電車で通院していたのにタクシーを利用したように偽り、生活保護受給者に支給される通院交通費計約120万円を神戸市からだまし取ったとして、兵庫県警須磨署は20日、同市須磨区の無職男(57)を詐欺容疑で書類送検した。

 「ぜいたくをしたかった」と容疑を認め、酒代などに充てていたという。

 発表によると、男は2007年2月~08年5月に28回、須磨区役所で、偽造したタクシー領収書を提出して通院交通費を申請、11万~2万円を詐取した疑い。

 男は知り合いのタクシー運転手から白紙の領収書をもらい、勝手に金額を書き込んでおり、偽造したのは350枚に上るという。足に障害があり、区役所には「電車やバスを利用できない」と説明していたが、08年6月、区役所職員が電車に乗っている男を目撃し、不正受給が発覚。市が同年11月に告発していた。

トヨタ、「パッソ」を自主改修=2万台超、低速時などにエンスト(時事通信)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
パチンコ店に強盗、70万円奪う 群馬・桐生(産経新聞)
チラシ無償で20万枚…亡き子思い捜査協力(読売新聞)
<三井造船>肺がん死亡男性の遺族が提訴 大阪地裁(毎日新聞)
AD