ガーベラ「花、ひらくプロジェクト」とは女性の起業を応援するプロジェクトです。ガーベラ

 


クローバー経済産業省「平成29年度女性活躍推進基盤整備委託事業」女性起業家等支援ネットワー  ク構築事業において、
 女性の起業を支援するため、地域の金融機関や産業・創業支援機関などを中心とした女性  起業家等支援ネットワークを全国10か所に形成しています。

クローバー四国ではNPO法人ワークライフ・コラボが代表機関となり、
 四国ネットワークを「花、ひらくプロジェクト」と名付けました。

 四国の女性の想いが“花、ひらく”よう、夢を応援しサポートするプロジェクトです。


7月17日(月・祝)、キックオフ公開セミナーが、
コムズ(松山市男女参画推進センター)で開催されました!!

会場は満員キラキラ
起業ってどうすればいいのだろう?ステップアップしたい!などいろんな思いを胸に
50名の方が参加されました。
また、オブザーバーとして起業を支援する支援機関の方々もご参加くださいました。


ダイヤグリーン前半は実際に起業をされた5人の女性にパネラーとなっていただき、
起業に至る経緯や環境、苦労、やりがい、ワークライフバランスなど語っていただきました。


黄色い花㈱ヴァンサンカン 代表取締役社長 石原美良子さん
仕事を通じで自分を発見し、自分がどう生きるかを考え、「起業」して得られたご自身の「生き方の基礎」のお話。

「働くことは人生を豊かにする。仕事は人を喜ばせる能力と人間力がつく」と力強く締めくくられました。





黄色い花㈱グラン・ジュテ 代表取締役社長 大石千枝さん
子育ての合間に始めたマクドナルドのアルバイトから松山、宇和島、大洲の三店舗のオーナーとなるまでの道のりについて。

モットーは『自律と自立』で「自分をコントロールすることでなりたい人間になれる」とご自身のやる気を引き出すポイントも。





黄色い花スピカ一級建築士事務所 代表 近藤佳代さん
出産で転職し働き方に悩んだ結果、起業を決意。

退職と同時に種まきをし、なかなか芽が出ない時期を経て数年かけて軌道に乗ったこと。

起業して時間と気持ちの「質の変化」を感じたと言われていました。




黄色い花N’s Kitchen&labo 店主 小池夏美さん
介護と育児のダブルケアのため選んだ三津浜での生活。地域の協力がありお店をもつことができたとか。

自分の表現したいことと求められるもののギャップに悩みながら乗り越えてきた経験を交えながら、限界を決めない自分との闘いをお話されました。


 


黄色い花el viento YOGA 代表 桂浦美紀さん
三ヶ月の子どもを連れて参加した、なでしこドリームプロジェクトの講座。働き方を見直し、起業を選択。

ヨガを選んだのは、健康は万国共通であることと、生産性を重視。

青年海外協力隊の任地だったドミニカで出会ったスペイン語やサルサも事業になっている。「家族とのつながり」に感謝し、「自分らしくいられること」を大切にやってきたとのこと。

 

 

 

ダイヤグリーンみなさんのお話を深堀りしたい!ということで、、
ワーコラ代表堀田より、突っ込みトーク!
 
「リアルなキャシュフローは?」
「起業後のギャップは?」
「公的な支援の活用は?あったら活用したいものはどんなもの?」
 
ここでも、出来事や思いをホンネで語っていただきましたニコニコ


ダイヤグリーン続く後半は、7つのグループに分かれてグループワーク。

5人のパネラーの方にもグループに交じっていただき、意見交換の場となりました。

 

        

 


どのグループもそれぞれの感想や意見が活発に飛び交っており、笑いあり、涙あり、参加された皆さんの表情はとても生き生きとしていて、輝いて見えましたラブキラキラキラキラ


ダイヤグリーン最後にパネラーのみなさんからのひとことメッセージ!!
 
黄色い花石原さん 「心をこめる!!」


黄色い花大石さん 「成りたい人になる スマイル&感謝ドキドキ


黄色い花近藤さん 「やりたいことをあきらめない」


黄色い花小池さん 「選択してきた自分を認めてあげる(正解だと思える)」


黄色い花桂浦さん 「自分らしくドキドキ


私も会場をウロウロしながら、パネラーの方の熱のこもったお話を聴け感動笑い泣き


会場のみなさんも良いつながりの場になったようで満足度が伝わってきましたハート
パネラーの方からもご好評をいただき、スタッフも含め本当に有意義な時間となりましたキラキラ

 

 


ダイヤグリーンご参加いただいた皆さん、パネラーの皆さん、本当にありがとうございました!

(スタッフ一色)

AD