神宮の杜から

名古屋・京都・奈良のこと、その他日常のこといろいろ。
…だったのが、最近はほぼ育児日記。ぼちぼち更新。


テーマ:
珍しく、先日の定例会資料とメモを読み返して整理していました。
 
最大の関心事はもちろん、尾張からの大量供給の意義は何か?(笑)
浄御原宮廃絶に伴い一気に廃棄された大量の尾張土器。天武朝の土器供給体制の革新において、その需要にどう応えるか、やはり、天武天皇の擁立基盤である東海の窯が注目されたという説明は最も納得できるものでそう考えるのが自然だと思います。
 
ただ、今回の講演を聴いて凄いと思ったのは、様々な場所で数多の土器の現物を見てきた先生ならではの着眼点でした。
石神遺跡や飛鳥京跡はさておき、水落遺跡から出土した東海産須恵器だけ古墳時代以来の杯Hが主体であることに注目し、その出土場所が貼石遺構直上の埋立土中だったことから漏刻を大津京へ移設した後の660年代後半〜670年代前半のものだろうと推測、同時に出土した遺物とも考え合わせて、壬申の乱に従軍した尾張兵が持ち込んだ什器であろうとの考察でした。
どこでどういうタイプの土器が多いのか話を聞くだけだと、それにどんな意味があるのかまでは考えが及びませんが、実際に現場を見ているとその遺物が何を物語るのかということに自然と思いを巡らせることができるのかなぁと、小田先生のお話を聴きながら思いました。
そういえば講演タイトルは「飛鳥の土器が語ること」。そういうことか!気づくの遅っ;
 
もちろん語るのは土器だけではなく、瓦や木簡、仏具、溝跡、焼土…挙げればきりがないほどあるのでしょうが、田んぼの地割もそのひとつ。
事前散策時に歩いた古山田道に風人さんの「気になる田んぼの地割」が、そして講演では甘樫丘東麓遺跡の東に小田先生の「気になる田んぼの地割」が紹介されました。
特に後者については、入鹿邸の所在地とも関連して説かれた先生の私説は斬新で、なるほどそれもありかな、と、想像力が著しく欠如している私はその発想の柔軟さに驚きを禁じえませんでした(笑)。
 
惜しむらくは、各遺跡についてもっときちんと理解していれば、さらに目から鱗だっただろうなと…資料チェックと言いながら、何も頭に入っていませんでした(笑)
 
 
さて次回は…詳細決定していないのであまり言わないほうがいいのか(笑)
でもこれだけ叫んでおきます。
葡萄唐草文様軒平瓦!
葡萄唐草!
瓦!
 
以前からネーミングが気になっていたのです、その寺跡。
 
次回もなかなか楽しそうですよ♪
 
 
 
 
 
 
AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

無事に終了しました。

 

意外にも良い天気で、事前散策で歩いていたら背中のカイロが熱かったです(笑)

 

今回の事前散策は、いつにも増して講演の予習として参考になりました。特に土器なんて何も知らないし、展示してあってもほぼスルーしてばかりの為、じっくり実物を見ながら説明を聞けてよかったです。先生のトークもとてもわかりやすかったし。

 

講演では、講師の小田先生が2時間超にわたって熱弁を聞かせてくださいました。

飛鳥の土器だけでなく、新羅や百済との比較があったり、風船技法という百済の面白い土器製作法が紹介されたり、飛鳥中枢部への道路と関連する大規模な地形改変の可能性が指摘されたり、期待した通り多くの事柄が凝縮された、充実の内容でした。

忘れちゃいけない尾張産の須恵器についても、先生の持論が聞けました。

石神・水落遺跡の知識が足りないせいで、ちょっと理解しづらい部分もあったので、機会があればまたじっくりお聞きしたいです。

 

参加者の質問にも一生懸命答えてくれたり 、たくさんの資料を使って時間いっぱい話をしてくれて、その話しぶりから、遺跡や遺物に真摯に向き合っておられるんだなぁということが伝わってきました。

 

久しぶりに打上宴にも参加しました。

 

残念ながら、電車の都合で途中退出せざるをえませんでしたが、メインディッシュのこじき鶏の解体ショーまでは見ることができました^^

 

帰りの電車は、停電で遅れていた影響で、車両が本来の8両から6両編成のアーバンライナーにかわっており、朝のうちに指定をとっておかなかったら満席で乗れないところでした。危ない危ない; 時間の遅れもなく、22時半前には帰宅できました。

