The Yoga Life Society Bija(ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ・ビージャ)

SERVE
LOVE
GIVE



ヨーガを愛する皆さんの生活の起点。
心の拠り所の【場】です。



ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ(Y.L.S.)の静岡地区を担当し、ヨーガ / ヨガ の教室を運営しています。
ヨーガの哲学から基礎知識を備えるまでの育成・養成コースや、育成コース卒業後のビジネス的なサポートまでを一つのヨーガ的な考え方から導きだしお教えしております。
また、通常の教室は楽しく運営しております。

「全ては皆様の幸せな暮らしの為に。」ヨーガの指導にはY.L.S.運営部の加藤照美が、様々な講師で編成する「チームBija(ビージャ)」を率いて指導にあたります。

こちらも是非、見て下さいね♪ → http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBookもやっています♪ → https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima

【Bija認定ヨーガ指導者育成コース】6月生募集開始です!→ http://ameblo.jp/yogabija/entry-12160317055.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
ヨーガを総合的に学んでいます。
アーサナのクラスだけではなく、学習会も行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
静岡県東部<三島市・沼津市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・長泉町・清水町・熱海市>にて出張レッスンを行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)のレッスンスケジュール
→ http://ameblo.jp/yogabija/theme-10043124712.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)の場所
→ 静岡県駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階
  http://ameblo.jp/yogabija/entry-12034324043.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)への予約やお問い合わせは 
→ yoga-indu★docomo.ne.jp  (★を@に変えて下さい。迷惑メール防止の為、パソコンからのメールは受信できません。ご迷惑をかけていますが、ご理解下さい♪)
→ ylsbija★gmail.com (★を@に変えて下さい。こちらはパソコンからのメールを受信できます。)
→ 電話 090‐7912‐2282 (かとう)


簡単予約はこちらから → https://coubic.com/bijayoyaku/services

【その他】
地域密着ブログ : http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBook : https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)
主宰 加藤

テーマ:

今日から12月♪

あっという間に12月♪

今年もあとひと月。

ヨーガを日常のルーティンにして、毎日をニコニコ笑顔あふれる日にしましょう♪

 

12月のスケジュールをHPで公開しています。

 

◆ Yoga Bija のHP

 

◆ 12月のスケジュール

 

 

クリスマスイヴもクリスマスもいつも通りクラスがあります。

 

 

2016年は12月29日新月のキャンドルヨーガでBijaのヨーガ納めです。

ご一緒にいかがですか?

 

お問合せやご予約は

 

●メール:ylsbija@gmail.com    ●電話:090-7912-2282

 

 

Bija講師陣で皆さんのヨーガライフが充実するようお手伝いしていきます。

アーサナの誘導だけではなく、皆さんの日々の生活がHAPPYになるお手伝いです。

おまかせくださいね。

 

 

 

The Yoga Life Society Bija 主宰

加藤照美

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12月のプラーナーヤーマは、ウッジャーイー・プラーナーヤーマです。

以下 成瀬貴良編著 『ヨーガ事典』 より引用

【ウッジャーイー(プラーナーヤーマ)】
 
勝利。ハタ・ヨーガで説かれる八種のクンバカ(プラーナーヤーマ)の一つ。口を閉じ、両鼻から息を吸うが、このとき気管を半分閉めて微かな寝息のような音を出す。また、たいへん気持ちがリラックスし、心や霊性に影響を与えるところから、霊的呼吸とも呼ばれる。
「口を閉じ、喉から心臓にかけて響くような音をたてて、イダーとピンガラー(両鼻)から息を吸う。そして、クンバカをした後で、イダーより息を吐く。これは喉から痰を取り除き、消化の火を増大する。これはウッジャーイーと呼ばれ、動いていても休んでいても行なうことができ、水腫やナーディーや身体の根本要素から起こる病気を治す」『ハタ・ヨーガ・プラディーピカー』第2章51節~53節
 
参照『ゲーランダ・サンヒター』第5章69節~72節

 
《方法・1》
①自分の好みの坐法で坐る。
②自然な呼吸の流れに集中し、呼吸が気管を通って伝わって流れていくのを感じ取る。
③何かを飲み込むときのように、喉の後ろの部分をかすかに閉じて呼吸をする。
④吸息も吐息も鼻孔を通して行なうが、声門を部分的に閉じて軽い寝息のような音を出す。
⑤吸う息と吐く息は、長く深くコントロールする。
⑥喉のところから出る寝息のような音に集中する。この呼吸を快くできるだけ続ける。
 
《方法・2》
①息を吸い終わった後で、右手で両鼻孔を閉じて呼吸を止め、アンタラ・クンバカをする。
②ジャーランダラ・バンダをする。
③息を吐いていくときは、ジャーランダラ・バンダをゆるめ、顔を起こし、ウッジャーイーで左鼻から吐いていく。この呼吸を、気持ちよくできる間繰り返す。


