The Yoga Life Society Bija(ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ・ビージャ)

SERVE
LOVE
GIVE



ヨーガを愛する皆さんの生活の起点。
心の拠り所の【場】です。



ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ(Y.L.S.)の静岡地区を担当し、ヨーガ / ヨガ の教室を運営しています。
ヨーガの哲学から基礎知識を備えるまでの育成・養成コースや、育成コース卒業後のビジネス的なサポートまでを一つのヨーガ的な考え方から導きだしお教えしております。
また、通常の教室は楽しく運営しております。

「全ては皆様の幸せな暮らしの為に。」ヨーガの指導にはY.L.S.運営部の加藤照美が、様々な講師で編成する「チームBija(ビージャ)」を率いて指導にあたります。

こちらも是非、見て下さいね♪ → http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBookもやっています♪ → https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima

【Bija認定ヨーガ指導者育成コース】6月生募集開始です!→ http://ameblo.jp/yogabija/entry-12160317055.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
ヨーガを総合的に学んでいます。
アーサナのクラスだけではなく、学習会も行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
静岡県東部<三島市・沼津市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・長泉町・清水町・熱海市>にて出張レッスンを行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)のレッスンスケジュール
→ http://ameblo.jp/yogabija/theme-10043124712.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)の場所
→ 静岡県駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階
  http://ameblo.jp/yogabija/entry-12034324043.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)への予約やお問い合わせは 
→ yoga-indu★docomo.ne.jp  (★を@に変えて下さい。迷惑メール防止の為、パソコンからのメールは受信できません。ご迷惑をかけていますが、ご理解下さい♪)
→ ylsbija★gmail.com (★を@に変えて下さい。こちらはパソコンからのメールを受信できます。)
→ 電話 090‐7912‐2282 (かとう)


簡単予約はこちらから → https://coubic.com/bijayoyaku/services

【その他】
地域密着ブログ : http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBook : https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)
主宰 加藤
NEW !
テーマ:

間際のお知らせになりますが、本日、【初心者のためのはじめてのヨーガ】を行います。

 

◆ ビージャのホームページ

 

5月のスケジュールも決まっています。

教室ではスケジュールを配布していますので、お声かけくださいね。

 

 

 

 

Bija

加藤

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

4月22日の【サット・サンガ】は今まで3年かけて学んできた『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』前編をダイジェストで学びました。

 

 

Bijaのホームページで参加者の感想や、成瀬貴良先生の講座のお知らせを書いていますので、ご覧下さいね♪

 

◆ Bijaのホームページ

 

 

 

毎日色んなことがあるけど、そん中でも、にっこり笑って過ごすことができるように応援します♪

 

 

Bija

加藤

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 こんにちは ひろみです。

シヴァーナンダさんの弟子への手紙です。弟子を娘にしてみました。

「わたしは確かにあなたを愛しい娘として受け入れました。あなたに奉仕します。あなたを導きます」

帰ってきたら言ってみます。どんな顔するでしょう?

 

 アーチャーリヤとは?

 グルというのは、「アートマン」(真実の自己)に関して単に理論を教えたり実践の指導をする人のことをいうのではありません。そのような人はアーチャーリヤ(教師、先生)と呼ばれます。

 わたしたちはアーチャーリヤから、「アートマンに関する知」を学ぶことはできますが、それはあくまで「アートマンに関する知」であって、「アートマンそのもの」ではありません。もちろん、そのような知識もたいへん重要であり、もしそういった知識がなければ、間違った方向へ導かれてしまうことさえあります。

 書物に記されたものが「アートマンそのもの」でないのと同様に、実践もまた「アートマンそのもの」ではありません。知識や実践だけで、「アートマンそのもの」にまで導けるものではありません。

 しかし、これらの知識も、それを授けてくれるアーチャーリヤも、たいへん重要です。『ヨーガ・ヴァシシュタ』という聖典の中に、このことに関する興味ある話があります。

 聖ヴァシシュタは言っています。

「アーチャーリヤは『アートマンの知』そのものを与えてはくれないが、アーチャーリヤなしでは『アートマンの知』を得ることはできない」

 アーチャーリヤというのは「アートマンに関する知」や「自己実現に関する理論や哲学」を理解しているだけではなく、実践の指導もしてくれますし、どのような実習がよいかを勧めてもくれます。そして、尊敬の念をもって接すれば、実践中に起こるさまざまな障碍をとり除いてくれることさえあります。