 

電車の中で、いただいた本(近江俊秀先生の『古代日本の情報戦略』)を読みました。 2時間あれば結構読めるだろうと思ったのですが、途中で睡魔が襲ってきて、広嗣の乱のところまでしか読めませんでしたー; 時間を見つけてぼちぼち読みたいと思います。 有難うございましたm(_ _)m

 

10周年のよい定例会となった1日でした。

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々にこのタイトル(笑)

 

10周年ですよ。

私は1周年の時からなので、9年のお付き合い。

そっか…オバさんになるわけだorz

昔は若手メンバーだと思っていたのに、今じゃ自分より若い先生の講演を聞く機会が増えましたしね。

 

明日の先生もそうなのかな。

盛りだくさんの内容を準備してくださっているようで、楽しみであります♪

とりわけ石神遺跡に関しては充実したお話が期待できそう。

 

先生も言われているように、土器を学ぶということは、飛鳥の遺跡や歴史を俯瞰することにも繋がるので、明日の講演を聞いてそれを実感できたらいいなと思います。

 

最近は、クソ寒い中、毎日坊に付き合って何時間も公園遊びをしているので寒さには慣れているとは思うのですが、アタマを使っていないので脳も活性化しておかないと…

咲読書いたのもだいぶ前だし(笑)

 

明日は、久しぶりに打上げ宴にも出席するのでこれもまた楽しみです☆

 

それでは、洗濯も風呂掃除も終えたことだし、明日の朝食と化粧は電車の中で済ませることにして、寝ます。

 

 

AD
コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨年の今頃は、胃腸風邪にやられて駆け込んだ休日診療所でぶっ倒れて点滴のお世話になったうえ、イブには家族全員ダウンしクリスマスどころではなかったという忌まわしい記憶がありますが、今年はいちご狩りに出かけたり、毎年恒例ケンタッキーのクリスマスバーレルでホームパーティーをすることができました。

 

3人とも軽く風邪気味ではありますが、ノロウィルスに関しては、業務用のエタノール製剤ラトナールを入手してばっちし対策しているためか、今のところ誰もノロの標的にはならずに済んでおります。

 

あ。そういえば先月すでに熱を出したんだったわ。そんな時でも坊を預かってくれるところなんてないから、冷えピタ貼って死ぬ思いでご飯を作り死ぬ思いで食べさせ、死ぬ思いでお風呂に入れて死んだように寝たら、翌日には嘘のように復活しました(笑)

 

とはいえ、本格的な冬はまだこれから。

昨年以上に健康には気をつけて過ごしたいと思いますー。

 

1月は、3歳児検診にインフル2回目接種、日本脳炎予防接種、あとそろそろフッ素塗布の時期だし、病院通いに忙しい年寄りみたいになりそうな3歳児(笑)

 

プレの3学期も始まるし、その合間に入園説明会や導入保育もあったりして、4月までは入園準備に忙殺されそう…

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なんかよくわからないのですけど、ずーっと投稿画面に入れなくて久しく放ったらかしてました(;^_^

なんとなくさっき開いてみたらなぜか書けるではないですか。なんなんだこれは一体…

というわけで、さて、何を書きましょうか(笑)

 

とりあえず、両槻会の宣伝を。

10周年となる第60回定例会が、来年1月21日(土)に開催されます。

飛鳥の土器についての講演会です。

 

正直私は、土器といえば縄文の縄目文様と、つるっとした弥生土器しか思い浮かばないほど興味の対象の範疇外だったんですが、地元尾張製の土器が飛鳥時代に宮中御用達だったと知り、いろいろ調べると、うちの近所や知っているところが絡んでいて、面白いかも!と思っているところです。

 

考えてみれば、この辺りは今でも瀬戸物や常滑焼、美濃焼の産地だし、昔から窯業が盛んだったのも当然といえば当然ですよね…

 

定例会の日は、お茶碗のひとつでも作って、尾張国からの献上品として持参しなくちゃ。木簡もつけないとね。

 

 

 

 

 

 

 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

恒例の夏休みの奈良旅行は、私のたっての希望で長谷寺へ♪

定例会の行き帰りの電車で長谷寺駅を通るたびに、久々に行きたいなぁと思ってたんですよね。寺も仏像も、法隆寺とマイベストオブテンプルを争うくらいのお気に入り。

夜はこれまた恒例の花林さんにて。

それ以外は決まってない(爆)