ぜひ、お試しください。


なみ子
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


【岡倉天心】 おかくら てんしん 1862~1913

東京美術学校校長。日本美術院創設。1901年、スヴァーミー・ヴィヴェーカーナンダを日本に招待するために僧・織田得能とともにインドに渡った。


ヨーガ事典 [ 成瀬貴良 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



成瀬貴良:編著 『ヨーガ事典』より
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ひろみです。今年もあと1ヶ月。

慌ただしい毎日の中でも、一つ一つ大切に、を心がけております。

それでも「あれもこれも…」と焦っておりましたら、家族にひとこと言われました。

「そんなときは、肩の力を抜いてにっこり笑いましょう」と。ヨーガな人がここにも。

 

 一九四七年七月十日には、シヴァーナンダ・アーシュラムの現総長でもあるチダーナンダや、現在アメリカで活躍中のサッチダーナンダがイニシェーションを受けました。

 スヴァーミー・シヴァーナンダはまた、「汝の敵を愛せ。汝と同じように彼らも愛せ。害を与えられても、善い行いで返せ。汝を軽蔑し迫害する者のために祈れ」というキリストの言葉の信奉者でもありました。

 そして、この言葉を身をもって弟子たちに示す出来事が実際に起こりました。一九五〇年一月八日のことでした。その日、シヴァーナンダはいつもと違って、大きなターバンを巻いて夜のサット・サンガに出席しました。サット・サンガを行っている最中、ゴーヴィンダンという男がホールに入って来るなり、いきなりシヴァーナンダの頭を凶器で殴りつけたのです。周りにいた弟子たちはびっくりして、何がなんだか分からないまま彼を取り押さえ、部屋に閉じ込めました。サット・サンガはそのまま続けられ、いつもどおりに終わりました。

 サット・サンガが終わると、シヴァーナンダはゴーヴィンダンに会いに行きました。弟子たちは、自分たちのグルを襲ったゴーヴィンダンを今にも打ちのめそうとしていましたが、シヴァーナンダは弟子たちをとめました。たまたま弟子のうちの一人が、ゴーヴィンダンは札付きの悪人で、今までにも何回も警察に逮捕された前歴があることを知っていました。しかし、シヴァーナンダは一向にゴーヴィンダンを叱りもしないし、警察に突き出すこともしません。反対に、シヴァーナンダは興奮している弟子たちに言いました。

「ゴーヴィンダンを叱ってはいけないよ。わたしたちの義務は、悪い人を正しい人に変えることなんだからね。だって、正しい人を善い人にする必要なんかないのだから」

 シヴァーナンダは翌日、ゴーヴィンダンに生まれ故郷の南インドまでの切符とお金を渡し、「オーム ナモーナーラーヤナーヤ」というマントラを毎日唱えることと聖典を読むことを約束させ、何か必要なものがあったら連絡するようにと言って、彼を送り出しました。

 

 シヴァーナンダは、著書と月刊誌を発行するため、アーシュラムに印刷機を購入しました。弟子のうちの一人がシヴァーナンダに訊ねました。

「アーシュラムは瞑想するところなのに、グルジーはなぜアーシュラムに印刷機を入れたのですか」

 シヴァーナンダは答えました。

「それは無私の行為をとおしてお前たちが早く進歩するようにだよ。しかも、世界中の大勢の求道者たちにたくさんの本を配れるからね」

 シヴァーナンダはアーシュラムに来た人たちみんなに著書を無料で配りました。弟子たちは、読み書きのできない人たちにまでなぜ著書を配るのか理解できませんでしたが、「無学の者に配ることによって、彼らは読み書きのできる自分の子どもたちに何が書いてあるかを聞くことになります。そうすれば両方の勉強になるでしょう。あるいは、彼らは本を読める人や興味を持っている人にあげるでしょう」というのがシヴァーナンダのねらいでした。

 シヴァーナンダはできるだけ多くの人たちに精神的な智慧を伝えたいと思い、一九六三年にマハー・サマーディに入るまで、三〇〇冊以上の本をエネルギッシュに書きあげました。

 忙しい毎日なのに、どうやってそんなに本を書く時間を見つけることができるのですかという弟子の質問に対して、次のように答えています。

「毎日、あるいは二日に一度でもいいから、そのために一時間を割り当てるようにするんだよ。六ヶ月も経ったら、こんなにもできたかと驚くだろうよ」

「まず最初に、心のうちにそのための計画と方法を考えておき、それから実際に進めるんだよ」

 アーシュラムの出版担当者は、タイプするようにとノートを預けられても、なかなかすぐには戻せませんでした。このため、シヴァーナンダはたくさんのノートを持たなければなりませんでした。また、書きたいと思ったときにはいつでも書けるようにと、書斎に何冊かのノートを置き、オフィスにもまた何冊かを置いていました。ペンも何本か持っていました。メガネも、書斎に、棚に、オフィスにと、いくつも置いていました。これらを探すのに無駄な時間を使うことがないようにです。

