1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年07月04日(月)

女子関東3節 vsエストレーラノーボ

テーマ:anilla
{C69D960D-ECA3-4725-879F-F4B1E7A4E081:01}
【SuperSports XEBIO 第7回女子関東フットサルリーグ2016 by PENALTY】
第3節結果

vsエストレーラノーボ
○2-1(前半1-0,後半1-1)
得点者  #10愛梨、#15東

本日も遠く栃木県まで応援に来て下さった皆様、
ありがとうございました!
今日は改めて関東リーグでプレー出来る喜び、
応援して頂ける感謝を
全力のプレーで示そう!と、
話し合ってから臨みました。

ただ、前半はボールが全く繋がらず、
動きの連動性もパスの精度も全てが悪かった。
言い方悪く言えば、
それこそ個サルのような
その場凌ぎなプレーの連続。
戦術における1つ1つのプレーの"意味"を
選手達がまだまだ理解&共有出来ておらず、
僕のイメージとは程遠い内容に
なってしまいました。
わざわざ遠方まで応援に来て頂いたのに、
つまらない試合になってしまったかと思っています。
選手達に体現させてあげられなかった事、
相変わらずの決定力不足含め、
今日の展開は完全に僕の責任です。

ただ、悪い事ばかりではありません。
プラス材料も多くありました。

全員出場しながら、
各選手がオーダーを果たし続けた事。
各セットでしっかり話し合えた事。
そして何より、
最後まで走って
気持ちで勝ち切った事。
これは前節をきっかけに、
目つきがガラリと変わって
気持ちが乗っかった選手達が
増えた事によるものだと思ってます。
大切な事に気付き始めた彼女達が
試合を動かす日は近いはず。

ようやくですが、
皆さんと一緒に
勝利のBIGWAVEができて
ほんと嬉しかったです。
{4F34B201-EF26-4C77-A756-21917FA55432:01}

{68929A52-B542-4073-A1BD-F3BD9C5307C4:01}
BIGWAVE自体も練習しとかなきゃ笑


次節は来月8/6(土)
またまた栃木の県南体育館で、
相手はアネックスさんです。

まずは次節までの一ヶ月。
観ていてもワクワクするような、
全てがゴールに直結するプレーの連続であるような、
リズムと躍動感を兼ね備えた
試合が出来るようにします!

その為の理解を
徹底して深めていきたいと思います。



...っていう深夜の真面目なブログ。



たまには真面目なのも書くさ。

だって深夜だから。
{D9E92968-0EE8-4BBD-AE67-5491E9A2B479:01}

強い気持ちでがんばろう。






今日も感謝。

Junji.


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年06月27日(月)

女子関東2節 vs浦安ラスボニータス

テーマ:anilla
{90EE80BA-DA12-4E65-A168-4C222F432010:01}
【SuperSports XEBIO 第7回女子関東フットサルリーグ2016 by PENALTY】
第2節結果

vs浦安ラスボニータス
●2-5(前半1-2,後半1-3)
得点者  #14景子、#15東

まず大きな声援を送ってくれた皆様、
ありがとうございました。
ずっと大声を出し続けてくれたサポの方々、
前節も今節も来てくれた元anillaメンバーや
仲間達と応援に来てくれたクリニック仲間。
そんな方々に顔を上げられない
恥ずかしい試合になってしまいました。
結果を言ってるのではありません。

「試合」というもの。
「勝つ」ということ。
「出る」ことの意味。

「出たい」じゃなく、
「出て何をする」のか。

それを理解していた選手達が
あの試合でどれだけいたのか。

人は強い動機があって行動に反映される。
「負けたくない」より「疲れた」が勝てば
「走らない」という行動に繋がります。
「負けたくない」が強ければ、
負けないために必要な要素を
継続して必死に体現しようとします。
例え出来なかったとしても。

問題なのは「出たい」という動機。
これは動機が「出たい」だから、
出たら目的を終えてしまう。
試合で自分が何をしたいのかを
自分で分かってなかった場合、
その選手は一体ピッチで何を残せるのか。

「試合に出る」

その意味を、
選手は絶対忘れてはいけない。

まだまだ修正箇所は多々ありますが、
理解も高まってきているし、
そんなに悲観はしていません。
ただ公式戦になると、
地に足つかない感じになってしまうのは、
今後の最重要課題。
普段からどれだけ試合をイメージして
練習に取り組む事が出来るかどうか。
普段からどれだけ選手同士で
コミュニケーションを取れるかどうか。
まずは何よりハートで戦う事。
ピッチに立つのなら。
誰かがやるんじゃない。
自分でやるんだ。

今後はそういうプレーを続けて
心に響く試合をしていきたい。
応援してる方々の熱量や想いに対して、
選手がそれ以上の熱量や想いを持って
ピッチに出て戦ってほしい。
観に来て下さい!
っていうならそんなの当たり前の事。

そんな気持ちを
改めて強く感じた試合でした。
ここから巻き返すのみ!


次こそBIGWAVEを!
{D48C12C3-2457-4D92-9CE5-DFD31888C277:01}






今日も感謝。

Junji.

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月20日(月)

女子関東開幕戦 vsフウガドールすみだレディース

テーマ:anilla
{E5C2CE8F-644A-4CA5-926D-1D0ADABCCE5A:01}

SuperSports XEBIO第7回関東女子
開幕戦 結果

フウガドールすみだレディース△2-2
(前半1-0,後半1-2)
得:東山×2

今季参入組とは言え、
優勝候補にも挙げられるフウガさんは
やっぱり手強かったです!

公式シュート数にも表れているように、
(anilla→前半15本、後半9本)
(フウガ→前半8本、後半16本)
前半はanilla、後半はフウガさんという
構図でした。
試合を自分たちで難しいものにしたのは、
決定力と走力(筋力や体力含む)の所。
アスリート的な観点での個人個人の差は
やっぱりあるなと感じました。

前半、アグレッシブなディフェンスからの
決定的なシーンを何度も迎えましたが、
そこを決め切れなかったのが現在の力。
3,4点は取らないといけない場面を逃し、
後半最初にルーズになった所から失点。
悪い終わり方からのカウンターで失点。
シュートを決めた竹村選手と足利選手は
技術も高く常に脅威でした。
anillaから移籍した麻衣子も、
相変わらず楽しそうで何よりでした笑

最終的に負け試合になった流れを
何とか引分けに持ち込めたのは、
マツヤマの兄貴の打楽器(笑)を中心とした
応援団達の後押しがあったからです。
あの応援が僕らの心を奮い立たせ、
最後まで戦う事が出来ました!

気持ちのアツ~い最高の応援団と、
最後まで戦い抜いた選手たちに感謝です。

フウガもいつも通り元気いっぱいの応援で、
何だか懐かしくて嬉しくて、
男子も女子も本当に魅力溢れるチームだなと
改めて思いました。

次節は浦安さん。
今季の関東リーグを盛り上げるためにも
次も全員で頑張ります!


最後は告知を!
本日、内クリ~ドリブルキャンセル研究会~@フットサラ町田
(通称:ドリ研)やります!
スピードが無くても抜けるようになりたい!
そんな思いがある方は、
こちらからのご予約お待ちしてます!

宜しくお願いします!





今日も感謝。

Junji.



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。