2015-05-28 22:18:28

韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!二カ国語 Part2(拡散自由)

テーマ:真面目な話

The ROK Army Used Vietnamese Comfort Women Part2(No restrictions on retransmission)

0528-01 
  
韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!二カ国語 Part1(拡散自由)

今回、米国の公文書によって初めてその存在が明らかになった、サイゴンの「韓国軍慰安所」とは、一体どのように運営されていたのか。
How was the ROK army comfort station in Saigon that has come to light through a U.S. archive document operated?


すぐにでもホーチミンに飛んで現地取材したかったが、ワシントン支局長という立場上長期間アメリカを離れる事は難しい。そこで私は、アメリカにトルコ風呂の実態やこの施設について知っている人物がいないか、改めてリサーチを開始した。
I would have wanted to fly to Vietnam immediately to investigate, but as the Washington Bureau chief, it was difficult to take leave from my job for an extended period. Therefore, I began research to find out if there was anybody in the U.S. who was knowledgeable about the sex industry in Saigon at that time or who knew about the establishment in question.


まず、当時の米軍関係者とベトナム系アメリカ人に照準を絞って、アメリカにおけるベトナム関連のネットワークを探した。関連のフォーラムに出席したり、米政府の退役軍人省のデータベースを調べたりして、連絡先の判明した関係者に虱つぶしに手紙やEメールを送った。また、サイゴンに駐在経験のある人物の証言を得る為、ワシントン郊外バージニア州のベトナム人集住地区の新聞に情報提供を求める広告を出した。すると、ほどなくして広告を見たアメリカ人からEメールが来た。
I focused first on former U.S. military personnel and Vietnamese-Americans and looked for Vietnam-related networks in the U.S. I attended the relevant forums, looked into the databases of the U.S. government’s Department of Veteran Affairs, and sent letters and e-mails to people with known contact information who might know. I also placed an advertisement in a newspaper in the Vietnamese community in Virginia outside Washington, asking for information. Shortly after, an American who saw the ad sent me an e-mail.


ハンス・イケス氏(70)。六〇年代後半にアメリカの通信インフラ会社からサイゴンに派遣され、その後数年間にわたってベトナムとアメリカを往復したというイケス氏は、今はバージニア州東部で年金生活を送っているが、若くして訪れたサイゴンは印象が強烈だったという事で、当時の街の様子を饒舌に語ってくれた。しかし、トルコ風呂について質問が及ぶと、周りを憚るように声を潜めた。
Hans Ekes [spelling not confirmed], 70, was sent by an American communication infrastructure company to Saigon in the late 1960s. Ekes, who traveled back and forth between Vietnam and the U.S. for several years, is a pensioner living in eastern Virginia. He talked at length about what Saigon was like, since the city made a strong impression on him as a young man. However, when we asked about the Turkish Bath, he suddenly lowered his voice and became wary of people around us.


「『トルコ風呂』は、当時サイゴンにいた人の間では、『射精パーラー』(Steam and Cream Parlor)と呼ばれていました。若いベトナム人女性から性的サービスを受けることが出来たからです」
“At that time, people in Saigon called the Turkish Bath a ‘steam and cream parlor’ because it was a place where you could avail yourself of the sexual services of young Vietnamese women.”


トルコ風呂の実態については徐々に明らかになってきたが、韓国軍の慰安所の存在を確実に知っている人物にはなかなか辿り着けなかった。
It became clear from the statements that the Turkish baths in Saigon at that time were another name for brothels, like in Japan in the past. However, I had difficulty finding someone who knew about the ROK army’s comfort station.
 

作業を続けて半年程経った頃、ベトナム戦争を戦った経験のある米軍OBからEメールが送られてきた。
About six months after I started the research, I received an e-mail from a U.S. veteran who fought in the Vietnam War.


アンドリュー・フィンライソン氏(71)。米海兵隊の歩兵部隊長として六七年から二年八カ月に渡ってベトナム戦争を戦い、サイゴンをはじめ南ベトナム各地を転戦。退役後は紛争地域の軍事顧問団として活躍し、ベトナム戦争に関する著作も発表している研究者だ。早速インタビューを申し込むと、快く応じてくれた。
Andrew Finlayson, 71, served with the U.S. Marines’ infantry unit in the Vietnam War for two years and eight months from 1967 and fought in various locations in South Vietnam. After leaving the military, he served in military adviser groups in conflict areas. He is a researcher and has published books on the Vietnam War. He agreed to be interviewed.



「休息と回復期間」の兵士
Soldiers’ “Rest and Recuperation”


朝晩の冷え込みが厳しくなってきた昨年初冬、アメリカ東海岸バージニア州の小さなホテルに現れたフィンライソン氏は、黒いタートルにジャケットを着た、温厚な容貌の紳士だった。だが、衣服越しにも明らかな分厚い胸板と鋭い眼光が、元海兵隊幹部という肩書きを裏付けていた。
In early winter last year, when it was becoming cold in the mornings and evenings, Finlayson, wearing a black turtleneck sweater and a jacket, appeared at a small hotel in Virginia. He looked like an affable gentleman but his thick chest and piercing eyes disclosed that he was a former marine officer.


その体躯とはうらはらに、フィンライソン氏の語り口は、研究者だけあってあくまで知的で静かだった。
Contrary to his looks, Finlayson, a researcher, spoke quietly with the manner of an intellectual. He said:


「韓国軍の慰安所は、確かにサイゴンにありました。よく知っています」
“There was indeed a ROK army comfort station in Saigon. I knew about it very well.”


南ベトナム各地の農村の偵察部隊の責任者として、韓国軍との連絡調整に従事した経験があり、韓国軍の実情に詳しかった。
Finlayson was responsible for reconnaissance teams in the rural villages in South Vietnam, so he was involved with liaison with the ROK army and was familiar with the situation at that time.


「米軍司令官が指摘している韓国の慰安所とは、韓国軍の兵士に奉仕するための大きな売春施設です。韓国兵士にセックスを提供するための施設です。それ以外の何ものでもありません」
“The ROK army comfort station cited by the U.S. military commander was a major sexual facility for the South Korean soldiers. It was precisely a facility for providing sexual services to these soldiers.”


フィンライソン氏によれば、問題の施設は、トルコ風呂としてはかなり大規模なものだが、サイゴン市内の別の場所には、これよりもさらに大きい慰安所があったという。施設は内部が多くのブロックに分かれていて、一区画に二十人前後のベトナム人女性が働かされていたという。
According to Finlayson, it was a Turkish bath of an enormous size. However, according to Finlayson, there was an even bigger facility in another location in Saigon. These facilities were divided into blocs inside. Around 20 Vietnamese women worked in each bloc.


韓国軍が、なぜサイゴン市内に大規模な慰安所を作らなければならなかったのかを尋ねると、フィンライソン氏は即座にこう答えた。
When asked why the ROK army had to set up large comfort stations in Saigon, Finlayson responded immediately:



「韓国兵がベトナム女性をレイプしたり、個別に性的関係を持ったりするのを防ぎたかったからです。また、韓国軍将校が農村で女性を売春婦として囲う恐れもあり、こうした行為はベトナム社会と韓国兵の間で政治的トラブルに発展する危険性がありました」
“This was to prevent South Korean soldiers from raping Vietnamese women or having individual sexual relations with them. There was also concern that South Korean officers might keep prostitutes as mistresses in Vietnamese villages. These things might develop into political trouble between the Vietnamese society and the ROK army.