 ライトも、ベッドのすぐ側に、書斎の机の上に、くつろぐときに使う椅子の上にと何本かありました。たとえ真夜中であっても、よい考えが浮かんだらすぐに書き留められるようにしてあったのです。

 かつて弟子の一人にこう言ったことがありました。

「わたしは書くことをやめることはないよ。眼が見えなくなるまで書き続けるよ。たとえ眼が見えなくなったとしても、きっとだれかに書き取らせるだろう。死ぬまで精神的な教えを広め続けたいと思っているよ」

 シヴァーナンダは、文法に気を遣ったり、高度な文体で書き上げるというようなことはまったく考えていませんでした。彼の主な関心は、できるだけ早く精神的な智慧を広めるということにあったからです。

「わたしはお前たちが、短時間で最高の精神性を見いだしてくれることを信じているよ」とマドラスの弟子に書いています。

 シヴァーナンダは、書くという行為を通して奉仕をしていたのです。ペンは彼の武器ですが、それを優しく使いました。彼は厳しく批判したり、強引に説き伏せるということはせず、自らの精神的な深さと知的な説得力によって書いたのです。自分の教えを読者に伝えるためには、あらゆる文学的方法を取りました。詩、劇、手紙、エッセイ、物語、譬え話、金言、講演録など、神聖なる智慧を広めるために、あらゆる手段が取られたのです。使われる言葉もたいへん簡潔なもので、明快で分かりやすく、生き生きとしています。

 熱心な求道者がシヴァーナンダに訊ねたとしましょう、「いま、わたしは何をしたらよいのでしょう?明日の朝は何時に起きたらよいのでしょう?スヴァーミージーは、わたしが何をするのをお望みなのですか?」と。

 このような修行者にとって、シヴァーナンダの本は天からの恵みのようなものです。なぜならば、100%実践的なものだからです。

 

『シヴァーナンダ・ヨーガ』 成瀬 貴良 編訳

ひろみ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

Emiです。最近足を運んだ講演会(アドラー心理学)で印象的だった言葉、

『be here and now』

過去のトラウマや後悔、未来への恐れや不安を手放し

今ここに生きる。

あぁ、ヨーガだなぁとしみじみ。

 

シヴァーナンダさん、続きです。

 

 

最初の布教活動

 一九三二年(四十五歳)、スヴァーミー・シヴァーナンダは、ウッタルプラデーシュ州やビハール州に布教の旅に出ました。彼の教えは、キールタンによって至福が得られるというもので、旅には常に楽器も一緒でした。彼は行く先々で神の名を歌い、そして踊りました。歌って踊るサードゥはあちこちで話題になりました。最初批判的だった人たちも、間もなく態度が変わり、一緒に歌いだすようになりました。彼は、汽車の中でも、船の中でも、どこででも、あらゆる機会に神の名を歌いました。また学校を訪れ、学生たちとも話し合いました。

 そのうちに、より多くの弟子がシヴァーナンダと共にいることを望み、彼のもとで教えを受けるようになりました。その結果、今までのスヴァルガ・アーシュラムでは手狭になり、そこを去る決心をしなければなりませんでした。シヴァーナンダはスヴァルガ・アーシュラムの静かな雰囲気がたいへん気に入っていましたが、弟子たちのためには仕方がありません。

 一九三四年の初頭でした。行く先もまだ決まっていないまま渡し舟に乗りました。対岸に着くと、皆で住む場所を探し歩きました。シヴァーナンダに会いに来る多くの弟子たちのためにも、あまり長い時間をかけられませんでした。

 最初の数日間、シヴァーナンダはラーマ・アーシュラムの図書館に住み、弟子たちは近くのダルムシャーラーに滞在しました。

 やがて、もう使われていない牛小屋を見つけると、窓や壁を直し、そこに住むことにしました。彼らはこんな小屋でも十分すぎると思い、この小屋が見つかったことを神に感謝しました。結局、この小屋に八年間暮らすことになりましたが、本や紙類はシロアリに食われてしまうというようなありさまでした。

 今日「ディヴァイン・ライフ・ソサエティ」として広く知られているシヴァーナンダ・アーシュラムは一九三六年に設立されました。アーシュラムの建物は、世界中の信者たちの献金によって建てられていったのです。献金はこの他にも、精神的なことを説いた小冊子やパンフレットのために、また、病気のマハートマやサードゥたちの薬代として使われました。

