『赤ちゃんの夜泣き対策』無料メール講座~全6回
  「赤ちゃんの眠り」の特徴や発達についての知識を、わかりやすくお伝えしています★・・・  ご登録はこちらから

 読者登録、大歓迎です^^
※ 記事へのリンクやブログのご紹介もご自由にどうぞ★
※ 現在、コメントやメッセージでいただく個別相談にお答えする時間的余裕がありません。お返事もできておりませんのでご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月02日(月) 15時49分14秒

日本発達心理学会@北海道で話題提供をさせていただいてきました★

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
● 日本発達心理学会@北海道で話題提供をさせていただいてきました★

こんにちは。
赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子です^^

今日は珍しく、大学院+研究のお話。

昨年度、東京大学の教育学研究科で、「発達保育実践政策学センター」(通称:Cedep セデップ)という、保育について考えるセンターが立ち上がりました。

私もその、東大の教育学研究科の博士課程の学生。
そして、昨年度立ち上がったセンターから助成を受けて、母子の生体リズムと心理状態の研究を進めさせていただきました。


今回、そのセンター主催の自主シンポジウムが、日本発達心理学会で開催され、その話題提供者として、15分ほどお話させていただいてきました!!




会場は、北海道大学♪


これまで本当にごくわずかですが、学会発表をさせていただきましたが、シンポジウム形式(話題提供者+指定討論者)での話題提供は初めて。


何度も受講側としてはこういった形態のものを見ていたはずですが、実際、発表する側にまわると、いかに経験のある先生方がすばらしく、頭が切れるか、感動して帰ってきました!!

指定討論を担当する先生方は、その分野の研究にも精通しており、非常に名の通った方が選ばれるわけですが、

長年の知の蓄積と、今聞いたことを、瞬時に頭の中でまとめ、的確なコメントや質問を返す、その能力。

あまりに驚いたのと、また、これまで自分がいかにポケーッと学会に参加していたかを思い知らされました><



それはさておき、私の発表内容ですが、「子どもの睡眠発達からみた 保育者の専門性」ということでお話をさせていただきました。


他の話題提供者3名は、しっかりと自分の研究をベースにした報告だったのですが、私は保育の始まる前の母子を対象として研究をすすめており、「保育」に特化した発表ができず、

考えあぐねた結果、博士課程での研究を少し紹介+赤ちゃんの眠り研究所の活動で聞こえてくるママや保育士さんの現場の声を紹介させていただき、問題提起をさせていただくかたちをとりました。


内容の主なものは、いかに、保育士養成の中で、子どもの睡眠を学ぶ機会がないか、また、年長児のお昼寝の要・不要について。

保育現場では、「寝かせたい保育士 vs 寝ない子ども」さらに、「就寝時刻の遅さを親のせいにする保育士」 vs 「就寝時刻の遅さを保育園のお昼寝のせいにする親」 バトルが繰り広げられており、日ごろ講座をさせていただく中でも、保育園ママからの相談が非常に多い内容になっています。


一部には3歳以降はお昼寝をしない園や、お昼寝の時間だけ4,5歳児をまとめて、一方の部屋はお昼寝部屋、もう一方は起きている子の部屋といった工夫をしながら、個別性に対応している園もあります。


こういった園や保育士さんの各園児への対応や工夫は、睡眠発達を知っているか否かで、大きく異なってくるでしょう。


乳幼児の睡眠発達は、発達の面でも個別性が高く、また、各家庭の事情によっても柔軟な対応が必要になってくる部分です。


保育研究や保育の現場では、「お昼寝をするのが当たり前」という風潮があって、研究自体も少ない上、そこに疑問を感じないままに保育を行っている園もまだまだあります。


いずれ、Cedepのホームページから、今回の発表内容のスライドが見られるようになるそうですので、保育に関係している皆さまに見ていただけたら嬉しいです。


今後、このCedep(発達保育実践政策学センター)は、日本の保育の質の改善にとって非常に大きな役割を担っていくだろうと感じます。

何せ、センターの名前が、国の「政策」にも口を出すぜ!と宣言してますし^^; スゴイ!

