『赤ちゃんの夜泣き対策』無料メール講座~全6回
  「赤ちゃんの眠り」の特徴や発達についての知識を、わかりやすくお伝えしています★・・・  ご登録はこちらから

 読者登録、大歓迎です^^
※ 記事へのリンクやブログのご紹介もご自由にどうぞ★
※ 現在、コメントやメッセージでいただく個別相談にお答えする時間的余裕がありません。お返事もできておりませんのでご了承ください。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年08月23日(火) 08時00分00秒

NHKすくすく子育て「寝かしつけ大作戦」を見ての補足。

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
● NHKすくすく子育て「寝かしつけ大作戦」を見ての補足。

こんにちは。
NPO法人 赤ちゃんの眠り研究所の清水です^^

昨日の横浜は、台風で大荒れでした><
まだ今日も北海道方面は大変なようですので、お気を付けくださいね。


8月20日放送のNHKすくすく子育て「寝かしつけ大作戦」を見て、皆さんはどんなことが印象に残りましたか?


世の中の反応を見てから、何か必要な補足を…と思ったのですが、私の調べ方が悪いのか、あまり反響が見当たらない…^^;


とは言え、放送内容は、赤ちゃんの眠り研究所の講座等でお伝えしているものと、少し異なる部分があるため、
これまで講座を受けてくださった皆さんの中には疑問を感じている方もいらっしゃるのではと思い、少し書かせていただくことにしました。


私たち団体からの発信では、寝かしつけには「なるべく手をかけないこと」を推奨しています。

それは、「寝る」という行為は、お母さんが「寝かせる」のではなく、赤ちゃんが主体となって、赤ちゃん自身が「眠る」という判断をすると考えているから。


お母さんは催眠術師ではなく、赤ちゃん自身が安心して眠りやすいように環境を整える、生活コーディネイターであってほしいなと思っています。


今回のすくすく子育て「寝かしつけ大作戦」の中で、いくつかネット上で見つかった視聴者の方の感想は、

・周りに寝ない子がないので、みんな悩んでいるんだと思えただけで安心した
・毎日同じことをするのが大事なんだ
・夜泣きが発達に影響がないってわかってよかった
・うちは添い乳がやめられないので、そのままでいいかな
・抱っこでの寝かしつけ、やってみます!


と、こんな感じでした。


私は正直、放送を見て、明日から抱っこでもくもくと歩き続ける寝かしつけをされるママが激増するんじゃないか… という危惧を抱きましたが、そこまでの反響ではなかったのかな?


スタジオ収録は30分という短時間ではないので、輸送反応を利用した寝かしつけの効果や注意点について、理化学研究所の黒田先生もしっかりお話されていましたし、放送にも一部入ってはいましたが、

私が心配に思ったのは、「うまくいかなかったときに、そのママはどうするだろうか」というところ。


放送では、「10分以上は続けないこと」という注意点がありましたが、10分歩いたときに赤ちゃんが眠そうにしていたら、やっぱりなかなか抱っこからおろすことはできなくて、またひたすら歩き続ける。

また、5分で寝たとしても、抱っこからおろしたら泣き始めたから、また最初からやり直し・・・そしていつの間にか、何十分も歩き続けてしまう・・・


うまくいかなかったときに、「ああ、うちの子はこの方法では寝てくれないんだな」と潔くあきらめるママはいいのですが、

「この方法がいいって、テレビで言ってたから、これで寝るはず」と続けてしまうと、また寝かしつけの負担が非常に強くなると思います。


黒田先生からも、うまくいかなかった場合は…とか、月齢の小さいときに落ち着ける方法であって、最終的には布団で寝られるようにして言った方がいいということも、スタジオではお話されていました。

私も、輸送反応という生理的な反応がなくなっていく月齢の高い子にはどうしたらいいのかという話もさせていただきましたが、30分番組の中にはそういった補足的な話は入れられないですもんね><



