The Yoga Life Society Bija(ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ・ビージャ)

SERVE
LOVE
GIVE



ヨーガを愛する皆さんの生活の起点。
心の拠り所の【場】です。



ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ(Y.L.S.)の静岡地区を担当し、ヨーガ / ヨガ の教室を運営しています。
ヨーガの哲学から基礎知識を備えるまでの育成・養成コースや、育成コース卒業後のビジネス的なサポートまでを一つのヨーガ的な考え方から導きだしお教えしております。
また、通常の教室は楽しく運営しております。

「全ては皆様の幸せな暮らしの為に。」ヨーガの指導にはY.L.S.運営部の加藤照美が、様々な講師で編成する「チームBija(ビージャ)」を率いて指導にあたります。

こちらも是非、見て下さいね♪ → http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBookもやっています♪ → https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima

【Bija認定ヨーガ指導者育成コース】6月生募集開始です!→ http://ameblo.jp/yogabija/entry-12160317055.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
ヨーガを総合的に学んでいます。
アーサナのクラスだけではなく、学習会も行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
静岡県東部<三島市・沼津市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・長泉町・清水町・熱海市>にて出張レッスンを行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)のレッスンスケジュール
→ http://ameblo.jp/yogabija/theme-10043124712.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)の場所
→ 静岡県駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階
  http://ameblo.jp/yogabija/entry-12034324043.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)への予約やお問い合わせは 
→ yoga-indu★docomo.ne.jp  (★を@に変えて下さい。迷惑メール防止の為、パソコンからのメールは受信できません。ご迷惑をかけていますが、ご理解下さい♪)
→ ylsbija★gmail.com (★を@に変えて下さい。こちらはパソコンからのメールを受信できます。)
→ 電話 090‐7912‐2282 (かとう)


簡単予約はこちらから → https://coubic.com/bijayoyaku/services

【その他】
地域密着ブログ : http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBook : https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)
主宰 加藤

テーマ:

 

こんにちは、Emiですニコニコ

新年が始まり、あっと言う間に2週目です。

“今”やりたいことにもっと集中できますようにと

昨年末に掛け持ちの仕事を辞め、気持ち新たにスタートしました。

 

2017年もひろみ先生とシヴァーナンダさんの記事をアップしていきます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 ~・~・~・~・~・~・

 

 シヴァーナンダは実に多くの人たちをサンニャーシンに導きました。インドの宗教史上、これほどたくさんの人たちをサンニャーシンに導いた聖者は他にいないのではないでしょうか。男性も女性も、余命いくばくもない老人も、ようやく大人になりかけた十代の子どもも同じようにサンニャーシンに導き、オレンジ色の衣を授けました。インド人はもちろん、外国人もサンニャーシンに導きました。世俗的な地位や責任を担っている人には、郵便や目には見えない精神的な支援でサンニャーシンに導きました。

 シヴァーナンダはこれらの人びとの心を変え、俗世間で暮らしてもよいが、それに染まってはいけないことを教えました。

 

 スヴァーミージーによってサンニャーシンに導かれた人たちの中には、時に道から外れ、不名誉な振る舞いをする人もいました。またあるときは、サンニャーシンの衣装を脱ぎ捨てて俗世間に戻り、結婚する人も現れました。

 人びとは、シヴァーナンダが若い人たちを大勢サンニャーシンに導きすぎたと批判しました。

 ある在家の人がシヴァーナンダに訊ねました。 

「スヴァーミージーはほんとうに、こんな若い連中がアーシュラムの意義を理解し、アーシュラムのやり方についていけると思っているのですか」

 さらにこの男は、若いサンニャーシンが堕落するであろう例を挙げました。

 シヴァーナンダは優しく笑って言いました。

「どうしてそう思うのですか?わたしはいくらでも成功した例を挙げることができますよ」

 そして、真剣な顔つきで付け加えました。

「すでに彼らはあなたの尊敬に値するまでになっていますよ。少なくとも一日サンニャーシンになったのです。彼らは勇気を持って両手を挙げて言ったのです、『わたしは三界の快楽を放棄します』と」

 ある若者がサンニャーシンになって失敗したからといって、若いうちにサンニャーシンになることが適切ではないと考えるべきではありません。事実、立派なサンニャーシンはみな、若いころに出家しているということが分かるでしょう。どうして年老いてからサンニャーシンになどなることができるでしょう。

