The Yoga Life Society Bija(ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ・ビージャ)

SERVE
LOVE
GIVE



ヨーガを愛する皆さんの生活の起点。
心の拠り所の【場】です。



ザ・ヨーガ・ライフ・ソサエティ(Y.L.S.)の静岡地区を担当し、ヨーガ / ヨガ の教室を運営しています。
ヨーガの哲学から基礎知識を備えるまでの育成・養成コースや、育成コース卒業後のビジネス的なサポートまでを一つのヨーガ的な考え方から導きだしお教えしております。
また、通常の教室は楽しく運営しております。

「全ては皆様の幸せな暮らしの為に。」ヨーガの指導にはY.L.S.運営部の加藤照美が、様々な講師で編成する「チームBija(ビージャ)」を率いて指導にあたります。

こちらも是非、見て下さいね♪ → http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBookもやっています♪ → https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima

【Bija認定ヨーガ指導者育成コース】6月生募集開始です!→ http://ameblo.jp/yogabija/entry-12160317055.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
ヨーガを総合的に学んでいます。
アーサナのクラスだけではなく、学習会も行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)は
静岡県東部<三島市・沼津市・伊豆市・伊豆の国市・伊東市・長泉町・清水町・熱海市>にて出張レッスンを行っています。


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)のレッスンスケジュール
→ http://ameblo.jp/yogabija/theme-10043124712.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)の場所
→ 静岡県駿東郡清水町新宿257-1 analog 2階
  http://ameblo.jp/yogabija/entry-12034324043.html


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)への予約やお問い合わせは 
→ yoga-indu★docomo.ne.jp  (★を@に変えて下さい。迷惑メール防止の為、パソコンからのメールは受信できません。ご迷惑をかけていますが、ご理解下さい♪)
→ ylsbija★gmail.com (★を@に変えて下さい。こちらはパソコンからのメールを受信できます。)
→ 電話 090‐7912‐2282 (かとう)


簡単予約はこちらから → https://coubic.com/bijayoyaku/services

【その他】
地域密着ブログ : http://ylsbija.i-ra.jp/

FaceBook : https://www.facebook.com/yogaspacebijamishima


The Yoga Life Society Bija(ビージャ)
主宰 加藤

テーマ:

 

【オルコット大佐】Colonel  Henry  Steel  Olcott 1832~1907
 

アメリカ人。ブラヴァツキー夫人とともに、1887年ニューヨークに神智(学)協会を設立した。後に神智協会本部は南インドのマドラスに移され、アニー・ベザント夫人やリードビーター、クリシュナムルティらが加わり、神智協会はさらに発展する。

→【クリシュナムルティ】【神智(学)協会】


 

ヨーガ事典 [ 成瀬貴良 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



成瀬貴良:編著 『ヨーガ事典』より

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【オーロビンド・ゴーシュ】 Aurobindo Ghose 1872~1950

 

哲学の人。ベンガルの名士の家庭に生まれたオーロビンドは、幼い頃からイギリスでエリート教育を受け、ケンブリッジ大学を主席で卒業した。帰国後、公務員として働くが、インド独立運動に入り、逮捕される。刑務所を出たオーロビンドは、南インドの港町ポンディチェリーに滞在すると、フランス人女性マザーやポールリシャールらの協力により、ヨーガの研究と指導の生活を送り、多くの論文を発表した。そして、1950年12月5日ポンディチェリーのアーシュラムの一室で静かに息を引き取った。

オーロビンドはヨーガだけではなく、哲学者・哲人・詩人・政治指導者・ジャーナリスト・校長・雑誌編集出版者・劇作家・心理学者・翻訳家・批評家・ヨーガ指導者・ヨーガ実践家・インド愛国家などさまざまな顔を持っていた。

 

ヨーガ事典 [ 成瀬貴良 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



成瀬貴良:編著 『ヨーガ事典』より

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【奥義書】 おうぎしょ

 

ウパニシャッド(upanisad)。別名、ヴェーダーンタ。ヴェーダーンタ文献の成立時期からみても、内容からみてもヴェーダの最後を飾るもの。 →【ウパニシャッド】



 

ヨーガ事典 [ 成瀬貴良 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



成瀬貴良:編著 『ヨーガ事典』より

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



【大きい】 おおきい


マハー(maha)。偉大な、広大な、巨大な。マハーを音写して「摩訶」。

「小さい」はクシュドラ(ksudra)。

 

ヨーガ事典 [ 成瀬貴良 ]
価格:4104円(税込、送料無料)



