リブートキャンプ by Swift 目次

 

本書いてました。

 

 iPhone使い始めて、アプリが個人でも作れるの知って興味出た。

 でも、どうやって作るか知らない。

 

 そんな人を対象に、ラノベ風にして、iPhoneアプリ開発を疑似体験するような本っす。

 

 ↓高校生が部活でiPhoneアプリ開発に乗り出す話。

 

エリカさん! iPhoneアプリを作らないと「廃部ね」って言われたのですが、どうしたらいいですか?

 

 挿絵もちゃんと、雨壱絵穹(@Esojiros)さんという本職のイラストレータさんに描いてもらってます。グレート。

 

 作るのは、GPSを使った宝探しゲーム。

 ↓これね

 

∞ジェムついて

 

 え?初学者にGPSとか、バリバリ、ハードル高いじゃん。

 とか思った人。ダイジョーブ。初学者、GPSがハードル高いとかわからないから。笑。

 ていうか、せっかくAppleが未契約者でもMac持ってたら誰でも、iPhone実機で自分が作ったアプリ動かせるように使用制限を緩和したんだから、実機の機能を使う話にしたいじゃな〜い。

 

 まあ、それと今回は、そういう学習本じゃないですしね。

 すでにiPhoneアプリを作ろうって決心してる人向けじゃなく、その一歩手前の人、iPhoneアプリ開発ってどんなもんなのかを職場見学したい人に向けの本だから。

 なので、これまで私が書いてきたような、読みながら実践する開発チュートリアルみたいなストロングスタイルはやめることにしました。編集さんとも打ち合わせて、電車の中で読み飛ばせるライトな本にしましょうってことにした。

 読み終えて、自分でもやってみたくなったら、本に書いてるやり方(高校生たちは、ググってサンプル試します)でもいいし、改めて入門本を買うのでもいいんじゃないかと思われ。

 

 ただし、本で紹介したサンプルはちゃんと動くようにしてるし、それを試すための環境整備については、一から説明しました。

  以下の

  •  iPhoneアプリ開発にはMacが必要なこと
  •  MacのApp StoreからXcodeをインストールして作ること
  •  Xcodeでシミュレータを使ってアプリの動作確認をすること
  •  作った自作アプリを実機で動かすこと

に関しては、本を参考に自分で実践できるようにしてる。

 説明と言っても物語として進行させてるわけだけど…

 

 ↓こんな感じ。これは校正の第2校(私はPDFでもらって校正してます)

 

 というわけで、ようやく出版までこぎつけますた。

 

 出版記念に、本でやってるXcodeインストール作業(2017年版)をムービにもしたので見てちょ。

 音は無しにしてる。

 

 

 

 でわでわ

AD