 

 シヴァーナンダは外に出て弟子を探すということはしませんでしたが、一九四〇年までにアーシュラムの入居者は非常に増えました。他の人たちと同様に、シヴァーナンダ自身にもアーシュラムを維持していくために多くの仕事ができました。

 この間、二百人にのぼる人をサンニャーシンやブラフマチャリヤに導いたり、アーシュラムの滞在者のために「二十の大切な心の教訓」をつくりました。

 一九四一年二月一八日(五十四歳)、シヴァーナンダが、「パラマーナンダをアーシュラムの責任者とする」という書き置きを残して、アーシュラムから急に姿を消してしまうという出来事がありました。心配した弟子たちはガンジスの河原やジャングルの中を一所懸命に捜し歩きました。

 シヴァーナンダは二、三日後、ジャグディシュプルという村に立ち寄りました。村人たちは、シヴァーナンダが自分たちの村に立ち寄ってくれたことに感激しました。二月二十四日、シヴァーナンダはジャグディシュプル村の信者たちを連れてアーシュラムに戻って来ました。弟子たちが何日も心配していたことを話すと、今回のことは、皆を試すために仕組んだものであることを告白しました。彼がいなくても、弟子たちがお互いに助け合いながら修行し、アーシュラムを維持できたことに非常に満足しました。

 一九四二年にはパラマーナンダを布教の旅につかせました。

 

シヴァーナンダの教え

 シヴァーナンダ・アーシュラムは驚くべき早さで発展していき、世界中から信者や求道者たちがやって来ました。弟子たちは彼らに、二、三年前までこの辺りはトラが出るようなところだったのだが、それをシヴァーナンダが今日の修行の場に変えたのだということを話しました。

 また、ここでどのくらい修行すればよいのかという訪問者の質問に、シヴァーナンダは一生が修行であると答えています。 

「あなたはここで他への奉仕を、愛することを、与えることを、純粋になることを、瞑想を、そして悟りを学びなさい。良くなりなさい、そして、善いことをしなさい。親切にしなさい。あらゆるものに同情しなさい。すべては一生涯を通して実践されなければなりません」

 これは、今日、シヴァーナンダ・アーシュラムのスローガンにもなっています。

 シヴァーナンダの著書は非常に分かりやすく、その内容も直接的で実践的なものでした。しかも彼の教えは普遍的で、特定の宗教や宗派に捉われないものでした。

 カルカッタに、たいへんな資産を持つ実業家がいました。熱狂的なヒンドゥー教徒の彼は常々、キリスト教やイスラーム教に比べて、ヒンドゥー教がなおざりにされていることを快く思っていませんでした。ある友人に、どうにかしてヒンドゥー教を広めたいと思っていることを話すと、その友人はリシケーシにシヴァーナンダというスヴァーミーがいることを教え、一度会ってみるようにと提案しました。

 カルカッタの実業家はシヴァーナンダに会いに来ると、ヒンドゥーの布教にだけ使うようにという条件をつけて巨額の献金を差し出しました。シヴァーナンダはしかし、この世のすべての人は神の子であり、すべての宗教をすばらしいものだと思っているということを伝え、カルカッタの実業家の申し出を断りました。

 

 シヴァーナンダのアーシュラムの経営方法はとても不思議なものでした。アーシュラムの財政はいつも赤字と借金で成り立っていました。ある日、リシケーシの店主がやって来て、アーシュラムに貸している二万八〇〇〇ルピーを早いうちに返してくれないと、もう品物をもって来ないと言いました。

 アーシュラムの会計を預かるスヴァーミーは、シヴァーナンダのところに行き提案しました。

 「スヴァーミージー、アーシュラムの金庫が底をつきました。これからは出費を切り詰めていかなければなりません。古参の居住者だけを残して、あとの人には出て行ってもらってはどうでしょうか」

 シヴァーナンダはまったくとりあいません。 

 「いいえ、それは絶対にいけません。神が彼らをここに送ってくださったのですから。必要なものは神がきっと与えてくれるでしょう。何の心配もありませんよ」

 シヴァーナンダにそう言われても、財務を預かるスヴァーミーのほうは、神のご加護とやらがいつあるのやら気が気ではありませんでした。アーシュラムには何も買うお金がないのですから。

 しかし、次の日に奇跡が起こりました。アムリトサルに住むパンナラジーという信奉者が多額の献金をしてくれたのです。財務を預かるスヴァーミーはこの奇跡のような出来事に驚きました。

 

~・~・~・~・~・~・

『シヴァーナンダ・ヨーガ』 成瀬 貴良 編訳

 

Emi 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。