私はセンターの中の人間ではありませんが、本当に期待しています!

がんばれ! Cedep!!



にしても、北海道、寒かった~~~T T
4月29日に現地入りしましたが、30日には季節外れのあられも降ってきて、私にとっては真冬でした~><

最終日の5月1日は晴れて気持ちのよいお天気に♪

えんちゃん(小3)も一緒に行って、いい思い出になりました★
(広~い北海道大学のポプラ並木の下、コロコロを押してくれています♪)







※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。
AD
いいね!(113)  |  リブログ(0)
2016年04月27日(水) 11時28分51秒

保育園に行きだしたら夜泣きが始まった><

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
● 保育園に行きだしたら夜泣きが始まった><

こんにちは。
赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子です^^

先週は、水曜に自主開催の赤すや講座(赤ちゃんと一緒にすやすや安眠講座)。

木曜には、江東区では再度、一緒に遊ぼう会の秋田さんが主催してくださり、今回はおもしろいコラボが実現しました♪

そして、土曜日はパラノス会の皆さんが主催してくださり、宇都宮に伺ってきました!!


講座三昧だった先週なのですが、大変申し訳ないことに、その前々週にひいた風邪で喉を傷めてしまい・・・
体調自体はもうすっかり戻っていたのですが、喉の奥が乾燥する感じを引きずっていて、

そんな中の赤すや講座。

講座中は何とかもったものの、質問時間に咳が頻発。
本当にご迷惑をおかけしましたm(_ _ )m

そしてさらに、翌日起きたら、「こ・こ・声が出ない・・・><」


江東区と宇都宮の講座では、セクシーなハスキーボイスどころか、最後にはおっさんのささやき声みたいな声に・・・T T

講座を受けてくださった皆さんには、本当に申し訳なかったです。

こんな不完全な状態なのに、いただいたアンケートには、皆さんからの苦情なんて一切なく、感謝の言葉がたくさんT T

本当にありがたいT T

今度お会いするときには、万全な状態でお会いしたいです!!(もちろん、眠りの悩みは減っていることを願ってますが)
本当にすみませんでした。

===========

そんなこんなの、先週でしたが・・・

時期的にも多かったご相談が、「保育園が始まってから、よく起きるようになった・寝つきが悪くなった」といったもの。


私たち団体では、眠りには「安心感」が大切だと伝えています。

睡眠は非常に心の状態を敏感に反映するんですね。

大人の私たちでも、ちょっと心配なことがあると寝つきが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりという経験をしていると思います。


保育園が始まると、赤ちゃんや子どもの場合、あまりよくわからない状況の中、突然生活が変わるのですから、睡眠が不安定になるのも仕方ありません。

でもこれがずっと続くのではなく、保育園が「日常」に溶け込んでいくにつれて、睡眠も安定していくので、心配はいりません。


親にできることは、赤ちゃんが寝つきが悪かったり、夜中に泣いて起きたとしても、慌てず騒がず、いつもと変わらない親でいてあげること。

一緒になって起きて、泣きやませようと頑張る必要はありません。

ママは寝転びながら、そっと手を伸ばして赤ちゃんに触れるくらいでOK。

そして、寝る前にはたっぷりスキンシップをとって、お話できる子の場合は、今日の話を聞いてあげて。

そういった安定した家庭での生活が、新しく入ってきた習慣を受け入れやすくしていきます。

新しい生活、状況が理解できる大人でもすぐに慣れることはできません。

赤ちゃんもそんな感じなんだな~と、見守ってあげてくださいね^^

===========



各講座の報告をスタッフブログでしてくれています^^ ありがたい!

