1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-09-28 19:11:00

監視してください

テーマ:ブログ
この国会から、皆さんに監視して戴く事が1つ増えた。


「資源エネルギーに関する調査会」だ。


会の名前からはわからないが、この調査会での調査は、

原子力事故に関する事も含まれる。

原子力問題をコンスタントに審議する場が、

この調査会に集約されてしまった、って事。



この動きによって国会審議での、原子力問題の、

矮小化・風化に向かう事を懸念しています。



これまで、原子力問題は、

「東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会」の中で、

復興問題と原子力問題、交互に審議が行なわれてきました。


ここにも問題はありました。



復興問題も原子力事故問題も、審議されなければならない問題が山積み。

重要法案と同じくらいの時間を国会毎に話し合われる事が重要なはず。


本来は、それぞれ別の委員会で丁寧に審議されるべき話なのに、

復興及び原子力問題特別委員会、と一本化してしまった。


復興、復興とお経のように唱えられる一方、

同時進行でオリンピックなどに力を注ぐ片手間っぷりにより、

復興したとは言えない現実がハッキリと目の前にあり、

「原子力緊急事態宣言」は2011年から5年以上経った今も、

解除されていない程に、解決方法も判らない原発事故は進行中だ。


これ程の大問題をリンスinシャンプーみたいな事にするのは無理がある。

大前提として、別々に委員会を持つ事が必要だ。


だから、今回、これを2つに分けましょうね。と言う動きには同意できる。

ただ、振り分け先には気をつける必要があるだろう。

どう割り振ったのだろうか。



現実は、

復興問題はそのまま特別委員会に残し、原子力問題は調査会に移動となった。


原子力問題が移動した先は、

「資源エネルギーに関する調査会」


名称から「原子力」が消えた。

ここからして違和感があるのは、私が考え過ぎだからか?


復興・原子力が1つの委員会にされる、ずっと前。

原子力特別委員会の立ち上げ段階の話に戻る。


国会事故調査委員会の提言に基づいて衆議院・参議院に設置されたのが、

原子力特別委員会だった。


事故調は、16の提言の1つ目で、

「国民の健康と安全を守るために、規制当局を監視する目的で

国会に原子力に係る問題に関する常設の委員会等を設置する」

とした。


「常設」とあるのは、国会として、

恒久的にこの問題に取りかかる必要性を意味する。

直に片付く話じゃない、腰据えてやりなさいよ、のメッセージだ。



他にも提言の中には、専門家の諮問機関を作る旨なども書かれており、

常設の委員会等と諮問機関の両輪で、政府が履行するべき事のCheckと、

規制当局への監視を求める提言がなされていた。


だが、諮問機関は作られず、常設の委員会ではなく、

原子力問題特別委員会としてスタート。


その後、安倍政権下で復興問題と原子力問題は一緒にされ、そして今国会からは、

原子力問題は、「資源エネルギーに関する調査会」の中の調査項目になった。


これを前進と取るか、後退と取るのか。


できれば、ポジティブに受け取りたい。

調査会の理念をフルで発揮できれば、

原子力問題の抜本的解決に向けた動きが3年間に渡ってできるはずだ。


しかし、現在の調査会を見てみれば、あまりそれは期待できない。

2016.4.6参議院「国の統治機構に関する調査会」二院制における参議院の役割について意見表明


「国の統治に関する調査会」にしか属した事がない私が言うのは

あまりにも生意気で無知かもしれないが、

調査会は参議院の独自性そのモノなのだから、

誰が何と言おうと、この調査会がこの問題に対して爪痕を残す、

といった誇りや気概のようなものは感じられず、

優雅な消化試合的雰囲気で毎回、

参考人からご意見を有り難く頂戴する、と言った印象がある。



ちなみに、本調査会の進め方のレクチャーを受けたところ、


・調査会の開催は、会期後半に1回開催される
・午後1時から長くて3時間程


今国会中に開かれるのが、たったの1回???

舐めすぎじゃない?

始まる前からこのヤル気のなさ。



調査会の会長も理事も、調査会に出席する多くも、与党側だ。

政権与党に不利になるような、

張り切った議論や提案などが積極的に行なわれる事が難しいのは当然だ。



しかも毎年の報告書(中間報告2回)と最終年の最終報告書を本会議で報告するのだが、その内容は、与野党の合意のある内容が多い。

つまり、ここでも内容に手心を加えられる事になる。




だとすれば、原子力問題も他のエネルギー問題と混ざり合いながら、

マッタリと話し合われる場にされてしまい、

喧々諤々の議論が行なわれる場にはなりにくい。


それは、特別委員会でも同じかも知れないが、

自分の肌感覚として、今の調査会の方が、難しい気がする。


とは言っても、まだ始まっていない。

そして、原子力の名前を隠した、

「資源エネルギーに関する調査会」が、素晴らしいものになる可能性は充分にある。


それは、会長や理事、参加する議員たちが、この調査会を特別のものにする、

と言う気概があるか、ないか、で変わる。

それで全く違ったものになる。


まだ、会長も理事も決まっていないが、決まった段階で、

皆さんには、党派を問わず是非エールを送って戴きたい。


そして、調査会が始まったら、多くの人々に注目していただきたい。


予想を超える人々が注目する事により、議員の取り組み方、

調査会のあり方が変わっていくから。



最近の画像つき記事
 もっと見る >>
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み