 アーチャーリヤという言葉は、わたしたちが一般社会で普通に使っている、いわゆる「教師」という言葉とも少し異なるものです。ここでいっている「教師」というのは、どこかよそよそしく、打ち解けることもなく、教室の中を歩き回っては自分の不満などを吐き出すようにして言う人のことです。

 インドには昔から、グル・クラ(グルの家)と呼ばれる、師と弟子とが一緒に暮らすシステムがあって、そこでは何のよそよそしさもなく、師から弟子へと知識や学問が伝えられたり、実践の指導が行なわれてきました。そこには、お互いの深い理解があると同時に、解放感のようなものもあります。これは、精神的なつながりが何もない、今日の学校や大学における「教師と生徒」の関係とはまったく異なるものです。

 

 アーチャーリヤと弟子との関係

 英語では生徒や弟子のことを一般には「student」と言いますが、「pupil」という言い方もあります。「pupil」という言葉にはまた、「瞳孔、ひとみ」という意味もあります。太陽の光のもとに出れば瞳孔(pupil)

は閉じますし、反対に、暗いところに行けば瞳孔は開きます。これと同じことがアーチャーリヤと弟子との間にも起こるのです。

 たとえば、もしだれかが聴衆を前にして銀行を襲う方法をあれこれ語ったならば、退屈などまったくしないでその話に夢中になるでしょう。しかし、「ウパニシャッドの智慧」などを語ろうものなら、瞳孔どころか、瞼さえ閉じてしまうのではないでしょうか。

 つまり、アーチャーリヤが光り輝いでいれば、もうそれ以上の光が入らないように弟子は瞳孔を閉じてしまいます。反対に、もしアーチャーリヤが暗く、おかしく、奇妙な人であれば、瞳孔はしっかりと開くのです。このことから、くだらないつまらないことのほうが、価値のあることよりもずっと簡単に吸収しやすいということが分かると思います。「pupil」とはそういうものです。

 

 グルデーヴ・シヴァーナンダは、そのことをちゃんと分かっていたので、映画や劇場に行ったり刺激的な生活を送りたいという大衆心理や、若い求道者たちの気持ちをも理解していたのです。もし、彼らを無理やりヴェーダーンタの教室に入れたとしても、おそらく眠りこんでしまうであろうということは分かっていたのです。

 そこで、グルデーヴはおもしろい方法を考え出されました。それは、ウパニシャッドの中の対話や討論を、実際に演じてみせるというものでした。すると、いつもなら眠ってしまう彼らも、ウパニシャッドの教えが説かれると坐り直し、どう展開していくのか、じっと見入っていたのです。これがグルデーヴの行なったとてもユニークな方法でした。その後、これらの経験をもとにして、だれでも参加したり試したりすることができる「ヨーガ博物館」が創られました。

 

 わたしたちが依然として教える者と教えを受ける者との関係でいるかぎり、二人の間には、単に情報や知識(information)の伝達があるだけです。

”information”とは、あなたの中に(in)、ある形をつくりあげる(formation)という意味です。これらの知識や情報の断片は、徐々にあなたの中に入りこんで形あるものになってゆきます。そして、あなたがその形に十分に満足してしまったならば、あなたは成功することはありません。なぜならば、あなたはその知識によって、あるイメージをつくり、自己実現に関して、そのイメージを真実として扱うようになってしまうからです。

 もし、あなたが自分の中でつくられたこのイメージに夢中になったならば、人からさまざまな理論や教説が伝えられたとしても、自分のイメージに永遠にしがみついて、それから離れられないでしょう。あなたは一所懸命に自分勝手なイメージをつくりあげ、その中であらゆる変化に抵抗するようになります。そうしているうちに、やがてあなたは失敗してしまうでしょう。

 しかし、この自分勝手なイメージがつくられたとしても、それが単にアートマンについての知識だけだと悟ることができたならば、知識を求める段階は終わって、あなたの中に魂が入って智慧の人となるのです。そのときあなたの前にだれかが現れるでしょう。その人がグルなのです。

『イーシュヴァラ・ウパニシャッド』の中に謎めいたマントラがあります。

 

 「無知」を崇拝する者は、地獄に堕ちる。しかし「知識」を崇拝する者は、より恐ろしい地獄に堕ちる。

 

