私のもうひとつのブログです 写真と闘争ファイルが入っています

HIMALAYA VASHIST BOM SHANKAR

裁判記録などのファイルは4月と5月のアーカイブに入っています


私の提示する神学がらみでいらっしゃった方はこの記事からお入りくだされば迷わなくてすむかもしれません

コンシャスネス トーク その2

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-19 20:49:36

東京都からの通知

テーマ:ブログ

 

 私の審査請求に対して小池都知事の名前で通知がありました 公開するほどの内容ではないかもしれませんが 始まっていることをお伝えする意味で画像を貼っておきます

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-01-18 01:25:53

小池都知事宛ての審査請求 & 規則と道義の関係

テーマ:ブログ

 

 1月㏪付けで小池都知事宛てに審査請求をしました それは私がインドへ行くために倹約して貯めたお金を収入と認定されて返納を余儀なくされたことに対する不服申し立てなのですが 同時に小池都知事に都民ファーストの姿勢を問うものともなりました ここにその内容を公開しますので まずはご一読いただければ幸いです(区役所職員の名前は仮名にしています)
 

_______________________ 

 平成29年1月11日
       審査請求
東京都知事 小池百合子殿

       請求人 山﨑一夫
           台東区************

 

審査事案
 台東区役所福祉事務所が私の海外渡航を理由に為した102,768円の収入認定を取り消して下さい お手数ですがこの申し出の是非について審査をお願いします


事案の事実関係
 私は生活保護受給者です その私は昨年の10月5日より11月5日まで里帰りのためインドに渡航しておりました 翌6日に日本に戻り7日に職場で給料をもらいその明細を持って8日に台東区役所を訪れ担当ケースワーカーの焼津さんと種々の手続きを終えた後に 係長の赤坂さんが現れ規則を書いたらしいコピー(おそらく生活保護手帳の387頁(2016年版)と思われます)を示しながら次の旨を告げられました
 「今回の海外渡航には収入認定をさせていただきます 前回の分までとは言いませんが今回は規定通りにさせてもらいます」
  インド往復にかかった旅費(交通費)102,768円を収入と認定した下に計算され返納すべきと提示された金額は82,879円でした その場で不服を申し上げましたが決定事項と言われましたので ちょうどその日に貰った11月分の保護費と前日に貰っていた9月分の給料が手元にありましたのでその場で返納しました しかし納得してはいないので審査請求をするかもしれない旨を係長には申し上げております


事案に至る経緯
 私は2012年の1月より生活保護を受けるようになり その下にこれまで3度いずれも一ヵ月程インドに渡航しています 

 

(1) 最初は2014年です インドに行けるだけのお金が貯まったので当時の担当ケースワーカーだった松田さんに2,3週間インドに行ってきたい旨を伝えたところ上司に確認した松田さんから次のように告げられました
「いいそうです 半年も行くというならそれはちょっと待ってとなりますがそれぐらいなら 山﨑さんは仕事もしてるし問題ないでしょうって」
 その後 フライトチケットを買い松田さんに渡航の日程とインドでの連絡先を渡して(住所とメールアドレスを渡したと思う)その年の秋にインドに渡航しました

 

(2) 1年後の2015年に再びお金を貯めてインド行のチケットを予約し 続いてその日程を新しいケースワーカーの焼津さんに電話で伝えました 数日後に区役所を訪れた際に当時の係長さん(名前は忘れました)が現れて生活保護手帳の当該ページを示しながら次の旨を言われました
「海外渡航は2週間という決まりになっていて一ヵ月となると収入認定させてもらうことになりますので2週間になさっては?」
 私はその時すでにチケット代を払い込んだ後でしたし職場にも休暇の了承をもらっていましたので どうするか コスパを考え自分の気持ちを考えて 結局そのままの日程でインドに渡航しました 収入認定の話に納得は出来ませんが それを覚悟の上でした
 日本に戻って間もなく帰国報告のため区役所を訪れましたが収入認定の話は出ませんでした 次の時も話はなく3度目頃には私の方から収入認定どうするのかを尋ねましたが 計算がややこしいのでしばらく待ってくださいのようなことを言われましたが その後も収入認定の話はないままです

 

3)さらに1年後の2016年にインド行の費用を貯め10月5日より一ヵ月の予定でインドに行く予定を伝えました 一か月以上前に伝えたはずですがそのことについて特に何も言われないままインドに発ちました 
 そして11月に日本に戻り8日に帰国の報告と収入認定(本件のそれではなく実際に仕事をして稼いだ分の収入認定です)のために区役所を訪れた際に 本件の事案に至った次第です

