私のもうひとつのブログです 写真と闘争ファイルが入っています

HIMALAYA VASHIST BOM SHANKAR

裁判記録などのファイルは4月と5月のアーカイブに入っています


私の提示する神学がらみでいらっしゃった方はこの記事からお入りくだされば迷わなくてすむかもしれません

コンシャスネス トーク その2

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-27 18:11:33

子供たち

テーマ:ブログ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016-11-26 07:37:58

「私」の構造

テーマ:ブログ

 

 大麻などでハイになっている時に閃いたインスピレーションは記憶に止めるのが難しいものです これはおそらく大なり小なり誰にも共通するのではないかと思うのですが 皆様はどうなのでしょう? 


 インスピレーションなんか感じたことねえよ って人もいるかもだけど そういう人はこの際置いときます 所詮他人の心は分かりません 私に分かるのは自分の心だけ

 ということで 今回の記事は自分の心語りです 大麻経験を基に語っておりますので大麻をご存じの皆様にはご自身の場合と比較しながら見ていただければ幸いです 


 また大麻を経験したことのない皆様には ふ~ん そんなものなの? って程度に捉えていただければと思います 大麻は心(精神)に作用します 人の心はいろいろですしね あなたが大麻を摂取したらどうなるか なんてことは他人の私に分かるはずもありません それでもね あなたが十分な理性と独立した自我をお持ちであるなら大麻の作用についてきっと参考になることもあろうかと思いますよ それでは

 

 

 私はハイになった時に得られるインスピレーションを求めてこそ大麻を使うようなものです でもそのインスピレーションって記憶できないんだよね それは分かっていたからメモを取っていたんです で さっきそれを見返したんだけど なんじゃ こりゃ って感じです しかも これだけしか書いてないのかよ、、、、 自分が怠け者なのがよく分かります、、、、
 そのメモを公開しようかとも思ったのですがやっぱり止めます もし気になる方がいらっしゃいましたなら まあ 適当にご想像ください どんな想像でもそれがあなたの内面に留まる限りは絶対の自由ですから ご自由にどうぞ ただし

 

 ただしその想像は妄想なのだということはくれぐれもご自覚くださいますよう 世間を見ますと現実と妄想の区別がつかないままに言動しているらしい人を時々みかけます それってかなり恥ずかしいことだと思うよ
 かくいう私にもそのような経験がありますので思い返すと赤面ものです 現実と妄想の違いに気づいたなら早く治しましょうね ご自分のために

 

 さてハイになった際のインスピレーションが記憶できないのはおそらくそれが心の深層と関わるものだからかと考えています 表層の意識である私は通常の状態ではインスピレーションを察知できないのだろうと思われるからです ところがハイになり感性のレベルが上がった私はインスピレーションに反応し妄想を始める この妄想が面白いんですよね ここに大麻の醍醐味がある 少なくとも私にとってはそうです

 

 インスピレーションは外部からの刺激と内部からの呼応により瞬時に妄想に生まれ変わります
 外部からの刺激は例えば音楽 例えば絵画 例えば壁のシミ 例えば空気の重さ 等々、、、 なんでもありです


 内部からの呼応は 記憶 意識 埋もれていた記憶 忘れていた意識 それとも潜在していた意識 DNAの記憶 あるいは集合意識? 、、、、 よく分からないものがあるんですよ

 

 自分の記憶にあるものなら私なりに理解していけるだろうし 良くも悪くも納得するんですけどね まったく私の記憶にないものもあるんですよね ???? もしそれがDNAの記憶や集合意識のようなものであるなら個体の記憶しか持たない私には知り得ない 不可知の事柄ということになる

 

 それは不可知 であるにも関わらず 私は非常に強く惹かれる デジャブ そのことにより 私の意識 私の本体と深いつながりがあると推測される 個人的な確信
 そこは*の領域 我であり我でない領域 内宇宙と外宇宙をつなげる領域 原点へ 真理へ 、、、神秘へ、、、

 

 とまあ それはそれとして話を戻します


 

 インスピレーションをきっかけに始まる私の妄想は大きく2種類 物語となる妄想と論理を突き詰めようとする妄想 どちらも記憶するのは難しいけれどイメージは残る 私はその論理の方のイメージを下地にブログを描いている場合が多いのです 

 

 めっちゃハイになってる時ってね 細かいことを考えることが出来ないんだよね ここでこの言葉は適切かとか言い回しをどうするかとかはハイになってる時は考えられない だってそんなの二次的なことだから その時の私の最優先は自分がそれに没頭することだから そこに他者はいないのですよ

 

 でもそれを人に伝えたくなったら話が変わるわけです 例えばこの記事を公開するに当たっては この一文を見ているあなたがいる ということで

 

 ということで今この一文を描いている私はめっちゃハイになって妄想している際の私とは別人格です (ここでの「別人格」という言葉は別の視点や別の価値観の下にいるという意味で使っているだけです) さて それでです

 

