KOZEのワインブログ

ワイン好きのKOZEが気になったワイン、飲んだワインを紹介します。
ワイン関連無資格のサラリーマンです。
味わいのコメントなどは適当にとらえてお読みください。


テーマ:
本記事はブログ移転に伴い以下のブログにてまとめております


⇒「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた



大変お手数ですが、ブログの移動をお願い申し上げます




オススメ記事一覧


「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
「ワイン一年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
コスパ最高!オススメの南アフリカワイン価格帯別まとめ
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
1万円台で購入できる「プレゼント向けのワイン」とは
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた

※恐れ入りますが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
南アフリカのワインです。
アルヘイト・カルトロジー シュナンブラン2013を飲みました。

{55D62423-21B7-493A-BC19-653D4C26FC4B:01}


インポーターはラフィネさん。
2011年をファーストヴィンテージとする南アフリカの新生という位置づけ。

2013年ヴィンテージから輸入が開始された
日本国内でも販売したてのワイナリーです。

こちらのアルヘイト・カルトロジーが代表キュヴェのような位置づけです。

南アフリカのヘルマレス地区にワイナリーはあるものの、
葡萄は各地より信頼のおける品質のものを購入。

さらにクリスタルムと同じ醸造所で醸造を行っているため、
畑は他所だわ、醸造所はクリスタルムだわ、という事で、
なかなかに面白い運営を行っています。

しかしながら、評価としては非常に高いワイナリーです。

マスターオブワインの称号をもつ
ティム・アトキン氏が独自に行っている「南アフリカワイン格付け」では
第1級に位置付けられており、品質の高さがうかがえます。

また、評価誌における評点はWA(ニールマーティン評)になりますが、
こちらの2013年ヴィンテージはWA93点という高得点を獲得しているワインです。


シュナンブラン88%、セミヨン12%のセパージュ。
さて、いかがでしょうか。

{DB0ABC2F-8F70-469A-95B4-8296CB3CEA38:01}


香りは樽を利かせたニュアンスが強く、
トウモロコシやコーンような穀類の香りがしっかりします
シュナンブランと思われる麦のような香りも主張的です。

花梨にレモン、火をともしたロウソクのような香りも。
柑橘の要素というよりは香ばしい要素が主体的と言えると思います。


味わいは香ばしさとやわらかい酸を備え、
余韻にはしっかりとカラメルソースのような甘い味わいが広がります

ボディに厚いアルコール感と辛みを強く感じます。
空気を含ませるとかなりツンとくるくらいのアルコール感です。

おそらく飲みごろにはまだ時間を要すると思います。
比較的熟成向けのイメージが湧くワインです。

WA93点という得点については、
「熟成の余地あり」という部分も加味してポイントが高くつけられてるのかなと
個人的には感じます。

飲み頃、という部分で考えると
過去に飲んだラール・ホワイトの方が親しみやすいと思います。

個人的にはカルトロジーはパワフルな路線にも感じます。

ここしばらく飲んだ中で南アの白を区分けすると
エレガントさ…ポールクルーヴァー
クラシックさ…ラステンバーグ、ド・トラフォード
ハツラツ系…ラール、アルヘイト
という印象を受けました。

ラールとの比較で言うと、ラールはギュッと詰まった感があります。

アルヘイトカルトロジーはカッとしたアルコール感があり溌剌としたイメージがあります。
密度、という言葉を使うならばラールの方が高得点を取るのは何となくわかる気がしました。

とはいえ、こちらのアルヘイトカルトロジーもいいワインだと思います。
ストックして3年後くらいに楽しみたい一本です。


アルヘイト・ヴィンヤーズ / カルトロジー [2013]

購入は上記のワインホリックさん。


それと、こちらのワイン。
他のブログでも色々紹介されています。
勝手にリンク張っておりますが、是非とも合わせてご覧ください。


○オタクDEワイン!シンクのティスティングノート さま
南アフリカのヴァーチャルワイナリ、シュナン・ブランの王にコレはなる! カルトロジー2013


○ワインログ ~ワインときどきワンコ~ さま
アルヘイト・ヴィンヤーズ カルトロジー 2013

○味ノート さま
海図のように広がる濃厚な味わい。アルヘイト・ヴィンヤーズのカルトロジー2013



オススメ記事一覧
オススメ記事一覧


「ワイン1年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
セブンイレブン 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーを飲む
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
南アフリカのワインです。
グレネリー レディメイ 2011を飲みました。

場所は天満のラブワインさんの南アフリカウィーク(~11/22まで)です。
過去記事:大阪 天満のワインバー「ラブワイン」で1人ワインを飲む

以下、おとといの記事と全く同じですが、検索でたどり着く方の為に改めて。
グレネリーは南アフリカのステレンボッシュ地区に位置します。

オーナーはボルドーの格付け2級
シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ ラランドの
元オーナーであるメイ・エレーヌ・ドゥ・ランクザン夫人が所有。