 グルデーヴの弟子に対する考え

 インドを旅していると「わたしはお前のグルだ」と言って近寄ってくる大勢の人に出会うと思います。

 しかし、グルデーヴはそのようなことは一度も言われたことはありませんでした。その代わり、時どきこう言うことがありました。「お前はわたしの弟子だよ」とか「彼はわたしの弟子だよ」と。

 現在、このシヴァーナンダ・アーシュラムにいる年配の弟子たちの中には、グルデーヴから、次のような手紙をもらった人が何人もいると思います。

「わたしは確かにあなたを愛しい弟子として受け入れました。わたしはあなたに奉仕します。あなたを導きます」

 グルデーヴに「わたしは確かにあなたを愛しい弟子として受け入れます」と言われたとき、あなたはきっと、グルデーヴに自分の気持ちをもっと素直に伝えればよかったと思うでしょう。それはグルデーヴが望んでいることでもありました。

 グルデーヴ・シヴァーナンダに尊敬と崇拝を込めて、わたしはここで皆さんに言っておきたいことがあります。それは、グルデーヴは単に弟子を励ますつもりだけでこのように言われたのではなく、実際、心から本当にそう思っていたのだということを。

 グルデーヴはまた「わたしはあなたに奉仕します」と言われていますが、グルが弟子に奉仕したり、弟子がグルの奉仕に支えられているなど、聞いたことがありません。

 このことからも分かるように、グルデーヴは、グル・ビジネスなどとうの昔に捨ててしまっていたのです。グルデーヴは自分のことをグルだなどとは決して思っていませんでした。自分のことよりも、いつも弟子のことを考えていたのです。

 

『シヴァーナンダ・ヨーガ』  成瀬 貴良 編訳

ひろみ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今月の【サット・サンガ】は4月22日土曜日開催です。

今月はなんと言っても、3年かけて学んできた『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』をダイジェストで学べるんです。

『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』は4つの章から成っていますが、4月は第1章アーサナと第2章プラーナーヤーマをまとめて学びます。

 

 

めったにない良い機会ですので、ぜひ参加くださいね。

その後はいつものように、成瀬貴良先生誘導のアーサナ・クラスも行ないます。

学習会と実技の両方、またはどちらか一方への参加も受付けています。

お問い合わせ、お申し込み(予約制になります)は下記まで。

 

日時:4月22日(土)

13時~14時     キールタン(加藤誘導)

14時30分~     学習会受付

15時~16時30分   ハタ・ヨーガの教典『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編』学習会

16時30分~     アーサナクラス受付

16時45分~18時15分 アーサナクラス(ヨーガ実習)

*終了後、成瀬先生を囲みお茶会を行いますので、ご参加ください。

 

講師:成瀬貴良先生(Y.L.S.講師/ヨーガ・サンガティ主宰)

持ち物:『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 前編』(お持ちでない方相談ください)/筆記用具/動きやすい服装とヨーガ・マット(*アーサナ・クラスに参加される方のみ。)

受講料:学習会3,000円/アーサナクラス2,000円

定員:教典学習会20名/アーサナクラス15名

その他:教典学習会は坐学になりますので、坐りやすい服装で参加ください。

お申し込みやお問合せ: メール→ ylsbija@gmail.com  または お電話で

bija-map00

 

 

 

 

 

 

そして予約サイトでも可能です。(*サイトでは直前の予約ができませんので上記よりご予約くださいね。)
クービック予約システムから予約する

 

13時~14時まで行っているキールタンの誘導は加藤です。

つたない誘導ではありますが、インドの神様にもふれながらキールタンを楽しみましょう。

★ キールタンとは?

キールタンは歌うヨーガです。
歌うようにインドの神様の名前を唱えます。
同じフレーズの繰返しは瞑想みたいです。
とっても気持ちがいいです。
気にされる方がいますが・・・
歌が上手い?下手?は関係ないんです。
私も音感鈍いのですが楽しんでいます。
今回は短いフレーズの簡単なキールタンから練習していきましょう♪

 

参加料は初回歌集代の500円。2回目以降はドネーション(お気持ち/お心/寄付)で参加頂いています。

キールタンのあと少し瞑想しましょう。

とっても気持ちいいですよ。

 

*ハーモニウムという楽器を使って行います。

 

5月も第4土曜日開催です。

5月は『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー 後編』まとめの学習会を行います。

ムドラーや瞑想について教典にはどんなことが書かれているでしょう?