 

シヴァーナンダという人

 スヴァーミー・シヴァーナンダの身長は六フィート(約一八〇センチ)で、顔色は赤く、広い肩幅と長い腕を持っていました。頭や顔はいつもきれいに剃っていました。顔つきは子どものようで、狡さや図々しさというものはまったく見られず、眼も輝いていました。

 多くの聖者たちの中でも、シヴァーナンダは他を圧倒するような存在でした。安らかさと若さの化身のようでした。声はとても力強く、よく響き渡りました。会議などでは、マイクを近づけようとすると「必要ありません」と断ることがしばしばでした。その大きな声は、何千という聴衆がいてもマイクなしに十分に届くものでした。

 歩くときはまったく物音を立てませんでした。すべての行為が調和のとれたものでした。何かを語るときも、その言葉は安定していて自然で、飾りたてないために、かえって目立ちました。

 シヴァーナンダの外見はとても質素なもので、額に派手な印をつけることもなく、もつれた髪の毛もあご髭もありません。首に数珠を巻くこともなく、耳飾りもつけません。着ているものも、天候から身体を守るに十分なだけの衣服で、一般社会においても通じるごく常識的なものでした。

 一九五六年のある日、一人の年配の女性がシヴァーナンダに会うためにアーシュラムの事務所に入って来ました。スヴァーミー・シヴァーナンダは彼女に合掌をし、「オーム」を唱えて挨拶をしました。さらに席をすすめると、彼女の健康やここまでの旅の様子を訊ねました。

 しばらく話をした後、シヴァーナンダは再び仕事にとりかかり、彼女のほうも静かに事務所を出て行きました。そして近くの薬局に入ると、彼女はそこにいたアーシュラムの人に訊ねました。

「スヴァーミー・シヴァーナンダはどこにいるのですか?」

 彼は驚いて言いました。

「スヴァーミージーは事務所にいらっしゃいますよ。あなたはいま、事務所から出てきたのではないのですか?」

「あそこに坐っていた、コートを着てメガネを掛けたあの人かい?あの人がスヴァーミージーかい?わたしはアーシュラムのマネージャーかと思ったよ!」

 彼女は眼にいっぱい涙を滲ませると、再び事務所に入ってゆき、シヴァーナンダの足元にひれ伏しました。

 スヴァーミー・シヴァーナンダは、決して偉ぶったり気取ったりすることはなく、どんな人とも気さくに話をしました。敬意のこもった言葉でだれにでも話しかけました。シヴァーナンダはタミル語はもちろんのこと、英語、ヒンディー語、マレーシア語など、実に多くの言語を学んでいて、いつも相手の母語で話すように心がけ、挨拶、ことわざ、詩、歌などを引いて、人びとを喜ばせたり、気持ちを和らげることに努めました。相手と同じ言語をあやつってとても上手に会話することができたのです。

 シヴァーナンダは、どこかへ行くときにはいつも三つの袋を持って出かけました。一つ目の袋には精神的な本、もう一つの袋にはフルーツやお菓子、そして三つ目の袋には薬とハサミ、糸と針、ロウソクとマッチなどの実用品が入っていました。

 

 

~・~・~・~・~・~・

『シヴァーナンダ・ヨーガ』 成瀬 貴良 編訳

 

Emi

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 こんにちは、Hiromiです。

あけましておめでとうございます。

年が明けると、もうすぐ大好きな桜の季節だ~とウキウキしてきます。

写真は4年前の河津桜。

来月から桜祭り始まりますね!!

