日本列島は10日、関東の東海上にある低気圧の影響で、西日本から北日本にかけて広い範囲で雪や雨が降り、荒れ模様の天気となった。大阪管区気象台によると、不安定な天気は10日夜まで続き、大雪にも注意が必要という。

 気象台によると、低気圧は急発達しながら三陸沖を北東に進み、10日夜には釧路沖に達する見込み。このため11日にかけて、近畿地方でも一時的に冬型の気圧配置となる。

 11日朝までの24時間予想降雪量は、兵庫県北部や京都府北部など近畿北部で30センチ。大阪府や兵庫県南部、京都府南部など近畿中部でも15センチを見込んでいる。

 10日昼過ぎから夕方にかけては雷の恐れもあり、気象台は強風や高波への注意を呼びかけている。

【関連記事】
全国的に天気は大荒れ 低気圧が急速に発達
カブス・福留、雨天中止も気持ち切り替え
三浦奈保子、晴れてお天気東大生♪
「判断甘かった」 船形山で遭難の2人が語った一部始終
地震発生予測 検証実験 「当たるモデル」条件探る
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<雑記帳>橋下知事も自転車で走る…開通前の高速道路(毎日新聞)
外個人が母国に残した子どもも対象  「子ども手当」不正防止できるのか(J-CASTニュース)
ヴィンチェンゾ・ナタリ『SPLICE』ワーナー配給で全米6月公開決定!
<新潟市美術館>国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁(毎日新聞)
<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)
AD