「また性病の蔓延も重大な懸念でした。慰安所ならば慰安婦の健康を管理できます。当時現地では性病が大きな問題で、特に梅毒が蔓延していました」
“Venereal diseases were also a serious concern for the armed forces. It would be possible to manage the health of the comfort women at the comfort stations. At that time, venereal disease was a serious problem in South Vietnam. Syphilis was particularly rampant.”



ベトナム戦争当時、一定期間前線で戦った韓国軍の兵士は、「休息と回復期間(Rest & Recuperation)」として戦地を離れ、サイゴンで休養する事を許された。この「静養中」の韓国兵がサイゴンや近郊の農村でトラブルを起こしたり、性病に罹ったりしないよう、韓国軍が韓国兵のための慰安所を、サイゴン市内に設置したというのだ。
During the Vietnam War, South Korean soldiers who fought on the front lines for a certain period of time were allowed to leave the battlefield for R&R (rest and recuperation) in Saigon. Apparently, the ROK army set up comfort stations in Saigon for the soldiers so that they would not make trouble in Saigon and the nearby villages while on R&R and to prevent the spread of venereal disease.


では韓国兵士の相手をさせられたベトナム人の慰安婦とは、どんな女性たちだったのか。 
Who were the Vietnamese women made to serve the South Korean soldiers?


フィンライソン氏は、そのほとんどがベトナム各地の農村の少女だったと断言した。
Finlayson said they were almost invariably young girls from the rural villages in Vietnam.


「こうした売春施設で働いている女性はほぼ例外なく農村部出身のきわめて若い女性でした。
“Women who worked in these brothels were almost invariably very young girls from the rural areas.


彼女達が施設に来た理由は様々です。貧困のために家族に売られてきた少女もいたし、自らの意思で来た女性もいた。彼女たちは、職を失って慰安婦となった。 騙されて連れてこられた女性も当然いたでしょう」
“They were there for various reasons. There were girls who were sold by their families due to poverty. Some went there of their own free will. They lost their jobs and became comfort women. For sure, there were also women who were deceived and brought there.”


同書簡には、この施設は韓国兵専用の慰安所として設立されたが、米軍など友軍の兵士も特別に利用する事ができ、その場合は一回につき三十八ドルが請求されたと書かれている。
The letter mentioned earlier wrote that while this facility was set up as a comfort station for the sole benefit of the Korean troops, U.S. soldiers and members of other allied forces were given special access, in which case, they were charged $38 each time. Finlayson explained why this happened.


施設に行った事があるという別の米軍OBは、匿名を条件に次のように証言した。
A U.S. veteran who had once gone to the facility provided the following information on the condition of anonymity:


「ほとんどが十代の少女だった。十六歳だという少女もいたし、もっと幼く見える女の子もいた。こうした農村出身の素直で華奢な少女に夢中になる兵士も多く、こうした者は『Yellow Fever(黄熱病)』と揶揄されていた」
“Most of the women who worked in the Turkish baths were girls from the rural villages under 20 years old. Some said they were 16 and others looked even younger. Many soldiers went so gaga over these simple petite girls that they were ridiculed as having the ‘yellow fever’.”


ニュージャージー州に住む七十代前半のこの人物は、問題の慰安所は隣接する複数の家屋を併せた大規模な施設で、通りの向かい側にも別棟があったと語った。その後の調査で、この施設が入っていた建物はホーチミン市内に現存する事が確認されたが、隣接する地番が一体となって雑居ビルを構成している点など現地の状況は完全に一致していた。ベトナム人慰安婦の多くが年端も行かぬ少女だったという驚くべき証言だったが、十分に信頼しうると感じた。
This man in his 70s and living in New Jersey said that the comfort station in question was a large-scale facility including several adjacent buildings, and an annex across the street. On later investigation, I confirmed that the building housing this facility actually still exists today, and that this facility was operated together with two adjacent buildings and there was also an annex across the street, matching his description. I felt that his incredible account that the majority of the Vietnamese comfort women were minors was reliable.


韓国軍慰安所が友軍の兵士を受け入れた理由については、フィンライソン氏はこう説明した。
Finlayson gave the following reasons for why friendly forces were accepted at a Korean Comfort Women facility.

 

韓国の国家としての意思
South Korean Government Policy?


「『休息期間』でサイゴンに滞在する韓国兵の数は時期や季節によってばらつきがありました。このため、そもそもは韓国兵専用として設立された施設ですが、韓国兵の数が少ない時期に、友軍の兵士も受け入れるようになっていったのです」
“There were seasonal fluctuations in the number of South Korean soldiers coming to Saigon for R&R. Therefore, this facility set up for the exclusive use of ROK troops came to accept soldiers of the allied forces during low seasons.”


私が投げかけるあらゆる質問に対して、フィンライソン氏の答えは簡潔かつ明快だった。そしてその解説は、それまでに読み込んだ公文書の内容や関係者からの聞き取りと、ぴったりと一致していた。
Finlayson was unequivocal in answering all my questions. His explanation also corresponded completely with what I had learned from archive documents and interviews with informed sources.


もちろん、韓国軍による慰安所設置の経緯、規模、運営実態など、今後解明されなければならない事は多い。しかしフィンライソン氏への一時間半に渡るインタビューを終え、ベトナム戦争当時「都市型慰安所」とでもいうべき、これまで知られていなかった施設が存在したという点については、確信を持つに至った。
After the 90-minute meeting with Finlayson, I felt that several of the questions I had had throughout my 15 months of information gathering were answered. For sure, many facts still need to be uncovered regarding how the ROK army set up the comfort stations, their size, and how they were operated. However, there is no doubt that what could be called “urban comfort stations” set up by the ROK army existed in Saigon during the Vietnam War.


では、韓国軍の慰安所経営について、ベトナムの人々はどう受け止めるのだろうか。南ベトナム政府の元官僚で現在はワシントン郊外に住むグエン・ゴック・ビック博士に話を聞く事ができた。
So, how do the Vietnamese feel about the ROK army’s comfort stations? I asked Dr. Nguyen Goc Bich, a former Vietnamese government official who now resides in Washington.


ビック博士とは、昨年夏ワシントンで開かれたベトナム戦争五十周年の記念フォーラムで出会った。中部の港湾都市ダナンで生まれサイゴンで育ったビック博士は、ベトナム戦争が本格化する直前の五八年にアメリカに渡り、コロンビア大学や京都大学などに留学した後、複数のアメリカの大学で教鞭をとったアジア文学の研究者だ。
I met Bich at a forum commemorating the 50th anniversary of the Vietnam War in Washington last summer. He was born in the port city of Danang in central Vietnam and grew up in Saigon. He immigrated to the U.S. in 1958, shortly before the Vietnam War intensified. He is a scholar who taught Asian literature at several U.S. universities after studying at Colombia University and Kyoto University.


ベトナム戦争時の韓国軍による虐殺などの蛮行については詳しく知っていたが、慰安所の事は知らなかったという。ビック博士は小柄で白髪の温厚な紳士だが、問題の書簡を読んでもらうと見る見る顔つきが厳しくなった。
He was familiar with the killings and other atrocities committed by the ROK army during the Vietnam War but did not know about the comfort stations. Bich is a pleasant gray-haired gentleman, but after reading the letter in question, his facial expression hardened.