 

 

この頁は、今年もヴィヴェーカーナンダの生涯、思想と続いていきます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

**********

 

 インド帰国

 アメリカやイギリスにおいてインド古代精神や自分の理想を伝えるという目的がある程度達成したと考えたヴィヴェーカーナンダは、後の仕事をインドから呼び寄せた弟子たちに任せインドに帰ります。

 一八九六年十二月、ロンドンを発ったヴィヴェーカーナンダはインドに向かいました。途中、ナポリ、ミラノ、ローマなどを見物しました。ローマのカトリック教会ではクリスマスのミサを見ますが、このような豪華なミサをするのは出家者であったキリストの本当の信者のあり方とは思えないとして、あまり喜びませんでした。

 翌九七年にセイロン(現スリランカ)に着いたヴィヴェーカーナンダは大歓迎を受け、十日ほどをコロンボで過ごしました。インドに帰ってからもマドラスなどの各地で大歓迎を受け、彼は請われるままにいくつかの講演もしています。その内容は、インド民族は宗教をその基盤とし、古典や聖典を学び、その教えをインド中に広めること、カーストに関わりなくすべての人間が偉大であること、よってカーストの差別をなくし貧困に悩む同胞に奉仕することが大切であるというものでした。アメリカをはじめ諸外国を実際に見て帰ったばかりのヴィヴェーカーナンダの眼には、祖国インドの欠点がはっきりと見えたのでしょう。一八九七年二月、四年ぶりに故郷カルカッタに戻ったヴィヴェーカーナンダは、彼の帰りを待っていた多くの学者、修行者、名士などから盛大な歓迎を受けました。ヴィヴェーカーナンダは今は亡き師ラーマクリシュナと共に過ごした懐かしいこの地や、二人で散歩した森を歩き、感慨に耽りました。

 忙しい合間をぬってラーマクリシュナの弟子たちの指導もしますが、彼らとヴィヴェーカーナンダとの間には若干の相違がありました。ラーマクリシュナの弟子たちの関心はあくまで個人の解脱にあり、世俗的なことには関わらず瞑想の日々を送ること、またそれが師ラーマクリシュナの教えでもあると考えていました。それに対してヴィヴェーカーナンダは、ラーマクリシュナの言った「眼を開けて神と交わりなさい」という言葉を「人間の中の神への奉仕」と解釈していました。

 それは、部屋の窓を閉め、ひとり眼を閉じて瞑想することではなく、周りの貧しい同胞へ奉仕することです。ヴィヴェーカーナンダは、神の化身であるラーマクリシュナの弟子であるならば、われわれ個人の救いなど信じて当然のことであり、むしろ個人的な解脱を目的とするなど了見が狭すぎるのではないか、自分たちのなすべきことは近隣の悩める同胞に救いの手を差し延べ、非利己的な奉仕をすることが重要であることを説きました。それはアメリカに渡る前にインド中を歩き、インドの現状というものを目の当りにした経験から導かれた結論でもありました。

 さらにはアメリカやヨーロッパの繁栄、組織的な社会活動、科学や技術の進歩も見ていたヴィヴェーカーナンダは、精神的なことを説いても人間にはある程度の物質的な豊かさがなくては受け入れてもらえないことも知っていました。飢えている人には説教よりも食物のほうが切実な問題なのです。このようなことからも、ヴィヴェーカーナンダは単に理想を追うだけではなく、たいへん現実的な人であったことをうかがい知ることができます。

 

 ラーマクリシュナ・ミッションの設立

 ヴィヴェーカーナンダは神の化身ラーマクリシュナの弟子としてなすべきこととして、非利己的な精神をもって他人に奉仕すること、しかもそれを組織的に行うことであることなどを挙げました。その具体的な方法として、仲間と相談の結果、ラーマクリシュナ・ミッションを設立しました。協会の目的は、ラーマクリシュナの真理を世界中に広めること、人類の精神的成長に貢献すること、あらゆる宗教と親善を尽くすことなどでした。そして、政治的なことが入りこまないように純粋に精神的なものであることも挙げています。

 カルカッタの会長としてブラフマーナンダを選び、自身は総会長となり、アメリカでの講演やヨーガの指導で得た資金をすべてブラフマーナンダに預けました。協会は手はじめに週一回の勉強会で『ウパニシャッド』『ギーター』『ヴェーダ』などを読むほか、慈善事業も進められ、飢饉や難民を救うセンターが次々とつくられていきました。

 一八九七年、ヴィヴェーカーナンダは弟子たちとダージリン、スリナガール、デリー、アグラなど北インドを歴訪します。翌九八年、ラーマクリシュナ・ミッションはカルカッタ郊外のベールル・マットに移されました。その後、ヴィヴェーカーナンダは将来を考えてか、弟子たちの教育にたいへん熱心になります。弟子たちに瞑想の重要性を説き、自らもそれに励みます。時には弟子のために料理もしました。その間にも「神の実現と世界への奉仕がわれわれの義務であり理想であること」を教え、弟子たちに個人の解脱を求めることを禁じています。