6月は三島でもいよいよ『バガヴァッド・ギーター』の学習会がはじまります。

今から受講生募集中です。

お申し込みお待ちしています。

 

一緒に楽しいヨーガの学びを共有しましょう。

 

 

 

Bija

加藤

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは、Emiですニコニコ

新しいスタートを切りやすい春。

今回の“理論と実践”が心にとても響きます。

学びは繰り返し、繰り返しの連続。

そして時には忘れていたことも思い出しながら続けていきたいです。

 

~・~・~・~・~・~・

 

 知識だけでも不十分

 沈黙や瞑想を好む聖者は、理論的背景や哲学を語ることなどあまりありません。

 一方、もしあなたがベナレスなどの聖地に行ったならば、哲学や宗教の講義をしている人びとを大勢見かけることでしょう。しかし、自ら説いている教えに沿った生き方をしている人は少ないものです。ですから、グルデーヴは彼らを特別に尊敬するということはありませんでした。

 次の出来事がそのことを示しています。

 

 オフィスでは、わたしたちの仲間が三人、いつもグルデーヴと一緒に働いていました。そのころはまだ仕事もそんなに忙しくなく、グルデーヴもわたしたちのために多くの時間を割いてくださいました。

 ある朝早く、哲学を教授しているという男性がオフィスを訪れ、グルデーヴにこう訊ねました。

 「スヴァーミージー、ひとつ質問があります。ニルヴィカルパ・サマーディとサヴィカルパ・サマーディとの違いを教えてください」

 その質問はわたしたち弟子にとっても、その違いを知るよい機会でした。なぜならば、だれも思いきってそのような質問をグルデーヴにすることができなかったからです。

 わたしたちは仕事の手を休めて、グルデーヴがなんとお答えになるか、じっと耳を傾けました。まさに、それは百万ドルにも匹敵する質問でした。

 グルデーヴはメガネを掛けると、教授を見つめ、こう訊ねました。

 「もう朝食はとりましたか?お茶かコーヒーはいかがですか?」

 教授は何か答えなければなりませんでした。

 「それでは、お茶をいただきます」

 やがて、お茶と果物と何冊かの本が運ばれ、教授がお茶とイディリ(南インドの軽食)を楽しんでいると、そこに教授の夫人がやって来ました。彼女はオフィスの中を一瞥すると、「いつまでわたしを待たせるつもりなの、ずっと待っていたんですよ!さあ、行きましょう!」と言いました。

 教授は静かに立ち上がり、頭を下げて言いました。

 「もう行かなくてはなりません」

 彼が立ち去るやいなや、グルデーヴは笑って笑って笑い転げました。でも、それはなんとも言いようのない優しさに満ちた笑いでした。

 「教授はサヴィカルパ・サマーディとは何かという大切なことを知りたがっていたのに、奥さんに一喝されただけで、立ち去っていってしまったよ!」

 この教授のようなタイプの人はどこにでもいるもので、『バガヴァッド・ギーター』のわずか半行の講義で何時間も聴く者の耳を夢中にさせるくらい膨大な知識を持っています。それはそれでとてもすばらしいことです。グルデーヴはそういう人たちを愛し、その豊富な知識を讃えました。しかし、ただそれだけのことです。それ以上のことはありませんでした。

 

 他にもまだおもしろい話があります。それはグルデーヴの全インド・ツアーでのことでした。グルデーヴは学者たちの前を通り過ぎるときにはいつも挨拶をするのですが、あるときベナレスで、ひとりの学者がグルデーヴにサンスクリット語で何か質問をしてきました(訳者注:インドでは今日、サンスクリット語はごく一部の人にしか通用しません)。

 グルデーヴは彼を振り返ると言いました。

 「Comment ca va, comment vous appellez vous?

