厚生労働省の東北厚生局(仙台市)が、情報公開法に基づき07年に開示した行政文書の一部を改ざんし記述を削除していた問題で、長妻昭厚労相は11日の閣議後会見で「(毎日新聞の)報道の通りだとすると問題。事実関係や背景を調査するよう指示した。遅くとも今月中に結果を発表する」と述べた。

 改ざんされていたのは、同局が06年11月、福島県郡山市の医療専門学校に対して行った実地調査結果。「未承認のカリキュラムで行っていたため、学則上での授業時間の不足が生じることになる」などとの記載が消されていた。【佐々木洋】

【関連ニュース】
口蹄疫:雇用調整助成金支給要件を緩和 厚労相
B型肝炎訴訟:長妻厚労相が原告団と面談 被害実態聞く
高額療養費制度:改善を…厚労相に要望書提出
長妻厚労相:「子ども手当満額断念」
事業仕分け:厚労相、安全ミュージアムの「廃止」明言

口蹄疫飛び火 総力挙げて拡大防止せよ(産経新聞)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
<雑記帳>アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)
学校うざいなら、ぶち壊せ…娘教唆容疑で母逮捕(読売新聞)
<国会>会期延長せず、16日閉会へ 民主国対委員長が通告(毎日新聞)
AD
 国の名勝、平安神宮(京都市左京区)の神苑が4日無料公開され、観光客や市民らは咲き始めたハナショウブの鑑賞を楽しんだ。

 神苑は約3万3千平方メートルの池泉回遊式で、明治時代を代表する日本庭園。白虎(びゃっこ)池のある西神苑には約2千株の紫や白のハナショウブが3分咲きとなり、朝早くから大勢の人たちが美しく彩られた庭園を散策した。京都市伏見区の主婦、植田和子さん(61)は「心が安らぎます。特に紫の花は高貴な色で平安神宮にふさわしいですね」と話していた。

 平安神宮によると、今月中旬までが見ごろ。5日以降は有料。神苑は毎年6、9月に各1日無料公開される。

【関連記事】
平安神宮で京都薪能 1500人が伝統芸能堪能
京都・祇園甲部で「都をどり」大ざらえ
車窓から眺める夜の京都はいかが? 「観光よるバス」運行へ
秋の都大路、優雅な歴史絵巻 京都で時代祭始まる
小野小町の沓を復元新調 京都・時代祭

野口さん、地球に帰還へ=5カ月半滞在、ソユーズで―カザフスタン中央部(時事通信)
搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)
阿久根市長は「いささか行き過ぎ」…鹿児島知事(読売新聞)
首相・小沢氏らの会談まもなく(産経新聞)
民主代表選 菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)
 餌付けで集まった野良猫のふん尿で被害を受けたとして、東京都三鷹市の住民らが、将棋の元名人・加藤一二三(ひふみ)九段(70)に餌付け中止などを求めた訴訟で、加藤氏は26日、控訴しない方針を明らかにした。

 毎日新聞の取材に加藤氏は「判決文を熟読すると、猫の命を大切にするという私の取ってきた行動を認めてくれている。私の主張は変わらないが、判決なのでルールとして受け入れる」と述べた。

 判決は餌付けによってふん尿などの被害が住民の受忍限度を超えたと認定、集合住宅敷地内での餌付け差し止めと計204万円の賠償支払いを命じた。加藤氏は判決直後に「理解に苦しむ判決」と控訴する意向を示していた。【池田知広】

【関連ニュース】
野良猫餌付け:将棋の加藤九段に中止などを命じる判決
東京・三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、餌付け「禁止」 慰謝料204万円
三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、敗訴でも「餌付け続ける」 /東京
三鷹の「猫に餌やり」訴訟:加藤元名人、住民と対立 地裁立川支部きょう判決 /東京
将棋:第68期名人戦 福岡対局、火ぶた--第4局

宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)
<自民党>中山元外相が離党届(毎日新聞)
江戸川区の祭りが一堂に(産経新聞)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
シー・シェパード 初公判 元船長は傷害罪を否認(毎日新聞)