 

 

 

**********


『いまに生きる インドの叡智』
ヨーガの源流から現代の聖者まで
著者:成瀬貴良 より

hanetsuki* Hiromi hanetsuki*

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年もあと数時間。

今年も沢山の皆さんとヨーガの時間を共有できました。

本当にありがとうございます。

今年はインドからスヴァーミージーの来日もあり、純粋な穏やかな時間をもてたことにも感謝です。

 

大掃除を終えて、年神様をお迎えする準備をすることは、自分の心の塵もとってくれるようで清々しいですね。

Bijaも大掃除を終えて、1月5日からはじまる2017年のクラスの準備ができました。

そんな1月のスケジュールのご紹介です。

(12月中に配布したスケジュールはとっても間違いが多くて・・・ごめんなさい。)

 

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%891-003

 

予約サイトはすでにOPENしています。

◆ 予約サイト

ただ、予約サイトでのお申し込みは前日までになっています。当日はメールかお電話でご予約お待ちしていますね。

●メール:ylsbija@gmail.com    ●電話:090-7912-2282

 

また、体験レッスンはいつでも可能です。

●1回 2,500円 または ●3回 3,500円(18日間)

 

それでは、曜日別に1月のスケジュールをご紹介させていただきますね。

●月曜日

10:00~(90分) 朝のルーティンワークヨーガ / ひろみ

(*予約締切りは前日までになります。16・23・30日開催です。)

12:45~14:15(90分) 『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第1章アーサナ編 学習会/ 加藤

(*23日開催です。1回3,000円)

14:30~(90分) マタニティ・ペア・ヨーガ / 加藤

14:30~(90分) 産前のマタニティ・ヨーガ / 加藤

(*16・23・30日開催です。)

19:30~(90分) 夜のルーティンワークヨーガ / 加藤

21:30~(60分) 深いリラックス・ヨーガ / 加藤

 

●火曜日

10:00~(60分) ヨーガ指導者育成コース基礎科説明会 / 加藤

(*10日開催です。)

14:00~(90分) ママヨーガ(ハイハイまでのお子さんと一緒に参加できるクラス) / 加藤

(*10・17・31日開催です。1回毎1,700円)

19:00~(90分) 夜のルーティンワークヨーガ / 加藤

 

●水曜日

8:00~(60分) はじめての瞑想 / 加藤

10:00~(90分) 朝のルーティンワークヨーガ / 加藤

15:00~(90分) 産前のマタニティ・ヨーガ / Hiromi

(*予約締切りは前日までになります。11・25日開催です。)

21:00~(75分) マインドフルネス / 正親

(*18・25日開催です。別料金です。)

 

●木曜日

10:00~(90分) 朝のルーティンワーク・ヨーガ / 加藤

(*5・12・26日開催です。)

19:30~ 普段の生活にヨーガ活かしストレスを減らす2ヶ月集中コース / 加藤

(*1月12~3月2日まで。単発1回毎の受講もできます。月謝とチケットには対応していない別料金です。)

 

●金曜日

11:00~(90分) 『バガヴァッド・ギーター』学習会 / 加藤

(*20日開催です。1回3,000円です。)

19:15~(90分) 夜のルーティンワークヨーガ / なみこ

(*予約締切りは前日までになります。20日開催です。)

 

●土曜日

8:00~(90分) ウィークエンドヨーガ / 加藤

10:00~(90分) 朝のルーティンワークヨーガ / 加藤

15:00~16:30 『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』後編 学習会 / 成瀬貴良先生

(*28日開催です。1回3,000円+資料代。)

16:45~18:15 アーサナ・クラス / 成瀬貴良先生

(*28日開催です。1回2,000円です。)

 

●日曜日

7:00~(90分) 早朝ヨーガ / 加藤

9:00~(90分) ウィークエンドヨーガ / 加藤

11:00~(90分) はじめての瞑想 / 加藤

13:00~(90分) 【WS】免疫を高めるヨーガの呼吸 / 加藤

(15日開催です。1回3,000円です。)

