1978年から直木賞の選考委員を務める作家五木寛之さん(77)が、同委員を辞任する意向を関係者に伝えていたことが20日分かった。
 19日発行の「日刊ゲンダイ」の連載エッセーで明らかにした。22日発売の「オール読物」(文芸春秋)3月号の中で、佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞う」についての選評に「大きな間違い」があった責任を取るとしている。同誌編集部によると、五木さんは作品中になかった「破顔する」という表現について論じた。文芸春秋側は慰留している。 

「押尾被告が入手依頼」=知人男、麻薬譲渡認める-東京地裁(時事通信)
大仁田氏応援で松山千春が「恋」熱唱…長崎県知事選(スポーツ報知)
時効廃止を答申 法制審 改正案、今夏成立も(産経新聞)
「駄々っ子みたい」 山岡氏、自民の国会戦術を批判(産経新聞)
ゲームサイト不正侵入、小6女児が他人のふり(読売新聞)
AD