だ…鳩がいたお宅の前に素敵なかまくら見つけたよぉ〜入ってみたかった今度ミコたんも一緒に見に行ってみようね↓BUHIひろばにポチ忘れないでね次回のセミナーについてはコチラ溺愛セミナー(アメンバー限定のため申込には申請が必要です)ぷぅミコのInstagramはコチラportebonheurKOBUTAママのオサレェ~なお洋服が欲しいならコチラCHUBBYるぅすぅパパのおるす板はコチラおるす板こちらも見てねFRENCHBULLDOGLIFE

      59
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。