「韓国軍がベトナム人に対して酷いことをしたのであれば、うやむやにすることは絶対にできません」
“If crimes and hideous acts were committed, evil is evil whether Japanese, Koreans, Vietnamese or Americans were responsible.”



アメリカ在住のベトナム人団体の議長も務めるビック博士は、ベトナム人について「二千年前の出来事でも昨日のことのように話す民族」であるという。
Bich, who also chairs an organization of Vietnamese in America, said that the Vietnamese people “talk about events 2,000 years ago as if they happened yesterday.”


「犯罪や酷い行為が行われたのならば、それは日本人だろうが韓国人だろうがベトナム人だろうがアメリカ人だろうが、悪いものは悪いのです」
“If the South Korean army had indeed done those terrible things to the Vietnamese, our people will absolutely not overlook this fact.


「我々は良心に従って韓国と向き合い、調査し、交渉をして、白黒はっきりつけなければならない。真実が分からない限り、いつまでも問題は解決しないし、国家間の関係を害することになる」
“We must talk to the ROK, conduct investigations, negotiate, and find out the facts following our conscience. This issue cannot be resolved and will continue to poison bilateral relations unless we find out the truth.”


ビック博士が最も強調したのが、慰安所設置に踏み切った、韓国の国家としての意思だ。
Bich was most interested in whether the setting up of comfort stations was a ROK government decision.


「一部の不良がやっていた違法行為でなく、韓国政府が政策としてやっていたのなら、看過されるべきではない。国家が関与したこういう行為は、決して正当化する事はできないのです」
“If this was not an act by a bunch of bad guys and was the result of an ROK government policy, it should not be overlooked. There is no way to justify such an act if the state was involved.”


「軍の規律維持」と「性病防止」のために、韓国政府と韓国軍が組織的に慰安所を設置、運営したのであれば、そこには明白な国家の意思が存在することになる。そしてその構図は、韓国政府が繰り返し厳しく批判する日本軍の慰安所と全く同じだ。
If the ROK government and army were involved in the systematic operation of comfort stations for the sake of maintaining the armed forces’ discipline and preventing venereal disease, this was certainly a government action. And this was a system that was exactly the same as the Japanese Imperial Army’s comfort stations that the ROK government has criticized relentlessly.


だがそれもそのはず、当時の大統領・朴正煕は、日本の陸軍士官学校を卒業し、太平洋戦争では日本軍兵士として満州各地を転戦した経歴を持つ。それだけに、日本軍の慰安所の仕組みと機能を熟知していた。また、問題の書簡を受け取った蔡命新司令官は、六一年に朴正煕がクーデターを起こした直後に幹部に抜擢した、腹心中の腹心だ。
Perhaps this was understandable. The president at that time, Park Chung-hee, fought in Manchuria as a member of the Japanese army during the Pacific War after he graduated from a military academy in Japan. He must have been very familiar with the operation and functions of the Japanese army’s comfort stations. Commander Chae Myung Shin, the addressee of the letter, was given a high level position shortly after Park Chung-hee succeeded in his coup d’etat in 1961. He was one of Park’s closest confidants.


蔡命新は、九四年に執筆した自叙伝『死線幾たび』の中で、朝鮮戦争当時韓国軍が慰安所を運営していた事実を認めている。
Chae admitted that the ROK army set up comfort stations during the Korean War in his autobiography published in 1994.


朝鮮戦争終結後、わずか十年余でベトナム戦争に参戦した韓国軍が、ベトナムでも慰安所を経営するのはごく自然な成り行きだっただろう。朴正煕と蔡命新という政軍両トップの存在があったからこそ、ベトナム戦争でも韓国軍が慰安所経営に踏み切ったともいえる。
It would be quite natural for the ROK army, which participated in the Vietnam War less than 10 years after the end of the Korean War, to operate comfort stations. It can be said that the decision to operate comfort stations was made during the Vietnam War precisely because Park and Chae headed the government and the armed forces at that time.
 

一方、朴正煕の娘である朴槿恵大統領は、私が渡米して以降も、日本軍の慰安所について国際社会で厳しく糾弾し続けていた。 昨秋の国連総会では、世界に向けてこう演説した。
Meanwhile, Park Chung-hee’s daughter, President Park Geun-hye, has persisted in criticizing harshly the Japanese army’s comfort stations in the international community. She told the world in her address to the UN General Assembly last fall:



「戦時の女性に対する性暴力は、時代、地域を問わず、 明らかに人権と人道主義に反する行為だ」
“Sexual violence against women in wartime is a clear violation of human rights and humanism regardless of time and place.”


韓国軍によるベトナムでの慰安所経営がアメリカの公文書によって明らかになった今、朴槿恵大統領は自ら発した言葉に自ら応える義務を負った。
Now that an official U.S. document has shown that the ROK army operated a comfort station in Vietnam, President Park has to take responsibility for her own words.


彼女が慰安婦問題を、反日を煽る内政や外交のツールではなく、真に人権問題として捉えているのであれば、サイゴンで韓国兵の相手をさせられたベトナムの少女に思いを致すだろう。何人の少女が、どのような経緯で慰安婦にされたのか。意に反して慰安婦になる事を強いられた女性はいなかったのか。どんな環境で働かされたのかなど、率先して調査するだろう。韓国の元慰安婦に対して行ったのと同じように。
If she truly regards the comfort women issue as a human rights issue and not as a tool in domestic politics and foreign affairs, she ought to think of the young Vietnamese girls who serviced the South Korean soldiers in Saigon. How many girls were made to work as comfort women under what circumstances? Were there not women forced to become comfort women against their will? She should take the lead in investigating their working conditions, just like what was done for the former South Korean comfort women.


そして、韓国軍慰安所と日本軍慰安所は、どこが同じでどこが異なっていたのか調査し、何が問題で何が問題でないのか検証するだろう。こうした公正な姿勢によってのみ、日韓両国の慰安婦問題が整理され、両国が真の和解に向かう礎が生まれると私は信じる。
She ought to investigate the similarities and differences between the South Korean and Japanese comfort stations and find out what were the issues with these facilities. I believe it is only by taking an impartial approach that the comfort women issue in both countries can be sorted out and the foundation for the two countries to achieve true reconciliation can be laid.


しかし、もし韓国政府がこの問題を黙殺したり、調査もせず否定したりするなら、彼らこそ都合の悪い事実に背を向け、歴史を直視しない国家である事を、国際社会に対して自ら証明する事になる。
However, if the ROK government suppresses this issue and denies it without even conducting an investigation, it will be proving to the international community that it is the ROK that is a country that turns a blind eye to inconvenient facts and refuses to face history squarely.
0528-05 


まだGHQの洗脳に縛られている日本人/PHP研究所
¥1,620
Amazon.co.jp

 

 素晴らしい国・日本に告ぐ! (SEIRINDO BOOKS)/青林堂
 

¥1,296
Amazon.co.jp

 

初月無料!メルマガ登録&サンプル:http://www.mag2.com/m/0001655307.html
Official Home Page 公式サイト:http://www.kentgilbert.com/
Official Blog 公式ブログ:http://ameblo.jp/workingkent/

 

 

いいね!した人  |  コメント(46)  |  リブログ(0)

ケント・ギルバートさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

46 ■慰安婦とは何?