講座に行ってみようかな~どうしよかな~と思っている方はご参考にどうぞ。


第5回 赤ちゃんと一緒にすやすや安眠講座

すごく何回もやっていると思っていたけど、まだ5回なんですね><
もう少し定期的にお届けできるよう、ちょっと頭をひねり中です。しばしお待ちを。


一緒に遊ぼう会主催 江東区コラボ講座

カラダオーケストラ® の関口満紀枝さんとご一緒させていただきましたが、ものすご~~~~~く、いい時間でした♪ 女優で芸人の満紀枝さん。すごい人です><

午前は私のまじめ~な講座、午後は、体をめいっぱい動かしながら声を出し、ほっぺたが痛くなるほどの大笑い。
もうママたち、帰る頃には、はちきれんばかりの笑顔・笑顔・笑顔!!!

実際いただいたご感想も非常によく(一緒に遊ぼう会のブログに載せてくださってます♪)、睡眠の講座と体を動かす講座の相性のよさがよくわかりました^^

次回のコラボも決まりましたよん♪嬉しいっ♪♪
しかも、あからぼ認定講師の小関さんとカラダオーケストラ®の橋本さんとで、練馬方面で開催してくださいます★
また日程等が決まったら、このブログでもご紹介させていただきますね^^ 


パラノス会主催 宇都宮講座

「パラノス」というのは、フィンランド語で「改善・向上」の意味があるそうです。宇都宮の産後ケアのNPO法人「マドレボニータ」で集まったママたちが立ち上げた会で、今回が初の講師を呼んでの講演会だったとのこと。

そんな記念すべき第1回に呼んでいただけて、とても嬉しかったです^^

宇都宮、私にとっても初お伺い!
一駅離れた雀宮という駅から、会場まで送り迎えをしてくださったのですが、宇都宮駅の近くなのに、非常にのどか~♪

麦畑がそこここに青々と広がっていて、素敵なところでした♪

宇都宮のママ・パパさん45組の方がいらしてくださり、土曜ということもあり、パパ参加が多かったのも嬉しかったです★




ゴールデンウィークは、北海道で開催される日本発達心理学会に、自主シンポジウムの話題提供者として参加してきます^^


持ち時間は12分と短いですが、「子どもの睡眠発達からみた 保育者の専門性」というタイトルで、今の日本の保育の質を考えた場合に足りない「睡眠発達」の視点をお伝えしてきます。

具体的には、年長児のお昼寝問題について、睡眠発達と保育士養成の制度的側面からお話させていただきます。

この話題提供としての発表は、東大の博士課程で研究する者として+赤ちゃんの眠り研究所の活動としての両側面での発表。

日本の中でも非常に大きな規模の学会でお話する機会をいただけ、本当に嬉しいです★

日本の育児環境が少しでもよい方向に向かうよう、心を込めて伝えてきたいと思います!!

それまでに喉が治っていますように・・・(祈)



※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。
AD
いいね!(59)  |  リブログ(0)
2016年04月20日(水) 08時51分14秒

明日は江東区で赤ちゃんの眠り講座★ まだお申込みできます^^

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
● 明日は江東区で赤ちゃんの眠り講座★ まだお申込みできます^^

おはようございます。
赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子です^^


今日は、桜木町での「赤ちゃんと一緒にすやすや安眠講座」です♪

出発前に一つご案内をば。


明日は、江東区で講座をさせていただきます★

しかも、午後はカラダオーケストラ® の満紀枝さんとご一緒させていただきます♪

満紀枝さん、お美しいのに(のに、であってる?)、ものすごく面白いお方!!
是非、皆さんにそのパワーを受け取ってほしいと思います^^


カラダオーケストラ®って何? という方は、ご案内を見てみてくださいね★

赤ちゃんの眠りに悩んでいる方ももちろんですが、日々の育児のストレス発散や、赤ちゃんとの遊び方に困っているママにもおすすめです!

詳細はこちらから


では、今日の講座に行ってきます^^



※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。
AD
いいね!(44)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。