まぁ今回は日帰りなんで、あまりゆっくりできないのが残念ですが。

飛鳥南部でも行こうかしらね。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日のテレビは、どこもリオ・甲子園・畏きあたり…のローテーションだし、猛暑だけどお外へ出かけました。

午前中は、私の祖父の命日だったので納骨してある東別院へ行きました。
坊と二人焼香してな〜む〜と合掌。
お参りなんてすぐに終わるので、少し境内の日陰で涼み、帰り道のカフェでソフトを食べさせ、再び地下鉄で戻ってきました。

ついでにスーパーで買い物をし、帰りの寄り道の定番であるいつものお寺でウダウダ過ごすこと1時間(笑)。
38度の灼熱地獄の中何やってるんだと思うのですが、最近よく会うようになったおっちゃんがおりまして、何となくおっちゃんがくるのを待つようになってしまったのです。
いつも自転車で颯爽とやってくるそのおっちゃんは、カメラが趣味のようで、会うたびに坊に自ら撮影した写真をくれるのです。

こないだついに、そのカメラで坊を撮影してくれ、今日いただいてきました。
今日は、お写真に加えて弟さんお手製という金魚の鍋敷きをくれました。

おっちゃんと別れ、熱田神宮の前を通った時、そういや今日は参拝停止だったことを思い出しました。
数日前からそれを知らせる看板が立っており、その理由が「神宮の都合」となっていたのと、県警のパトカーや白バイが警護の訓練をしているのを目撃していたので、おそらく皇族方かVIPがお忍びでくるんだろうと思っていたのですが…

南門を通った時は、ちょうど規制が終わった時間で、地元テレビ局のカメラがウロウロしていたのですが、あろうことかその中の某局につかまり、「皇太子さまが来られていたのご覧になりましたか?」と聞かれておおそうだったのか、と知った次第であります。

しかも、見てないつってんのに、いつにまにかマイクとカメラを向けられてうまいこと今話題沸騰中の陛下の生前退位についてのインタビューにもっていかれ、まさかTVカメラの前で「お好きになさったら…」なんて言うわけにいかないし、しどろもどろにそれっぽく答えたのですが、無事にオンエアは免れたようでホッとしました(笑)
だいたい、汗で顔テッカテカだし恥ずかしいわ!

というわけで、いつ街頭インタビューに遭遇してもいいように、少なくとも時事問題にはまともに答えられるようイメトレをしておかねばと思った猛暑の1日でした。

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

「発掘調査から見えてきた飛鳥京跡苑池のすがた」と題したウォーキング&講演の定例会でした。


昔、飛鳥京跡をテーマにした定例会でも現地で説明を聞いたことがありますが、田んぼだらけで何にもないところだし、イメージがしづらくてイマイチ興味がわかない…


ということで、「苑池」と聞くと「いや、いいっす(笑)」とスルーし続けてきたのですが、とうとうその苑池と向き合うときがきたか…!という気持ちで今回の定例会に挑みました(なんて大げさな)。


午前中は現地を訪ねて事前散策。

今回も、講師の先生が同行です。

鈴木一議先生は、苑池の調査を担当されており、どんなホットなニュースが聞けるのかと期待しつつバスに乗り込みました。


甘樫丘で下車し、そこから徒歩で苑池に向かいました。


曇りの予報だったのに、出発時には太陽燦々のピーカン晴れに。

さすがにこの暑い中では、歩いている人もまばらでした。


苑池に着き、つい昨日まで発掘されていた場所を前に、図面をみながら先生の説明を真面目に聞くと、大体の位置関係や大きさがなんとなくではありますが、掴むことができました。

発掘調査の裏話なんかが聞けるのも、楽しみのひとつですね。


この苑池のあたりは、私の中では飛鳥を南北に分ける中途半端な位置にあるように感じられ、飛鳥全体のなかで苑池というものをどう捉えたらいいのかわかりにくい、というのも、苦手意識を持っていた理由のひとつでした。

それがちょっと薄れたような気がした瞬間でした。


暑さから逃れるように入った休憩舎で、一息つきながらパネル展示を見て学習する人、担当された先生から直々にお話を伺えるということで、炎天下で先生に熱心に質問する人…それぞれに理解を深めている様子でした。


飛鳥京跡を通って講演会場の飛鳥資料館(=涼しいところ)へ急ぎます(笑)


