私のもうひとつのブログです 写真と闘争ファイルが入っています

HIMALAYA VASHIST BOM SHANKAR

裁判記録などのファイルは4月と5月のアーカイブに入っています


私の提示する神学がらみでいらっしゃった方はこの記事からお入りくだされば迷わなくてすむかもしれません

コンシャスネス トーク その2

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-04-18 04:19:43

プロローグ

テーマ:MERA REAL

 

 去年の11月だったか仕事帰りの都電で少し気になっている女性を見かけた 私の生活圏と彼女のそれが少しかぶっていてちょくちょく顔を合わす でもこれまで言葉を交わしたことは一度もない 言葉を交わしたことはないが私からの一方的なコミュニケーションを交わしたことは一度あった

 

 初めて彼女を意識したのはバス停だった
 <どこかで見た様な、、、>
 何日かして気づいた ***で仕事している女性だ でも普通の**さんではなさそう 制服が違うしカウンターに入らない そこの**さんに尋ねたら
「彼女には*の整理をしてもらっています」と教えてくれた 

 

 その後彼女がヘルプカードを持っているのに気づいた 私は知らん顔をする 向こうも同じ 彼女はよくしかめっ面で唇をひんがめていた 、、、、、
<普通にしてればそれなりに可愛いんだけどな、、、>
いつも見かける度に知らん顔をしていた お互いに遠くを見ていた

 

 またバス停で彼女を見かけた 同じバスに乗る 混んでいた 私も彼女も通路に立つ 向こうに席がひとつ空いた 私は彼女の肩をたたいて空席を指さした 彼女はそのまま歩いて行きその席に座った これが初めてのコミュニケーション 言葉は一言もない 会釈すらもない

 

 その後も私達はいつも同じ態度 知らん顔でどこかを見ていた

 そして11月 私が乗っていた都電に彼女が乗ってくるのが見えた 少し前までヒマラヤに居たので久しぶりだった 彼女は歩いてきて私の隣に立った 
 <偶然、、、かな、、、>
 私はデイパックに入れていたインドのトフィー(飴)を5,6個つかんで彼女に差し出し声をかけた 初めてかけた声だった
 「おいしいよ」
 声が届いたかどうかは確認できない 彼女はずっと下を向いていた でも飴は受け取ってくれた 彼女はずっと下を向いたまま一度も私を見ない 自分の降りる駅までずっとそのままだった

 

 トフィーをあげてから4か月ほど経つけれど私たちはあいかわらず たまに出会ってもお互いに知らん顔をしている 私の方は会釈ぐらいはしたいけれど 彼女は決してこちらを見ない だから私も知らん顔をしている

 

 これでいいのだと思っている 

 

 無理してはいけない 素人には手に負えないことがある 手を出すなら一線を引いてから

 

 まあ でもあれから口をひん曲げた顔はみていないので いいとしとこう、、、、 (*'ω'*)

 

 

  2,3ヶ月前に職場で出会う女性2人と某ファミレスで待ち合わせた 彼女たちとはもう3年半ほど顔を合わせているけれどプライベートなことはほとんど話していない お互いにそれぞれの仕事をしているのでそこでは軽い話しか出来ない だからこのブログを以前より見ている人なら知っているだろうことを彼女たちは知らない 彼女たちが知っているのは仕事中の私 職場以外で会うのは初めてだった 私から誘った 話したかった 

 

 ファミレスで私達の話がどのように始まったのか憶えていない 無難なところから始まったのだろうと思う その中で由紀さんに聞かれた 
「ここの前はどこにいたの?」
「刑務所」

 

 言ってしまったと思った 

 

 彼女たちに「?!」って感じはあったけれどあっさり受け入れられた 拍子抜けするってこういうことかと思った で 大麻で捕まったことや生活保護を受けていることなどを話していたら長谷川さんに聞かれた
「今のアパートに移る前はどこに住んでたの?」
「山谷のドヤ」

 

 その時の彼女たちののけ反りよう! 刑務所にさほど動揺しなかった人が山谷ぐらいでなんで?って思ってしまう

 

 刑務所って聞いても一般の人にはあまりにも遠くて実感が沸かない 山谷なら東京の人には ええ?!って感じなのかな ま いいけどさ その夜こんなツイートをした

 

『熟女二人とデートしてきた けっこう楽しかったぞ』

 

 

 3月になってから由紀さんと長谷川さんにもう一度外で会いたいと頼んだ アダルトビデオなんかをネタに性を真面目に話す会合をやりたい 個人的なことではなく一般論でやってそれをまとめてブログ記事にしたい みたいなことを言った OKを貰えた 由紀さんが言う
「取材ってことね」

