厚生労働省は23日、職場や社外の09年度の職業訓練の実施率が比較可能な06年度以降、いずれも最低となったと発表した。不況で企業が訓練に資金を充てられないのが原因とみられる。

 調査は企業や事業所、労働者に1年間の実施状況などを尋ね、3204社、4463事業所、8075人から回答を得た。職場での訓練「オン・ジョブ・トレーニング」の実施率は57.2%(前年度比2.4ポイント減)、職業訓練校へ通うなど職場外の訓練「オフ・ジョブ・トレーニング」は68.5%(同8.5ポイント減)、個人的な資格取得などを助ける「自己啓発支援」は66.5%(同13・1ポイント減)と、いずれも過去最低となった。

 厚労省職業能力開発局は「不況の時は職業訓練は低下する傾向にあるが、訓練を実施する時間的な余裕はあり、ぜひ実施してほしい」と話している。

<再リコール>ヤンマー修理済み製品が発火(毎日新聞)
パラリンピック 鈴木が銅メダル リベンジ果たす(毎日新聞)
道路凍結、標識に衝突し北大生ら2人死亡(読売新聞)
業過致死容疑で工場長ら書類送検へ 姫路エレベーター事故(産経新聞)
自治会長の自宅に銃弾=暴力団追放運動と関連か-北九州
AD