でも悪い事だけでなく

慰安婦≒強制連行



慰安婦≒人身売買の被害者

と根拠をもって説明責任を果たせば

慰安婦≠強制連行

になる

右翼の目的にも適う

45 ■金の問題?

>20万人も連れ去られたなんていう荒唐無稽な言葉に耳を貸す必要はありません

問題は

荒唐無稽を示せない(無いことの証明は悪魔の証明と言われる程困難)

売春は連れ去りだけでなく如何なる強制性も国際法違反(1910年若しくは1921年以後)

1947年までのGHQ用の慰安婦を提供する以前は前借金が殆どであったが、この前借金には拘束性が有る為に1947年に国際法も変化していないのに日本は禁止し今も禁止で日本の公式見解も前借金は拘束性が有る前近代的人身売買

売春は任意なら今でも国際法に反しない正当な仕事

事実として殆ど根拠を示せないッ強制連行を否定して日本人が日本を擁護しても、史実の人身売買での強制性を否定する事は史実の否定であり2007年の様な批難が又起きる。

従って、安倍総理の「慰安婦は人身売買の被害者」とする事が日本の取りえる道

人身売買は事実なのだから事実を見ない野蛮人でない日本はその事実と向き合うだけで
プライドの為金の為に何処ぞの国の様に目をそむけては駄目だ

44 ■無題

長々と御託を並べているけど、日本は今後一切金を出す必要はありません。
自分の爺さんの根拠のない悪口を言いふらされて最初は金を出せば黙るかと思ったら余計騒ぎ立てるヤクザは警察に通報するしかないでしょう。
しかし国と国の間には警察という組織が通用しません(国連もあの体たらくですから)。
それなら、こちらは無実を世間に訴え騒ぐ相手には一切金を出さないのが筋ってものです。

そのヤクザが自分が暴行したことへの罰則から逃げ回っている事もきちんと主張するべきというのがこのブログの趣旨だと思います。

この意見にも反対意見をぶつけるでしょうが全く意味のないことです。
20万人も連れ去られた(その時男は?家族は?何もできないヘタレだったの?薬でもかがされて寝てる間に連れ去られたわけ?女性だけ20万人も消えたらすぐ大騒ぎになるはずなのに何十年も立ってからのこのこ現れたのはなぜ?}なんていう荒唐無稽な言葉に耳を貸す必要はありません。
どうせ反論してくるでしょうがこの事に関してはこれで筆を止めておきます。

43 ■続きです。

彼らの悲劇は1945年8月9日、ソ連による満州侵攻から始まった。ソ連は日本の敗戦が色濃くなった同年4月、「日ソ中立条約」を一方的に破棄。広島への原爆投下からわずか2日後の8月8日に対日宣戦布告し、翌日から満州侵攻を開始したのである。

 圧倒的な兵力と火力で国境線を突破したソ連軍は、瞬く間に満州から朝鮮北部(北朝鮮)を制圧。現地ではソ連兵による略奪と暴行、殺人、強姦事件が相次いだ。

 一方、朝鮮北部では進駐したソ連兵に加え、朝鮮人の治安維持にあたっていた朝鮮保安隊による暴虐行為が頻発した。現地の朝鮮人が暴徒化し、日本人が暮らす民家を襲撃することもあったという。

 終戦当時、朝鮮北部で暮らしていた清水徹氏は『忘却のための記録』(ハート出版刊)でこう記している。

「駅の柵のところに二、三人の朝鮮人が来て、なにか大声をあげはじめた。日本人の悪口をいっているようであった。その数は五人、十人、二十人と次第に増え、女や子供まで集まって来た。『バカヤロー』『日本人、早くかえれ!』『天皇陛下はどうした、思い知ったか!』いろんな悪口が投げられ、そのうちに小石まで飛んできた」

 同じく朝鮮北部の興南に住んでいた鎌田正二氏は、月刊誌『潮』(1971年8月号)で、

「ソ連兵や朝鮮保安隊の掠奪と横暴は、残酷をきわめた。夜なかに雨戸を蹴やぶって侵入してきたソ連兵は、十七になる娘を父親からひったくるように連行。娘は明け方になり無残な姿で、涙もかれはてて幽鬼のごとく帰ってきたという。みなソ連兵を朝鮮人が案内したのだった」と証言している。

※SAPIO2015年7月号


忘却のための記録―1945-46 恐怖の朝鮮半島

http://www.news-postseven.com/archives/20150605_327353.html?PAGE=1#container

  安倍首相が直接韓国に向かって言わなきゃダメと思います。

42 ■初めまして、あなたのファンです。以下の記事の拡散、是非お願いします。



終戦前後 ソ連兵だけでなく朝鮮人の一部も日本人に牙むいた2015.06.05 16:00


「歴史の罪を償え」……韓国はいつもこの決まり文句を叫ぶ。だが、果たして韓国の言う「私たちは常に被害者」という姿勢は、本当にその通りなのか。歴史を振り返れば、韓国は過去幾度となく、日本人への蛮行を繰り返してきた。 終戦前後、満州に侵攻したソ
「歴史の罪を償え」……韓国はいつもこの決まり文句を叫ぶ。だが、果たして韓国の言う「私たちは常に被害者」という姿勢は、本当にその通りなのか。歴史を振り返れば、韓国は過去幾度となく、日本人への蛮行を繰り返してきた。

 終戦前後、満州に侵攻したソ連兵によって多数の日本人婦女子が蹂躙された。だが、日本人に牙を剥いたのはソ連兵だけではない。それまで同じ国の民だった朝鮮人の一部もまた、日本人に襲いかかった。

 第2次大戦中、海外には600万人を超える日本人が在留していた。そのうち民間人は約300万人。大半が中国本土や旧満州、朝鮮半島に生活基盤を持つ人々だった。

 ※SAPIO2015年7月号

本文を読む http://www.news-postseven.com/archives/20150605_327353.html?PAGE=1#container

41 ■Human Trafficking

>それも日本の責任なのでしょうか。それは本人とその家庭の事情ではないでしょうか

これを言えば言うほど袋叩きです

「本人や家庭の事情」≒弱者の弱い立場を利用して
金銭で売春で搾取(金だけの事ではない)させる取引こそが世界が防ごうとしている
Human Trafficking

これらを防ぐ国内法を整備し防ぐのが国の義務
その義務を果たすどころか公認して大いに利用しておいて

「自分の頭で考えられる自立した女性だったはずです。親に逆らえず渋々(自ら)下した決断でも、それも日本の責任なのでしょう」と主権者の国民や国家が主張するなら多くの国の合意(日本も含む)を否定する事に成り

袋叩きです

40 ■無題

>米軍の報告書を読むと客を断れる権利も、自由行動の権利も、休みの日も与えられていたようです。普通の労働と何が違うのでしょうか

他の労働は「如何なる強制も禁止」1910年「醜業ヲ行ナワシムル為ノ婦女売買禁止ニ関スル国際条約」の様に禁止されていません

1930年の強制労働条約でも戦争災害などによる徴用までも認めています

他の労働とは違う

婦女子の保護のために自由意思が必要です

>自分の頭で考えられる自立した女性だったはずです

考えても考えなくても自立していてもいなくても
拘束される契約で売春を行わせる事が「強制性のある売春」でこのよな事を公認し取り締まらない事は政府の責任です
公認どころか政府の最大機関が大いに利用しているので「日本(日本軍)の責任」です
私は軍の責任は「ドジ」政府の責任は「怠慢」国民の責任は「無関心鈍感」だと思います