2007年にフランスのシャトーピション…を売却し、南アフリカに専念しています。

その後、醸造家のルーク氏が加わります。
彼はフランスのシャトー・アンジェリュスと南アフリカのラステンバーグで
醸造家を務めた経歴の持ち主。

さらに加えて、南アフリカの名門「バデンホースト」の醸造家のアディがコンサルタントに。
ゴールデンチームともいえるワイナリーです。

カベルネソーヴィニヨンやシャルドネを主体としたワインメイクが得意のようです。
ティムアトキンが評点した、2015年の南アフリカのワイナリー格付けでは
第3級格付けという位置づけになっています。


詳細は、インポーターさんのサイトなども御覧ください
グレネリー Glenelly [ ステレンボシュ地区 ]


{AF9623FE-60C1-4A22-A965-4A54F3745303:01}


レディ・メイはオーナーのメイ夫人の名を冠したフラグシップの位置づけになります。
2011年のこちらのワインは
マスターオブワインの称号をもつティムアトキン評95点、
WS誌90点、W&S誌90点の評価です。

個人的にグランヴァン・レッド2009が良かったのでおのずと期待が高まります。
さて、どうでしょうか。


{7917842A-6EE0-42BC-8551-5D695A351928:01}


香りは閉じ気味でやや硬い印象があります。
鉛筆や動物の毛皮、インク、墨汁、醤油のような熟成香、
土のようなニュアンス、ブラックベリー、ツンとしたコショウを思わせるスパイス香。
時間の経過でトーストのような香ばしい香り。

味わいはカシスのようなベリーさ、ブラックベリー、コショウのようなスパイス。
飲み口はシルキーな部類でやわらかく嫌味な感じはありません。
余韻にはインクのような風味、パンのような香ばしい味わいが長く続きます。

飲み口に反して、タンニンは口の中でハツラツしていて、
アルコールも高く感じます。

硬質的な味わいもあり、飲みごろは相当に先なように感じます。


総評しまして、「ボルドーの代替として十分なポジション」で、作りも大変ボルドー的だと思います。

スタンダードキュヴェのグランヴァン・レッドの味わいを思い出すと、
こちらの「レディ・メイ」はやや重心が低く、
静かでズシッとしたイメージがあると感じます。

また、グランヴァンと比較すると、
土のようなニュアンスが抑えらている印象があり、上品さを感じます。
飲み口もシルキーでミネラルを感じる作りだと思います。



明らかに長熟向けな風合いがあり、
価格も5千円クラスという事を考えると、
今の段階では2009年のスタンダードキュベも十分に親しみがあり、
極端に2011年のレディメイが飛び越えている感じは、
この日は残念ながら感じ取る事ができませんでした。


ワイナリー公式を見ますと、2010年ヴィンテージほどじゃないけど、
レディメイ2011は10年くらいは飲み頃先かな、というような事が書いてはあるのですが、
個人的にも5年、やはり10年くらいは待つべきかなと感じさせるワインでした。
ストックしておきたい一本です。



グレネリー・レディ・メイ 2011【赤ワイン】【750ml】【南アフリカ】【ステレンボッシュ】

オススメ記事一覧


「ワイン1年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
セブンイレブン 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーを飲む
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
楽天内のふじまつさんで日本の島根県のワイナリーである
奥出雲ワイナリー 小公子が入荷しています。


奥出雲ワイナリー 小公子 赤 [2014] 750ml



21日ワイナリーでもリリースされたばかりのワインですが、
即日完売、次回販売はまた来年
という人気のワインです。

小公子(しょうこうし)というのは
日本で開発されたヤマブドウ系列の交配品種です。
まさに日本で作られ、日本で育てられたワインと言うべき品種でしょう。

どうぞお早めに。


○お知らせ:ライブドアブログへ移転を計画しています
KOZEのワインブログ「ふじまつで奥出雲ワイナリー 小公子が入荷」(ライブドアブログ)

年内を目途に判断しますが、更新内容は当面同じです。
あらかじめご案内いたします。

オススメ記事一覧


「ワイン1年生」という本がおもしろい!ワイン初心者はこれを買え!!!
送別会・退職祝いのプレゼントに使えるワイン5選
「南アフリカのワイン」が凄いのでまとめてみた
南アフリカのワインがアツい!おすすめの南アフリカワインまとめ
まだ注文に時間を消耗してるの?高級レストランのワインの頼み方
稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーのラベルを保存してみた
セブンイレブン 稲垣吾郎監修 ボジョレーヌーヴォーを飲む
※すみませんが、移転したため移転先のブログにジャンプします
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。