 

 A子はその会合のことを知っていて少し関心を持っている そこで由紀さんがA子に言った
「A子さんにはまだ早い」

 

 B子は自分たちのことがブログに描かれることを知っている その彼女が自分のことを描くのはやめてもらえないかと言ってきた B子に重きをおいていた私は困った 個人情報とかは出さないよ 描くのはキャラだけなんだけど
「それでも 出来ればやめてほしいです あのお二人は了承してるんですか?」

 

 長谷川さんに聞いた 名前をどうしよう? 実名は避けた方がいいと思うので今のところは若い時に出会ったイメージのかぶさる女の娘の名前で描いてるんだけど 
「いわくつきのやつね いいよお それで  お兄さんの好きにしてえ」
 投げキスがとんできそうだった 

 

 長谷川さんに□○さんを今週見てないけどどうしたの?と聞いた 誰?と彼女 4月から来た男の人いたじゃないと私 すると彼女はばっさりと言った
「あ あれ 3日で辞めた 根性なしだから」

 

 そこに通りかかった富士子ちゃんが言った
「根性で頑張ってまあす」
(=゚ω゚)ノ

 

 そういうことかと思った 私が清掃を担当しているこのフロアは今ちょっと人手不足っぽい 先日富士子ちゃんが残業時間も過ぎてるはずなのに残っていたから もう5時半になるよ と声をかけたら はあい もう帰ります と応えて そしてなさけなさそうにつぶやいた
「誰かに言ってもらわないと帰りにくいんですよね でも もう帰ります」
(*'ω'*)

 

 3月でここの職員が二人辞めたところに新人が一人入った それだけでもきつくなるだろうにその新人さんが続かなかったとなると大変だよね そういうことを由紀さんに言ったら彼女はこう応えた
「あなた やらない?」

 

 名前については由紀さんもそれでいいと言うので 以後も「由紀さん」「長谷川さん」として物語を進める 
 その由紀さん長谷川さんの二人と近々愛と性をテーマにした会合を持つ予定 その内容を編集して記事にするつもり 愛と性はこれまで手を出せなかった分野 私 ちょっとわくわく

 

 

 3月いっぱいで移動した主任に私がブログを描いてることを伝えた リアルでそれをしたのは初めて かな 見てくれてるかな? ま それはいいとして C子にも伝えた C子は言う
「私 そんなに見ないですよ」

 

 由紀さんにも伝えている 由紀さんが言う
「あたしネットは見ないの 息子にもきつく止められてるし」

 

 長谷川さんにも伝えている 長谷川さんが言う
「あたし それだけは見ちゃダメって思ってっから」

 

 私のリアルはどう進展していくんだろう

 

 

 

 

 


 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-04-08 22:57:36

東京都総務局総務部法務課よりの通知

テーマ:ブログ

4月7日に法務課より以下の文書が届きました いよいよ都知事のところに書類が回るようです

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-03-30 05:28:15

反論書 +α

テーマ:ブログ

 

 

 東京都庁の担当部署に提出している反論書の内容を以下に公開します 伝えたいことは二つです

 

__________________________

                    28総総法査第440号
                     平成29年3月17日
 

東京都総務局総務部法務課
 総括審理員 鈴木 朗 様
   審理員 中村 隼 様  
  

                審査請求人 山﨑一夫


         反論書

 

台東区福祉事務所長が提出した弁明書(平成29年2月22日付け)に反論します

 

(1)事実関係について
 全7頁の弁明書の2頁から4頁に記されている「4 本件処分に至るまでの経緯」 に微妙なところがあります
 まず (14)~(17)に収入認定に至る経緯が書かれていますが それちょっと違います 私が審査請求書で述べていたように収入認定がされたのは11月8日であり 私はその日貰ったばかりの保護費と前日に貰っていた給与からその場で返金したのです  そしてその際にこれは仮の領収書で後日正式な領収書を出す旨を言われました 後日(日付は憶えてません)その正式な領収書を貰い仮領収書は返しました
 なので(14)~(17)の記述は実際の事実によるのではなく正式な領収書等の日付に合わせてそう書いたのかもしれません これは本件審査請求に大きな影響はないように思いますが 一応指摘しておきます 

 

 それよりもっと微妙なのが(12)(13)の項目です 
 (12)の記述内容だけを見るなら その通りです と同意できるものなのですが この項の最後に(別紙資料8 ケース記録の写し)とあります 後に申し上げますがこの資料8には問題があります それを知ったうえでこの(12)を見ると 少し怪しさを感じてしまいます
 それは(13)でも同じです どういうことかというと資料8には明らかな虚偽があるのですが それと知ったうえで所長はこの弁明書を書いているのかという疑問です
 