 さて それでです ハイになってひたすら妄想している私を一次元の私とします そこは他者のいない世界 そこにいるのは私だけです 他者を意識していない私を一次元の私とします
 次にこのブログ記事などを描いている私を二次元の私とします 二次元の私はあなたを意識しています あなたを意識することで私は一次元から二次元の世界に来ているのですから するとそこに
<見られている>
という感覚が現れます この<見られている>感覚のあるなしが一次元と二次元の最も大きな違いでしょうかね 
 はっきり言ってこの<見られている>って感覚はうざいところもあるんですよね 一人が楽 それでも言いたいことがある 伝えたいことがある やりたいことがある ってことでブログを描いてるわけです ま それはそれとして 

 

 今この文章を残している私はあなたという他者を意識している二次元の私ですが なんらかの形で実際のあなたに出会うと私は二次元からさらに別次元に移ります
 二次元の私が意識しているあなたは特定のあなたではなく不特定のあなたです しかし 実際にあなたに出会ったなら そこには特定のあなたがいる これは大きな違いです 実際にあなたに出会った時の私を三次元の私とします
 ちなみにこれは実社会でもネットでも同じですよ 実社会では顔は見えますが言葉は見えにくい ネットでは顔は見えませんが言葉は見えやすい そこに特定のあなたがいるということで実社会もネットも同じなんです 意味分かるかな? 

 

 三次元の私はあなたに出会うことであなたを知り始めます それはね
<私も見ている>
からなんですよね あなたが私を見ているように私もあなたを見ている 

 

 そして私の内部でカテゴライズが始まります 共感できる人と出来ない人 気の合う人 合わない人 信の置ける人 置けない人、、、 もちろん単純な二者択一にはならないし 実社会だとそれぞれの立場もあるのでよく知りあえるまでには時間がかかる その点でツイッターは分かりやすいんですよね

 

 ネットは匿名で発信できるので実社会の立場にあまり影響されずに言動出来ますからその人の本音が出やすい その言葉の向こうに人間がいる 良くも悪くもそういうものを感じられる

 

 そしてさ ツイッターは固定のアカウント使ってるのでずっと見ているとそのアカを使う人物像も見えてくるでしょ 内面ということでは実社会よりもツイッターの方が見えやすいかな その私に見えたあなたに応じて私は言動しています だからツイッターで会話してる私は実社会にいる私と同様に三次元の私です 三次元の私は誰と話しているかで微妙に(場合によっては露骨に)言動が変化します それはあなたを見て会話しているからです 通じ合えると思えるあなたAと難しいなと感じさせられるあなたBとでは私の身構え方からして違ってきますからね それ あなたも一緒でしょ

 

 あなたも同じなんだよね 構造的に見ればさ 

 

 次元なんて単語使ってつらつら言葉してきましたが 要するに当たり前のことを話しているだけという ちょっとお笑い

 

 おそらくほとんどの人は無意識のうちに次元を使い分けた言動をしているでしょう 私も基本的に同じです たいていは意識せずとも次元の使い分けは自然に行っていると思います 

 

 ツイッター見てるとその人の個性が出ていて面白いです 私はどんな個性でもOKです でもこれはダメ というタイプがあります それは相手に敬意を払わない人

 

 ツイッターって分かりやすいよね、、、、

 

 敬意を払わない人ってさ 「その言動の向こうに人がいる」 ことの意味が分からないのかな それとも分かってやってるのかな 分かってやってるなら お前そこまで人なめとんのか って怒鳴りたくなるな


 分からずにやってるなら 肥大した自我がそうさせているだけなのか それとも本当に分からないのか 本当に分からないなら障碍者ってことなんだけど、、、 共感能力に欠けると内面による自制が出来ないよね

 

 敬意を払わない理由が肥大した自我によるものであるなら  ゆっくりじっくり対応することで相手の気づきを促すことも可能かと思うけれど 相手がサイコパスであるならこれは通じない この場合言葉により善悪や道理を教えるしかない demonaa ima saikopasu ga waruku iwaresuginandayonaa サイコパスは障碍者 tte omottehosiindayonaa surebasa toonin ni saikopasu no jikaku wo mottemoraiyasui,,,,,,osieyasukunaru,,,,なんにしろ心で見ることの出来ないサイコパスに対するにはなんらかの社会的地位が必要 私には無縁

 

 まあ 他者に敬意を払わない人とのおつきあいは難しい 出来れば関わりたくないですよね 敬意の払い方はその人なりのものでいいんですよ それは個性だと思ってます それともキャラというべきかな バカ話ができる相手っていいですよね 自然な会話が出来るってすごくいい 会話の苦手な人もいいのですよ 会話苦手でもその人なりの伝え方があるように思うのです  心に通じればいいのです 通じ合える人とは楽しく共存できるでしょう それでいいのではないでしょうか

 あなたはどう思います?