「寝かしつけ」というと、どうしても、「短時間で」「無理なく」「パッと」寝てくれる魔法を探したくなってしまいますが、

そもそも、「寝かしつけ」は、赤ちゃんが安心して眠れるように促していくための母子で作る「習慣」です。



あからぼのスタッフブログで、事務局のみっちゃんが、私の気持ちを代弁してくれていました。

物事の本質がどこにあるのか。
考えるきっかけになるといいなと思います。



そして一方で、私たちの活動への課題も見えてきました。


情報提供だけではダメ。

それでうまくいく人はごく一部であって、眠りに悩むママたちと一緒に、専門家と二人三脚でその子の睡眠改善に取り組む仕組みを作っていかなくては。



番組の中で、「専門家に相談を」という言葉が出ましたが、日本で赤ちゃんの睡眠をちゃんと見てくださる病院は、本当に少ないです。

しかも、標榜している「科」の名前がわかりにくかったりして、どこに受診したらいいのかもわからないのが現状。


専門家って、どこにおんねん?(大阪出身なもので…)

そんなモヤモヤを抱えていた中・・・


8月21日(日)は、私もお世話になっている「子どもの早起きをすすめる会」の早起きコーディネイター講習会でした。


私も僭越ながら、赤ちゃんの眠り研究所の活動報告をさせていただいてきました^^



貴重な機会をいただき、ありがとうございました!


でその講習会のスペシャルゲストで、東京北医療センターの宮田先生が、イギリスで子どもたちの睡眠改善の取り組みを行っている団体『 Sleep Scotland 』を紹介してくださいました。

伝えている内容や対処法が、私たち団体と非常に似通っていて、驚くと同時に、ものすごく勇気をいただきました!!!



その団体は、医者ではない者が主体となった活動であり、活動を始めたGwenさんは、わが子の眠りに悩んだことがきっかけのママ。(あれ?うちの団体と一緒?^^)

にもかかわらず、イギリス全土に広がり、「子どもの眠りに悩んだら、あそこに行くと専門家が相談に乗ってくれるよ!」というふうになっています。(ここがまだまだうちは…)


専門家が医者である必要はない!

Sleep Scotland のような立場に、私たち赤ちゃんの眠り研究所もなれるよう、がんばっていきたいなと、心から思った次第です★


日本の子どもに関わる現状は課題が山積ですが、自分たちのできるところから、一歩ずつ進めて、私たちの子どもにいいバトンをつないでいけたらいいなと思います^^



≪現在お申込み可能な講座≫

詳細はリンク先の内容をよくお読みいただき、お申込みください。


● 第8回 赤ちゃんと一緒にすやすや安眠講座
  8月29日(月)@桜木町 担当:認定講師・岩本実加

  ※赤ちゃんの眠り研究所主催の講座です★ 
  ※定期的に開催してきた講義形式の講座ですが、時代の流れも加味し、一旦この回でお休みさせていただき、よりよいかたちで赤ちゃん家庭をサポートできるよう練り直し、秋以降、新しいかたちで提供させていただきたいと思っています。なお、まだ秋以降の講座の開催時期は未定です。


● 第7回 育児支援者向け:乳幼児睡眠1日集中講座
  9月10日(土)@桜木町 担当:代表・清水悦子、外部講師・大塚みずえ

  ※育児支援者向けの入門講座です。



ベル 好評発売中♪
  
  ※画像のリンク先はAmazonです


※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。
AD
2016年08月19日(金) 14時19分25秒

8月20日(明日)のNHK「すくすく子育て」に出演します^^♪

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
● 8月20日(明日)のNHK「すくすく子育て」に出演します^^♪

こんにちは。
赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子です^^

えんちゃん(小3)の夏休みに付き合っていると、どんどん頭がぼんやりとしてくる今日この頃。なかなか仕事も研究も進みませんね…。

はかどっているのは、えんちゃんの夏休みの宿題くらい(笑)

私は夏休みの宿題は、かなりぎりぎりにやるタイプでした。絵日記の宿題ですら、過去の新聞から天気を確認し(正確には親に泣きついて確認してもらい^^;)、まとめて書く感じでした><

なのに、えんちゃんは誰に似たのか、ちゃんと計画を立て、まだ残っているものもありますが、コツコツと済ませております。偉いぞ!!すごいぞ!!!

ようやく夏休みも終盤!
仕事の進まなさを子どものせいにせず、そろそろ切り替えていかないとです!!!