 その資料8の虚偽について述べます
 28年9月7日の来所面接の項目に次の言葉があります
「主より、10・5~11・5インドの友人に会いに行くとの申し出あり。海外渡航の場合の生活保護の取り扱い(*今回の場合、渡航費用等について収入認定を行うもの)を説明するも、渡航するとのことなので、」
それ 嘘です 私 そんなこと聞いてません

 

 そしてまた10月3日の来所面接にこうあります
「*帰国後速やかに来所し、海外渡航報告書及び収入申告書等の提出を行う様伝えた。」
海外渡航報告書については聞いておりましたが収入申告書のことは聞いていません つまり28年の渡航前には渡航費用に対する収入認定の話は一切無かった

 

 私見ですが 事前予告無しでいきなり渡航費用を収入認定するなんて酷いじゃないか というような主張を審査請求人の私はしていません 事前予告無しは役所の側にすれば瑕疵になるのかもしれませんが私は気にしていませんでした
 なぜならそれが瑕疵と認められ事案の収入認定が取り消されることになっても それは今回限りのことだからです 
 すいません 私は今年もバシストの家人達に会いに行きます パスポートを取り上げられるとか費用を貯められなかった等の物理的障害がない限り私は行きます 申し訳ありません そうしないと私が私で在ることの意味を失ってしまうので
 なので今回の渡航前に事前通告の無かったことは私には重要じゃありませんでした 
 
 ところが 資料8を見ると事前通告をしたことになっている これはどういうことでしょうか? 

 

 この虚偽が他意のない単純な勘違いによるものなら そう目くじらたてることでもないのかもしれませんが 意図的なものであるなら虚偽公文書作成ってことにもなってしまいます どういうことなのでしょうか? 
 この件に関して私の見解を記した「別紙資料8に見られる疑義について」と題する文書を同封していますのでそちらもご一読願います


(2)内容について
 弁明書の「5 審査請求書記載事実の認否」の中に不知とするものが9,11.12.の三つあります 不知というのは知らない 分からない ということですね
 それでは所長は何のためにいるのでしょうか

 

 生活保護手帳にある海外渡航に関する規則のことはH27年の渡航前に当時の大井(仮名)係長より言われて何度も読みましたから知っています 私はそのうえで言ってるんです それは何のための規則なのですか その規則を私に適用する正当性がありますか?
 私はバシストの家人たちと過ごすためにこそ倹約してお金を貯めたのです その私に海外渡航を理由に返金を求めるのはペナルティ以外の何物でもないでしょう
 では私のどこに非があったのですか もし私に特段の非がないならその収入認定は規則を利用した虐めでしかない それが福祉事務所のやることですか? 

 

 ところが所長の弁明は不知 知らない 分からない それじゃ弁明になりません 海外渡航に際して私のどこに非があるのですか? その説明を求めているのです 
 その説明のないままに「規則だから」を理由に収入認定し返金を求めるのは権力による虐めにしかなりません それは福祉事務所として極めて不当であり筋の通らない行為となります

 

 福祉事務所に所属するものがそのことに気づかないんでしょうか? それとも気持ちは分かるけど どうすればいいか分からないということなのでしょうか?
 役人は前例のないことはやらないと世間では思われているようですが 本当なのですか? 前例がないと役人は判断できないのですか?

 

 「こちらとしてはいっそ 裁判してくれた方がいいくらいなんですけど」
と赤坂(仮名)係長が言っておりました(日時は憶えていませんが何度目かに会った際でした) その時の私は意味が分からなかったのですが 司法で判例を出してくれればこっちはそれに従うから という意味かと後に思い至りました 、、、、、、

 

 前例か判例がなければ判断できないって ちょっと情けない気がしませんか 司法に頼まずともここは審理員の皆様そして都庁の皆様で前例を作ってくださいますようお願いします

                      署名


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 以上です 
なお 「別紙資料8に見られる疑義について」と題した文書を 反論書に付けていますが今はまだブログでの公開はしません 役人たち個人の人となりがチラ見できそうな文章に仕上がってて私としてはみなさんにも読んでもらいたいんだけれど それは告発にも続くものなので、、、、
 法務課の人達がどう対応するのか分からないけど もし都庁が調査に動き出してくれているなら調べる方にも調べられる方にも迷惑になるかもしれないので まだ公開できません
(。-人-。) ゴメンネ

 

 