 


赤坂係長の言い分
 規則ですので というのが係長の言のすべてに亘っていたように思います 内面でどう思っていたかは私には分かりかねますが表向きの言動からは「規則」という以外にはなにも理由となりそうな言葉は聞いておりません


私の反論
1) 生活保護手帳の387頁には「単なる遊興を目的とした海外旅行等」とありますが私の渡航は遊興目的ではありません 私は両親とは死別しており兄弟もおらず連絡を取り合う親類もほとんどいないのですが インドには25年来の友人たちがおります 25年前には子供だった者たちが成人して嫁に行きあるいは嫁を貰い今は彼らの子供たちがいます 孫がいればこんな感じだろうかってところで家族同然の付き合いになっています なのでインド渡航は私にとっては里帰りのようなものなのです このことは2015年に収入認定の話が出た際に話しています すると当時の係長さんがこう言いました
「でも それはリラックス目的でしょ」
 それはそうです でも それじゃだめなんでしょうか? 私はそのためにこそお金を貯めたのですが、、、

 

2) そのためにこそお金を貯めたのです 生活保護手帳の387頁には
「当該被保護者は渡航費用を支出できるだけの額の、本来その最低生活の維持のために活用すべき金銭を有していたことから、当該渡航費用のための金銭は収入認定の対象となるものである」
とあります 保護費は最低生活のためであるから渡航のための貯金などしてはいけないということでしょうか? 
 私に財産と呼べるものがないことは2012年にチェック済みです 2013年の夏から清掃の仕事を始めました 月に3,4万にしかなりませんがその収入も毎月区役所に給与明細を持って収入認定を受けていますので 私の収入については福祉事務所がすべて把握しています 私にそれ以外の収入はありません 私はその収入内で生活しています その中から倹約を重ねて渡航費用を捻出しているのです これはゆるされないことなのですか? 海外渡航がいけないのですか? 里帰りがダメなのですか?

 

3)「規則ですので」が処分理由のすべてであるなら それは文字通りの心無い処分です それでは一体何のための規則なのですか? 事案の是非を問うことのない一律の規則適用には納得できません それは小池都知事のおっしゃられる『都民ファースト』にもそぐわないだろうと思います 本件事案を審査のうえ都知事のお心お考えをお聞かせください

 

4)余計なことかもしれないのですが規則は言うならばマニュアルのようなものでしょう 雑多な作業もマニュアルがあれば楽ですし統制もとりやすい でも行政は幅広い いろんな人に対応するわけで 人はそれぞれに事情を抱えている マニュアルでは対処できない場面や規則適用が難しい状況もあるはずです そしてそういう時こそ都政の都民に対する姿勢が露わになるものです 小池都知事には御自身のみならず都下のすべての公務員にも『都民ファースト』の姿勢が伝わるべくご尽力いただければ幸いです 差し出がましいことを申し上げてすいません 


追記
 勝手ながらこの書面が都庁に届いた後を見計らって 自身のブログにこの内容を公開する所存です(その際には私の住所を消し赤坂係長及びケーワーカーの松田さん焼津さんの名前は仮名にします)
 倹約して貯めた10万円ほどを収入と認定された件は私の個人的な問題ですが この審査請求に小池都知事がどう応えるかは私だけでなく広く都民にも関心を持つ人達がいるだろうと考えるからです
 やまのブログ http://ameblo.jp/yamasaki117/

 それからそのブログには私が撮った写真を掲載しておりインドでの写真もたくさんありますのでそれを見ていただければ私が「里帰り」とした想いも伝わってくれるだろうかと期待しています
                 署名
______________________

 

 

 読者の皆様には 収入認定という言葉に???な方がおられるかと思うので少し説明します

 生活保護受給者は保護費として支給されたお金以外に収入があった場合には役所に申告することになってます そしてそこから何らかの計算をして出てきた金額を返納することになってるんです 本件の例で言えば102768円の収入があれば82,879円を返納するということですね その利率についてはちょっと措くとして(利率はよく分かりません((´∀`)) その考え方自体は最もなことです 道義(筋道)が分かる人なら反対は出来ません それ自体にはね

 

 さて 生活保護受給者というのは要するに国民の税金で食わせてもらってるわけです そうなるとね あんまりえらそうなことは言えません 立場的に養ってもらってる身とすればね 精神的に引け目を感じちゃうわけですよ 
(;´・ω・)
 それでもね それでもちょっと言いたい あなたから見れば税金も払わないごくつぶしかもしれない でも ちょっと言いたい 返納する制度自体に不服はないけど ここで返納を求めるのは違うんじゃないの? ということで審査請求をしたんですが 