39 ■無題

>拘束性のある前借を止めたのは1947年からです
前借金による醜業労働の禁止は人身売買や奴隷的労働の可能性を懸念してそれらを「防止」するために作られた法律。更に当時はその法律は無かった。で実際に労働環境に人権無視の強制性や奴隷性があったのか。米軍の報告書を読むと客を断れる権利も、自由行動の権利も、休みの日も与えられていたようです。普通の労働と何が違うのでしょうか。
>前借は本人が同意していても人身売買で志願ではないのです
朝鮮女性を見下し過ぎでは?彼女たちだって脳ミソも言葉もない従順な羊ではなく、自分の頭で考えられる自立した女性だったはずです。親に逆らえず渋々(自ら)下した決断でも、それも日本の責任なのでしょうか。それは本人とその家庭の事情ではないでしょうか。

38 ■無題

ASU様

よく分かりました。
ありがとうございました。

37 ■前借

自分がもらっても親がもらっても
使い道に区別なく
前借契約は拘束性が有るとされる

債務の為に売春を行なわせる強制です

前借契約がインチキで金がもらえないなど詐欺はそれ以上の悪なだけ。

GHQは全ての前借の債務を帳消しにさせ前借を排除して米軍の慰安婦の強制性を排除させた

殆ど全ての公娼が前借契約で有ったので
公娼で一番良い状態でも「人身売買」

それ以下の状態は人身売買以上の強制

長く娼婦を確保したい経営者
多くの収入を保証させたい娼婦
この利害から前借契約が多数を占めたそうです
だから自由意志で行うが妨げられ強制になる
娼婦が同意していても駄目です



36 ■無題

35の投稿は私には少し難しいので、後からゆっくり読むとします。

ところで、例えば一つの慰安所に、AさんBさんがいたとします。
Aさんは自ら身売りしたが前金はもらっていない。
Bさんも自ら身売りしたが前金はもらった。
二人は同じ慰安所にいるので同じ環境で働いていたと考えられますよね?
しかしこの場合、Aさんは「人身取引」の対象で無く、Bさんは「人身取引」の対象として何らかの補償を受けやすい立場にあるということになる。
Aさんから見れば、Bさんは前金までもらっているのに補償まで貰えそうだ。。ということになると、普通の感覚では不合理ですよね。

また、親に売られた(慰安所で働くように強制された)ものの、前金は親も自分ももらえず、慰安所の給料から毎月仕送りをしているCさんという人がいた場合、これも「人身取引」の対象ではないということなのでしょうか?

これは国際法上の解釈上それが仕方ないとしても、もしBさんが一番補償されやすい立場にいるのだとしたら、国際世論は納得するのかなあと思います。
日本政府が「人身取引」というとき、Aさん、Cさんは対象になるのですか?

35 ■人身売買

日本政府が禁じている人身売買が慰安婦の主なら

1証明が困難
2過酷な人身売買を実行性のある方法で取り締まる事無く日本軍は利用し続けたので日本軍は悪の権化
3日本は国内も外地も無法地帯と叫ぶ(慰安婦には本国に半人も多い)

無かった事は無いでしょうが本当に主なの?

証拠もなく証明も出来ない事を少数の証言で決め付けるのは良くないと思う

34 ■国際法違反

>、なんでこれが日本軍の責任になるのですか?

基本的に 国際法の主体となりうるものは国家
です(最近は少し変化していますが)

売った親も買った女衒も国際法の対象者で無く
国内法に従った商売をしただけです。

国際法の対象は国家(指導的立場の人含む)です

国家が国際法に反する人身売買を合法化して
国家の最大機関がその人身売買を大いに利用したのですから

被害に対する責任は国内法に従った親や女衒でなく政府(=軍)です

>朝鮮人で日本で働いた娼婦は問題ないのでしょう?
予測ですが
この問題を提起している側が
慰安婦問題がこの人身売買の問題だと世界が気づく事が嫌だからだと思います

米国はこの種の人身売買の防止に努力している国です。米国は日本が今もこの種の人身売買に十分に取り組んでいないと毎年勧告をしている国です。

33 ■無題

>女性が自分で身売りして、前金を受け取り家族に与えたというような場合、これも国際法上の「人身売買」に該当するのでしょうか?

成ります。
日本人はお礼奉公の感覚が強いので不快に思う人がいますが、国際的には人身売買
外務省用語では「人身取引」

>女性が自分で身売りして、前金を受け取り家族に与えた
この風習は欧米や中央では希有で彼らには信じる事が出来ない不可思議な事だそうです
1932年の国際連盟の報告書にその様な記述が有ったと記憶します
「親が子を売った」になりこれを合法化している野蛮人に判定されされるのでしょう

32 ■無題

誤解をされるのです。
アメリカの人身売買は アウトローに対してなんです。
アウトローと言っても 「法律に従わない人間」の意味ではなく
「法律の加護を受けれない人間」つまり奴隷のことなんです。
売り飛ばそうが、レイプしようが、ぶち殺そうが、問題なし。法律の外の人間だから。
そのような 意味での人身売買と誤解される可能性があるのです。

>条約を結んでいた日本政府の機関が国際法が禁止していた人身売買を大いに利用していた

おおむね その通りです。
ただし、朝鮮は法の及ぶ範囲ではない。ということです。
国際法の除外規定にしていた。
つまり 法的に問題ないのです。
(もちろん道義的には悪ですよ。)
また、女衒は 日本政府の機関ではありません。

>30 ■証拠もなく叫ぶ人々

実は私はこの意見にほぼ賛成です、
(というか この意見が間違っているという人はいるのか?)
安倍総理の人身売買発言もおおむね正しいです。

で、なんでこれが日本軍の責任になるのですか?
朝鮮人で日本で働いた娼婦は問題ないのでしょう?

31 ■無題

つまり、
前近代的人身売買(=前借の分を、働いて返さなければならない=強制)
きれいな処に住んでいようが、兵士が親切であろうが、お金をたくさん儲けようが、「前借で売春すること」が、国際法的に「人身売買」と見なされるという意味ですね?

そして韓国としては、それほど冷遇されていないお金持ち慰安婦の「人身売買」では意味が無く、あくまで人さらいの日本人兵士が女性を奴隷の如く扱い、残虐な行為を繰り返した・・・ということでないと困るということですよね?

なんとなく少しずつ分かってきました。
ただ、安倍首相の「人身売買」という言葉について、藤岡先生?が警告されていたような記事をどこかで読みましたが、何でなのでしょうね?

また、女性が自分で身売りして、前金を受け取り家族に与えたというような場合、これも国際法上の「人身売買」に該当するのでしょうか?