成瀬貴良:編著 『ヨーガ事典』より

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ヴィヴェーカーナンダの死

 一八九九年、ヴィヴェーカーナンダは欧米での仕事の経過を見るために、再びロンドン、ニューヨークへと渡り、一九〇〇年には東ヨーロッパも訪れました。しかし、今回の欧米旅行は最初のときとは異なり、何もかもに絶望したようでした。貧富の差、利己的な人心、闘争・犯罪・暴行の多発、人種差別などを見た彼は、アメリカに抱いていた希望をなくし、東ヨーロッパで戦争が多発していることにもとても絶望しました。

 このころから彼は、協会での公的な仕事も弟子たちに任せ、世俗的な事柄にまったく関心を寄せなくなり、身体も次第に衰えていくようでした。弟子に宛てた手紙の中で「わたしの心も身体も疲れ果てた。今はただ休憩をとりたいのに、頼れる者はだれひとりいない。なのに人々は利己的になり、すべてわたしを頼ってくる」と言っています。人々のために働きつづけ疲れ果てたヴィヴェーカーナンダの胸中を思うと胸が締めつけられる思いがします。彼は言っています「ただひとつだけ感謝したいことがある。この生命が永遠ではないことに」と。絶望感でいっぱいだった彼を慰めたのが僧院で飼っていた犬、山羊、アヒル、カモシカなどの動物たちでした。ことのほか動物好きだったヴィヴェーカーナンダにとっては、彼らと遊ぶ時間が疲れ切った身心を癒す唯一の時間だったのかもしれません。

 身体は弱っていきますが心は静けさに向かっていくこの時期に、二人の日本人が彼を訪れます。織田得能と岡倉天心です。日本での宗教会議に出席してもらうためでした。中でも岡倉天心気が合ったヴィヴェーカーナンダは日本に行くことに心を動かされますが、身体が弱っていること、日本人がヴェーダンタの一元論を理解してくれそうにもないこと、自分が愛しているブッタの教えが僧の間に正しく伝わっていないことなどを理由に、日本へ行くことは断ります。その代わり、岡倉天心の希望であったブッタ・ガヤーへの旅行には同行しました。

 カルカッタに戻ったヴィヴェーカーナンダの病状はさらに悪化し、医師の管理下におかれるまでになりました。しかし、頭脳は相変わらず明晰で、ベッドの上にありながら『ブリタニカ百科事典』を片っ端から読んで暗記していきました。弟子のひとりがその記憶力の秘訣を訊ねると、心と行いとの純潔さを守ればだれでも可能であるとのことでした。

 日に日に弱っていくヴィヴェーカーナンダを見て、弟子や仲間たちはみな、ラーマクリシュナの言った「ナレーンは、自分がだれで何のために生まれてきたかを知ったときには肉体を捨てるだろう」という言葉を思い出しました。そこで弟子のひとりがヴィヴェーカーナンダにそっと訊ねます。「師はもう自分が何であるかをご存知なのですか」と。その答えは「そう、もうわたしは自分が何であるかを知っている」とのことでした。六月に入ると、かつて師ラーマクリシュナが行ったのと同じようにインドの暦を持ってこさせ、自分が永遠のサマーディに入るいちばんよい日時を選び出し、火葬にする場所まで指示しました。

 七月四日、ヴィヴェーカーナンダの健康は回復したかのように明るく元気になり、僧院内の礼拝堂にひとり入ると窓を閉じ三時間の瞑想をしました。瞑想が終わるとカーリー女神の歌を歌い次のようにささやきました「もし、もうひとりのヴィヴェーカーナンダがいたとすれば、このヴィヴェーカーナンダが何をしたかを理解してくれたであろう。でも、いつになれば、いかに多くのヴィヴェーカーナンダが生まれてくることだろうか」と。

 礼拝堂から戻った彼は弟子たちに優しく語りかけ、仲間と歓談します。そしてインドについて「もしインドが神を求めることに専心するならばインドは不滅である。しかし、政治や社会闘争に走るならばやがては滅びるだろう」と言っています。

 夜七時、呼ぶまでだれも部屋に入って来ないようにと言いおいて自分の部屋に戻ったヴィヴェーカーナンダは一時間ほど瞑想をします。その後、部屋の窓を開けさせて自分はベッドに入りました。人々は彼が眠っているのかと思っていました。一時間くらいして手足が震え大きな呼吸をします。目は閉ざされ、顔は神聖な光に満ちていました。世界や人々のために働きつづけたヴィヴェーカーナンダにもようやく永遠の安らぎのときが訪れました。一九〇二年七月四日夜のことでした。

 

 

 

**********


『いまに生きる インドの叡智』
ヨーガの源流から現代の聖者まで
著者:成瀬貴良 より

赤梅 Hiromi 赤梅

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。