 

 えっとね 私の収入認定がどうなるかは私の個人的な問題です 8万円返って来たら私はありがたい スマホが買える けど あなたには関係ない話です それだけの話ならこの審査請求を公開したりはしません そんなの意味ないもんね
 でも 書いてるうちに気づいたんだ これ 世の中を変えれるかも、、、

 

 

 本件審査請求では対応した公務員に特に落ち度はないのだろうと思います 公務員は法律によってその地位があるんだろうし法律に則って仕事をするんでしょう 生活保護手帳は法律ではなく厚労省の通達を集めたものらしいんだけど まあ ここではめんどくさいことは言わずに「規則」と捉えるとして 本件では赤坂さんは規則通りにやってる 私への対応も終始柔らかくてね 文句のつけようがありません なので私の不満は職員に対してではなく規則そのものと規則適用の基準を明確にしていないところに向かいます


 規則ってなぜあるんだ? 規則はなぜ出来たんだ? そして 私 ひらめいた

 (=゚ω゚)ノ

 

 前都知事の舛添さん 世間から大ブーイングでしたが あれって舛添さんのやったことよりもその人間性が嫌われたんだよね 舛添さんは法に触れたわけではない でも みんなこう言うよね 違法じゃなくても道義に反する
 それなんだよ (^▽^)/ 

 

 規則と道義の関係 分かります? 規則ってさ 最初に道義があってその道義を守るために規則が出来るんだよね だから規則にはちゃんと目的がある そこに道義がある 道義の成り立たない規則なんて何の意味もない 道義があって規則がある 規則は道義の下部(僕)なんだ 

 

 規則は道義の下部ですが だからといって道義に反するからで公権力が人を処分してはまずい 法治主義と言うものがそこにあります で 私 思うのね 私達は 法治主義の捉え方で一部早合点してたかもしれない でも  その前に

 

 その前に道義って難しいんですよね 殺すな 盗むな 騙すな のようなのは一般論としてなら誰でも似た道義を思うでしょうけれど現実の中で道義を見る際には そこにいろんな事情が絡んでくるの この前TVの橋下羽鳥の番組で道徳塾とかやってて難しいケースを取り上げて議論しあってた TVに出てる人ってみんな頭いいんですね 私なんか聞いてて感心することばかり でも頭の良くない私にも分かるのはこの人たちみんな自分で考えた自分の言葉を喋ることが出来るんだなってこと 当たり前かな(^◇^) 
 自分で道義を考える そこに人間がいるって感じがして私けっこう好きなんですよね 

 

 ところが現実の実社会ではこの「人間がいる」って感覚が規則を前にすると薄いんだよね これは法治主義の弊害かな いやいや 法治主義は大事ですよ これがないと 恣意的な権力行使を許してしまう (阿保か と思うけど話を進める)
 権力者の身勝手を許さないようにと公務員には法律の縛りが強い そのせいなのかな いつしか規則がでかい面するようになった 道義より規則を中心に考えるようになった そして規則は道義の下部であることを忘れる

 

 私が高校生だった頃に法律の抜け穴を紹介する本が出て母親が憤ってた 当時 社会的にも問題になってたような 表現の自由とかそのころ耳目にした気がする 半世紀近く前のこと 今は少しも問題にならない 問題にならないのはいいけれど規則と道義の関係が分からなくなってる人がいるのは困る 規則が言動の源になってる人がいるのは困る 警告したい あなた どこへ行くの? 自分の行く先分かってるの?

 

 規則が言動の源になってしまうと前都知事みたいな小狡いチンピラか自分で考えることを放棄した脳足りんになるよ 現代にはそんな人が増えてる気がする 外面はきれいでも心がない そういう人が増えると人間関係がつまらなくなる 心の交流ができない 社会がギスギスしていく そういう社会でいいの? それで満足できるの?

 

 読者の皆様に私の思いが伝わっているなら幸いです この先は私からは申し上げません 皆様それぞれのお心で道義を考えていただければ幸いです

 

 

 読者の皆様に審査請求の意図が伝わっているなら幸いです 私が何言ったって伝わるのはせいぜい数百人 それはそれでうれしいんだけどね (*‘∀‘) 
 でも都知事が言うとその影響力 桁違い、、、、 私の審査請求は小池さんに問いかけてるんです 都知事として彼女がどう応えるか 興味ありませんか?

 審査請求の回答は文書で来るでしょうから 回答がありましたならブログで公開します お待ちください

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2017-01-01 00:46:17

ファミリー

テーマ:ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAPPY NEW YEAR  2017年もよろしく です

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。