平野博文官房長官は4日午前の記者会見で、鳩山内閣総辞職を受けて、「国民から大きな期待をいただきながら、退陣に至らしめたことは、もっぱら私の不徳のいたすところ。改め責任を痛感する」と反省の弁を述べた。その上で「民主党政権が国民の信頼を回復するため、一議員として微力を尽くす」と語った。

 さらに、鳩山政権が目指した「政治主導」「脱官僚依存」については「『政治家主導』みたいな話にややもするとなり、霞が関と距離ができてしまった」と述べ、官僚の能力を生かし切れなかったとの認識を示した。

【関連記事】
この洞察力を政治に活かせれば…首相が見せた鳥へのこだわり
小沢王国に暗雲 地元奥州市、怒りと困惑交錯
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
蜜月終わり懸念…中国、小沢幹事長辞任は「中日関係にプラスではない」
「鳩山辞任」財政にメス 景気動向、連立組み替えが鍵

母の心音 安心響け 子供の未来に残したい オーダーメードCD人気(産経新聞)
<人事>日銀(3日)(毎日新聞)
事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」-千葉地裁(時事通信)
<菅内閣>幸先悪く…荒井戦略相の事務所費問題(毎日新聞)
他医療機関での投薬、受診日以外も算定可(医療介護CBニュース)
AD