13:00~(60分) ヨーガ指導者育成コース基礎科説明会 / 加藤

(22日開催です。無料です。)

 

お問合せ/予約は ●メール:ylsbija@gmail.com    ●電話:090-7912-2282

 

Bijaの場所について

◆ 教室の場所

Bijaの料金について

◆ 料金

ヨーガ・インストラクターになりたい方へ

◆ ヨーガ指導者育成コース

 

 

 

Bija

加藤

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ストレスって言葉にはどうしてもネガティブなイメージがつきまといますが、悪いストレスばかりではないと教えていただいたことがありました。

ストレスが自分のやる気UP↑に繋がることがあるからです。

 

だからストレスを全て悪者にはせず、いらないストレスを解消していきましょう。

 

ストレスの原因って何でしょうか?

誰かに言われた言葉やされた行為でしょうか?

その言葉や行為に傷つくのも、それをやる気に変えるのも自分自身です。

 

ただ、その人が強いとか弱いとか・・・と、いうことではなく。

 

自分が作ってしまっている固定観念みたいなものをはずして、ヨーガで幸せ変換していきましょう。

 

ヨーガのいいところは、それをただ頭だけで理解するんじゃなくって

身体を使って覚えていきます。

 

誰でもができるゆっくりと動くヨーガで、自己観察しながら行なっていきます。

ゆっくりと動くことには意味があるんです。

 

そして左右の身体の動きの結果をそのまま見る練習は、自分におこった物事も客観視できたり、【良い・悪い】にわけない思考回路を作っていきます。

 

stones-983992_640

 

先ほども書きましたが、身体が覚えたことはとっても大きな力になります。

自然に行動できるようになってきます。

ヨーガは繰返し練習することを重視しているので身体に染み込んでいき、いつも自分がヨーガでしていることと違うことをすると不快で、自然に自分で選ぶ行為もヨーガの考えが反映されていきます。

 

ただ、身体の不調が改善されるだけではないヨーガ。

そして、おまけに若返り効果があったりするヨーガ。

教典には「顔が輝く」と書かれているヨーガ。

 

そんなヨーガを活かしていきます。

 

◆ 普段の生活にヨーガを活かしてストレスを減らす2ヶ月集中コース

期間:1月12日新月がスタートです。そして、毎週木曜日に開催し、3月2日まで。19時30分~21時(90分)
会場:The Yoga life society Bija 駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階
講師:加藤照美(The Yoga life society Bija 主宰)
定員:9名
受講料:全8回 24,000円 / 1回 5,000円
締切り:前日まで
お問合せ:ylsbija@gmail.com または 09079122282(加藤)
クービック予約システムから予約する ←クリックすると予約ページへ

 

 

Bija

加藤

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

1月のプラーナーヤーマは、完全呼吸です。

以下 成瀬貴良編著 『ヨーガ事典』 より引用

【完全呼吸】

完全呼吸という呼吸の仕方はヨーガの原典にも見られない。

完全呼吸という名前から、どうしても「数ある呼吸の中でも完璧な呼吸の方法」という印象を受けるが、これは呼吸の際に肺全体(=完全に)を使うところからこう呼ばれているのであって、決してヨーガの中の最高の呼吸という意味ではない。

また、肺全体を使うところから「全体呼吸」と呼ばれたり、肺の下部(横隔膜)・中部(肋間筋)・上部を次々に使っていくところから「三段呼吸」と呼ばれたりする。

1.肺の下部を使う練習

仰向けか楽な姿勢で坐わり、横隔膜を使って正しく呼吸できているかを確認する(いわゆる腹式呼吸)。

2.肺の中部を使う練習

楽な姿勢で坐わり、手を胸の横にあてて呼吸の際に胸部の動きを観察し、肋間筋を使って呼吸していることを確認する。横隔膜を使っての呼吸との違いも観察する。

3.肺の上部を使う練習

楽な姿勢で坐わり、両手を上に伸ばし肺の上部だけの浅い呼吸を観察する。上の二つの大きなゆったりとした呼吸とは違うことを確認。
 
この三つの呼吸を個々に練習してそれぞれの違いを理解してから、最後に三つ全体を使う呼吸を行う。

ぜひ、お試しください。

今年も一年ありがとうございました。
新年もよろしくお願いいたします。

なみ子

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。