 私ね 役所から提出された記録に虚偽を見つけてね 戸惑ってしまったの これ 想定外 そんなもの私のとこに持ってくんなよ こっちの労力どうしてくれんだよ めんどくせ
 (´・ω・`)

 

 私ね 3月上旬に役所に行った時にちょっとその話しようと思ったの 虚偽ありますよ こんなのまずいでしょ どうするんですか? もしそれで役所が間違いを認めてくれるなら 訂正してちゃんとしたのに替えてくださいね で終わりになってもいいかなと思ったの 私の方はそれで文句はない でも ダメだった 虚偽があることは伝えたんだけど 話が続けられない 役所の人が言うんだ
「すいません だから審査請求のことは反論書でお願いします 我々は答えられないんです」

 

 それはもっともなんだよね それはそうなんだけど いいんですか と言ってしまったよ


 これ まずいでしょ 本件の虚偽公文書作成は1年以上10年以下の懲役にあたるんじゃないの こんなことで前科者になりたいの
 
 ここに見られる虚偽は私に対する悪意からじゃないんだよね これ 役人の都合 役所の都合なんだろね

 

 反論書にも書いてるけど 収入認定されて提示された返納分は現実には渡航後の11月8日に納めていて そこで終わってるのに 役所の記録によると日時が違っているのは手続き上の都合からなんでしょうかね そうなら それは正しくはないとしても特に弊害があるわけではないし それでもいいか と思ってしまうのです 誰にも迷惑かからないしさ 文書は簡潔になって見やすいだろし だからいいか と思ってしまったりする (´・ω・`)

 

 でも無かった事前通告を有ったとする虚偽は 違うよね 
 これは役所の都合じゃなくて役人の都合 これは不味いよ

 

 私にはよく分からないんだけど 事前通告をしていなかったというのは役所にとってどの程度の瑕疵なんだろ? 嘘書いてまでもみ消したいほどものなの?

 

 いい人達なんだよね 私の人を見る目なんて信頼に足りないだろうけどさ 私はそう思う そう感じる だから 嫌なんだよね 知らなきゃよかったって思ってしまいそう

 

 これは一つの試練 これにどう対処するかが私に与えられた課題 いつも そう思うようにしている そして 今回はこういう考えにいたった
 最も大事なことは責任者を見つけ出し罰することではなくて どうしてそんなことになったのかを見極め 再び同じことが起こらないないように改革すること 

 

 まあ 改革は私の仕事じゃないので そのための石を投げただけ 後は東京都の判断です 

 

 あのね この虚偽記載 小さいんだよ でもね 小さいからこそ全体が見える だからどうしてこうなったかが見極めやすい すれば どこをどうすれば防げるかも見えてくるでしょ 改革ってそこからだよね

 

 本件みたいなのがすご~くたくさん集まって豊洲になってるんだろね 小池さん見てるかな?



  さて と 
 5年前に初めて福祉事務所を訪ねた時のことを記事にしています 私と都の行政との最初の出会いです 皆様にはどう映るでしょうか 一度見ていただけますか 話はその後で、、、、 
台東区

 

 私は淡々と描いていたつもりですが 今でもその時の気持ちはよく覚えています ありがたかったですよ
 刑務所出たばかりで所持金3千円 困っている私に彼らの反応がうれしかった 人を助けようという思いにあふれていたと覚えてる


 あのね 福祉事務所の前に保護観察所に寄ってるんだけれど オーラ(雰囲気のことね)がまるで違っってた いかにも私は関わりたくない 用が済んだらさっさと行け って感じだったこともあって台東区での対応は本当にうれしかった

 

 福祉行政に携わる公務員なんだなって感じ

 

 あれから5年経ちましたが 今も基本的には一緒だろうと思うのです 今の私は福祉のおかげで穏やかに暮らせています 贅沢は出来ませんがあの時のように逼迫はしていない 衣食住が安定すると人として動き出します それが私の場合 家に帰る ということ 家は私の心の拠り所

 

 私とインドの山の者達との繋がりが役人たちにどのように伝わっているのかは分かりかねますが なんにしろ彼らは本件では本当に悩んでいるのかもしれません 福祉行政に携わる者としての使命感と公務員としての義務感が対立してるかもしれません どうすればいいか分からない というのは福祉事務所の本音なのかもしれません だから上級庁に預けたのかもしれません、、、、、 かもしれません

 

 本件審査請求の裁決は東京都知事の名前で行われます 現在の都知事は小池百合子さんです どういう裁決が下るかを待つとしましょう

 

 都民ファーストに期待してもいいのかな?
 

 

 司法には持っていきたくないんだ そんなことになったら誰もうれしくない、、、、分かってんだろな( `ー´)ノ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。