あなたは今後、副業やサイドビジネスを行ってみたいですか? 現在、副業を行っていない人に聞いたところ「今後、具体的に行う予定がある」とした人は2%にとどまったが、「機会があれば行いたいが、具体的な予定はない」と答えた人は79%にも達していることが、NPO法人「ドロップシッピングコモンズ」の調査で分かった。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 また副業を行った(検討した)ことがある人に、その理由を聞いたところ「生活費がほしかったから」(39%)と答えた人が最も多かった。このほか「空いた時間を有意義に使いたい」「趣味にお金をつぎ込みたい」(いずれも24%)と答えた人が目立った。

 これまでどのような副業を行ってきたのだろうか。副業を行ってきたという人に聞いたところ「短期のアルバイト」(23%)と答えた人が最も多く、以下「オークション」(17%)、「アフィリエイト」(12%)、「イベントの手伝い」(8%)、「内職」(7%)と続いた。「週末や1~2日の短期アルバイトで、お小遣い程度のお金を稼ぐ人が多いようだ。また、時間の融通がきくアフィリエイトやオークションなども副業では人気。逆に家庭教師や塾講師の副業は、思いのほか人気がないようだ」(ドロップシッピングコモンズ)

●副業での収入

 副業で、月にどのくらいの収入があるのだろうか。副業を行っている(行ったことがある)人に聞いたところ、「1万円~3万円未満」(24%)と答えた人が最も多かった。このほか「3万円~5万円未満」(19%)、「5万円~10万円未満」(15%)、「5000円~1万円未満」(14%)と続いた。「副業で10万円以上の収入がある人は、10%未満であることを考えると『本業には差し支えがない程度で、そこそこ稼げればいい』と思っている人が多いようだ」(ドロップシッピングコモンズ)

 副業を行っていそうな芸能人を聞いたところ「島田紳助」さん(198票)と答えた人が断トツ。以下「小倉優子」さん(60票)、「坂東英二」さん(53票)、「たむらけんじ」さん(41票)、「眞鍋かをり」さん(31票)と続いた。

 インターネットによる調査で、20~60代の男女1061人が回答した。調査期間は5月11日から5月13日まで。

【関連記事】
副業の月収は4万37円……どんなことをしているの?
「結婚式の代理出席」は、ホントにおいしい副業か?
年収500万円台と2000万円以上の人、スキマ時間の使い方に違い

女性車掌につば吐く 容疑の男逮捕(産経新聞)
<防衛省>試験さらに出題ミス(毎日新聞)
国家公務員採用半減、治安・安全業務は除外(読売新聞)
口蹄疫 台湾が宮崎県に義援金(産経新聞)
<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
AD