さて、今日はビッグなお知らせ♪


実は、明日の夜9時~のNHK「すくすく子育て」に専門家として出演させていただいています★







テーマは 『 寝かしつけ 』

収録はもうだいぶ前に済んでいるので、何をどんなふうに話したのか、緊張もあってあまり覚えていないところもありますし、どんな編集になっているのかもドキドキです><


残念ながら、NHKの規定で「NPO法人 赤ちゃんの眠り研究所」という名前は出せなかったのですが(宣伝に当たるからということのようです)、私たち団体の活動に気づいてくださる方が、たくさんいらっしゃるといいな♪


今回は、理化学研究所の黒田公美先生とご一緒させていただきました♪
ハキハキとお話される素敵な先生でした^^
3人のお子さんを育てながら働く、スーパーウーマン!すごいです★


私はまだ大学院生でもありますので、実はあまり大きくメディア出演はしていません。

今回、「赤ちゃん苦手かも?と思ったら読む本」(主婦と生活社)を書いたときに一緒に仕事をさせていただいた方が、すくすく子育ての制作会議の際に私を強く押してくださり、これもご縁と思い、出演させていただくことに。

どこそこの教授とかでもない者を、専門家の席に座らせてくださった、制作スタッフのみなさんのご英断にも、感謝いたします!!



オンエアでもしっかりと伝わるといいのですが。

「寝かしつけ」は、ママが赤ちゃんを上手に寝かせる方法ではなく、また、どこかにある「パタンとグッスリ眠る魔法」を探し続ける旅でもありません。

この世の中に生まれるのが赤ちゃんよりちょっと(3,40年?)早かったママが、まだ寝るのが下手っぴな赤ちゃんに、「寝方を教えてあげる」。

そんなイメージを持っているといいと思います。


寝るのが下手な赤ちゃんは、泣きながら寝ることも多いかもしれません。

でも決して、ママが寝かせるのが下手なわけではありません。

赤ちゃんは、今まさに、「どうやって寝たらいいのか」の勉強中。
だんだんと眠るのが上手になっていきますよ^^


そんな「寝かしつけ」に大事なポイントも、収録の際にはお伝えしました。(放送内容に入っていれば^^;)

今はネットに多く出回る当たり前の内容かもしれませんが、「知っている」と「やっている」は大きな違いですので、まずはやっぱり基本から確認したいところです。


あまり放送前に内容に触れてもあれなので、この辺で。



普段私はもう寝ている時間ですが、明日はリアルタイムで放送を見てみようかな…
(録画しといた方が、後で見るのに勇気がいりそうなので^^;)


8月20日(土)21時~ NHK Eテレ「すくすく子育て」 よろしくお願いします★




あとは諸々、お知らせです♪

≪現在お申込み可能な講座≫

詳細はリンク先の内容をよくお読みいただき、お申込みください。


● 第8回 赤ちゃんと一緒にすやすや安眠講座
  8月29日(月)@桜木町 担当:認定講師・岩本実加

  ※赤ちゃんの眠り研究所主催の講座です★ 
  ※定期的に開催してきた講義形式の講座ですが、時代の流れも加味し、一旦この回でお休みさせていただき、よりよいかたちで赤ちゃん家庭をサポートできるよう練り直し、秋以降、新しいかたちで提供させていただきたいと思っています。なお、まだ秋以降の講座の開催時期は未定です。


● 第7回 育児支援者向け:乳幼児睡眠1日集中講座
  9月10日(土)@桜木町 担当:代表・清水悦子、外部講師・大塚みずえ

  ※育児支援者向けの入門講座です。



ベル 好評発売中♪
  
  ※画像のリンク先はAmazonです


※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。

AD
2016年07月23日(土) 14時07分33秒

「新しい試み」、始めます★

テーマ:ナチュママ式夜泣き改善法
●「新しい試み」、始めます★

こんにちは。
NPO法人赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子です^^


赤ちゃんの眠りの問題に悩んだとき、まずはどうしますか?