どなたかお分かりのかた教えて下さい。

30 ■証拠もなく叫ぶ人々

証拠もなく裏付けもない事で他人を非難すべきではない

前借にはある。

日本は1947年まで合法としていた

日本の娼婦契約の殆どが前借契約で有ったからGHQが全て債務を無くし法を変えさせた記録もある

当時の慰安婦の記録にも前借の債務が記録されている
一人ひとり立証する事無く、前借は成立している

そして前借は強制性のある売淫を行わせる人身取引【人身売買】である事は日本も認める世界共通の認識だ

立証も出来ない前借以外の人身売買を慰安婦全体に当てはめる事は
白馬事件などで強制連行を慰安婦の全体像とする事同じだ

29 ■強制労働

>日本は国家総動員法による強制労働に対して一切補償していません。

1930年の強制労働条約で災害や戦争の為の徴用は強制労働から除外してます

従って、国家総動員法でお願いした労働は強制ろう度ではないので補償は要らないでしょう

>「朝鮮人は法律もわからない愚か者」
そうだと思います

>>外地は管理できないがこの条約を履行しないとした
により法的問題なし

日本の政府機関が管理できない場所から集めて利用しては駄目でしょ
現地の人が利用しているなら国際法的に日本に責任は無いとされるでしょうけど

「条約を結んでいた日本政府の機関が国際法が禁止していた人身売買を大いに利用していた」は変わりませんね
軍は日本国の出先でそこの秩序は日本国に準じているのでマレーの日本軍は国内法を守るように通達を出してます

国際法は 戦争の為の徴兵や徴用を強制労働として禁止していない

国際法は 如何なる強制性のある淫売を禁止している

この違いです

28 ■無題

>女衒が日本政府が認めていた前借(人身売買)以外で大半の慰安婦を集めていた証拠でもあるのか?
ttp://www.wara2ch.com/archives/8194564.html
一応貼っておきます

結論から言うと できるわけがありません。

1.そもそも 調べなければならない慰安婦の数が判らない。
他にいると言われれば どうしようもないです

2.大半という基準がわからない。
たとえば50%だとして 49%だとだめなのですか?51%だったら認めるのですか?

3.あなたが信用するかわからない。
ねつ造だと言われればお手上げです。

これらを満たすことはできません。
逆に言えば あなたが 他の人を納得させるためには これらのデータを提示する必要があります。

27 ■整理しておきます

法の問題

前提として慰安婦自体は問題ではない

日本国内
>1921年より如何なる強制性の淫売が禁止
ただし
>1932年に非常に丁寧に管理しているから日本国内は人身売買でない
により法的問題なし

朝鮮
>1921年より如何なる強制性の淫売が禁止
ただし
>外地は管理できないがこの条約を履行しないとした
により法的問題なし

となりますよね?。

慰安婦に限らず 法の問題では
「法なき所に罪なし」
「法は守るために存在する。時効を含めて」
この二点が必要です

>それほど日本の統治地域は無法地帯なのか?
>日本の成功していた植民地支配を侮辱すしたいのか?

日韓併合により日本化は進んだ。ただし、おなじではなかった。
上記のように日本と同様に批准されなかったし、国家総動員法も朝鮮は同じではなかった。
しかし、朝鮮人にも選挙権はあったし、被選挙権もあった。

そもそも法的な問題があったのなら 韓国は言ってくるはずです。
「この法を破っているのだ。だから補償しろ。」と
慰安婦に法的根拠がない(当時も今も)なによりの証明です。

それともこのように言いたいのですか?
「朝鮮人は法律もわからない愚か者」


天賦人権説(人権は法よりも上である)をとれば
「強制であり」
「筆舌に尽くしがたい苦難を味わった」
が問題になりますが、これは
「赤紙一枚で連れていかれた兵士」
にかかってきます。


余談ですが 日本は国家総動員法による強制労働に対して一切補償していません。
当時の日本人全員にかかっていたのだから、
全員に対して補償する義務がある。
よって補償しない。という論法です。

26 ■日本の統治していた植民地は無法地帯?

>憎むべき相手を取り違えるという 重大な問題があります

>もっとも憎むべきは 女衒です

女衒が日本政府が認めていた前借(人身売買)以外で大半の慰安婦を集めていた証拠でもあるのか?
それほど日本の統治地域は無法地帯なのか?
日本の成功していた植民地支配を侮辱すしたいのか?

>朝鮮台湾(外地)では この法律は適用されないという理解で間違いないでしょうか?

日本政府の最大機関が大いに利用していたは

それこそ人身売買を無自覚に日本政府が利用したとなる。

日本を愚弄するのもいい加減にしてほしい

日本の統治していた地域は無法地帯で無い

日本軍は通常の前借契約が拘束性のある人身売買と認識できずに過誤を犯したのだろう

だから、法規に慎重な日本軍はマレーで売春に関する国内法を戦地でも守るように通達をだした

25 ■無題

>この事実で日本は何が困る?

憎むべき相手を取り違えるという 重大な問題があります

もっとも憎むべきは 女衒です


>1921年より如何なる強制性の淫売が禁止されていた
>外地は管理できないがこの条約を履行しないとした。

つまり朝鮮台湾(外地)では この法律は適用されないという理解で間違いないでしょうか?


24 ■戦前の日本が行った最悪最大の人権侵害とは?

戦前の日本が行った最悪最大の人権侵害とは

日本軍の慰安婦制度

それは前近代的人身売買に相当する
前借金による拘束性のある契約だった


この事実で日本は何が困る?


韓国人はとても困る

23 ■日本軍は前金など渡していない 当たり前

>日本軍は前金など渡していない

当然前借金など渡していない

募集する業者が日本の法律で認められている前借金制度で国内法で合法的に集めた

その日本の国内法による
売春婦の成り立ちに強制性がある

日本の国内法が国際法に反していた。

日本政府の責任だ

強制が重要で残虐である必要がない

韓国はこれでは困るので

安倍首相の「慰安婦は人身売買の被害者」の発言に反発している

彼らは日本が残虐で無いと困る

22 ■ASUの主張は馬鹿げてる。典型的韓国人。

日本軍は前金など渡していない。個々の兵士がセックスの対価として慰安婦にお金を払っただけです。

人身売買をやったのは韓国人の業者であり、娘を売った親です。非難するなら彼等を非難すべきでしょう。終戦直後は誰でも知っていたから問題にならなかった。日本軍も彼女達を利用したのだから事後従犯とは言える。

同じ慰安婦という言葉だが、ベトナムでの韓国軍慰安婦のほうが日本軍より残虐であったと思う。その証拠の一つに、混血児の存在がある。短い期間に韓国人は多くの混血児を作った、今でもフィリピンあたりで作っている。そっちの方が余っ程恥ずべきことで、犯罪性がある。

自分達の残虐性や、やってきたことを日本に投影させているとしか思えない。

21 ■強制性のある売春は禁止

>他に稼ぐ手段がないとか、自分の置かれた環境によって「仕方なく」売春するのではないか?

これは国際法上禁止されていない

禁止されているのは前借の様な拘束性のある契約で強制性が生まれる売淫

好き嫌いもこの強制には無関係

常に自分の意思で嫌な売春を生活の為に行うならそれは正常な商業行為で国際法は未だそれを禁止していない
暴力や前借の様な拘束するモノがない状態で自分の意思で売春を行う事は自己責任、政府の問題でない

可哀そうか如何かも関係しない

待遇が良くても暴力や前借の様な拘束するモノが有れば駄目

>「自分のところは違う!強制も拘束もない!」と思っているとしたら、納得がいかない

証明がいる、証明できなければ根拠もなく強制連行だ!と言うのと同じ

また、日本の納得は無意味で不要で役に立たない。犯罪は個々に法などの基準と事実で判断され、相対的に犯罪が公平に裁かれている事を必要としない。他に強制的売春が有っても無くても日本の慰安婦が強制性のある契約で売春を行っていた事はそれ自体の事実で判断される
比較で免責はされない

20 ■「強制」とは?