 これは、グルデーヴが知っていたたった二つのフランス語だったのです。

 その学者はグルデーヴの言葉を理解できませんでした。

 わたしたちはお互い、意志の疎通を図らなければなりません。と同時に、どうすればよく伝えられるか、その方法も考えなくてはならないのです。理論も実践も、人から人へと伝えられていかなければなりません。人と人とは敵同士などではなく、友人なのです。他の人と共存できない人はとても空しいものです。

 

 知識と智慧の伴わない実践だけの危険性

 これはグルデーヴご自身がわたしたちに語ってくれたことですが、グルデーヴがリシケーシに来られたときに望んだことは、樹の下で坐わること、神の名を唱えること、ジャバをすることだけでした。これが、グルデーヴの望んだことのすべてだったのです。

 グルデーヴはキールタンがとても好きで、キールタンを行わないではじめる催しものは何ひとつとしてありませんでした。どんな場合でも神の名が歌われました。だれかが病気になったとき、死にそうなとき、死んだとき、子どもが生まれたとき、結婚するとき、礎石を置くとき、建物を壊すとき、その他どんなときでもマハー・マントラが必ず歌われました。

 もっとも古い弟子のひとりスヴァーミー・パラマーナンダジーへ宛てた手紙のなかで、グルデーヴは、キールタンによってインドは変わるべきであるとも語っています。グルデーヴはその考えのとおり、スヴァルガ・アーシュラムにいたときにはよく、サンキールタンの集いのまとめ役のようなこともしていました。

 

 また、ディヴァイン・ライフ・ソサエティがスタートする以前の話ですが、キールタンの集いを行うために、キールタンの上手な人たちを何人か集めてグループをつくったことがありました。

 しかし、グルデーヴはしばらくすると、キールタンにはエクスタシーと呼ばれるある種の危険性が潜んでいることに気づきました。人びとは跳びはね、踊り狂いました。ある種のエクスタシーがキールタンを通して得られることは間違いありませんが、そうすることがすべてではないはずです。

 やがて人びとの間で権力争いが起き、一、二年のうちにキールタンに対するグルデーヴの心は変わってしまいました。

 グルデーヴは言われました。

 「サンキールタンだけを行なうのはあまりよいとはいえません。主情主義に陥る危険性があるからです。そこには智慧や知識もなくてはなりません。キールタンは神の名を歌うことであり、単なる音楽会ではないのです。大切なのは、キールタンは修行のひとつであるということです。わたしたちはそのことを正しく認識し、理解しなくてはなりません」

 そして一年が過ぎたころ、グルデーヴはそれらをうまく複合したシステムを作り上げたのです。

 このように、何かを実際に行なうということ、つまり実践は極めて重要なものですが、それは知識や智慧なくしては成功しません。

 知識や智慧は、あなた自身の助けになるばかりでなく、人を助けることにもなるということを知っておいてください。

 

 Y.V.F.A.の目的

 あなたがこのアーシュラムで学んだすべてのことを、他の人たちにも広めてください。アーシュラムの感想や印象といったものだけではなく、あなたがここで学んだ理論や哲学、実践的な知識をもです。

 そして、それらを神に捧げるような気持ちで行なってください。これは、グルデーヴがいつも強調されていたことです。

 あなたが持っているものはなんであれ、人に分け与えるようにしてください。ヨーガやヴェーダーンタの知識に関しても同じです。それによってあなたの心の中の消極性が改善され、考えや知識が純粋になるという、とてもよい方法なのです。

 そうでないと、自分はとてもよく勉強をしてすべてのことを知っているという、単なる自己満足だけに終わってしまいます。あなたが口を開かないかぎり、だれもあなたの学んだことに異議をはさんだり、意見を交換したりすることはできません。

 ときには、あなたの知識を笑う人たちもいるでしょう。自分はちっとも賢くなんかないんだということを、痛感させられるかもしれません。しかしそのことによって、自分はもっともっと学ばなくてはならないのだという、よい刺激にもなるのです。

 

 グルデーヴはわたしたちに、ヨーガやヴェーダーンタの理論と実践との両方を学ばせるため、「ヨーガ・ヴェーダーンタ・フォレスト・アカデミー」をはじめられました。理論と実践との二つを共に学ぶのだということを忘れてはなりません。

 「ヨーガ・ヴェーダーンタ・フォレスト・アカデミー」は、多くの人たちにさまざまな知識や教えを広く伝えていくために創られたものです。あるいは、ただの好奇心からやって来た人が、いつの間にか智慧のある人になっていることを願って創られたのです。

 なぜなら、彼らはここ「ヨーガ・ヴェーダーンタ・フォレスト・アカデミー」で、自分たちが求めているものを実現するからです。また、自分たちの歩むべき道やゴールが何であるかを知るからです。

 

 

~・~・~・~・~・~・

『シヴァーナンダ・ヨーガ』 成瀬 貴良 編訳

Emi

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。