おそらく今の時代、インターネットで「夜泣き」「寝ぐずり」などのキーワードを入れて検索したと思います。

赤ちゃんの眠り研究所のホームページにたどり着いて、こうしてメルマガを読んでくださっているのも、そのような流れのママも多いことと思います。


私(清水)がわが子の夜泣きに悩んでいた7,8年前は、ネット上には、「おっぱいをあげましょう」「ドライブに行きましょう」程度の情報しかありませんでした。

でも今は、たった数年でネット上に乳幼児の睡眠の情報があふれています。

情報がない時代は、「知る」ということ自体が助けになりました。

でも、情報があふれてくると、今度はいろいろある情報の中から、何かを「選び取る」ということが必要になってきます。


今は非常に子育てがしにくい時代だと言われています。


それは、情報がないからではなく、情報がありすぎて混乱しているから。

昔は、母や祖母から語り継がれてきた育児スタイルが唯一の方法でした。ある意味それに従うしかなかった。

その状況は、よりよい子どもの育ちを考えた場合には、マイナスな面もあるかもしれませんが、新米の親にとっては「選択」という責任を追わずに済み、精神的は負担は少ないと言えます。


でも、今は選択肢が山ほどあり、それを1つ1つ選んでいく必要がある。

しかもその選択責任は、主に「母親」ひとりにゆだねられている。

非常に苦しい時代だと思います。


ちょっと話が大きくなってしまいましたが、赤ちゃんの眠りについても、最近では「こうした方がいい」「そうしない方がいい」など、いろいろな意見が飛び交うようになりました。


いろいろネットで調べたけど、結局「わが子にどうしてあげたらいいのかわからない」という状況に陥っている方も多いでしょう。


私たち団体では、赤ちゃんの睡眠に関する情報提供のために、主に講義形式の講座を主体とした活動をしています。


しかしながら、そんな時代の流れに伴い、知識を提供する「講義」だけでは不十分ではないかと感じるようになってきました。


そこで今回、トライアル的に、少人数のグループ相談会のようなスタイルでの講座を試してみる運びとなりました。


・赤ちゃんの睡眠について知識はあるけど、まず何をしたらいいかわからない
・自分の子の場合、どこに問題があるかわからない
・いろいろやってみたけどうまくいかなかった


など、ブログを読んでくださっている皆さんのように、ある程度学んでいらっしゃる方が対象になります。
(とは言え、20分程度で簡単に復習をしてから本題に入りますので、「学んでいる」か不安な方でも大丈夫です^^)


私たちは、下のような経験となる少人数グループ講座を目指しています。

========


・〇〇が問題だと思っていたけど、実はそこではない部分の方が大切だったと気づいた。

・そもそも「こうなってほしい」と思っていた自分の期待自体が、赤ちゃんの自然な睡眠とはかけ離れていたことがわかった。

・他のママの悩みを聞いているうちに、自分の悩みにも応用的に考えられるようになった。

・「客観的に見て、考えて、実践する」ことで、ほんわか「これでいいのかな?」と不安に思っていたことに、「これでいいんだ!」と、自信が持てるようになった。

・みんな悩みながら育児をしているんだなと思うと、自分だけじゃないんだと勇気が湧いてきた。

・ちまたの噂に振り回されずに、わが子を見れるようになった。

========



一度、客観的にわが子と自分の睡眠を考えてみる時間を持てると、きっといろんなことが見えてくると思います^^


担当するのは、当団体きっての人情派・認定講師の渡辺利香です。

ブラッシュアップしながら、団体の中核となる活動に育てていきたいと考えていますので、終了後には、率直なご感想をいただけると嬉しいです★




日時:7月25日(月) 10:10~11:45 ※緊急募集です!お急ぎください><

対象:乳幼児を育児中のママ(もちろんお子様連れOKです!)

定員:大人6名

参加費:2,000円

持ち物:筆記用具、普段お出かけの時に用意する赤ちゃんのお世話グッズ、赤ちゃんのおもちゃ(なるべく音のでないもの)

講師:NPO法人赤ちゃんの眠り研究所 認定講師 渡邉利香先生

【申込フォーム】
https://ws.formzu.net/fgen/S51498775/






≪現在お申込み可能な講座≫

● 7月25日(月)@石川町 認定講師・渡辺担当
   ※少人数制でのグループ相談会形式の講座です♪



※ 大変心苦しいのですが、現在、お返事する時間的な余裕がなく、ブログのコメント・メッセージは閉じさせていただいております。
AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。