そもそも強制性のない売春ってあるのかな?
世界中どこでも、売春をする人は、経済的に何らかの理由を抱えている。
自ら身を売る人でさえ、例えば親が借金しているとか子供の教育費が無いとか、あるいは国が戦争していて他に稼ぐ手段がないとか、自分の置かれた環境によって「仕方なく」売春するのではないか?
それは環境による「強制」であり、精神的な「拘束」ではないのか?
そういう売春では前金さえない。
また自分の好きなように好きなだけ働けるわけでもない。

安倍首相の発言には賛成だが、他国が自分の国の売春に関して「自分のところは違う!強制も拘束もない!」と思っているとしたら、納得がいかない。

19 ■多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題

>だいたい日韓協定で解決済みのことをいつまでも蒸し返すそこが一番の問題。
そう、解決済みなんです

日韓の問題でなく「出身地のいかんを問わず」が日本政府の立場です

根拠のない話などで日本を責める韓国が可笑しい事で日本の慰安婦制度が人身売買で有った事は消えません。

蒸し返すそこが一番の問題とするのは2007年の時のように慰安婦における日本の悪さを認めず
責任をとらない日本を世界の悪者にする間違った戦術でしょう

187人の歴史学者も「韓国と中国の民族主義的な暴言」を認めつつ「女性たちがその尊厳を奪われたという歴史の事実を変えることはできません」
とします

日本が出来る事は「女性たちがその尊厳を奪われたという歴史の事実」を正確に表現して事実に基づかない話を「民族主義的な暴言」と多くに認識させる事です

安倍首相の「慰安婦は人身売買の被害者」発言は大きな進歩です

18 ■無題

だいたい日韓協定で解決済みのことをいつまでも蒸し返すそこが一番の問題。
そう、解決済みなんです。
わざわざ何度も謝る必要はない。
謝る=金の無心なのだから。
そしてあの国にとって日本はいつまでも謝り続け言うことを聞き続ける奴隷としての位置づけを望んでいるのです。
他国にそういう無理難題を押し付けて自分たちはベトナムや朝鮮戦争当時の不祥事から逃げ回る。
そういう姿勢は今後1ミリたりとも治らないでしょう。
なので解決済みの案件にいつ案でも卑屈にならないことが日本の正しい道です。

17 ■無題

>赤紙一枚で連れて行かれた兵士は当然
「強制であり」
「筆舌に尽くしがたい苦難を味わった」
はずですが これについて保証はすべきでしょうか?

これは国際法で禁止されていません
1930年の強制労働条約でも戦争による徴用は合法です

所が、1921年(1910年)の国際法で
如何なる強制性のある売淫も禁止です

従って、法的に問題になるのは慰安婦の強制性で国際法も認めている戦争の為の兵の徴兵の強制性ではありません
国際法は兵隊は志願自由意思だけとしていません

16 ■無題

議論を深めるために
質問が二つあります。

赤紙一枚で連れて行かれた兵士は当然
「強制であり」
「筆舌に尽くしがたい苦難を味わった」
はずですが これについて保証はすべきでしょうか?

おしんは 強制であり 人身売買であるから
これについて保証すべきでしょうか?

ぜひ 考えてみてください

15 ■無題

>日本軍が強制売春や強制連行を行って"いなかった"傍証となります

拘束性のある前借を止めたのは1947年からです
それ以前は前借は合法ですから警察は取り締まりません
従って、日本の慰安婦が強制性のない売春とは言えません。「慰安婦は強制性のある取引の被害者」そして強制性のある売春を行わせる人の取引を20世紀初めから人身売買として国際法は禁止していました

日本は日本軍の戦争を優位にする為(戦地での性犯罪防止)に国際法違反の人身売買を利用してしまったのです。

それでも人身売買を正当化できません

この事実は無くなりません

貧困などの弱みを利用して金で支配し性的搾取を行う事を人身売買として国際法は禁止しています。
前借は本人が同意していても人身売買で志願ではないのです

14 ■無題

>当時だって女性をかどわかして売買するのは犯罪でしょ。
>警察が取り締まった形跡もあります

それが、日本軍が強制売春や強制連行を行って"いなかった"傍証となります。人身売買や強制売春は勿論今も昔も犯罪ですが、慰安婦問題で一番重要な点は慰安婦制度がそのような仕組みであったのか(System of Abuse)、それともその制度の下で悪い輩が悪用する例が存在したのか(Abuse of System)だと思います。
実際は後者なのですが、韓国側が前者と主張してることが問題なんです。

>この理論はあんまり好きじゃないです。

赤紙一枚で強制的に召集された男性は補償も全く無いのに、志願して給料もしっかり稼いでいた慰安婦女性のみが同情され補償されることが腑に落ちません。また現在でもニュージーランドなどリベラルな国数か国では管理売春すら合法化されています。フェミニストや極端なピューリタンには想像できないでしょうが、マックで安月給のバイトするより売春で手っ取り早く高給稼ぎたい女性は世界中に山ほどいるんです。

13 ■言葉は同じでも実態は違う。

日本軍の慰安婦、ベトナム戦争での慰安婦、言葉は同じだが、実態は相当違うと思う。

実態を調査し、どこがどう違うのか知ることができればいいが、国連の人権委員会は事実を調査するところでなく、反日勢力に乗っ取られてしまっている。日本も国家的にやらねば歴史が捏造されるね。

12 ■人身売買の主犯は韓国人業者です。

前借りによる人身売買の主犯は韓国人です。日本軍は言わば事後従犯です。

主犯が罰せられて初めて従犯の犯罪性が問われるのです。しかも、事後従犯だから道徳的非難は浴びせられても、犯罪性までは問われない。

先ず、娘を売った韓国人の両親や買った韓国人業者の犯罪性を追求すべきでしょう。

事後従犯という意味は、慰安婦を利用したが、その募集は韓国人業者がやったと言うことです。

11 ■無題

>あの当時合法だったことをなぜ今の基準に当てはめるのか?

この理論はあんまり好きじゃないです。

当時だって女性をかどわかして売買するのは犯罪でしょ。
警察が取り締まった形跡もあります。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/gyousyachon.html

そこで注目したいのは韓国が今も人身売買に関わる国家であるということ。
特に女性の性売買に関しては、本当に酷いと言うしかありません。

以前から、ネパールの少女売買の事に、以前から心を痛めていましたが、
主に関わっているのはインド人ブローカーだと思い込んでいました。

でも、今回の震災でガーディアンの記事を読んでびっくり。
買う側の国に、しっかり韓国も挙がっています。
Nepal quake survivors face threat from human traffickers supplying sex trade
http://www.theguardian.com/world/2015/may/05/nepal-quake-survivors-face-threat-from-human-traffickers-supplying-sex-trade

彼の国がそういう国である事をアピールするとともに、
日本も次々と手を変えて出現する
未成年者を性の対象とする商売が国際的に問題になっていて、
人身売買で韓国よりも低い評価を受けることに真剣にならないといけないかもしれません。

米国務省の評価が酷い人身売買で問題になる韓国より日本の評価が低いのは、
誇張した報道がされること、対策をしているというアピールが足りないこと、
なのではないかと思っています。

米国務省、2014年人身売買レポートを発表‐「女子高生お散歩」や技能実習制度などを問題視
http://www.hurights.or.jp/archives/newsinbrief-ja/section3/2014/06/2014.html

こんな感じで・・・。

「日本は児童買春の国」・・・秋葉原でJKの服装をしただけの女性を写した写真を根拠に、外国特派員協会で記者会見が開催
http://echo-news.red/Foreign/the-real-scum-denounces-the-scum-business-i-as-a-shame

10 ■無題

>あの当時合法だったことをなぜ今の基準に当てはめるのか?

