やまたくの音吐朗々Diary

フリーライターのやまたくが綴る、

映画レビューを中心としたバトルロイヤル風味。


テーマ:
キサラギ

公開中の映画「キサラギ」を観賞。

監督は佐藤祐市、原作&脚本は古沢良太、出演は小栗旬、小出恵介、ユースケ・サンタマリア、香川照之、塚地武雅(ドランクドラゴン)ほか。

マイナーなグラビアアイドル、如月ミキが自殺を図ってから一年後、彼女のファンサイトに集う5人の常連男が、あやしげなビルの一室に集まって追悼パーティを開く。彼女の思い出話からスタートしたファン談義は、いつしか彼女の死の真相におよび、ついに事件が起こる……!?

ワンシチュエーションストーリー。自殺を図ったアイドルのファン5人がひとつの狭い部屋のなかでくり広げる大まじめなドタバタ会話劇。舞台劇がオリジナルという強みが存分に発揮されており、軽妙な人間物語にグイグイ引っ張られていく。そのうえ、5人のキャストの迫真の演技、これが、なかなかどうして見どころなのだ。

基本はミステリーだが、脚本がよくできている。伏線自体は、易しく張りめぐらされている程度のものだが、ワンシチュエーションのわりには、適度にメリハリがきいており、中だるみすることなくサスペンスフルな謎解きが楽しめる。適度な分かりやすさが功を奏し、(力を入れたと思われる)人間物語に集中できるのもアドバンテージだろう。

登場人物は、バランサー的な役割で場を和ませる優男、見るからに変質者的な立ち居振る舞いのオヤジ、キュートというよりはキモイと言われかねない小太りオタッキー、エラソーなクセして立場の強いほうにばかりなびく優柔不断くん、自責の念にかられるクソ真面目な熱血漢、の5人。性格も、生きてきた環境も、如月ミキとのかかわりもバラバラの人間が、ひとつの空間に押し込められたときの化学反応! これれを楽しむのが本作「キサラギ」の正しい見方か?

ときにナイフまで飛び交うドタバタぶりのなかで、5人の男が互いに“個”をぶつけ合いながらバトルするサマは、エネルギッシュであり、そのバトルを経た者同士がひとつの結末に収斂していくあたりのくだりは、馬鹿馬鹿しくも感動的。全編にちりばめられた、大まじめなゆえの笑いも好感度「大」。少々くどい面もなきにしもあらずだが、ワンシチュエーションで、ここまで楽しませ&笑わせる点を評価したい。

ビデオ観賞会が始まる(続編をにおわせる)ラストシーンは、“画竜点睛を欠く”というよりは、明らかに“蛇足”だが、それもご愛敬と許せるほどエンターテインメントとして成り立っている佳作。そろそろ劇場公開も終わりに近付いているようだが、万人が楽しめる映画としてオススメしたい。

↓ふむふむ、と思った方はポチっとお願いします★
人気blogランキングへ

オススメ指数:85%
(オススメ指数の目安はTOPページをご覧ください)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。