 

 

 二次元の私が一次元から二次元そして三次元の話をしてきましたけれど 実はもうひとつ別の次元の私もいるようなのです それは四次元と言うべきかそれとも零次元と呼ぶべきか迷うものなのですが それについて触れると異次元に跳んでしまいますので今は止めておきます いつか 私がそれを描きたくなるまでお待ちくだされば幸いです それではまた 

 


 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2016-07-19 04:48:20

民主主義のために その6 個人主義と全体主義

テーマ:ブログ


 いきなりですが私は死刑制度に反対するものです 理由は簡単で殺したくないからです もちろん死刑は私が自分の手で殺すわけではありませんが民主主義というのは国民である私たちが主権を握っているわけですからね 国家による死刑は国民である私達が殺すことに違いはありません 想像すると気分のいいものではない 実感の沸きにくい人が多いかと思いますが死刑制度を認めていることで結局私達が殺しているんです
 まあ私一人が反対したところで選挙における一票と同じで結局は多数に押し切られますが私はNOですとは言っておきたい 死刑制度に賛成するのは私の心が保てない 例え残虐な犯罪者であっても殺すのは嫌です

 でも死刑制度やむなしと考える人の気持ちも分かるつもりです 被害者側に感情移入するからでしょう 特に残虐、理不尽な殺され方をした場合には他人事ながら怒りが沸いてきますよね それは分かります それは分かるのですが それでもやっぱり殺すことは出来ません それが私の気持ちです
(注 ただし私の大事な人が理不尽な殺され方をした場合には“自己責任”で犯人を殺したくなるかもしれません このことについてはそのうち別の記事で描くかも 今は当記事の趣旨から外れてしまうので置いときます)



 さて ところで私のように<人を殺したくない>という理由で死刑に反対するのは個人主義の考え方です 一方被害者の気持ちを慮って死刑もやむなしは全体主義の考え方と言えるでしょう 

 全体主義というとナチズムやファシズムを連想する方がいらっしゃるかと思うのですがそれは独裁と排外主義が加わった結果ですよね 全体主義それ自体を悪と決めつけるのは早計かと、、、要は中身の問題です 
 中身の問題と言うのはね 個人主義により死刑に賛成する人もいれば全体主義により死刑に反対する人もいるだろうからです 
 具体的に言えば 
<俺は人を殺したい でも現実にそれを行えば自分の人生が終わる だから法律にかこつけて人を死刑にすることで自分の欲求を解消させたい> 
私とは正反対の考え方ですがそれがその人の気持ちならば個人主義には違いありません 世の中にはそういう人もいるのでしょうね そしてこういう考え方も
<世界の潮流は死刑廃止に向かっているのは明白 日本が今のまま死刑制度を存続させているのは先進国として恥ずべきことじゃないか> 
というような理由づけで死刑廃止を主張する人もいるでしょう 死刑制度に反対ということでは私と同意見ですがその理由は個人主義ではなく全体主義と言うべきですよね
 つまるところ個人主義にしろ全体主義にしろ中身によって意見は変わるのです この辺ご理解いただけるでしょうか?



 この記事は死刑制度を例にしていますが 本当に言いたいのは個人主義と全体主義の考え方です 両方が必要でそのバランスが各人の個性の基になると私は思っています 

 日本人は自分がどうしたいかを考える個人主義よりも人や社会のことを考える全体主義にウェイトがかかり過ぎている人が多いように思うのですが どうでしょうか?
 
 もちろん人の気持ちや社会のことを考えることは悪いことではなくむしろ美徳と言うべきで そのためか日本人は一般に穏やかでマナーもいい 治安も他国に比べるとかなり安全ですしね これは誇っていいことでしょう

 でもその一方で息苦しさを感じている人も少なくないように思うのです これは人や社会(世間というべきかな)のことを気にしすぎることにその原因があるのではないでしょうか 

 日本人は一丸となると強いけれど個人としては弱い と言われてきましたよね 最近はそうでもないという声もありそうなのですが どうなんでしょうか?
 これは私見ですが最近はわがままな人が目立ってるような気がするのです 私としてはわがままを個人主義とは呼びたくないんですよね 個人主義は自分の価値観で言動することで単にわがままなのは利己主義と呼びたい(利己主義も個人主義に違いないと言われればそうですけど) もしわがままなだけの人が増えていったらこれまでの日本の美徳はいずれ滅びます それは日本人として哀しい 

 先にも言いましたが大事なのは個人主義的考え方と全体主義的考え方をバランスよく持つことです
 御自身の心を確かめていただければ幸いです



 民主主義のために と題する記事を続けてきましたが次回が最終回になる予定です 当初は3回で終わるだろうと思っていたのですが描いてるうちにあれもこれもとなってここまで続きましたが次回で終わると思います ただ次の記事に手こずりそうな気がして日数がかかるかもしれません 民主主義の本質から入って(これはそんなに難しくはない)どうすればいいかということで政教分離のテーマ(これが難しい 宗教とは何かに関連するので)に分け入っていくつもりです かなり言葉を練らなければならないと思うので、、、、自分が投げ出さないためにここに予告しておきます それでも投げたらゴメンね m(__)m





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。