確かにウォーキングには暑い日でしたが、私はそれほど苦にはなりませんでした。

なぜなら、飛鳥だから(爆) 


資料館の講堂で昼食の後、午後からはたっぷり時間をとっての講演会。


1999年に始まり第11次まで行われている飛鳥京跡苑池の発掘調査について、第1次~4次調査を第1期、それ以降を第2期とし、それぞれの回の調査がどういった目的で実施され、どのような成果があったのかが、数多くの画像とともに丁寧に説明されました。


周辺の地形や池自体の高低差、護岸や石敷きの状態、飛鳥川の氾濫の跡、北池と南池の性格の違いetc…それぞれ具体的に解説され、苑池の全体像が明確になっていく過程がよくわかりました。


ですが、まだ詳細が不明なままになっていることもあるようです。


南池の導水施設の構成や北池の構造の解明、木簡が水路に流れ込む経路、建物の方位の振れ、柱間が四間である理由などが、今後の課題として残っているそうです。


今までは、「飛鳥京苑池から~が出た」と聞いても「いや、いいっすw」でしたが、それらが解明されるのが楽しみになりました。

是非ともこのホットな気持ちが冷める前に、そんなニュースを聞きたいものです(笑)


来年には飛鳥京苑池が復元されるそうで、それはそれで早く見てみたい気もしますが、今のこの景観をしっかり覚えておかなければ…檜隈周辺といい、どんどん飛鳥の風景が変わっていってしまうも何だかなぁと思ってしまいますねぇ;



飛鳥京苑池に関する話が締めくくられた後、最新の飛鳥発掘情報として小山田遺跡についてのお話もありました。


この遺跡が話題になっていた頃は、家事育児でいっぱいいっぱいで、飛鳥がまるで外国のようになっていた時期でして、私のリアクションも「なにそれ」「どこそれ」「知らん」で終わっていたというね(爆)


定例会で小山田遺跡が引き合いに出されることがあっても「???」だったので、ちょうどよいタイミングでした。



充実した気分を抱えて名古屋に戻ると、坊は意外にもお利口だったという…!!


↓↓かくのごときイヤイヤ攻撃の大変さを旦那もわかってくれるだろうという大いなる期待に反してorz

 

なぜだ…ガクリ





コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

うちの息子は割と聞き分けの良い方で、私が「〜しよっか」「〜行こっか」と言えば素直について来るし、いわゆるイヤイヤ期はないのかなー、それとも気づいてないだけかな、なんて思っていたのですが。

先週、2歳7か月になった翌日に突然!「魔の2歳児」と化しました。

1日目は「なんか機嫌悪いなー」、2日目は「最近おかしくない?」、3日目になってようやく「これって2歳のイヤイヤ?」と気付き…

最初は「ヤダ!」「いるの!!」「おかあさんこっち!」にまともに付き合い、最終的には私もキレて怒鳴って時には手もあげ(ちょっと頭をぺちっとする程度ですよ)修羅場になっていましたが、これがイヤイヤ期と気づいてからは、ヤツが泣き叫び始めたらひたすらスルー、という対応にしています。

そういう反応が出るタイミングというのも大体パターンが決まっていて、出かける時、食事が終わる時、別の場所に行くとき(帰る時も)、寝る時、というのがほとんど。

次の行動に移るのに戸惑っているだけで、「いる!(欲しい)」や「したい」に本気の意味がないのですよね。
自分でもどうして泣いているのか分かってないっぽいぐらい、それはもう激しい泣き方なのでね。
外を見ながら「お外見るの!」、欲しいものを手に持ったまま「いるの!」ですから、手のつけようがありません(笑)

実際、うんうんそうだねーと同調しつつ強引に抱っこしてその場から動かせば、少し経つとケロっとして、「いるの〜いるの〜って泣いとったもんね」と冷静に振り返ってますからね…
(翌日以降にもそういうことを言うので、我を忘れて泣き喚いてるのかと思っていたけど意外と冷静なんだ…と驚き)

それが分かってきたので、ある程度はイライラせずに心に余裕を持って対応できるんですが、その代わりに「部屋が散らかっても気にしない」「ご飯を残されても怒らない」「少し寝る時間が遅くなっても大目にみる」などの妥協も必要なわけで、こっちの方がストレスだったりします;
日々の生活に関しては、計画性を持ってキッチリとかつ効率的にやらねば気が済まないところがあるもんで;