GHQに指摘され、国際法も変わっていないのに

日本政府はそれを了承し
現在もその前借制度を「拘束性が有る契約、、だから排除」が公式の認識で継続している

拘束性が有るが日本政府の見解
拘束性の有った前借金制度は如何なる強制も禁止した国際法違反の制度であった事を認めたと言える

これを今の日本人が否定するなら
現代の日本人は前借に拘束性は無く国際法違反ではないと認識する事に成り
現代の日本人の価値観が批難の対象になる

1921年より如何なる強制性の淫売が禁止されていたのだから、当時国内法で合法でも国際法では合法とは言えない。

また、日本政府は国際連盟の調査に対し1932年に非常に丁寧に管理しているから日本国内は人身売買でない。外地は管理できないがこの条約を履行しないとした。

つまり、慰安婦は管理できない外地に連れでしているのでこの当時の日本政府の認識の必要な要件が満たされていないし、その丁寧な自由意思の確認の物証もが残っていない(存在すると言えない)

真実は何処を取っても
前借金制度による人身売買
この史実を日本は認めないと2007年の繰り返しが何度でも起きる

日本政府がこの春から
「慰安婦は人身売買の被害者」とする外交は
とても事実の重視の観点でも正しい

そして何より罪の判断は相対ではない
窃盗犯が全て捕まらなくても窃盗を問われ証拠が有るなら窃盗として罰せられる事は免れない

9 ■ブーメラン

慰安婦問題で日本を非難したら
皆自国にブーメランとなっていくだろう。

8 ■やっぱりね

赤色関口サンデーモーニングを延々とやっているTBSらしいよ
マア組織外に特ダネを漏らせば止むを得ないとも言えるが、免職処分にはしきれない、訴訟が怖い、情けね。

7 ■ケントさん、情報発信ありがとうございます

ケントさん、こんばんは

米国の公文書によって初めてその存在が明らかになった、サイゴンの「韓国軍慰安所」に関する英文、日本語にか国語での発信ありがとうございます。

なでしこアクション、my日本というSNSでも、慰安婦問題への署名活動、抗議メールの発信等をしておりますので、拡散!拡散!拡散!ということで活用させていただきます。

6 ■無題

あの当時合法だったことをなぜ今の基準に当てはめるのか?
そこですでに矛盾が生じています。
事実だというならなぜ売った家族や女衒を訴えず日本にたかってくるのか?
日本人は金づるとしか思っていない証拠です。
前借制度でも借金を払い終えて贅沢をしていた事実を全く無視して強制だかわいそうだと一方的に決め付けることこそ悪だと思います。
謝る必要もなく、すべてでたらめであると言う真実を訴えていくのがこれからの日本の指針であると思います。

5 ■慰安婦問題は官能小説か?

違う
日本の慰安婦は前借で成り立っていた日本式の売春制度であったのだから

強制性は存在していた。

この前近代的人身売買的制度で強制性のある売淫を行わせていた事実は小説で無く事実だ

これを日本が否定しては2007年同様に日本は人権侵害の事実を認めない国として批難される

だから日本政府は
「河野談話の継承」+「慰安婦は人身売買の被害者」
とする
良い外交だ

4 ■無題

官能小説から話を膨らませた嘘と違ってベトナムは現実ですからね。
日本軍の話はあくまで官能小説の嘘を朝日新聞が大げさにさもあったかのように大騒ぎしてそこに金に汚い連中が乗っただけ。
作者がでたらめだと認めたものをいつまで引きずって嘘で金をゆすろうとしてるんでしょう?
そんな嘘でたらめよりこの現実を見ようとしないのは卑怯を通り越して人間の感覚ではないということですね。

3 ■慰安婦問題とは何?(誤字訂正)

軍が慰安婦を用意する事が悪い事か?
日本に進駐していた米軍も日本に慰安婦を用意させた(日本が性犯罪を防ぐために用意したとも言える)

それだけで問題になるか?

国際法が禁止しているのは強制性のある売淫

日本に進駐した米軍は直ぐに日本の売春制度の問題点である前借契約を禁止する勧告を行い1946年1月には首都で禁止し1947年には日本に法を改正させ全国で前借を廃止させた

つまり、強制性を排除した売春婦を米兵に用意した

国際法上問題がない慰安婦となった

あくまでも国際法を基準にするなら慰安婦の存在は問題でなく強制性のある慰安婦が問題なだけである

韓国兵相手の慰安婦を問題にしたければその強制性の有無を問題にしなければならない

日本の慰安婦は1947年に日本が禁止した強制性である前借を行っていたのは明白であるからこの強制性を無視する事が出来ない

つまり安倍首相も述べたように
「慰安婦(日本軍)は人身売買(前借人身売買)の被害者」は如何しても消せない

韓国の慰安婦に強制性が有ったとしても日本の慰安婦の強制性の免責は起きないのだから韓国の慰安婦の是非は日本の慰安婦問題に殆ど関係がない話に過ぎない

窃盗犯が全て捕まらなくても窃盗を問われ証拠が有るなら窃盗として罰せられる事は免れない

2 ■慰安婦問題とは何?

軍が慰安婦を用意する事が悪い事か?
日本に進駐していた米軍も日本に慰安婦を要させた(日本が性犯罪を防ぐために用意したとも言える)

それだけで問題になるか?

国際法が禁止しているのは強制性のある売淫

日本に進駐した米軍は直ぐに日本の売春制度の問題点である前借契約を禁止する勧告を行い1946年1月には首都で禁止し1947年には日本に法を改正させ全国で前借を廃止させた

つまり、強制性を排除した売春婦を米兵に用意した

国際法上問題がない慰安婦となった

あくまでも国際法を基準にするなら慰安婦の存在は問題でなく強制性のある慰安婦が問題なだけである

韓国兵相手の慰安婦を問題にしたければその強制性の有無を問題にしなければならない

日本の慰安婦は1947年に日本が禁止した強制性である前借を行っていたのは明白であるからこの強制性を無視する事が出来ない

つまり安倍首相も述べたように
「慰安婦(日本軍)の慰安婦は人身売買(前借人身売買)の被害者」は如何しても消せない

韓国の慰安婦に強制性が有ったとしても日本の慰安婦の強制性の免責は負い無いのだから韓国の慰安婦の是非は日本の慰安婦問題に殆ど関係がない話に過ぎない

窃盗犯が全て捕まらなくても窃盗を問われ証拠が有るなら窃盗として罰せられる事は免れない

1 ■無題

ベトナム人が昨日の事のように話す とは。韓国軍慰安婦問題がどのように展開するのか
見守りたいとおもいます。

御本を本日入手いたしました。
まだ第2章を読み終えたばかりですが
とても勉強になります。

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み