育児=育自、というだけあって、母の忍耐力も鍛えられますな…

けど、第一次反抗期と言われるこういう時期がないと、大きくなってからもっと大変になる(キレやすい子になる、大人になっても社会に順応できない)らしいので、それなら今だけちょっと我慢した方が断然いいです。


9月からは、母と離れて幼稚園で過ごす練習も始めるつもり。
1学期は、親子参加の未就園児教室に行っていたのですが、来年の入園に備えて2学期からは子供だけのクラスに行かせてみようかなと。週一だけですが。

絶対泣きまくるな…

という不安を先生に漏らしたところ、「大丈夫です!」と自信たっぷりに言い切ってくれたので、先生と我が子を信じて送り出すしかない(笑)

イヤでも来年からは毎日幼稚園生活だからね…
彼にとっては人生で初めての試練とも言えましょう(笑)
でも、これから小中高と集団生活は避けられないから、耐えていただくしかない。

そういう私は、もう一度小学校から集団生活やり直せといわれたら、余命宣告されたほうがマシなくらいイヤです(爆)
思い出すだけで頭痛がするわ…

自分の子にはお友達と楽しく学校生活を送って欲しい。
ちゃんと馴染めるかしら…
イヤイヤ期より何より、今はそのことが一番の不安だったりします(^_^;)







コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

第56回定例会が無事に終わりました。


歩くと暑い夏日でしたが、ウォーキングするには気持ちの良い晴天でした。


今回は、学生さんたちの参加もあり、50人超の大所帯!


久しぶりに飛鳥の王道ともいえるコースを歩いて、「あ~飛鳥だ~ぽけ~」と幸せに浸りながら歩けました。


かつての定例会で、飛鳥宮跡をぐるぐる回りながら3期にわたる宮の姿について説明を聞いたなぁ、とか、甘樫丘東麓遺跡や飛鳥寺西方遺跡で発掘調査が行われたときは見に来たなぁ、とか、歩きながら思い出しましたよ…

いやぁ、ほんっと楽しかった…そういうことができた頃は!(爆)


関西を離れ、さらに子どもが生まれてからは、すっかり本気モードの考古系の話からは遠ざかっておりましたが(笑)、最近ちょっとずつリハビリを始めてます。


両槻会は、その道の専門の先生のお話を直に聞けるので、せっかくそのような機会に恵まれているのだから、学べることは少しでも多く学び取りたいし、そのためにはある程度の知識も必要なので。


ただ、それも中途半端だとかえって苦痛ですが(正直そう感じることもありましたよ;)、ハマってしまうと結構楽しいもんです。


今は、当然ながら家事育児が最優先の生活なので、自分の時間を取ろうと思ったら睡眠を削るしかないのが辛いところですが、今までのように飛鳥を楽しむためにも勉強はしていこうと思います。


話は定例会に戻りますが、ウォーキング後半で、見慣れない建物が現れました。


おぉ、噂のあれか…!と思いつつ向かった先は飛鳥京跡苑池。


何やらこの辺に新しい施設ができたらしいとは聞いていたけど…中に入ると、真新しい木の香が心地よい休憩所(?)になっていました。


苑池に関するパネルと資料があったようですが、座り込んだら立ち上がる気力もなく、結局スルー(笑)


実をいうと、この飛鳥京苑池、何となく苦手意識があって敬遠してたんですけど、次回の定例会は苑池遺構の講演会なので、とりあえずそこでもらった資料をあとで読んでみたら意外といけそうだったので、ちゃんと勉強することにします(笑)



そういえば、今回の定例会と関係ないですが、実は私、竹田道が好きなんですわ。

何で?と訊かれると明確な答えはないのですけど、八釣から甘樫丘を眺めつつ飛鳥に入るというあの雰囲気が、なんとなく好き。


新田部皇子(親王っていわなきゃいけないんだっけ)の邸宅があったかも?というのも理由のひとつかもしれない〈笑)


新田部皇子邸といえば、唐招提寺行きたいなぁ…

ド迫力千手観音を愛でるのもいいけど、癒し系NO.1のあのお寺で無条件に癒されたい。

癒されに行くんだから、当然子どもナシで!

(永井先生の『氷輪』読もうかな?永井作品、昔はよく読んでたなぁ…特に『北条政子』が好きだった)


なぜか飛鳥の定例会の話が、鑑真和上の癒し寺の話になってしまいましたが、これからもディープな飛鳥を両槻会で追いかけていきたいですー


(眠くてわけわからなくなってきた)




コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。